*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 イタリアワインの作り手と二次会に行ってきました こいせ CDRW

こんばんは!
今日はとっても寒かったですねー!
道路もつるつるで、
久しぶりに緊張しながら
運転しました。
明日は天気良くなると良いなぁ。

さて今日は、
先日ブログでご紹介した、
イタリアワインの作り手との打ち上げの後、
みんなでお伺いした、
二次会の様子をご紹介します♪
作り手の方もお疲れだったと思いますが、
今回の試飲会の実行委員長のお店に
行かなくては!
ということでみんなでお伺いしました。
お店の名前は、
「CDRW」さん、
そして「こいせ」さんです。

IMG_0135_20111127005438.jpg

名前 すし屋こいせ CDRW
住所 北海道小樽市稲穂1-4-15 おたる屋台村 レンガ横丁内
電話 
時間 17:00~24:00(日曜日は23:00まで)
休み 水曜日
HP 

こいせさんとCDRWさんは、
同じ屋台村の中にあり、
さらに同じ屋台の中にあるんです。
詳しくは、以前のブログ
ぜひご覧ください^^

上の写真はその2つのお店の店長です♪
向かって右側に移っているのが、
こいせの店長の高大さん、
とても明るく私たち酔っ払いの相手も
してくれる上、
握りの腕もぴか一です!
そして左側が
今回の試飲会の実行委員長をしてくださった
CDRWのオーナーの荒澤さんです、
「ボナセ~ラ」という挨拶で、
いつも明るく迎えてくださる、
ラテンな方です♪

早速イタリアワインの作り手を迎えての
二次会がスタート!
こちらでは基本的に自分が食べたいものを
勝手に頼むというスタイルになりました♪

ということでまずはこちら、
IMG_0131_20111127005439.jpg
たちポンとサン・ファビアーノ・カルチナイア キャンティ・クラシコ 2008

札幌だけでなく、
全国でここだけで楽しめる、
素敵な組み合わせではないでしょうか?
たちポンのまろやかな甘味と、
ポン酢の酸味がとっても美味しいです!
カルチナイアのキャンティ・クラシコも
抜栓して時間が経っているからか、
酸とタンニンがまろやかになり、
とっても美味しかったです!

IMG_0134_20111127005438.jpg
まぐろ(赤身)

しょうゆがつけられた、
こちらの赤身。
新鮮でめちゃめちゃ美味しいー!
赤ワインともよく合い、
素敵な味わいでした。

IMG_0138_20111127005438.jpg
ぼたんえび

イタリアでもえびは
結構食べられているとのことで、
イタリアワインの作り手が食べて、
美味しいといっていたので、
私も頼んじゃいました♪
えびの甘味がとても濃厚で、
とっても美味しかったー!
ちなみにイタリアでは、
蝦蛄も食べるそうです♪

IMG_0139_20111127005437.jpg
にしん

最近小樽で採れはじめたニシン、
脂が適度にのっていながら、
さらりといただける美味しさは、
たまりません!
最高な一品。

二次会も盛り上がってきて、
IMG_0137_20111127005438.jpg
作り手二人がカウンターの中に入り、
荒澤さんと楽しくお話を始めましたw

そうこうしている間に、
作り手のお二人は
今度はお店の奥に入り、
IMG_0140_20111127005505.jpg
何かを始めました^^

実はお二人は、
IMG_0145.jpg
お店の梁にサインをしていたのです♪

さらに作り手のお二人は、
お店に沢山陳列している、
コルクの中から自分たちの作ったワインの
コルクを見つけ出し、
IMG_0143_20111127005504.jpg
フランチェスコ=モンキエロ氏

IMG_0144_20111127005504.jpg
グイード=セリオ氏

このようにサインしていました♪
このコルクがお店のどこにあるのか、
今度お店にお伺いしたときに、
ぜひ探してみてくださいね。

そして最後に、
お二人は、
東日本大震災の事を思い、
IMG_0141_20111127005505.jpg
このようなメッセージを残してくださいました。
訳してくださったところによると、
「あなた方をとても大事に思ってます。
津波からの早い復興を心よりお祈りします。 」
と書いてくださったそうです。
(こにあさん訳してくださりありがとうございます。)

遠くイタリアに住んでいるお二人が、
このような言葉を残してくださるなんて、
本当に感動です!
放射能を嫌って日本に来てくれる生産者が、
減っているという中で、
日本に来て下さり、
さらにここまで震災のことを
気に掛けてくださり、
その温かい心に打たれ、
思わずお店の中で
泣いてしまいそうになりました。

今回、
人口が減少を続け、
観光以外の産業も見つけ出せていない、
斜陽な都市だといわれている小樽に、
イタリアワインの作り手が
二人も来てくださり、
本当に嬉しかったです。
改めて、
小樽へつれてきてくださった、
インポーター「アルトヴェッロ」の伊東社長、
遠藤商店の遠藤社長、
コーディネーターとして同行してくださった川頭夫妻、
実行委員長を務めてくださったCDRWの荒澤さん、
試飲会のお手伝いや盛り上げるために、
沢山の動員を図ってくださったアマさん、
そして遠くイタリアの地から小樽に来てくださった、
フランチェスコ=モンキエロさんと、
グイード=セリオさん。
本当に本当にありがとうございました!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

第35回ワイン会「みんわい的ACブルゴーニュ飲み比べ会」参加者募集♪

11月30日現在、
おかげさまで満席になりました。
引き続きキャンセル待ちを
募集しております。
キャンセル待ち希望の方は、
メールフォームに、
「キャンセル待ち希望」と書いて、
送信お願いします^^


前回のワイン会(日本酒会)の案内が、
ぎりぎりになってしまったので、
今回は早めにUPします♪

最近、
ラブラスカ種を集めたワイン会や、
日本酒持ち寄りの会など、
マニアックな企画ばかりが続いたので、
今回はワイン会の王道、
ブルゴーニュワインの飲み比べを
行いたいと思います。
ただ、そこはみんなでわいわいワイン会in札幌、
ただのブルゴーニュではありません。

今回のテーマは、
ずばり!
「ACブルゴーニュ飲み比べ会」
です。

ACブルゴーニュといえば、
ブルゴーニュのAOCの中では、
一番低い位置(パストゥグラン等除く)に
ありますが、
その分、安く手に入ります。
憧れの作り手のワインを飲んでみたいが、
値段が高いといったときに、
役に立つのがACブルゴーニュ。
今回は、私が好きだったり、
飲んでみたい作り手のACブルゴーニュを
集めてみました。

ワイン会の会場となるのは、
みんなでわいわいワイン会in札幌としては、
初開催となる、
新洋食KAZUさん。
ご存知な方も多いと思いますが、
今年の4月までコム・シェモアさんで
料理長として腕を振るっていた、
古田シェフが独立して開業したお店です♪
先日、他のワイン会で料理をいただきましたが、
どの料理もコム・シェモアのときと同じ、
もしくはそれ以上の素晴らしさでした。
そんな素晴らしい古田シェフの料理と、
ブルゴーニュワインを
みんなで楽しみましょうー!

ワイン会概要

1.名称 「みんわい的ACブルゴーニュ会」
2.日程 2010年12月20日(火)19:30~
3.場所 「新洋食KAZU」
     北海道札幌市中央区南1条西5丁目 プレジデント松井ビル100地下1階      011-252-3711
4.会費 8000円
5.定員 11名+主催者1名 計12名

IMG_5237.jpg IMG_5280.jpg IMG_2275.jpg


ワインリスト

泡 クレマン・ド・ブルゴーニュのなにか

白 ドメーヌ・ジャン・イヴ・ビゾー ブルゴーニュ・ブラン・ビオレット 2008
  ヴォーヌ・ロマネ内で栽培したシャルドネ100%。ヴォーヌ・ロマネに白ワインの規定が無いために、ACブルゴーニュとなっています。

白 ドメーヌ・シャソルネイ ブルゴーニュ・ブラン・ビゴット 2006
  フレデリック・コサールが作る基本となるワイン。ビゴットとは「信心深い信者」という意味で、裏ラベルに秘密がある、とってもかわいいワインです♪  

白 ドメーヌ・ルフレーヴ ブルゴーニュ・ブラン 2005
  ヴィオディナミのカリスマともいえる、女性当主アンヌ=クロードが、作る一本。ACピュリニー・モンラッシェと接する畑で栽培されています。
  

白 ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ ブルゴーニュ・ブラン 2005
  シャンボール・ミュジニーのグランクリュであるミュジニーで栽培されたシャルドネ100%。1993年まではミュジニー・ブランとして販売されていましたが、植え替えを行い若木となったため、現在、ブルゴーニュ・ブランとして販売されています。

白 コシュ・デュリ ブルゴーニュ・ブラン 2002
  生産本数が少なく、市場にもなかなか出回らない作り手が作るACブルゴーニュ

赤 フィリップ・パカレ ブルゴーニュ・ルージュ 2009
  フィリップ・パカレがシャンボール・ミュジニー近郊とジュヴレ・シャンベルタンの近郊からとれたブドウから作ったスペシャルキュベ

赤 ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ・ルージュ 2008
  ヴージョとモレ・サン・ドニのそれぞれ2/3、1/3の区画内で造られる一本

赤 デュカ・ピィ ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・アリナール 2005
  ジュヴレ・シャンベルタンを名乗れる区画だが、東向きの平坦な場所な場所なためACブルゴーニュとしてリリースしている一本

赤 ドメーヌ・ポンソ ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・ド・パンソン 2001
  生産本数が少ないため、トップキュヴェよりも人気があるとも言われています

赤 メゾン・ルロワ ブルゴーニュ・ルージュ 2000
  ご存知フランスで一番有名なネゴシアンであるメゾン・ルロワが認めたブルゴーニュ

個人的に集めたワインなので、
ヴィンテージも作り手も
ばらばらですが、
素晴らしい作り手ばかりで、
きっと美味しいワインがあると思います♪
古田シェフの料理も、
本当に素晴らしいので、
ぜひご一緒しましょう!

皆様のご参加、
お待ちしていますー!
参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「第35回ワイン会参加希望」と書いて、
本文にお名前と連絡先を書いて、
送信してください^^
よろしくお願いします♪

小樽 イタリアワインの生産者との打ち上げに参加しました カサブランカ

こんばんは^^
今日は急遽仕事で
空知に行ってきました。
しかも、日中時間が取れたので、
その時間を使って、
ワイナリーを二つ巡ってきました♪
雪が積もった静かな畑と、
静かにワインと向き合う醸造家、
とても素敵な時間を過ごすことできました^^

さて今日は、
前回のブログでご紹介した、
イタリアワインの試飲会の後に、
開催された打ち上げの様子を
ご紹介します♪

試飲会の会場となった、
オーセントホテルの11階にある、
素敵なお店で開催された
打ち上げには、
来日されてた作り手さんの二人も参加して、
とても楽しいものとなりました。
そのお店の名前は、
「カサブランカ」さんといいます。

IMG_0113_20111120065016.jpg

名前 オーセントホテル小樽
住所 北海道小樽市稲穂2丁目15番1号
電話 0134-27-8100
時間 ランチ 11:30~14:30
   ディナー17:30~20:00
休み なし
HP http://www.authent.co.jp/restaurant/casablanca.php

普段はフレンチ中心の料理を
提供しているカサブランカさんですが、
今回はイタリアワインの会ということで、
イタリアワインに合う料理を考え、
特別の料理を提供してくださったそうです。

会場に着くと、
IMG_0114_20111120065016.jpg
テーブルセッティングが
なされており、
準備万端です。

今回の作り手は、
スプマンテを作っていないということで、
スプマンテだけお店にあるものを、
提供していただきました。
こちらです♪
IMG_0115_20111120065015.jpg
サンテロ ピノ・シャルドネ・ブリュット N.V

ちゃんとイタリアのスプマンテを選ぶあたりが、
さすがですね♪
ピノ・ビアンコ、ピノ・ノワール、シャルドネを使い、
シャルマ法というタンク内二次発酵で作られた、
こちらのスプマンテ。
きりっとした酸と共に、
果実味が口に広がります。
熟成した感じはあまり無く、
泡は多少荒めですが、
すっきりした感じが
気軽に楽しめる一本でした。


IMG_0116_20111120065015.jpg
アミューズ

チーズのフリットとトマトが
使われている一品。
とろっとしたチーズの風味が
たまりませんー!
これからを期待させる一品でした。

IMG_0117_20111120065014.jpg
前菜

何の魚か忘れましたが、
さっぱりとしていながら、
ほんのり甘味があり美味しい魚でした。
下に敷かれているビーツのソースが、
アクセントを与えてくれ、
2種類の味を楽しませて、
いただきました。

IMG_0118_20111120065014.jpg
モンキエロ・カルボーネ ランゲ・フェヴォリータ 2010

試飲でも感じましたが、
やはり酸と果実味、
そしてさわやかな香りが、
道産ワインに通じるものを
感じました。

IMG_0119.jpg
スープ

温かなかぼちゃのスープは、
とても濃厚で、
美味しい!
こちらもスープの上に乗せてある、
チーズをいただきながら飲むと、
また違った味わいで
とっても美味しかったです!
もちろんパンをつけても、
美味しかったです^^

IMG_0120_20111120065058.jpg
パン

カサブランカさんがある、
オーセントホテルは、
オンディーヌという
美味しいパン屋さんがあり、
パンにこだわっています♪
こちらのパンも表面パリッと、
中はふんわりしていて、
とっても美味しかったです!

IMG_0121_20111120065057.jpg
モンキエロ・カルボーネ ランゲ・ビアンコ・タマルディ 2009

温度が上がったからか、
樽っぽさを強く感じ、
酸が柔らかく感じました。
前菜や次の魚に合う感じでした^^

IMG_0122_20111120065056.jpg
魚料理

ホタテと魚をソテーした、
こちらの一皿。
ソースがめちゃめちゃ美味しく、
作り手も大満足だったようです♪

IMG_0123_20111120065056.jpg
モンキエロ・カルボーネ ランゲ・ネッビオーロ・レグレット 2009

元々柔らかいタンニンが、
時間が経ったことにより、
さらに柔らかく飲みやすくなってました^^
それでいて余韻はあり、
このワインの良さをしっかりと
感じられました。

IMG_0124.jpg
肉料理

ラムチョップのソテーと、
その下にはクスクスが敷かれています。
濃厚なソースに負けない、
羊の味わいがたまらなく、
この後に飲んだしっかりした赤ワインにも、
よく合う素晴らしい料理でした!

IMG_0125_20111120065130.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア カーサ・ボスキーノ 2008

こちらも時間が経ったからか、
試飲会のときよりも、
さらりと飲むことが出来ました^^
今飲んで美味しい、
気軽に楽しめるワインだと思いました♪

IMG_0126_20111120065129.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア チェルビオーロ・ロッソ 2004

一番今回驚いたのがこちら、
試飲会のときには、
ぎしぎしするタンニンがあり、
とっつきにくい感じでしたが、
時間が経ってだいぶ柔らかくなりました。
もちろんまだ飲み頃には早いのですが、
味が華やかで広がりを感じ、
美味しく感じました^^

IMG_0127_20111120065129.jpg
デザート

キャラメルソースの苦さと、
アイスの甘味が
モスカートダスティとも良く合い、
とっても美味しかったです♪

IMG_0128_20111120065128.jpg
モンキエロ・カルボーネ モスカート・ダスティ 2009

酸があり、
さっぱりとした甘さが、
デザートと一緒に食べても、
くどくならずに、
美味しくいただけました♪

IMG_0129.jpg
コーヒー

最後にコーヒーをいただき、
素敵な打ち上げ終了です♪

作り手の料理の感想や、
こちらから聞きたいことを、
伊藤社長や川頭さん、
そして川頭さんの奥様が
訳してくださったので、
とても楽しい時間を
過ごすことができました^^

ただやっぱり、
自分で話しができて、
話していることがわかれば、
良いなぁなんて思い、
イタリア語やフランス語を
勉強したくなりました。
その前にまず英語だろ!
って突込みがきそうですが^^;

そしてひとつ心残りなのは、
作り手の写真も撮ったのですが、
暗くてブレブレだったこと^^;
次回はもっと写真の腕を上げて、
しっかりと撮りたいと思います♪

打ち上げでとても盛り上がって、
そのまま二次会に出発!
二次会の会場は、
今回の試飲会の実行委員長をしてくださった、
あの方のお店です!
詳しくは次回ご紹介しますー^^

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

小樽 イタリアワインの生産者がやってきた!ヤーヤーヤー! オーセントホテル小樽

こんばんは!
昨日はワイナリーにて、
貴重な経験をさせていただきました♪
心地よい疲れと、
充実した達成感で、
満たされています^^
ありがとうございました!

さて、今日から3日間に分けて、
小樽で先週行われた貴重なイベントを
ご紹介します^^

そのイベントというのは、
先週の月曜日、
なんとイタリアワインの生産者が、
小樽に来て試飲即売会を
開催してくださったんです!!
今まで、札幌に生産者が来るということは
あったのですが、
小樽に来ることなんてありませんでした!!
それを今回、
小樽にあるお米屋さん兼ワインショップである、
遠藤商店さんと
インポーターである、
アルトリヴェッロさんが企画して、
小樽に連れてきてくださったんです。
それも二人も!!
こんな貴重な機会はないということで、
早速参加させていただきました^^
イベントの名前は、
「イタリアワイン交流の夕べ」といいます。

IMG_0083.jpg

名前 オーセントホテル小樽
住所 北海道小樽市稲穂2丁目15番1号
電話 0134-27-8100
休み なし
HP http://www.authent.co.jp/

ということで、
早速今回来てくださった、
生産者の方をご紹介します^^
IMG_0110.jpg
左 モンキエロ・カルボーネ フランチェスコ=モンキエロ氏
右 サン・ファビアーノ・カルチナイア グイード=セリオ氏

こちらのお二方です♪
まず、モンキエロ・カルボーネは、
イタリアの北部にあるピエモンテ州にあるワイナリーで、
ネッビオーロを使った赤や、
フェヴォリータやアルネイスといった土着品種だけでなく、
シャルドネやソーヴィニヨン・ブランを使用した
白ワインを生産しています。
去年の秋、アルトリヴェッロの伊藤社長と
戦うワイン商である川頭さんを招いてのワイン会
参加させていただいたときに、
飲ませていただき感動したのを覚えています。

そして右側のジェントルマンが、
イタリア中部にあるトスカーナ州にあるワイナリー、
サン・ファビアーノ・カルチナイアのオーナーです♪
トスカーナを代表するワイン、
キャンティ・クラシコをはじめ、
スーパータスカンと呼ばれるボルドータイプなどの
ワインを生産しています^^
9月に私が主催したワイン会に、
こちらの作り手のキャンティ・クラシコを
出したのですが、
そのしっかりした作りに驚きました。

そんな素晴らしいワインの生産者が
小樽に来てくださったなんて、
それだけで本当に感動でした♪

今回のイベントでは、
IMG_0095_20111120070150.jpg
このように生産者自ら、
ワインを注いで下さりました^^
通訳の方もいらっしゃるので、
直接生産者の方に、
質問などもできちゃいました♪

そんな貴重な機会ということもあり、
イベントは、
IMG_0085.jpg
めちゃめちゃ大盛況!
小樽のワイン好きが全員集まったのでは!?
というぐらい沢山の方が、
いらっしゃってました^^
自分が主催したわけではないのですが、
その風景を見て、
感動して涙が出そうになりました^^;

というわけで、
私も早速試飲開始!
飲んだワインをご紹介します^^
ただ、時間が遅くなったこともあり、
すでに無くなっていたワインがあることを
ご了承ください^^;

まずはモンキエロ・カルボーネのワインから、
IMG_0086.jpg
モンキエロ・カルボーネ ランゲ・フェヴォリータ 2010

ファボリータという土着品種を使い、
ステンレスタンクで仕込んだ一本。
さわやかな香りがとても好みです♪
味わいも酸味がありながら、
余韻に掛けて果実味もあり、
とっても美味しいです!
少し道産ワインにも通じるような、
味わいでした。

IMG_0087.jpg
モンキエロ・カルボーネ ランゲ・ビアンコ・タマルディ 2009

シャルドネとソーヴィニヨン・ブランを使い、
樽で仕込んだ一本。
樽の香りはそれほど強くなく、
アクセント程度なのが良い感じです♪
青草のような香りと共に、
ほんのりした甘さが
食事に合わせたい感じでした^^

IMG_0090.jpg
モンキエロ・カルボーネ チェク・ロエロ・アルネイス 2009

アルネイスという土着品種を使った一本。
今までのワインよりも
しっかりとした味わいを感じます、
ワイン単体で楽しめるような、
酸と果実味と余韻に掛けての苦味が
たまりません!
素晴らしい一本でした♪

IMG_0091.jpg
モンキエロ・カルボーネ モスカート・ダスティ 2009

モスカート(マスカット)を使った、
微発泡な甘口ワインです。
甘口ですが、
さっぱりとした甘さで、
後に残りません♪
夏の暑い日に、
太陽の下でぐびぐび飲みたくなるような、
とっても美味しいワインでした!

IMG_0093.jpg
モンキエロ・カルボーネ ランゲ・ネッビオーロ・レグレット 2009

ネッビオーロという土着品種を使ったワイン。
ネッビオーロというとバローロや、
バルバレスコというワインが有名ですが、
それらのワインに比べるとタンニンが強くなく、
それでいてしっかりした味わいがあるので、
今飲んでも美味しいワインです♪
日常飲みしたい一本だと思いました。

IMG_0094_20111120070150.jpg
モンキエロ・カルボーネ ロエロ・リゼルヴァ・プリンティ 2007 

こちらもネッビオーロが使われていますが、
畑名がついた一本。
飲んでみると味わいが全然違います。
こっちの方が、
タンニンがカチッとしていて、
樽のテイストもしっかりと感じられます、
正直まだ少し飲みごろには早い感じですが、
ポテンシャルの高さは、
かなり強く感じられたので、
5年ぐらい寝かせたら、
素晴らしいワインになるのではないでしょうか?
楽しみなワインです。

続いてサン・ファビアーノ・カルチナイアのワインです!
IMG_0097_20111120070150.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア チェルビオーロ・ビアンコ 2007

こちらは先ほどのモンキエロ・カルボーネの
タマルディと同じように、
シャルドネとソーヴィニヨン・ブランを使い、
樽で仕込んだ一本です。
こちらの方が、樽っぽさがあり、
味わいも濃かったです。
ゆっくりと楽しみたい一本でした。

IMG_0098.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア カーサ・ボスキーノ 2008

サンジョベーゼに、
カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローをブレンドした一本。
とても柔らかく、
酸や渋みがそれほど強くなく、
余韻もすっきりした感じで、
今飲んでとっても美味しい一本です。
気軽に楽しめる一本でした。

IMG_0099.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア キャンティ・クラシコ 2008

サンジョベーゼ100%の
キャンティ・クラシコです。
9月にも飲んでいましたが、
やはり酒質が結構強いです。
酸味をしっかりと感じ、
タンニンも強く感じます。
こちらは少し寝かせて飲むか、
今飲むなら早めに抜栓した方が、
よさそうでした。

IMG_0100.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ・チェッロレ 2007

チェッロレという畑名がついた、
キャンティ・クラシコ・リゼルヴァです。
リゼルヴァというのは、
普通のキャンティクラシコよりも、
決められた熟成期間が長いそうです。
飲んでみると、
とても複雑な味わいがします。
酸味と果実味、さらにタンニンが
しっかりと感じられ、
通常のキャンティクラシコよりも、
カチッと作ってある印象です。
こちらも寝かせると味わいがまとまり、
素晴らしいワインになりそうな気がしました^^

ここからはなんと、
同じワインの垂直試飲です!
IMG_0101_20111120070222.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア チェルビオーロ・ロッソ 2006

こちらの作り手のフラッグシップワインです!
サンジョベーゼとカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローがブレンドされ、
バリックで18ヶ月も熟成させたワインです。
飲むとまだかなり閉じた感じで、
味わいに広がりを感じず、
タンニンが下にへばりつくような感じです。
ただ、ポテンシャルはかなり感じられ、
後数年したら大化けしそうな味わいでした。

IMG_0102.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア チェルビオーロ・ロッソ 2004

2004年はかなり良い年ということで、
こちらもまだまだ本領発揮は、
していない感じです。
タンニンが固く、
果実もそれほどありません。
ただ、2006よりは、
美味しく感じたので、
開くまでもう少しなのかもしれません^^
開くのが楽しみな一本です!

IMG_0103_20111120070222.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア チェルビオーロ・ロッソ 2000

このワイン、
めちゃめちゃ美味しかったです!
2000年はそれほど良い年では、
なかったそうですが、
めちゃめちゃ味の広がりを感じます。
タンニンも滑らかで、
余韻は長いにもかかわらず、
口に残りません!
酸と果実のバランスも素晴らしく、
高級ワインを飲んでいるようです。
素晴らしい一本でした!

IMG_0108_20111120070221.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア ヴィンサント・カルチナイア 2001

パッシートという、
収穫したブドウを陰干しさせて
糖分を凝縮させたブドウを使っています。
樽で数年寝かせるため、
自然に参加熟成しています。
味わいは凝縮した甘さがあるのですが、
酸化しているからか、
それほど嫌味になりません。
ないとキャップとして楽しみたい、
こちらも素晴らしい一本でした。

ということで、
一通り試飲した後に、
最後に作り手の方にお願いして、
IMG_0112_20111120070221.jpg
一緒に記念写真撮ってもらっちゃいました♪
一生の宝にしたいと思います^^
フランチェスコ=モンキエロさん、
グイード=セリオさん、
ありがとうございました!

今回のイベントは、
あくまで試飲「販売」会ということで、
もちろん私も、
ワイン買っちゃいました!
買ったワインはこちらです♪
IMG_0072.jpg
袋です!

袋の中身は何でしょう?
こちらです♪
IMG_0073.jpg
モンキエロ・カルボーネ ランゲ・フェヴォリータ 2010

インポーターである伊東社長から、
在庫がほとんどないと聞いて、
買っちゃいました!
道産ワインに通じるような味わいが、
好みだったんですよねー^^

そしてこちらのワイン、
せっかく生産者の方が
いらしてくださっているという事で、
IMG_0077_20111120065904.jpg
ボトルにサインしてもらっちゃいましたー!
こちらも一生の宝にします!

そしてもう一本、
IMG_0079_20111120065904.jpg
サン・ファビアーノ・カルチナイア キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ・チェロッレ 2007

正直今は固くて、
それほど惹かれなかったのですが、
イタリアでの評価が高く、
寝かせたら美味しくなりそうだったので、
買ってみました!
5年ぐらい買ったのを忘れたいと思いますw

そしてこちらのワインにも、
IMG_0081_20111120065904.jpg
サインしてもらっちゃいました!
こちらも宝物になりました♪

今回の試飲会のワイン、
まだ飲み頃ではないワインはありましたが、
どれ一つとして好みじゃないワインは、
ありませんでした!
こうした素晴らしいイタリアワインを
作っている方が小樽に来てくれるなんて、
本当に感動しちゃいました!
改めて、遠くイタリアから、
小樽まで来てくださった、
フランチェスコ=モンキエロさん、
グイード=セリオさんをはじめ、
今回の機会を作ってくださった、
川頭さん、伊東さん、遠藤さん、アマさん、
本当にありがとうございました!

次回は、
参加させていただいた打ち上げの様子を
ご紹介します♪
お楽しみにー!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

第34回ワイン会 みんわい的日本酒持ち寄り会参加者募集ー!

今月のイベントアップが、
遅くなり申し訳ありません^^;

早速ですが、
今月のイベントは、
今年の2月に開催して、
大好評だった日本酒持ち寄りの会
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-624.html
そちらをパワーアップさせて、
再び開催します!

小樽で日本酒の合う料理といえば、
やっぱりお寿司ということで、
第2回の今回は、
お寿司屋さんで開催します!

今回の会場となるお店は、
「寿し処たかつか」さん。
まだそれほど知られていないお店ですが、
寿司を握っているオーナーは、
小樽で一番有名といっても過言ではない、
政寿司の本店で店長まで勤めた方。
その後独立して、
現在のお店を始めたそうです。
先日そちらのお店の料理を
いただくことがありましたが、
とても美味しく、
ぜひ皆様にも食べていただきたいと思い、
今回の企画を思いつきました。
直前での募集で、
大変申し訳ありませんが、
皆様のご参加お待ちしています!

IMG_0746_20110223234101[1]


日本酒持ち寄り会概要

1.名称 「日本の葡萄酒を飲む会」
2.日程 2010年11月22日(火)19:00~
3.場所 「寿し処たかつか」
     北海道小樽市花園1丁目5番4号
     0134-22-0008
4.会費 4000円+日本酒一本
5.定員 9名+主催者1名 計10名

小樽開催ということで、
遠方からいらっしゃる方は、
大変かと思いますが、
遅刻しても大丈夫ですので、
ぜひ気軽にご参加ください!
一緒にみんなで持ち寄った日本酒を
楽しみましょう♪
よろしくお願いします!

参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「日本酒持ち寄り会参加希望」
と書き、
名前と連絡先を書いて、
送信してください^^
よろしくお願いします!

札幌 ウニとパスタの素敵な出会いpart5 アブラッチオ

こんにちはー!
いよいよ来週は、
雪マークが天気予報に
出てきましたねー。
ということで、
今日早速タイヤ交換しました^^
タイヤ交換って、
結構な運動ですよね^^;
って、いまどき自分でやるのは、
私だけ?w

ウニパスタ特集も、
いよいよ最終回!
最後にご紹介するのは、
大好きなイタリアンのお店です^^
ツイッターで、
ウニパスタをやっているという
告知があったので、
ずーっとずーっと行きたかったのですが、
なかなか機会が無く、
今年最後の入荷というときに、
ようやく食べに行くことができました^^
そのお店の名前は、
「アブラッチオ」さんです。

IMG_7284_20111031234603.jpg

名前 アブラッチオ
住所 北海道札幌市中央区南1条西7丁目 札幌スカイビル1階
電話 011-596-7210
時間 ランチ 午前11時半~午後3時まで(LO2時半)
   ディナー午後6時~午後11時まで(LO10時)
休み 月曜日
HP http://abbraccio17sapporo.web.fc2.com/ 

最近にぎやかな、
西7丁目近辺、
その中でも割と早くオープンした
アブラッチオさん。
今月1周年を迎えます^^
ちょうど1周年の23日には何かイベントを
企画しているみたいなので、
楽しみですね。

さて、肝心のウニパスタですが、
ディナーのみの提供ということで、
仕事帰りにお伺いしてみました。
普段車通勤しているので、
今回はアルコール無し。

というわけで、
ワインの代わりにこちらをいただきました^^
IMG_7286_20111031234603.jpg
ブラッドオレンジジュース

イタリアンに行ったときの
ソフトドリンクといえばこちらですよね。
果皮が濃い色をしているブラッドオレンジを
使ったオレンジジュース。
濃厚だけど、
後味すっきり♪
とっても美味しいオレンジジュースでした^^

料理はいきなりウニのパスタというのも、
なんだかさびしいので、
シェフお任せで一品作っていただきました^^
IMG_7289_20111031234603.jpg
スペシャル前菜

旬の野菜をさっと炒めて
出していただいたこちらの一皿。
ヤングコーンの粒がちりばめられていたのが、
味にアクセントを与えていて、
めちゃめちゃ美味しかったです!
野菜のほかにもモッツァレラチーズや、
かりっとしたパンが乗っていて、
とっても贅沢なのですが、
その中でも一番お気に入りだったのが、
ベーコン♪
燻製の香りが程よくして、
脂身がとってもジューシーで、
美味しかったー!!

シェフの素敵な一皿で
かなり満足したところに、
いよいよ今日の主役が登場!
こちらです^^
IMG_7292_20111031234602.jpg
ウニのクリームの手打ち生パスタ

生うにとクリームソースを
合わせたソースが、
めちゃめちゃ美味しいー!
生うにがたっぷりと使われているので、
ウニの甘味がたっぷりと感じられ、
ウニパスタを食べているなぁと、
実感できる美味しさです♪
具材もホタテやズッキーニなどが
ふんだんに使われ、
色々な食感と味わいを
楽しめるようになっています^^
パスタは普通のパスタと、
手打ちの生パスタを選ぶことが出来、
今回は生パスタにしました♪
この生パスタが、
とっても美味しいんです!!
道産小麦が使われており、
小麦の甘さや香りが
きちんと感じられるんです^^
パスタ、ソース、具材、
どれも素晴らしい一皿でした^^

アブラッチオさんのウニパスタ、
想像通りの素晴らしい味わいでした♪
アブラッチオさんは、
お店はカジュアルな雰囲気ですが、
どの料理もとっても美味しくて、
本当にお勧めのお店です。
このウニパスタをはじめ、
旬の素材を使った料理があり、
今の季節は真ダチのソテーが、
お勧めです!
ぜひ食べに行ってみてくださいねー!
IMG_7290_20111031234602.jpg
パン



ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 ウニとパスタの素敵な出会いpart4 カンティネッタ・サリュ

こんばんはー!
忙しい今週もようやく終わり、
明日から怒涛のワイン会3連荘が
はじまります!
すっかり忘れていたのですが、
来週の水曜日は健康診断があるので、
火曜日は健康な生活を
したいと思いますw

さて、長らくお送りしてきた、
ウニパスタ特集も、
今日と明日で終了となりました!
というわけで、
今日ご紹介するお店は、
札幌にある素敵な、
イタリアンバールです。
ワインが充実しているのはもちろん、
料理もとっても美味しいので、
いつもお店は大人気!
週末は予約しないと、
入店できないことも良くあります^^
そんな素敵なお店の名前は、
「カンティネッタ・サリュ」さんといいます。

IMG_6819_20111031234244.jpg

名前 カンティネッタ サリュ
住所 北海道札幌市中央区南3条西3-3 G DINING SAPPORO 1F
電話 011-222-9003
時間 16:00~翌0:00(L.O)
休み 日曜日
HP http://www.m-salus.com/

サリュさんでも
ウニパスタをやっているというのは、
知っており、
以前一度食べたことがありました^^
今年もぜひ食べたいと思っていたのですが、
何せ人気店!
なかなかお伺いするチャンスがありませんでした^^;

そんなある日、
オータムフェストに行った際、
早い時間にワイン仲間が集まることがあり、
この時間ならサリュにいける!
ということになり、
サリュさんにお伺いしました^^
早速、ウニパスタについてたずねたところ、
ちょうど今日で終了予定との事。
そうとわかれば、
オータムフェストでお腹いっぱいですが、
頼んじゃいました^^

とその前に、
やっぱりバールということで、
ワインもボトルで一本とりました♪
こちらです!
IMG_8744_20111031234244.jpg
モントレゾール バルポリチェッラ

イタリアのヴェネト州の
赤ワインであるヴァルポリチェッラは、
コルヴィーナや、
ロンディネッラ、
モリナーラといった、
土着品種が使われているワインです。
香りは果実を強く感じるのですが、
飲んでみると、
思ったより酸があり、
果実実がそれほど強くありません。
余韻もすっきりしているので、
飲んだ後にぴったりなワインでした^^

そしてお待ちかねのこちら、
IMG_8745_20111031234244.jpg
利尻産ウニの冷製パスタ

こちらのウニパスタは、
冷製仕立てになってました^^
しかも他のお店とは違い、
クリームソースなどは使われず、
ウニそのものをソースにしています!
そのため、ウニの味が濃厚で、
口の中に広がっていきます!
ただそれだけだと食べ飽きてくるのですが、
上に乗せられた、
紫蘇のみじん切りが、
味に複雑味とアクセントを与えてくれ、
見事に最後まで美味しくいただけます!
これは素晴らしいウニパスタです♪
お腹いっぱいなのに、
あっという間に完食しちゃいました♪

今年食べた中で、
今までにないウニパスタで、
さらにワインも美味しく、
とっても大満足でした!
実はこの少し前、
ワイン好きみんなでお伺いして、
美味しいワインを沢山いただいたのですが、
それはまた別のお話し。
いずれブログでご紹介したいと思いますー^^



ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 ウニとパスタの素敵な出会いpart3 オイスター&ワインバーランス

こんばんは!
今日はずーっと
楽しみにしていたワインが、
とうとう札幌の仙丸さんに
入荷しました!
超貴重なワインなので、
今から飲むのが楽しみです♪
ワイン会で出しますので、
楽しみにしていてくださいねー^^

今日もこの夏に食べた、
ウニパスタ特集!
第3弾の今日は、
以前もご紹介したウニパスタを
再度食べたので、
改めてご紹介します♪
お店の名前は、
「オイスター&ワインバー ランス」さんです。

IMG_5157_20111031233822.jpg

名前 オイスター&ワインバー ランス
住所 北海道札幌市中央区南二条西3 KビルB1
電話 011-251-7757
時間 月~土 15:00~23:00
   日・祝 15:00~22:00
休み 無休
HP  http://r.gnavi.co.jp/h043300/(ぐるなび)

ランスさん、
さっぽろにあるワインバーの中でも、
老舗といっても良いのではないでしょうか?
料理屋ワインはもちろん美味しいのですが、
個人的には、オーナーの吉島さんから、
色々なワインや食材についての
お話を聞かせていただくのが、
いつも楽しみにしています♪

というわけで、
この日もまずはワインをいただきます!
IMG_8800_20111031233821.jpg
ドメーヌ・フーリエ ブルゴーニュ・ルージュ 2009

超貴重なフーリエの
ACブルゴーニュです。
香りはベリー系の少し甘さを
感じる果実を感じます。
口に含むと、甘さを少し感じますが、
それ以上に滑らかなタンニン、
酸味がきちんとあるので、
嫌な感じはしません。
むしろ、とてもACブルゴーニュとは思えない
酒質でした。
すぐに売り切れるのも納得といった感じですね。

IMG_5159_20111031233821.jpg
自家製フォカッチャ

お通しとしていつもだしていただく、
こちらのフォカッチャ♪
カリカリの表面が、
とっても美味しいんですよねー!
これだけで満足しちゃいそうになっちゃいますw

IMG_8796.jpg
共動学舎 フロマージュ・フレ

珍しいチーズが入荷したといって、
出していただいた一品^^
日本語に訳すと「新鮮なチーズ」という意味らしく、
その名前の通り、
出来立てのチーズなんです。
そのため賞味期限も短いので、
なかなかお店で出しているところは無いそうです。
早速いただいてみると、
クリームチーズのようですが、
まだミルクの風味があり、
とっても美味しいです!
チーズが苦手という方にぜひ食べてみて欲しい、
素晴らしいチーズでした^^

IMG_5114_20111031233822.jpg
ウニボナーラ 

そして登場したウニボナーラ、
ソースのほかにも、
生のウニが上に乗っていて、
めちゃめちゃ豪華です!
早速いただいてみると、
まず、ウニの風味をしっかりと溶け込ませた、
ソースがたっぷり入っていて、
パスタも平打ちで、
ソースが良く絡み、
めちゃめちゃ美味しかったです!

ランスさんの料理は、
ワインバーとは思えないぐらい、
美味しいんですよねー♪
今回いただいたウニボナーラも、
大満足でした♪
本当にお勧めのお店なので、
行ったことない方は、
ぜひ行ってみてください!
そのときには、
お忙しいときは難しいかもしれませんが、
手が空いているときには、
吉島さんとお話ししてみてください^^
いろんなことを丁寧に教えてくれますよー♪


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

小樽 ウニとパスタの素敵な出会いpart2 ブラウキュステ

こんばんはー!
最近、ちょっと忙しく、
疲れ気味な私。
土曜日からワイン会3連荘なので、
今のうちに体調を整えて
いきたいと思います。

さて、前回から始まった
時期はずれのウニパスタ特集。
私がこの夏に食べたウニパスタを
順番にご紹介しています^^
2回目の今日は小樽にある、
素敵なレストランのウニパスタです。
というわけで早速、
今日ご紹介するお店は、
小樽は祝津にあるホテル、
ノイシュロス小樽にあるレストラン、
「ブラウキュステ」さんです。

IMG_6834_20111031233154.jpg

名前 レストランブラウキュステ
住所 小樽市祝津3丁目282番ホテルノイシュロス小樽内
電話 0134-22-9111
時間 ランチ 11:30~14:30(ラストオーダー 14:00)
   17:00~22:00(ラストオーダー 21:00)
休み なし
HP http://www.neuschloss.com/restaurant/blaukuste.html

小樽の高級ホテルである、
IMG_6838_20111031233154.jpg
ノイシュロス小樽。
そこにあるレストランブラウキュステは、
兼崎料理長が作る、
フレンチをベースとした
創作料理のお店です。
どの料理もとても美味しく、
お店から見える景色も
素晴らしいものとなっています。

レストランの入り口には、
IMG_6836_20111031233154.jpg
ホテルオリジナル商品が売られており、
その中には赤白のワインもあるのですが、
なぜか作り手は地元北海道ではなく、
本州の作り手でした^^;

お店の中は、
テーブル席が中心となっており、
IMG_6821_20111031233131.jpg
今回はテーブル席に座りました^^

料理はもちろんウニのパスタ!
こちらのウニのパスタは、
ミニコース仕立てになっていました。

それではいただいた料理を、
順にご紹介します^^
IMG_6822_20111031233129.jpg
パン

温められたパンは、
そのまま食べても小麦の味を
きちんと感じられて、
とっても美味しかったです♪
もちろん、
パスタソースに絡めて食べると、
最高でしたよ!
ちなみになくなると、
すぐにおかわりを聞きに来てくれました^^

IMG_6823_20111031233129.jpg
サラダ

酸味の利いたこちらのサラダ、
口の中が、
さっぱりします♪

IMG_6824_20111031233129.jpg
前菜盛り合わせ

まず左側がウニを使った前菜で、
ウニの風味をしっかりと感じました♪
真ん中はグリーンオリーブで、
思わずワインが飲みたくなっちゃいましたw
右側がニシンのマリネで、
ニシン番屋があった祝津らしい、
素敵な前菜でした♪

IMG_6825_20111031233128.jpg
冷製ビシソワーズ

ジャガイモを使った、
冷たいスープです♪
ジャガイモの風味がとても濃いのですが、
味わいにざらついたところが無く、
美味しかったです!
そのまま飲んでも美味しいですし、
パンにつけても美味しかったです!

IMG_6828_20111031233128.jpg
ウニとシーフードのクリームパスタ

こちらのウニのパスタは、
シーフードと一緒で、
とっても豪華♪
ソースには、生うにのほかに、
塩ウニも使われており、
その塩味と生うにの甘味が、
絶妙な風味となっていました♪
そしてパスタも平打ちの生パスタで
ウニの味わいを含んだ、
クリームソースが良く絡み、
とっても美味しかったです!

IMG_6831_20111031233154.jpg
デザート盛り合わせ

デザートもとっても豪華で、
沢山の種類が並んでいます♪
どれも美味しかったのですが、
メロンを使ったロールケーキが、
甘さ控えめだけどメロンの風味が
しっかりとして、
とっても美味しかったです!

IMG_6829_20111031233155.jpg
コーヒー

そして最後にコーヒーをいただき、
ミニコース終了です♪

料理のボリューム、味、
共に満足いく内容で、
そしてお店から日本海を見ながら
いただく雰囲気は、
最高でした!
冬の日本海も
また素敵だと思うので、
気になる方は、
ぜひ足を運んでみてくださいね♪
(ウニは来年の旬までないと思いますが^^;)


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。