*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32回ワイン会「日本VSイタリア5番勝負!飲み比べ会」参加者募集

8月29日現在、
9名の参加申し込みを頂き、
残席1名となっています。
直輸入のワインや、
貴重な国産ワインなど、
数多く用意していますので、
ぜひご参加ください^^
よろしくお願いしますー!


こんばんはー!
昨日無事に今月のワイン会が終了しましたので、
早速来月のワイン会の参加者を
募集開始しますー!

今まで、みんなでわいわいワイン会で、
あまり取り上げてこなかった国があります。
それがイタリアです。
個人的にはイタリアワイン好きなのですが、
私よりもイタリアワインを愛している方が、
周りに沢山いるので、
なんとなくワイン会のテーマに
なってきませんでした^^;
ただ、今回小樽のイタリアンのお店で、
ワイン会をやろうということになり、
さらに、最近日本でイタリアワインの品種が
栽培され始めてきたのを知り、
これだ!と思い、テーマを考えました。

そのテーマというのが、
「日本VSイタリア5番勝負!飲み比べ会」
です。

上にも書いたとおり、
最近日本でイタリアの赤ワイン用品種を
植えるワイナリーが増えてきました。
そうした日本で栽培されたイタリア系赤ワインと
本場イタリアの赤ワインを飲み比べしたいと思います。
果たして日本はイタリア系品種の適正地といえるのか?
一緒に飲んでみたいと思います。
白ワインもイタリアと日本それぞれで
栽培されている品種を飲み比べしたいと思っています。
ちなみにワインリストにあるバルベラ・ダルバは、
私の両親がイタリアから直接買ってきたワインで、
なかなか日本では飲めないワインとなっています。

そして今回のワイン会の会場となるのが、
ワイン会初登場のお店、
「オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー」さんです。
もともと小樽にあったイタリアンの名店で、
シェフとして働いていた三輪シェフが、
去年独立しオープンさせたお店です。
味付け、盛り付けともに素晴らしく、
小樽いや、北海道でも有数なシェフだと思います。
その三輪シェフの料理を、
皆様で一緒にいただきましょう!
今回ワイン会のために
2階を貸切にしてくださるそうなので、
周りを気にせず、
みんなでわいわい楽しみたいと思います!

IMG_5956_20110822210448.jpg IMG_5975_20110822210447.jpg IMG_2242.jpg IMG_5895_20110822210728.jpg


ワイン会概要

1.名称 「日本VSイタリア5番勝負!飲み比べ会」
2.日程 2011年9月4日(日)18:00~
3.場所 「オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー」
     北海道小樽市東雲2-3
     TEL 0134-64-1697
4.会費 6500円
5.定員 9名+主催者1名(よし) 計10名

ワインリスト

泡 日本 高畠ワイン 嘉スパークリングブラン・ピノ・シャルドネ 2008
泡 イタリア カビッキオーリ・バロヴィエ ピノ・シャルドネ・ブリュット N.V
白 日本 北海道ワイン 鶴沼ヴァイスブルグンダー 2009
白 イタリア カンティーナ・ボルツァーノ ヴァイスブルグンダー 2009
白 日本 北海道ワイン 鶴沼トラミーナ 2007
白 イタリア カンティーナ・ボルツァーノ サンタ・マッダレーナ・ゲヴルツトラミネール・クレインステイン 2007
赤 日本 丹波ワイン 小式部サンジョベーゼ 2008
赤 イタリア サンファビアーノ・カルチナイア キアンティ・クラシコ 2008
赤 日本 小布施ワイナリー ドメーヌ・ソガ・ビオ・バルベラ・ヴァン・ナチュレル 2009
赤 イタリア コンテルノ・ファンティーノ バルベラ・ダルバ・ヴィニョータ 2009

いつもどおり、
頭を抱えて考えるような会ではなく、
みんなでわいわい楽しみながら、
飲み比べできたらと思っていますので、
ぜひ、気軽にご参加くださいね^^

参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「第32回ワイン会参加希望」、
本文に名前と連絡先を書いて、
送信してください。
よろしくお願いしますー!
スポンサーサイト

北広島 こだわりのお店が大集合!美味しく楽しいお祭り♪ フロンティアフェスタ2011

こんばんはー!
秋の北海道は美味しいイベントが
沢山あります!
昨日一昨日も、
とっても美味しいイベントに、
立て続けで行ってきました♪
最近、こんなに楽しくて良いの?
というぐらい、
楽しい日々を過ごしています^^
明日からまた仕事がんばるぞー!!

今日は早速、
行きたくても行けなかった方のために、
こんなイベント知らなかったという方のために、
この週末にお伺いした、
素敵なイベントをご紹介します。

札幌市郊外、
北広島市にあるハム屋さんといえば、
先日ブログでご紹介した、
エーデルワイスファームさん。
その敷地内で開催された
北海道のこだわりの食と物を
楽しめるイベントが、
今回ご紹介する、
「フロンティアフェスタ2011」です。
IMG_7092_20110828054254.jpg

名前 フロンティアフェスタ2011(第4回初秋のこだわり収穫祭)
住所 北海道北広島市輪厚531-7
時間 8月27日10:00~16:00
   8月28日10:00~15:00
期間 2011年8月27日(土)~8月28日(日)
HP http://www.someplace-else.com/blog/frontier/

名前 エーデルワイスファーム
住所 北海道北広島市輪厚531-7
電話 0120-29-5586
時間 4月~10月 10:00~17:00<9月末まで土・日のみ18:00までの特別営業実施中>
   11月~3月 10:00~16:00
休み 祝日
HP http://www.someplace-else.com/

フロンティアフェスタは、
エーデルワイスファームさんが中心となり、
北海道の美味しくて、
こだわりを持った生産者さん、
飲食店が一堂に集まり、
「ヒト・モノ・コト」を
広くご紹介したいということで、
今回で4回目となるイベントです。
年々規模が拡大し、
私がお伺いした土曜日だけで、
2000人もの参加者がいたそうです。

まだ4回目にもかかわらず、
2000人なんてすごいですよねー!
それだけ出展者が魅力的なんです!!
私は1回目に続いての参加となりましたが、
本当に美味しくてすばらしい出店者ばかりで、
絶対来年も行くと、
すでに決定しましたw

それでは早速そのこだわりの、
出店者といただいたものをご紹介します!

まずはなんといってもここ!
IMG_7078_20110828054223.jpg
エーデルワイスファームさん

今回のイベントの仕掛け人、
エーデルワイスファームさんです。
最近は直売店の横に、
カフェを併設したり、
ますます大活躍なハム屋さんです^^
この日はとっても美味しい
自家製のソーセージとベーコンを
網焼きしたものが売られていました♪

というわけでいただいたのがこちら、
IMG_7081_20110828054222.jpg
ベーコン串

お肉のジューシーさを失わずに、
脂身自体にもしっかりと味があり、
それでいてしっかりと燻製の香りが
お肉からあふれ出す、
めちゃめちゃ美味しいベーコンです!
お店ではケチャップやマスタードを
自由につけられるようになってましたが、
そんなものは必要ありません!
ベーコンそのものの美味しさを味わうには、
そのまま食べるのが一番です^^
最初からとっても美味しいものを
いただいちゃいました♪

食べ物を食べると、
何か飲みたくなるのがお酒飲み、
ということで、
続いてご紹介するのがこちら、
IMG_7060_20110828054119.jpg
小林酒造さん

栗山町にある小林酒造さん、
春に酒蔵祭りに行ったばかりだったので、
少し親近感を持っています♪
こちらではここでしか買えないお酒の販売を
しているほか、
こんなすばらしいイベントが行われていました^^
IMG_7065_20110828054118.jpg
あなたの知らない日本酒の世界2011

私は日本酒好きですが、
ただの素人なので知らないことばかりですが、
参加してみないですか?
と声をかけていただいたので、
参加してみましたw

声をかけてくださり、
今回の講師をしてくださったのが、
この方!
IMG_7066_20110828054155.jpg
小林精志専務です!

この若さで小林酒造の専務なんですから、
すごいですよねー!
小林専務のお話は、
めちゃめちゃ楽しくて、
沢山笑わせていただきましたw

今回は日本酒の古酒についてのお話ということで、
実際に小林酒造さんの古酒を飲みながら、
説明をしてくださいました。
まず最初に飲ませていただいたのがこちら、
IMG_7067.jpg
小林酒造 北の錦蔵酒・三年古酒大吟醸

こちら、3年前に醸造した日本酒で、
小林酒造の名杜氏だった脇田さんが仕込んだ
最後の年の日本酒だそうです。
お米も現在は道産米100%の小林酒造さんが、
山田錦を使った最期の年との事で、
ダブルで貴重な日本酒となっています。
色は古酒という割には、
透明に近い色をしており、
香りは大吟醸らしい吟醸香がまろやかになっていて、
味わいも香り同様、
酸も甘味も柔らかくなっていました♪

続いてはこちら、
IMG_7068_20110828054154.jpg
小林酒造 北の錦純米吟醸

今は作っていない日本酒で、
蔵に眠っていたものだそうです。
製造年月をみると、
13.12と書かれています。
平成13年12月ということでしょうから、
まさに10年古酒です!
こちらも色はそれほどついておらず、
香りも華やかさがありませんが、
味わいは旨み成分を残したような、
強い味わいになっています。
これは美味しいですねー!
小林専務いわく、
よいお酒でなければ、
古酒にしてももたないとの事でしたので、
リリース直後もすばらしいお酒だったんでしょうねー^^

そして古酒の最後を飾るのがこちら、
IMG_7070_20110828054154.jpg
小林酒造 三十年古酒

なんと30年前に醸造したものだそうです。
こちらは色もすでに日本酒とはいえないような、
濃い茶色をしています。
コップを近づけた瞬間に、
蜂蜜や黒糖のような甘い香りがして、
口に含んでも、
香り同様蜂蜜や黒糖のような、
強い甘さとほんのりとした苦味を感じました^^
まるでこれは紹興酒や老酒といった感じ、
三十年というときを飲んだ印象でした^^

楽しい話を交えながらの説明も終了のときを迎え、
最後に小林専務特製の日本酒カクテルを
作ってくださいました。
こちらです!
IMG_7072_20110828054154.jpg
恋の逃避行2011

名前を聞いたら、
上の通りに答えてくれたので、
そのまま載せちゃいましたw
小林専務の自信作で、
小林酒造の秘蔵純米酒のなかに、
3種類の液体を加えたいっぱいです。
すごい飲みやすくなり、
女性に受けそうな味わいでした^^
飲み過ぎて腰抜けちゃうかもねw

そして最後に、
IMG_7071_20110828054154.jpg
小林酒造仕込み水

小林酒造さんの仕込み水を
飲ませていただき、
あなたの知らない日本酒の世界2011終了です^^

これだけすばらしい日本酒の世界を
味あわせてくれたからには、
買わないわけにいきませんねw
というわけで、
1本父へのお土産に買ってきました。
こちらです^^
IMG_7131_20110828054358.jpg
袋ですw
小林酒造さんの袋ですw

肝心の中身はこちら、
IMG_7132.jpg
小林酒造 手一杯・裏純米大吟醸

一般小売も小林酒造さんの酒蔵でも
普通には買えないという貴重な一本。
どんな味なのか、
今から飲むのが、
とっても楽しみですねー!
小林専務ありがとうございました!

ということで、お酒で身体が温まり、
隣のブースに移動!
IMG_7061_20110828054118.jpg
南保留太郎商店さん

ご存知、余市の燻製屋さん、
南保留太郎商店さんです。
とっても美味しい燻製が、
この日も沢山並んでいました!

そこで店番をしていたのが、
IMG_7063_20110828054118.jpg
南保留太郎商店さんの看板娘のSHOさんです^^
SHOさんとはツイッターで絡んでいただき、
現実世界でもお店や祭事で
よくお会いしているのですが、
いつも笑顔が素敵な、
まさに看板娘ですw
今回も笑顔満面で接客していました♪

南保さんでもフロンティアフェスタのために、
用意した商品があるとの事で、
せっかくなので買わせていただきました!
こちらです!
IMG_7137.jpg
袋です!
そう、フロンティアフェスタに合わせて、
南保留太郎商店さんの
お楽しみ袋が売っていたんです!

中身はというと、
IMG_7138_20110828054438.jpg
すごい沢山の燻製が入ってますー!
ざっと紹介すると、
甘エビの燻製、帆立燻製2個、たこトンビ燻製(たこの口の燻製)、
燻し奴(豆腐の燻製)、鰊釜(辛みその中に鰊を入れて熟成させたもの)、
といった感じで、
本当に超盛りだくさん!
これで2000円なんですから、
本当にお買い得です!
実際開始1時間ぐらいで完売していました^^

続いてのお店はこちら、
IMG_7084_20110828054222.jpg
MARUYAMAYAさん

円山ですばらしいワインを取り揃えているワインショップ、
MARUYAMAYAさんが今年初出店していました^^
今村社長自ら店頭に立っていたほか、
最近まで1○0マイルの編集長を務めていた方も、
お手伝いで参加していました^^

こちらではワインのグラス販売のほか、
ワイン福袋を売っていました。
今村社長から絶対にお得と勧められたので、
IMG_7143.jpg
ワイン福袋、
買っちゃいましたー!

一袋2000円なのですが、
中身を見てびっくり、
IMG_7148_20110828054437.jpg
アンドレ・デュルマン ピノ・ブラン 2009

MARUYAMAYAさんが自社輸入した、
貴重なアルザスワインが入っています!
アルザスワイン大好きなので、
とっても嬉しかったですー♪

袋の中には、
さらにもう一本入ってます!
IMG_7144_20110828054437.jpg
ル・シュマン・デ・レーヴ ボワ・モア コトー・デュ・ラングドック 2009

こちらはラングドックのワインで、
カリニャン60%のほかに、
サンソー、シラー、グルナッシュがブレンドされた、
一本となってます。
普段自分では買わない地域なので、
こちらも飲むのが楽しみです♪

この2本が入っていたのですが、
実はアルザスワインだけで店頭価格、
1890円なんです。
福袋は2000円ですから、
ラングドックのワインは、
ほとんどおまけという位お得です!
今村社長、
すばらしい福袋を企画してくださり、
ありがとうございましたー!

MARUYAMAYAさんの隣には、
IMG_7083_20110828054222.jpg
MARUNIさん

MARUYAMAYAさんの系列のフレンチ、
MARUNIさんが出店していましたー!

MARUNIさんでは、
IMG_7106_20110828054324.jpg
コンロの上に美味しそうなメニューが
焼かれたり暖められたりしています!
これはもう食べるしかありません!

というわけでいただいたのがこちら、
IMG_7108_20110828054359.jpg
道産豚タンと豚ネギ間串

さすがはMARUNIさん、
串焼きも一手間加えています♪
この豚タンが、
一度煮込んでいるのでしょうか?
めちゃめちゃ柔らかくて、
美味しかったですー!
シンプルな料理だからこそ、
味の良さが際立ちました^^

豚串を食べながら、
会場を歩いていると、
IMG_7100_20110828054325.jpg
一番長い行列を発見しました!

行列ができているからには、
美味しいに違いない!
と思い早速並ぶこと20分、
ようやく何の行列かわかりました!
こちらです^^
IMG_7098_20110828054254.jpg
チェルボさん

北海道で始めて真のナポリピッツァ協会に
認定されたピッツェリアである、
チェルボさんが、
会場限定のメニューを提供していたんです♪

そのメニューというのがこちらです!
IMG_7099_20110828054325.jpg
ピッツァ・フリッタ

なんと揚げピッツァです!!
チェルボのピザ生地の上に、
グザイを乗せてたものを半分に折って、
高温で揚げたものです。
お店の方いわく、
本場ナポリなどでは、
お店のメニューとして、
どこにでもあるメニューだそうです♪

普通のピッツァが最高に美味しいだけに、
期待しちゃいます♪

ということで早速、
いただきまーす!
IMG_7103_20110828054325.jpg
熱々でカリッとしたピザ生地を食べると、
中からは美味しいチーズと
トマトソースが出てきました!!
これは美味しいですねー^^
揚げてあるのが普通のピッツァとは、
違った食感と味を楽しめ、
持ちやすくて食べやすいので、
お祭り会場で食べるのにぴったりです!
もっと沢山食べたかったなぁ♪

続いてのお店はこちら、
IMG_7064_20110828054118.jpg
モンタンベール

地元北広島で愛されている
洋菓子店です♪
この日は洋菓子のほかに、
パンやキッシュなどの軽食も
売られていましたー!

ということでパン好きにはたまらない
こちらをまずはいただきました^^
IMG_7110_20110828054359.jpg
クロワッサン

こちらのクロワッサンは、
ずしっとした重量感のあるクロワッサンです。

早速食べてみると、
IMG_7111_20110828054358.jpg
割としっとりした感じで、
バターの風味が口から鼻に抜けて、
とっても美味しく、
幸せなひと時を味わえました^^

そして洋菓子屋さんということで、
最後の締めとして、
IMG_7076_20110828054223.jpg
クレーム・ダンジュ

フランスのチーズと北海道産生クリームを使った、
チーズケーキをいただきました♪
チーズと生クリームの風味が、
めちゃめちゃ美味しくて、
思わずもう一つ買おうかと思ったぐらいですw
チーズケーキの甘さに、
フランボワーズのソースが、
良い酸味を与えていて、
すばらしい一品でした^^

本当にすばらしいお店が沢山出店している、
フロンティアフェスタ。
残念ながら一人では全部のお店を
食べ歩くことはできませんでした^^;
ご紹介したお店のほかに、
出店していたお店だけでもご紹介したいと思います^^
IMG_7091_20110829224843.jpg
Gigiさん

IMG_7058_20110828054119.jpg
ザ・ライフ・ストックさん

IMG_7089_20110828054255.jpg
ウエムラ牧場さん

IMG_7090_20110828054255.jpg
スイーツシアターさん

IMG_7085_20110828054222.jpg
礼文島スコトン岬・島の人さん

IMG_7088_20110828054255.jpg
札幌開拓使ビールさん

そのほかに写真はありませんが、
お花のフラワーネットワークさん、
雑貨のツリーハウスさん、
クレープやさんなどが出店していました^^

そんな美味しいもののほか、
会場のステージでは、
IMG_7086_20110828054255.jpg
バンドの演奏などが行われ、
会場を盛り上げていました^^

そんなフロンティアフェスタでは、
買い物した金額に応じて、
IMG_7107_20110828054324.jpg
こちらのスタンプ用紙に、
スタンプを教えもらうことができます。

そのスタンプがたまったら、
IMG_7109_20110828054359.jpg
こちらの抽選会場で、
ガラポンくじが引けるようになっていました^^
私も2枚たまったので、
早速チャレンジしました!!

結果はというと、、、
IMG_7130_20110828054358.jpg
2本とも残念賞のテッシュでした^^;

今回第1回目のときに比べて、
本当に美味しい物が盛りだくさんで、
すばらしいお祭りでした^^
今回は一人できましたが、
ぜひ来年はみんなを誘って、
楽しみに行きたいと思います!
主催されたエーデルワイスファームさんをはじめ、
すばらしい料理やお酒を提供してくださった、
出店者の皆様、
楽しい思い出ありがとうございました!!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

小樽 小樽を代表するシェフがいる素敵なイタリアン オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー

こんばんはー!
先日無事今月のワイン会が終了しました^^
至らぬ点もあったかと思いますが、
皆様楽しんでいただけたようで、
一安心です。

というわけで、
来月のワイン会の募集を、
早速はじめさせていただきましたので、
詳しくはこちらをご覧ください^^

今日はその来月のワイン会の会場となる、
小樽にある素敵なイタリアンを
ご紹介します。
以前から、私のワインの大先輩である、
sanさんとこのお店でワイン会をやりたいと
話していたのですが、
先日ふとしたきっかけで、
実現できることになり、
早速お店のオーナーシェフである
三輪さんと親しいsanさんと
打ち合わせ含めて、
お店にお伺いしてきました!
その素敵なイタリアンのお店の名前は、
「オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー」さんといいます。

IMG_5956_20110821080528.jpg

名前 オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー
住所 北海道小樽市東雲2-3
電話 0134-64-1697
時間 ランチ 11:00~14:00
   ディナー17:00~22:00
休み 月曜日
HP なし

ぴあっとさんのことは、
前回もご紹介しているので、
こちらもご覧ください♪

ぴあっとさんは2階建てとなっており、
1階は窓近くのテーブル席と、
厨房を一望できるカウンター席があり、
そして2階には、
テーブル席があります。
今回のワイン会では、
2階を貸切にさせてくださるそうなので、
周りの目も気にすることなく、
ワイン会を開催できそうです!

今回お邪魔したときは、
三輪シェフとお話できるように、
IMG_5957.jpg
カウンター席に二人で陣取り、
作業の合間を縫って、
いろいろと打ち合わせさせていただきました♪

いつもきになる、
シルバーステイは、
IMG_5960_20110821080527.jpg
おっ!KAZUさんと同じタイプですね^^

打ち合わせも無事に終了したので、
ワイン会と同じ品数で料理をお願いしました^^
同じ料理が出るわけではありませんが、
順にご紹介しますね!
IMG_5959_20110821080528.jpg
前菜盛り合わせ

さすがは三輪シェフ、
盛り付けがきれいですよねー^^
野菜あり、魚介あり、お肉ありと、
これからの料理を楽しみにさせてくれる、
素敵な前菜です。
どれも美味しかったのですが、
野菜のピクルス?
が酸味と野菜の甘味が
ちょうど良いバランスで、
とっても美味しかったです!
ひらめのカルパッチョも、
味付けが絶妙で美味しかったですー!

IMG_5964.jpg
花ズッキーニとモッツァレラのフリット

めちゃめちゃ美味しいです!
花ズッキーニの中にモッツァレラが、
入っているのですが、
花ズッキーニのほのかな苦味と、
モッツァレラの乳の甘味が、
一緒にフリットされることで、
一度に味わえて、
とっても美味しかったです!

IMG_5965.jpg
じゃがいもの冷製スープ

ざらついたところがまったく無い、
こちらの冷製スープ。
砂糖使ってないの!?
というぐらい、
じゃがいもの甘味が感じます^^
そのまま飲んでも美味しいのですが、
この後にご紹介するパンをつけて食べても、
とっても美味しかったですー!”

IMG_5967_20110821080616.jpg
自家製パンとバゲット

そのパンです!
手前の方のパンは、
ピザ生地を使った自家製パンとなっており、
もっちりした食感が、
とっても美味しかったです!
バゲットは少し焼いてあるので、
パリッとしていて、
こちらも美味しかったです^^

IMG_5971_20110821080615.jpg
鯛のオリーブペースと乗せと海老のベーコン巻きのポワレ

この一品面白いですねー!
海老で鯛を釣るというわけではありませんが、
海老と鯛が一皿に乗っているのですが、
両方に人手間加えられているんです♪
まず鯛にはオリーブペースとが塗られており、
これが味にアクセントを与えていて、
めちゃめちゃ美味しい!
そして海老のほうにはベーコンが巻かれていて、
こちらがまた面白い♪
海老の甘味とベーコンから出る
お肉の甘味が合わさり、
反発するかと思いきや、
ぜんぜん合うんです!
香ばしい味わいで美味しかったです!

IMG_5974_20110821080615.jpg
牛ヒレ肉のロースト

こちらのお肉が、
とっても美味しいですー!
お肉は一口サイズにカットされており、
中をのぞくと、
IMG_5975_20110821080615.jpg
適度に赤いところが残った焼き加減で、
とっても柔らかいですー!
濃厚なソースにも負けない、
お肉の味わいあり、
美味しかった~^^

IMG_5977_20110821080623.jpg
デザート盛り合わせ

最後にこちらのデザートを
食べてコース終了です♪
このアイスも濃厚だけど、
さらりとしていて、
美味しかったです^^

ワインは今回お互いに
飲みたいワインを
持ち寄りすることになり、
お持ちしました!

まずはsanさんの一本、
IMG_5962_20110821080527.jpg
トリボー シャンパーニュ・イサドラ・ブリュット N.V

シャンパンメゾンのトリボー家が
フランスにあるクラブのためにリリースした、
スペシャルキュベとのこと。
ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ30%、
シャルドネ30%という均整の取れたスタイルで、
黒ブドウが多く熟成期間が長いためか、
酸はそれほどきつくなく、
ほっこりした感じがします。
泡はきめ細かく、
美味しいシャンパンでした^^

続いて私の持ち寄った一本です^^
IMG_5972_20110821080615.jpg
モンキエロ・カルボーネ ランゲ・ネッビオーロ・レグレット 2009

ご存知伊東社長率いる、
アルトリベッロさんが輸入している一本。
バローロの原料として知られる
ネッビオーロが100%使われています。
ネッビオーロというと、
タンニンがちがちなイメージがあるのですが、
こちらはタンニンはとても滑らかで、
果実味がかなり強く酸をそれほど感じず、
結構濃いなぁという印象でした^^
ただ、時間が経つとともに、
その果実味が柔らかくなり、
とてもバランスが取れてきて、
とっても美味しいです!!
これで2000円ぐらいなのですから、
さすがです!

三輪シェフが作る料理は、
どれも盛り付け味ともにすばらしく、
さらにどこかにきちんとイタリアを
感じるんです♪
小樽でイタリアンを探しているといわれたら、
第一に教えたいお店です!

最初にも書きましたが、
そんなぴあっとさんで、
9月4日にワイン会を開催します!
まだ空きがありますので、
ぜひぜひご参加お願いします!
詳しくは、
こちらをご覧ください^^




ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 今みんなと飲みたい日本のワイン会を開催しました アブラッチオ

こんにちはー!
今日はいよいよ月に一度の、
私主催のワイン会♪
ですので昼から更新しています!
いつもみんなが楽しんでいただけるか、
緊張するのですが、
今日は先ほど家の壁にいる蛇を見たので、
なんかうまくいきそうです!
頑張ってきまーす!

今日は先月開催した、
ワイン会の様子をご紹介します♪
私が月に一回開催している、
「みんなでわいわいワイン会in札幌」も
先月の開催で30回目となりました。
これもひとえにご参加いただいた皆様、
協力してくださった飲食店、ワインショップ、
ワイナリーの皆様のおかげです。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

そんな記念すべき第30回のワイン会、
テーマをどうしようかとあれこれ考えましたが、
私がワイン会を定期的にやろう!
と思ったきっかけである、
「日本のワインの良さを知ってもらう!」
ということを思い出し、
今回のテーマを、
「今みんなと飲みたい日本のワイン会」
とし、
日本の知っていただきたい造り手、ワインを
用意させていただきました。
ワイン会の会場となったのは、
大好きなイタリアン、
「アブラッチオ」さんです。

IMG_5724_20110718075107.jpg

名前 アブラッチオ
住所 北海道札幌市中央区南1条西7丁目 札幌スカイビル1階
電話 011-596-7210
時間 ランチ 午前11時半~午後3時まで(LO2時半)
   ディナー午後6時~午後11時まで(LO10時)
休み 月曜日
HP http://abbraccio17sapporo.web.fc2.com/

アブラッチオさんは、
去年オープンしたばかりですが、
道産素材をふんだんに使った
パスタやピッツァをはじめとした、
素晴らしいイタリア料理を作ってくださるお店で、
私も大好きですでに何回か、
利用させていただいてました^^
今回、この会を開催するに当たり、
ぜひアブラッチオさんでやりたいと思い、
お願いしたところ、
快くOKしてくださました^^
オーナーご夫妻、
ほんとうにありがとうございました!

と言うことで当日お店に伺い、
IMG_5728_20110718075107.jpg
ワイン会のセッティングをして、
準備完了!
今回もおかげさまで、
無事満席です♪
いつも皆様、
ありがとうございます!

ということで、
今回いただいた料理とワインを
順番にご紹介します^^

まずは料理から、
(料理名わからなかったので書いていません、ゴメンナサイ^^;)
IMG_5732_20110718075137.jpg
前菜盛り合わせ

前菜が6種類も盛り合わせになった、
豪華な一皿です!
特にウニを使った前菜が、
2種類も入っています♪
ウニを乗せたバケットは、
濃厚で美味しく、
そしてもうひとつの
ウニを乗せた冷製パスタも、
魚介の味がソースに染み込んでいて、
とっても美味しかったですー!
もちろん他の前菜も、
手がかかっていて、
どれも美味しかったです^^

IMG_5736_20110718075137.jpg
魚料理

白身魚と魚介がソテーされた一皿、
上に掛けられたソースが、
濃厚だけどもくどくなく、
白身の魚にぴったりでした♪
ホタテが美味しかったなぁ^^

IMG_5737_20110718075137.jpg
自家製パン

そんなソースにはやっぱりパン!
と言うことで
パンを出していただきました♪
全粒粉を使ったパンは、
小麦の味がしっかりしていて、
とても美味しかったです!
 
IMG_5739.jpg
ピッツァ

チーズとトマト、
アンチョビが入ったピッツァ。
アブラッチオさんのピッツァは、
アンチョビが味にアクセントを与えていて、
めちゃめちゃ美味しいんですよねー!
生地もとっても美味しかったです♪

IMG_5741_20110718075318.jpg
ニョッキ

紫色のジャガイモを使った
こちらのニョッキ。
ジャガイモの甘さと、
クリームソースのコクがぴったり合わさり、
美味しかったですー!

IMG_5742_20110718075318.jpg
パスタ

トマトとベーコンを使ったパスタ、
ベーコンの出汁がトマトソースに加わり、
こちらもとっても美味しいです!
パスタの湯で加減も絶妙で、
さすがアブラッチオさんといったお味でした^^

IMG_5748.jpg
肉料理

牛肉を赤ワインで煮込んだ料理だったかな?^^;
お肉がめちゃめちゃ柔らかくて、
まず感動!
そして食べてみると肉の旨みが残っていて、
そこにソースが絡まり、
ワインがめちゃめちゃはかどります!
美味しい一皿でした^^

IMG_5752_20110718075407.jpg
市川燻製屋本舗の大豆の燻製 ヤックリュさん差し入れ
ヴルストよしだの昼のパテと合鴨レバーヴルスト

こちら、参加してくださったヤックリュさんが、
差し入れしてくださりました!
大豆の燻製は程よい燻香が食欲をそそります^^
そしてパテとレバーヴルストは、
ワインにぴったり♪
この日ワインのペースが遅くなってしまったので、
こちらを差し入れしてくださり、
とても助かりました^^
ヤックリュさんありがとうございました!

IMG_5754.jpg
デザート

最後にこちらの美
味しいデザートをいただき、
料理終了です^^

続いてワインをご紹介します♪
IMG_5729.jpg
小布施ワイナリー ソガ・ペール・エ・フィス スパークリングG N.V(曽我彰彦さん)

長野にある小布施ワイナリーさん、
北海道の方にはドメーヌタカヒコの曽我貴彦さんの
実家ということご存知の方も
多いのではないでしょうか?
こちらのスパークリングは、
北海道で栽培された
ケルナーやミュラーを主体にして作られた
瓶内二字発酵のスパークリングです。
ラベルにデゴルジュマン・ラテと書かれていますが、
これは裏書きによるとデゴルジュマンを失敗して、
多少にごりが残ったために表記したそうです。
香りはケルナーらしい石油香はそれほど強くなく、
程よく熟成した感じがします。
口に含むと、きりっとした酸を感じますが、
やはり熟成によりほっこりした果実も感じられます。
きめが細かく、
夏にぴったりな美味しいスパークリングでした^^

IMG_5733.jpg
某ワイナリー ケルナー&ミュラー 2010

こちらはどこのワイナリーかは書けないのですが、
ケルナーとミュラートゥルガウを
ブレンドした一本です。
若干還元的なところがありますが、
それほど気になりません。
ほのかにバラやライチっぽさを感じます。
口に含むと、
柑橘系の酸とともに、
強いミネラルを感じます。
それが強い余韻となって口に残ります。
国産でこれだけのミネラルと
余韻を感じられるワインは、
なかなか無いのではないでしょうか?
素晴らしいワインでした^^

IMG_5734.jpg
松原農園(北海道ワイン) ミュラートゥルガウ 2010(松原研二さん)

蘭越町でブドウ栽培をしている、
松原研二さんのミュラートゥルガウを使い、
北海道ワインさんで仕込んだ一本です。
香りはミュラーらしい優しい柑橘系の
香りがします。
口に含むと先日飲んだとき同様、
ここ数年のミュラーよりも、
酸が穏やかで、甘さが強い様な気がします。
ほっこりとした根菜のような味わいも感じ、
余韻にかけて若干のミネラルも感じます。
この味わいは、
ここ数年の松原さんのミュラーを、
秋から冬まで寝かせたときに飲んだ印象に
よく似ています。
好みがあるのかと思いますが、
私は少し酸が強いほうが好みでした。

IMG_5735_20110718075137.jpg
ナカザワヴィンヤード(ココファーム&ワイナリー) クリサワブラン 2009(中澤一行さん)

栗沢でブドウを育てている、
中澤さんが栽培したブドウを、
栃木県のココファームで仕込んだ一本。
例年は、ケルナー、ピノ・グリ、
ゲヴェルツトラミナー、シルヴァーナと言う、
4種類のブドウが使われていますが、
2009年は終了が少なかったと言うことで、
ピノ・ノワールも加えられ、
主に5種類の品種が使われています。
最初温度低めで出されたので、
香り味ともに弱めでしたが、
時間とともにライチやバラといった香りが出てきて、
味わいも甘み、ミネラルがどんどん出てきました。
さすがはクリサワブランといった感じですねー!
いつもの年に比べると、
酸があまり感じられず、
甘みもも強くほっこりした感じで、
それがピノ・ノワールが入った印象なのかな?
なんて思いました。
早く2010ヴィンテージを飲んでみたいですねー!

IMG_5740_20110718075318.jpg
TAKIZAWAワイン ソーヴィニヨン・ブラン 2010(滝沢信夫さん)

元々喫茶店を経営していた滝沢さんが、
原料から地元で育てたものを作りたいということで、
ワイン作りに目覚め、
自分で三笠に土地を持ちブドウを育て、
醸造も宝水ワイナリーの施設を借りて、
自分で行っています。
香りはまさにロワールのソーヴィニヨン・ブランのような、
さわやかな草原の青草を感じ、
口に含むと、強めの酸が心地よく、
そこにほのかな甘みが加わります。
そして滝沢さんのワインのすごいところは、
その香り、味わいが時間とともにどんどん変化するんです。
最初青草っぽかった香りが、
トロピカルなものに変わったり、
味わいも酸に隠れがちだった
果実味やミネラルが現れてきたりと、
とても面白いんです!
天然酵母で醸造されているからなのでしょうか?
素晴らしいワインでした^^

IMG_5743.jpg
サンクゼール 長野シャルドネ 2008 ヤックリュさん差し入れ

私のワイン師匠であるヤックリュさんが、
当会のために差し入れしてくださった一本。
長野県にあるワイナリーで、
ワインのほかにジャムなどの加工品も製造しており、
全国各地に直売店がある面白いワイナリーです。
北海道には千歳のアウトレットモールレラにあります^^
グラスに注ぎたてのものは、
あまりかいだことのないような香りがして、
シャルドネとは思わない感じです。
スワリングして時間が経つと落ち着いてきて、
口に含むと、酸、果実ともにそれほど強くなく、
日本のシャルドネらしい
繊細な味わいがしました。
貴重なワイン、ヤックリュさんありがとうございました!

IMG_5744_20110718075317.jpg
神戸ワイン ベネディクシオン・ブラン 2009(渡辺佳津子さん)

神戸の第三セクターである神戸ワインさん、
正直今まであまり気にしていないワイナリーでしたが、
フランス帰りの渡辺さんが醸造するようになってから、
素晴らしいワインを造るようになってきました。
ニセコでブドウ栽培している
佐々木賢さんのパートナーになった今でも、
数ヶ月は神戸ワインに言って醸造のお手伝いをしているそうです。
こちらは渡辺さんが醸造するようになってから誕生した、
フラッグシップシリーズで、
神戸産シャルドネ100%となっています。
まず香りにかなり樽の要素を感じ、
まるでウイスキーやブランデーのようです。
そして口に含んでも、
樽を強く感じるのですが、
ブドウが負けていないのでそれほど気になりません。
ブドウの果実と酸がしっかりしていて、
ミネラルも余韻に感じられます。
これはブルゴーニュとは違いますが、
素晴らしいシャルドネだと思います^^
久しぶりに国産で感動するシャルドネに出会いました^^

IMG_5745_20110718075346.jpg
KONDOヴィンヤード KONDOロゼ 2010(近藤良介さん)

歌志内太陽ファームで農場長を務めた後独立し、
三笠と岩見沢でブドウ栽培をしている近藤さんが、
去年からお手伝いしている、
さっぽろ藤野ワイナリーさんで仕込んだワインです。
仁木町産キャンベル 31%、乙部町産シャルドネ 21%
乙部町産リースリング 21%、仁木町産ナイヤガラ 14%
小平町産セイベル9110 10%、乙部町産メルロー 3%
と言うマニアックなセパージュとなっています。
香りはやはり半数近くが生食用ブドウと言うことで、
ブドウの甘い香りがします。
口に含むとやや酸が強く香りほど甘さを感じません、
いろんな味わいが口に広がり、
なんとも不思議なワインです。
香りが特徴的なので、
好き嫌い別れそうなワインでした。

IMG_5746_20110718075346.jpg
山崎ワイナリー ツヴァイゲルト・レーベ ノンフィルター 2009(山崎亮一さん)

三笠でワイナリーを造り、
初ヴィンテージから10年。
いまや北海道を代表するワイナリーとなりました。
オーナーの和幸さんを始め、
長男の亮一さん、次男の太一さんを中心に
自社畑100%にこだわったワインを造っています。
こちらのワインはワイナリー直売店限定ワインで、
ツヴァイゲルト・レーベを無濾過で瓶詰めしています。
無濾過ということで香りは強く、
ツヴァイらしいスパイシーさが良く現れています。
口に含むと香り同様味わいがしっかりしていて、
山崎さんらしい酸とともに、
スパイシーさ、タンニンが
口に残る様な濃さを感じます。
北海道の赤ワインで、
これだけしっかりした味わいの赤を飲んだのは、
久しぶりです!
無濾過シリーズこれからも続けて欲しいです!

IMG_5747.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ・キュムラ・ピノ・ノワール 2009(曽我貴彦さん)

2回目のリリースですが、
すでに北海道のワイン好きで知らない人はいないのでは?
というぐらい人気となったドメーヌ・タカヒコさん。
ただ人気があるのは、
小布施ワイナリーの曽我彰彦さんの弟で、
ココファームの栽培責任者だったという経歴ではなく、
そのワインが素晴らしいからだと思います!
それぐらい素晴らしいピノ・ノワールです。
今回は味わいの変化を楽しむために、
当日抜栓にしましたが、
リリース直後よりも味の広がりを感じやすく、
良い感じになっていました。
ピュアだけど複雑性があり、
果実とさんのバランスが素晴らしい味わいは、
ブルゴーニュとは違ったテロワールを感じます。
素晴らしいワインでした^^

IMG_5750_20110718075346.jpg
NORA ノラ・ルージュ 2010(佐々木賢さん)

去年ファーストリリースで話題をさらったのが、
曽我貴彦さんなら、
今年ファーストリリースで話題になるのが、
こちらの佐々木賢さん。
羊蹄にある畑のお手伝いをしながら、
今年北斗市に自社畑を手に入れ、
本格的にブドウ栽培に取り組み始めた栽培家さんです!
その佐々木さんが今年初めて赤ワインをリリースしました。
それがこちらのノラ・ルージュです。
乙部町のブドウを使ったこちらのワインは、
固定概念をなくして欲しいと言うことで、
品種名がどこにも書かれていません。
ですのでこのブログでも秘密にしておきますね。
香りは若干樽っぽさを感じ、
青い香りを感じます。
口に含むと、樽のテイストは前面には出ず、
香り同様青っぽさとともに、
北海道らしい酸を感じ、
その後タンニンと果実が広がります。
個人的には大好きな一本ですが、
この青さが気になる人もいるかもしれないですねー^^;

IMG_5751_20110718075346.jpg
酒井ワイナリー バーダップ樽熟成・鳥上坂・金沢 2009(酒井一平さん)

明治時代に山形の赤湯にできた
歴史あるワイナリーである酒井ワイナリーさん、
今は30代の一平さんが醸造栽培ともに担当しています。
こちらの金沢は酒井ワイナリーさんが、
山形のカベルネ・ソーヴィニヨンの可能性を見出すきっかけとなった、
ブドウ栽培家さんのブドウが使われています。
始めて飲ませていただきましたが、
とっても美味しいです!!
2009ヴィンテージでさらにカベルネと言うことで、
がちがちに固く閉ざした味わいなのかと思いきや、
とても優しく柔らかい味わいなんです♪
優しいといっても味わいが弱いのではなく、
しっかりとした果実とタンニンはワインの中にあるんです、
まるで身体に染み入るような味わいは、
山形のカベルネ恐るべし!
といった感じです。
これからますます楽しみな造り手でした^^

IMG_5753.jpg
北海道ワイン 悠遠貴腐葡萄52ペルレ 2004(今村直さん)

最後に私の秘蔵のワインを出しました^^
北海道ワインさんの自社畑である鶴沼ワイナリーさんで
栽培されているペルレと言う品種に、
17年ぶりに貴腐がついてワインとなった幻の一本です。
実はこちらのワインは、
以前北海道ワインさんで開催された、
フォトコンテストの賞品だったもので、
今回第30回のワイン会を記念して、
持ってきちゃいました♪
香りは甘酸っぱい杏やレーズンのような香りで、
口に含むと蜂蜜のような甘さ苦さを感じます♪
さらにただ甘いだけでなく、
底辺で支える酸もまだ生きていて、
まさに北海道の貴腐ワインといった感じで、
素晴らしい味わいでした。
こちらは国産ワインコンクールで銀賞だったのですが、
金賞のケルナーの貴腐、
そして同じく金賞で幻のサッポロワインさんの
余市ケルナーの貴腐ワインもあるので、
いつか飲み比べしてみたいと思います^^

と言うわけで今回も、
IMG_5756_20110816093451.jpg
12人で13本と、
1人1本以上になってしまいました♪

沢山のワインを出したので、
訳わからなくなってしまったかもしれませんが、
参加してくださった方には、
この中でお気に入りの一本を
見つけてくださると嬉しいです♪
日本のワインは、
これから歴史ある造り手、新しい造り手が、
切磋琢磨しどんどん素晴らしいワインが
誕生すると確信しています!
ぜひ参加していただいた皆様を始め、
ブログを呼んでくださった皆様には、
その時代の流れをワインを飲んで
感じていただければと思っています!

最後に、ワイン会に参加してくださった皆様、
ワインを提供してくださったヤックリュさん、
ワイン会の会場として素晴らしい料理を
提供してくださったアブラッチオの皆様、
この度は本当にありがとうございました♪

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 めちゃめちゃ美味しくてリーズナブルな素敵なピッツァ屋さん ピッツェリア・ダ・マッシモ

こんばんは!
今日は20日ということで、
やらなくてはいけない
事務仕事が沢山あって、
さっき帰ってきました^^;
でも、明日は楽しみなワイン会♪
疲れなんて吹き飛びます!

今日は先日お伺いした、
めちゃめちゃ美味しいピッツァのお店を
ご紹介します♪

私の大好きなイタリアンの店主から、
白石区に美味しいピッツァのお店が
あるらしいとの情報をいただき、
私もずっと気になっていました。
すぐにお伺いしたかったのですが、
しばらく休業をしており、
なかなかお伺いできませんでした。
それが先月無事に再オープン♪
早速お伺いしました!
そのお店の名前は、
「ピッツェリア・ダ・マッシモ」さんです。

IMG_6071.jpg

名前 ピッツェリア・ダ・マッシモ
住所 北海道札幌市白石区川下2条5丁目2-8
電話 011-875-7116
時間 ランチ 11:30~14:30
   ディナー17:30~20:30
休み 水曜日
HP 

白石区川下といえば、
もう少しいけば厚別という、
札幌でも端の方です。
そんな場所に美味しいピッツァのお店があるとは、
知りませんでした^^;
上の写真のとおり、
外観はとってもかわいらしい
素敵な雰囲気です♪

早速お店の中に入ると、
IMG_6073_20110817203331.jpg
こうしたテーブル席と、
カウンター席があります♪
壁にはどなたかの肖像画が描かれていますね♪
それが誰なのかは後のお楽しみです^^
今回は一人だったので、
カウンター席に座りました^^

カウンター席には、
IMG_6099_20110817203426.jpg
こんな妙に目がリアルな、
豚さんが出迎えてくれますw

そしてお店に入って一番目に付くのが、
こちら!
IMG_6084_20110817203403.jpg
ピッツァ用の釜です!
こちらの釜は、
なんと東京の釜職人さんに作ってもらい、
こちらに持ってきたそうです!
こだわりを感じますねー♪
そうしたこだわり大好きです! 

そしてお店のもうひとつのこだわりが、
メニュー。
こちらのお店のメニューを見ると、
IMG_6072.jpg
料理はピッツァしかありません!
しかも、ピッツァも2種類だけです。
これにもご主人のこだわりがあり、
種類を厳選し、ロスを減らして、
その分安くしたい!
という思いがあるそうです。
イタリアではピッツァは、
普段食であって、高級料理ではないそうです。
日本でもそれは同じだという思いから、
1枚700円と900円という、
低価格で提供しているそうです^^
すばらしいですねー!

そしてこだわりは調理にも及びます。
まず、調理はすべて、
IMG_6074_20110817203331.jpg
注文してから、
ご主人の手によって一から行われます。

ピッツァに使われている生地も、
IMG_6083_20110817203403.jpg
練った物を約1日寝かせたものを
使用しているそうです。
ただこの1日というのも、
季節によって発行の具合が違うので、
微妙に時間が異なるそうです。
そうしたこだわり一つ一つが、
本当に聞いていてうれしくなりますね^^

そして生地をあっという間に広げて、
具材を乗っけたら、
IMG_6087_20110817203403.jpg
薪で暑くなっている釜の中に、
入れられます!

焼き時間も季節によって、
微妙に変えて、
たまにチェックしながら、
この日は2分かからないぐらいで、
焼きあがりました♪

そうして焼きあがったのがこちらです!
IMG_6089_20110817203403.jpg
マルゲリータ

ナポリピッツァを代表するのが、
このマルゲリータです♪
バジルの緑、チーズの白、
そしてトマトの赤がイタリア国旗を
模しているそうです。
昔、イタリアの王妃がピッツァを食べにきたときに、
そのピッツァを焼いた職人が、
イタリアの国旗を模したこのピッツァを考え、
提供したそうです。
そのピッツァをとても気に入った王妃が、
職人に名前を尋ねたときに、
職人は王妃の名前にちなんで、
こう名付けました。
「マルゲリータ」と。
これはあくまで諸説のうちのひとつですが、
なんとも素敵なエピソードですよねー^^

ちなみにマルゲリータ王妃というのは、
IMG_6079_20110817203331.jpg
こんな方だったそうです♪
そうです!お店の壁の肖像画は、
マルゲリータ王妃のものだったんですねー^^
とっても素敵です!

説明が長くなりましたが、
早速いただきまーす!
IMG_6090_20110817203402.jpg
焼き立て熱々のピッツァを持つと、
チーズが美味しそうに
とろーっとなってます^^ 
この日のモッツァレラは、
たまたま入手できた水牛のものを
使用しているとのことで、
めちゃめちゃ味が凝縮していました!
トマトの味もとっても新鮮で、
雑味が無くトマトの味が、
ストレートに感じ、
バジルの香りが食欲をそそります。
生地自体にもこだわりがあり、
生地のの中の塩分にこだわっているそうです。
そのため、生地自体も味がしっかりついていて、
めちゃめちゃ美味しいです!
特に端っこの少しこげた部分なんて、
もうたまりません!!
美味しくてあっという間に完食、
めちゃめちゃ美味しいピッツァでした!

そんなピッツァに合わせる飲み物はこちら、
IMG_6509_20110817203426.jpg
ウィルキンソン ジンジャエール

私の大好きなウィルキンソンの
ジンジャエールです!
普通のジンジャエールに比べて、
辛口ではじめて飲んだときは、
その辛さに驚きましたが、
今では普通のジンジャエールじゃ
物足りないぐらい大好きになりました!
ピッツァの塩味とウィルキンソンの辛さが
たまりませんでしたー!

ちなみに私、
ウィルキンソンって
外国のメーカーかと思っていたのですが、
日本のブランドだったんですね^^;
今はアサヒ飲料が生産販売しているそうですw

めちゃめちゃ美味しかったマルゲリータ!
こうなると、
もう一種類のほうも気になりますよね♪
ということで、
注文しちゃいました!
こちらです!
IMG_6095_20110817203402.jpg
マリナーラ

もともとナポリ地方の漁師が、
トマトやオリーブオイル、
にんにくなどのあり合わせのものを、
パンの上に乗せて焼いたのが期限という、
こちらのピッツァ。
チーズが入っておらず、
その代わりにんにくスライスが乗っています^^
こちらはチーズを使っていないので、
生地自体もマルゲリータよりも、
パリッとしていて、
違った食感を味わえます!
トマトとにんにくという鉄板の組み合わせが、
生地自体の味と合わさり、
マルゲリータとはまた違った、
すばらしい味わいを作り出してます!
こちらも美味しかったですー!

そんなマリナーラに合わせた飲み物はこちら、
IMG_6081_20110817203330.jpg
キリン ミネラルウォーター

瓶のミネラルウォーター、
はじめて見ました^^;
ネットで調べたところ、
神奈川県で採水されているみたいですねー^^
味は軟水で、
それほど感じませんでした^^;

こちらのお店、
ピッツァもすばらしいのですが、
お店のご主人もとても素敵な方で、
私の疑問に一つ一つ、
丁寧に答えてくださり、
さらにいろいろなことを教えてくれました^^
混んでいるときは、
なかなか声をかけることはできませんが、
ほかにお客さんがいないときには、
ぜひいろいろ聞いてみてください、
きっと教えてくださいますよー!

ピッツァは大好きで、
あちこちで食べてきましたが、
値段と味のバランスから考えると、
個人的にはかなりのヒットです!
5本の指に入るのではないでしょうか?
ブログ書いているだけで、
また食べに行きたくなるほどです!
ぜひ皆様も食べに行ってみてくださいねー♪
ちなみに、ピッツァはお持ち帰りもできます^^
家でゆっくり食べたいという方は、
お持ち帰りしてみてはいかがでしょうか?


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

北広島 昔ながらの製法を守る素敵なハム屋さん エーデルワイスファーム

こんばんはー!
昨日は取引先の飲み会のあと、
一人で飲んでいたのですが、
私がいると知って、
沢山の方がきてくださり、
その後は夜中まで
みんなで楽しく飲む事ができました^^
本当に皆様、
ありがとうございました!

今日は昨日ご紹介した、
ファーマーズカフェさんに隣接している、
素敵なハム屋さんをご紹介します。
元々ファーマーズカフェさんは、
そのハム屋さんのハムを沢山の人に
味わって欲しいと言うことで誕生したカフェなので、
いわばカフェの親みたいなものですね♪
以前ちょっとした縁があってから、
ここのハム屋さんのハムは大好きで、
近くを通るときには、
つい立ち寄って買ったりしています♪
今回もカフェに行ったついでに、
せっかくなので立ち寄ってみました♪
そのハム屋さんの名前は、
「エーデルワイスファーム」さんといいます。

IMG_6568_20110815111052.jpg

名前 エーデルワイスファーム
住所 北海道北広島市輪厚531-7
電話 0120-29-5586
時間 4月~10月 10:00~17:00<9月末まで土・日のみ18:00までの特別営業実施中>
   11月~3月 10:00~16:00
休み 祝日
HP http://www.someplace-else.com/

エーデルワイスファームさんは、
元々北海道で酪農をしていた創業者ご夫婦が
家族用に造っていたハムやベーコンを
札幌のホテルのシェフが気に入り、
商品化を熱望した結果、
誕生したハム屋さんとの事です。

その作り方は昔ながらの製法を忠実に守り、
手間隙をかけて造られています。
通常の大手メーカーのハムは、
1週間程度で完成するのに対し、
エーデルワイスファームさんのハムは、
4週間もかけて造っているそうです。
もうそれだけでおいしそうですよね♪

そんなエーデルワイスファームさんは、
これまで通販をメインに販売していましたが、
お店に直接買いに来る方が増えてきたため、
2007年に上の写真の建物を建て、
直売店をオープンさせました♪
上の写真を見ていただければわかるのですが、
カントリー調の素敵な建物ですよねー!

ということで、
お店の中に入ると、
IMG_6592_20110815111140.jpg
ガラスケースの中に、
おいしそうなハムやソーセージが、
沢山並んでいます♪

さらにその横には、
IMG_6593_20110815111140.jpg
お店の方の好みなのでしょうか?
かわいらしい小物が沢山置いてありました^^

エーデルワイスファームさんは、
調理法だけにこだわっているのではなく、
納得してから買って欲しいと言う強い想いから、
IMG_6588_20110815111141.jpg
ハムやソーセージを試食することができます^^

さらにお店に始めて来た方には、
お店の奥のカウンターにて、
IMG_6586.jpg
エーデルワイスファームさんのこだわりをまとめた、
ビデオを見せていただけます。
このビデオを見ると、
大手のハム屋さんとは、
作り方がまったく違うと言うことが
はっきりとわかりますよ♪

私は初めてではなかったのですが、
春の限定が出たとの事で、
カウンター席に座り、
試食をさせていただきました^^;
こちらです♪
IMG_6589_20110815111140.jpg
バジルソーセージ

プリッとした食感に、
バジルのさわやかな香りが口に広がり、
美味しいですねー!
夏にぴったりだと思いました♪

さらに試食を楽しんでいると、
IMG_0132_20110815110858.jpg
コーヒー

無料でコーヒーまで持ってきてくださり、
本当に至れり尽くせりな感じです♪

そんなゆったりした中で、
IMG_6585_20110815111141.jpg
商品の一覧を見て、
ゆっくりと好きなハムやソーセージを
注文することができます♪

というわけで、
もちろん私も買い物しちゃいました!
今回買ったのはこちらです!
IMG_6040_20110815110857.jpg
薪・炭火仕上げ ロースベーコン

IMG_6041_20110815110857.jpg
薪・炭火仕上げ ボロニアタイプソーセージ

IMG_6042.jpg
薪・炭火仕上げ ポークソーセージ

IMG_6043_20110815110938.jpg
薪・炭火仕上げ チリソーセージ

IMG_6044_20110815110938.jpg
薪・炭火仕上げ ビアブルスト

IMG_6045_20110815110938.jpg
薪・炭火仕上げ ベーコンスライス

どれもおいしそうですよねー!
っていうか、本当に美味しいんです!!
ソーセージはとってもジューシーで、
お肉の味がしっかりと感じられますし、
ベーコンは燻香がとっても華やかで、
焼くと余計な水分が入っていないので、
カリッとした美味しい食感が楽しめます!
賞味期限が短いですが、
冷凍できるので、
いつも我が家では冷凍して食べる分を
解凍しています^^

そして今回買いませんでしたが、
ワイン好きの私にぴったりなのが、
こちら!
IMG_0167_20110815110858.jpg
パテ・ア・ラ・カンパーニュ

エーデルワイスファームさんのパテです♪
良質な鶏のレバーを使ったこちらのパテ、
めちゃめちゃクリーミーで、濃厚で、
とっても美味しいんです!!
これとバゲットがあれば、
ワイン一本行けちゃいます♪
今回買うのをすっかり忘れていて、
今書いていてとっても後悔w
近々また買いに行きたいと思いますー!

そんなエーデルワイスファームさんは、
本当にいつも大人気で、
この日も平日の昼間だったにもかかわらず、
私の前にも後にもどんどんお客さんが、
来店していました^^
やっぱり皆様美味しいものには、
惹かれるんですねー♪
今月27日、28日には、
札幌近郊の素敵な飲食店や造り手さんが集まった、
フロンティアフェスタと言うお祭りも開催されるので、
ぜひ一度足を運んでみてくださいね♪
私も27日に行こうと思ってまーす!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

北広島 あのソーセージ屋さんに素敵なカフェができました ファーマーズカフェ

こんばんは。
今日から私は仕事始め、
今年も残り4ヵ月半。
気持ちも新たに、
頑張りたいと思います!

今日も最近新しく
オープンしたお店を
ご紹介します♪

今日のお店は札幌郊外、
北広島市輪厚に先月末に
新しくオープンしたカフェです。
元々カフェの近くに、
エーデルワイスファームという、
昔ながらの製法でソーセージやハムを
造っているお店があり、
今回そのソーセージやハムを使った料理を
提供してくださるお店として、
カフェが新しくできたのです。

自社の加工品を使った料理を
提供しているお店と言えば、
以前ブログでご紹介した、
余市の燻製屋さん、
南保留太郎商店さんが出したカフェ、
燻香廊さんが思い出されますが、
こちらのお店は
いったいどんな感じなのでしょうか?
お店の名前は、
「ファーマーズカフェ」さんといいます。

IMG_6567_20110815110937.jpg

名前 ファーマーズカフェ
住所 北海道北広島市輪厚531-7
電話 
時間 11:00~16:00
休み 不定休
HP http://www.someplace-else.com/ (エーデルワイスファーム)

エーデルワイスファームさんには、
少なからず縁のある私。
何の縁かは内緒ですが、
造られるソーセージやハムは、
どれも美味しく、
ヴルストよしださんとは
また違った素晴らしさがあります^^

カフェは16;00までと言うことで、
基本的にランチ営業となっています。
お店の前にある看板をみると、、
IMG_6582_20110815111051.jpg
日替わりのランチプレートとサンドイッチ、
その他にホットドックやアイス、
デザートプレートなどがあるようです。
ランチプレート、サンドイッチ、ホットドックには、
いずれもエーデルワイスファームさんの
ハムやソーセージが使われているそうです。
それだけでとっても美味しそうですよね!

こちらのカフェは
お店のある敷地内に元々建っていた、
現会長のお住まいを改装して、
造られたそうです^^
早速建物の中に入ると、
IMG_6561_20110815110938.jpg
とても元々住まいだったとは思えないぐらい、
素敵な空間が広がっていました。
すべて素敵なのですが、
なんといっても、
写真にも写っている暖炉が素敵です!
今は夏なので使っていませんが、
冬になると実際に使うのでしょうか?
実際に赤々と火がついている暖炉を
見てみたいですね^^

お店の奥には、
ガラスケースがあり、
IMG_6580_20110815111052.jpg
その日のデザートや、
エーデルワイスファームで売られている
デザートなどがディスプレイされていました♪

そのガラスケースの手前には、
IMG_6581_20110815111051.jpg
本日のサンドイッチも置いてあります。
私がお伺いしたときには、
残り1個になっていました^^
人気なんですねー!

この日は初めての訪問と言うことで、
日替わりランチプレートをお願いしました♪
待つこと10分、
料理が運ばれてきました!

こちらです!
IMG_6569.jpg
日替わりランチプレート

この日のランチプレートは、
メインがエーデルワイスファームのベーコンを使った、
ロコモコ風どんぶりでした。
エーデルワイスファームさんのベーコンは、
燻製の香りがお肉に染み込んでいて、
お肉、脂身含めて、
とっても美味しいんです!

そんなベーコンとご飯を
一緒に食べて美味しくないはずがありません!
さらに上の卵を割って食べると
美味しさ倍増!
そしてベーコンの下には、
大葉が敷かれているので、
口の中はさっぱりして、
めちゃめちゃ美味しかったです!

メインの他に、
やはりエーデルワイスファームのベーコンを使った、
朝取りピーマンとベーコンの炒め物、
ベーコンが入ったサラダといった小皿があり、
その他にトマトの冷製スープ、
漬物がついていました。

そして食後には、
IMG_6577_20110815111052.jpg
コーヒー

美味しいコーヒーが
ついてきます♪

エーデルワイスファームさんの
ベーコンを使い、
これだけのボリュームで、
コーヒーまで付いて1200円は
お得ですよねー♪
ランチプレートは日替わりで、
いろいろなメニューがあるらしいので、
何度訪問しても楽しめそうですね♪
ハムやベーコン、
ソーセージが大好きという方なら、
絶対気に入ると思いますので、
ぜひ足を運んでみてください♪
きっと満足すると思いますよー^^

明日はカフェの隣にある、
エーデルワイスファームさんの
直売店をご紹介しますねー!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 気軽に立ち寄れる素敵なワインバーがオープン アペリティフ

こんばんは!
今日はお盆休み最終日。
明日からまた仕事
頑張りたいと思います!
昨日とても悲しいことが発覚したので、
明日は良い日になるといいな♪

今日も最近札幌にオープンした、
素敵なワインバーをご紹介します^^
ワイン師匠にサラマンドルさんを
教えていただいた同じ日に、
もう一軒、最近オープンしたお店があるとのことで、
教えていただいたお店です。
すすきのにあるスペインバル、
バル・エスパーニャさんが、
気軽に立ち寄り、
タパスやスパークリングを楽しんで欲しいと
オープンさせたお店なんです♪
そんなお店の名前は、
「アペリティフ」さんといいます。

IMG_5139.jpg

名前 アペリティフ
住所 北海道札幌市中央区南3条西4丁目 ワカツキスクエアビル 1F
電話 011-271-7777
時間 17:00~26:00(日・祝祭日 18:00~24:00)
休み なし
HP http://www.aperitif-jp.com/index.html

お店はオープンカフェのようになっていて、
開放感があり、
外から中の様子もうかがえるようになっています!
入り口近くにはL字のカウンターがあり、
その横にはテーブル席もあり、
遅い時間にお伺いしたにもかかわらず、
みんなでわいわい賑わっていました^^

そんなにぎやかな入り口から一歩奥に入ると
180度真逆な雰囲気の、
静かなテーブル席があります。
こちらは3階まであるのでは?
というぐらいの吹き抜けとなっており、
より素敵な雰囲気をかもし出しています。

と、ここまでいつものブログと違い、
文章ばかりとなっていますが、
実はアペリティフさんには、
何度かお伺いしているのに、
いつも写真を撮り忘れているので、
今回はいただいたワインの写真1枚しか
ご紹介できません^^;
申し訳ありません。。。

と言うわけで唯一写真に収めた、
ワインがこちらです!
IMG_5138.jpg
ドメーヌ・ド・ラ・セール ヤエ・ルージュ N.V

コート・ド・ルーションにあるドメーヌ、
ドメーヌ・ド・ラ・セールが、
日本のインポーターの要望に応えて、
リリースしたスペシャルキュベです。
セパージュがかなり細かく紹介されていて、
樽熟成のグルナッシュ24.5%、
ステンレスタンク熟成のグルナッシュ24.5%、
樽熟成のカリニャン39.5%、
樽熟成のシラー10%、
2004年のコート・ド・ルーシヨン・ヴィラージュ1.5%
となっています。
ヴィンテージも2004、2007、2008と、
3つのヴィンテージがブレンドされているそうです。
グルナッシュらしい
濃い果実味が口に広がりますが、
ヴィンテージがブレンドされているからか、
その濃さが苦になりません。
それでいて余韻も感じられる、
素敵なワインでした^^

本来はお店の中の様子や、
奥の吹き抜けなどもご紹介したかったのですが、
それは直接お店に行って
確かめて見てくださいね♪
店員さんも元気のある方ばかりなので、
一人で行っても気後れしないで、
楽しめると思いますよ♪
ぜひ行ってみてくださいねー!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 東区のフレンチの名店が素敵なワインバーを出店 ラ・サラマンドル

こんばんは!
お盆休みも4日目、
残り明日1日となりました。
今日は特に予定が無いので、
家でブログを更新しています^^

さて、前回のブログでも書いたとおり、
今私好みのお店が、
次々とオープンしています^^
今日ご紹介するのも、
そんな素敵なお店のひとつで、、
東区にある素敵なフレンチのお店、
ル・プルコア・パさんが、
最近注目エリアである西7丁目に出店した
ワインバーです。
6月中旬にオープンして、
オープン直後からあちこちで話題となり、
行ってみたいお店だったのですが、
6月末にワイン師匠とご一緒する機会があり、
その方に連れて行ってもらいました^^
そこですっかりはまってしまい、
それから何度もお伺いしています♪
その素敵なワインバーの名前は、
「ラ・サラマンドル」さんといいます。

IMG_5143.jpg

名前 ラ・サラマンドル
住所 北海道札幌市中央区南2西7-6-2南2条ビル1F
電話 011ー272-1557
時間 17:00~26:00(月・祝日は24:00閉店)
休み 火曜日
HP なし

狸小路に程近いところにありますが、
上の写真を見ていただいてもわかるとおり、
あまり目立つ装飾などをしていないので、
隠れ家のような感じとなっています。

ちなみに昼営業はしていませんが、
昼に見に来ると、
IMG_5858_20110815055009.jpg
こんな感じの店構えとなっています^^
やっぱりあまり目立つ感じではないですねw

店内はとてもやや暗めな照明が
大人な雰囲気をかもし出しています。
お店の真ん中には、
長いカウンターがあり、
壁側にいくつかのテーブル席があります^^
私は一人か二人で来ることがないので、
ずっとカウンターばかりです^^;
お店の方とも話もできるし、
その方が良いんですよね♪

席に座ると、
IMG_5129.jpg
シルバーを用意してくれるのですが、
このシルバーがなんと、
ラギオールでした^^
フレンチなどでラギオールを見たことはありましたが、
ワインバーでラギオールとはびっくり!
料理にも力を入れているという想いが、
伝わってきますね♪

そんなラギオールの下にある
シルバーステイは、
IMG_5148.jpg
お店の名前にもなっている、
サラマンドル(英サラマンダー)
となっています。
サラマンドルとは日本語で、
火吹きトカゲと言う意味で、
ファンタジーなどに出てきますね。
何でサラマンドルさんという名前にしたのか、
いつも聞こうと思うのですが、
忘れちゃうので、
次回はきちんと聞いてきたいと思います!

それではこれまで何度かお伺いした中でいただいた
料理とワインを順にご紹介します^^
(ちなみに料理名を控えるのを忘れたので、
料理名は私が勝手につけてます、ご了承ください^^;)

まずは料理から、
サラマンドルさんの料理は、
フランスの地元で食べられている料理を
提供しているそうです♪
こちらです!
IMG_5132.jpg
サラマンドル風グリーンサラダ

初めてお伺いしたときに、
ワイン師匠がリクエストした一皿。
さっぱりとしたドレッシングが、
おなか一杯の後でも食べられる一品。

IMG_5134.jpg
自家製羊のソーセージ

羊を使った自家製のソーセージ。
プリッとした食感と、
羊のジューシーな味がたまりません!

IMG_5155.jpg
たらとジャガイモのパテ

ブランダートもサラマンドルさんが造ると、
ワインのあてに変身♪
たらは生臭さがまったく無く、
ジャガイモが加わっても、
とってもクリーミー。
付け合せのパンにつけると最高です!

IMG_5153.jpg
バゲット

付け合せのパンが足りなくなり、
単品でバゲットをお願いしました。
表面軽く焼かれているので、
パリッとふんわりと言う感じで、
美味しかったです!

IMG_5829.jpg
ソーセージの中身を焼いた様な料理(名前わからなくてゴメンナサイ^^;)

料理名が適当でゴメンナサイ^^;
名前に書いたとおり、
ソーセージの中身を焼いたようなものでした。
下のソースがとても濃厚で、
お肉の味と合わさり、
赤ワインにぴったりでした♪

IMG_6630_20110815055008.jpg
田舎風パテ

大好きな田舎風パテですが、
他のメニューに見劣りして、
つい最近はじめて頼みました^^;
お肉の挽き加減がやや細かい感じですが、
適度にお肉の食感を残していて、
美味しかったです!
付け合せのレンズ豆とピクルスも
美味しかったです!

IMG_5176_20110815054944.jpg
ブータン・ノワール

ソーセージ上のものを想像したら、
パテを焼いたような形で出てきました^^
血のコクがたまりません!
そのまま食べて赤ワインとあわせても良いですし、、
下に敷かれているマッシュポテトと
あわせても最高です!
まさにフランスの地元料理と言う感じでした^^

IMG_5150.jpg
トリッパ揚げ

大好きなトリッパ!
通常はトマト煮などにされていることが
多いのですが、
さすがはサラマンドルさん、
揚げちゃいました!
表面がカリッとしていますが、
適度にトリッパ独特の食感と香りが残っているので、
トリッパ好きにはたまりません!
ガーリックを効かせてあり、
ワインが進みました!

続いてワインをご紹介します^^
グラスワインは、
フランスのワインを中心にラインナップしており、
自然な造りをしているものが多かったです。
そして嬉しいことにボトルワインですが、
道産ワインの松原農園ミュラーと
TAKIZAWAワインのピノがリストに載っていました^^
こうしたフランスワインが好きな人に、
松原さんや滝沢さんのワインが飲んでもらえると思うと、
とっても嬉しいです!

IMG_5144.jpg
アラン・ベルナール プルミエ・クリュ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット N.V

シャンパーニュにある、
小さなRM(レコルタン・マニピュラン)で、
所有している畑はすべてプルミエ・クリュ以上との事。
そんな造り手のブラン・ド・ブランが、
グラスで楽しめるなんて素敵です!
ブラン・ド・ブランらしい酸もありますが、
どこか柔らかいところもあり熟成させているのがわかります。
余韻にミネラルも感じられる素敵なシャンパンでした。

IMG_5156_20110815054915.jpg
アラン・ルナルダ・ファッシュ ヴァン・ドゥ・ビュジェ・セルドン N.V(2010)

シャンパーニュとは
ある意味対極にあるこちらの泡。
サヴォア地方で2010ヴィンテージから
AOCになったというスパークリングです。
ドサージュをせずに発酵途中に瓶詰めして、
ブドウの糖分を使い二次発酵を行いながらも、
適度に甘さを残しています。
飲むとまさにブドウそのものを飲んでいるような、
素敵な味わい!
21日のワイン会では3種類飲み比べできるので、
今からとっても楽しみです!

IMG_5136.jpg
ドメーヌ・セピ・ランドマン リースリング 2008

今や大人気のブルゴーニュのネゴシアン、
ルー・デュモンを率いる仲田晃二さんが、
修行したことでも有名なセピ・ランドマン、
こちらのリースリングは、
リースリングらしい石油香とともに、
ほのかな甘みとしっかりしたな酸を感じます。
その味わいをミネラルが下支えしているので、
料理とも合わせられる一杯でした。

IMG_5152_20110815054915.jpg
プリモ・パラテューム ヴァン・ド・ペイ・デ・コート・ド・ガスコーニュ・ブラン 2004

ボルドーにありながら、
南フランスの葡萄やワインを取り扱う、
マニアックなネゴシアンの一本♪
こちらはガスコーニュ地方で栽培された
コロンバール50%、ソーヴィニヨン50%
使われています。
7年熟成と言うことで、
熟成が感じられますが、
まだ酸がしっかりしているのでへたっていません。
今が飲み頃からややくだりといった感じで、
面白いワインでした。

IMG_5826_20110815054944.jpg
マルキ・ド・セイラン サン・モン 2009

シュッド・ウエストにある、
マニアックなAOCサン・モンの白です。
使われている品種も、
グロ・マンサン65%、プティ・クルビュ20%、アルフィアック15%
と言うマニアックなもの。
香りは南国系のフルーツの香りがしますが、
飲んでみると
ボリュームはあるのですが、
酸もあるので飲み疲れしません^^
面白いワインでした♪

log-imgs-43.fc2.com/n/o/b/nob916/IMG_5321.jpg" target="_blank">IMG_5321.jpg
ドメーヌ・オー・カンパーニュ ヴァン・ド・リュ9002 N.V(2009)

こちらもシュッド・ウエストにある造り手の一本。
ビオディナミを行っており、
栽培醸造などを月の満ち欠けで行っているとの事。
格付けがヴァン・ド・ターブルなので、
ヴィンテージができない代わりに、
名前にヴィンテージを逆さにした数字が毎年書かれています。
コロンバール50%、ユニ・ブラン20%、ミュスカデル10%、
プティ・タルビュ10%、ソーヴィニヨン・グリ10%
という、ほとんど聞いたことが無い品種が、
沢山使われています。
香りは柑橘系の香りがし、
飲んでみると香り同様の酸味を感じると同時に、
しっかりとしたミネラルを感じます。
身体に染み入るような味わいは
素晴らしかったです!

IMG_5126.jpg
ドメーヌ・アンリ・ドゥラグランジュ オー・コート・ド・ボーヌ ルージュ 2009

あまり見かけない造り手ですが、
ブルゴーニュで6代続くドメーヌとの事、
こちらのオー・コート・ド・ボーヌは、
ポマールを見下ろす丘の上に畑がるそうです。
2009ヴィンテージらしい
チャーミングな果実の香りを感じます、
味わいも渋み、酸もしっかりありますが、
果実の方が強く感じられ、
そのためか今飲んでも美味しくいただけます^^
やはり2009ヴィンテージの下のクラスは、
今飲みに最高ですね!

IMG_6629_20110815055008.jpg
ジュリエット・シュニュ オー・コート・ド・ニュイ ルージュ 1999

こちらはルイ・シュニュのお姉さんの方が営むネゴシアンです。
12年前のワインをグラスで楽しめるなんて、
嬉しいですね。
やや枯れかかって、
タンニンは柔らかくなっていますが、
まだまだしっかりしています!
枯れ好きの人なら、
ちょうど飲み頃なのではないでしょうか?
若いヴィンテージよりも飲みやすくて、
こういうワインも良いですね♪

IMG_5177_20110815054944.jpg
ルネサンス・ボルドー 2008

なんともラベルが不思議なこちらのワインは、
ボルドーの中では珍しい自然派の造り手です。
若いボルドーはタンニンが強く、
がちがちなイメージですが、
こちらはそれほどタンニンもきつくなく、
飲んだ印象も柔らかいです。
今飲んでも普通に美味しいボルドーでした^^

IMG_5175_20110815054945.jpg
タルデュ・ローラン コート・デュ・ローヌ・キュヴェ・ギイ・ルイ 2002 

ローヌの生産者であるミシェル・タルデューと
ブルゴーニュの醸造家ドミニク・ローランが
共同出資して設立したのが、
ネゴシアンであるタルデュ・ローランです。
リリースされるワインは、
最低樽熟2年させてからリリースされるとの事。
こちらのギイ・ルイは、
グルナッシュ50%、シラー50%使われています。
ローヌは個人的に苦手な地方ですが、
グラスで熟成したものが飲めるのは珍しいと思い、
頼んでみました。
香りは果実の中にスパイシーさを強く感じますが、
口に含むとそれほどの濃さは無く、
まろやかなスパイシーさと果実味が口に広がり、
飲みやすい味わいでした。

IMG_5830_20110815055009.jpg
ベルナール・プラジオル ル・プリュヌラール 2002

シュッド・ウエストのガイヤックと言う、
あまり知られていない地域でプラジオル家。
現在はベルナール氏がワインを造っていますが、
父のロベール氏は、
絶滅しそうな土着品種の栽培を広げた結果、
今ではAOCの中にその品種が使えるように
なったそうです。
こちらのワインもプリュヌラールと言う
土着品種が使われています。
味わいは南らしい果実とタンニンを強く感じますが、
熟成によりそれらの角が丸くなり、
飲みにくさはありません。
先ほどのローヌよりはスパイシーな感じが無く、
より果実が強く感じられる味わいでした。

IMG_6632_20110815055008.jpg
ドメーヌ・ピュイデュヴァル ルージュ 2007

ラングドックのワインとしては珍しく、
カベルネフラン 60%、シラー30%、メルロー10%
と、カベルネフランが中心となっています。
樽熟1年以上と言うことで、
香りにバニラっぽさを感じます、
口に含むとカベルネフランの青っぽさは、
ほとんど感じられず、
よく熟したプルーンの様な味わいと
スパイシーさを感じます。
結構濃い味わいなので、
時間を掛けてゆっくりと味わいたい、
そんなワインでした^^

店内もとっても素敵なサラマンドルさん、
料理もワインバーとはいえ、
さすがはプルコア・パさんの姉妹店ということで、
しっかりとしたフランス料理となっています。
メニューも豊富なので、
一人できても良いですし、
複数で来てシェアしても良さそうです。
そしてワインも、
フランスのマニアックな地方や品種、
自然派の造り手のワインなどを
グラスで楽しめるのは、
個人的にはとっても嬉しいです!
ぜひ、気になった方は、
足を運んでみてください^^
とても素敵な時間を過ごせると思いますよー♪


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 注目エリアに素敵なイタリアンバールができました バール メンタ

こんばんはー!
いよいよ私は今日からお盆休み♪
5日間もあるけど、
あれこれ予定が立て込んでいて、
あっという間に終わっちゃいそうです^^;
休みなのに疲れないように、
気をつけたいと思いますー!

さて、最近札幌は、
新しいお店が沢山で来ています!
それも私が大好きな、
ワインを中心に扱ったお店です♪
そんな新しいお店を、
数日に分けて紹介していきたいと思います♪

初日の今日は、
一昨日オープンしたばかりの、
まさに出来立てほやほやの新店です^^
たまたまFACEBOOKで、
知り合いがそのお店の事を紹介して以来、
とても気になっていた時に
最近お気に入りのピッツァ屋さんで、
そのお店のオープンを知らせるはがきが
置かれていたんです^^
聞くと食べに来てくれた方との事。
美味しいピッツァが好きな人がやるお店なら、
美味しいに決まっていると思い、
昨日早速お伺いさせていただきました!
そのオープンしたての
お店の名前は、
「バール・メンタ」さんです。
IMG_6628_20110812161903.jpg

名前 バール メンタ
住所 北海道札幌市中央区南3条西7丁目
電話 011-221-5541
時間 16:00~25:00
休日 月曜日
HP http://barmenta.com/

お店は資生館小学校の近くにあります。
このあたりの西7丁目近辺は、
他にもワインを楽しませてくれるお店が、
続々とオープンしていて、
とても楽しいエリアになりつつあります♪
後日それらのお店もご紹介しますね!

お店の前に来てびっくり、
上の写真を見ていただいてもわかるように、
お祝いのお花がめちゃめちゃ来ています!!
お店は二人で営んでいるのですが、
その二人がいかにみんなから愛されていると言うのが、
よくわかりますね^^

お店の中は、
IMG_6616_20110812161853.jpg
白を基調とした壁と床、
そして同じくしろ色のカウンターが
とても清潔感のある雰囲気を出しています。
写真を見ていただいてもわかるとおり、
お店の中心に厨房があり、
その厨房を囲むようにカウンターがあるので、
どこからでもお店の方と話もできますし、
調理の様子を見ることができます^^

そんなお店のカウンターの上には、
IMG_662.jpg
新鮮なお野菜がおいてありました^^
こうした新鮮な野菜を見るだけで、
食材に気を使っているのが伝わり、
料理を食べるのがとても楽しみになります!

というわけで、
早速いただいた料理とワインをご紹介します!
まず最初のワインは、
IMG_6615.jpg
カビッキオーリ バロヴィエ・ピノ・シャルドネ・ブリュット N.V

イタリアのピノ・ビアンコと
シャルドネを使ったスパークリングです^^
製法はシャルマ製法と呼ばれる、
タンク内二次発酵で行われています。
香りはフルーティな中に、
酸を思わせるものがあり、
口に含むときめ細かい泡を感じ、
柑橘系の酸味とともに、
ほっこりとした果実味を感じ、
しっかりした味わいの
陽なイメージのスパークリング、
美味しかったです!

続いてお店イチオシの料理を
お願いしました^^
こちらです!
IMG_6619_20110812161852.jpg
チキンのサオール

鶏肉と野菜を甘酸っぱい酢でマリネした
こちらの料理は、
ヴェネト州の郷土料理との事でした^^
甘酸っぱい味わいと鶏肉の風味が、
暑い日にぴったりな一皿で、
とても美味しく、
そしてとてもワインに合いました♪

続いていただいたワインがこちら、
IMG_6622_20110812161852.jpg
ルセンティ オステ・ビアンコ・オルトルーゴ・コッリ・ピアチェンティーニ 2010

ラベルのおじさんが素敵な一本。
ワイナリーにある地元で地酒として
楽しまれている一本だそうで、
大きさもマグナムボトルとなっています^^
日本の一升瓶ワインのような
感覚でしょうか?
レモンのような酸味を
しっかりと感じるのですが、
そこに果実味もきちんとあるので、
酸味が嫌になりません。
そして余韻にかけてほんのりとした、
苦味も感じられて、
やはりどこかに陽なイメージがあるんです。
ブラインドで飲んだらイタリアと
応えることができそうな、
そんなワインでした^^

IMG_6626_20110812161851.jpg
麦のサラダ

麦を使ったサラダ^^
麦の食感が素晴らしく、
野菜の風味と合わさり、
とっても美味しかったです!

IMG_6627.jpg
テッレ・ディ・マリア・ピア キアレット・バルドリーノ・クラシコ 2010

先日のワイン会でも飲んだ、
アルトリベッロさんが輸入している
こちらのロゼワイン。
酸とともに渋みも感じられる、
美味しい辛口ロゼです♪
暑い日には、
赤ワインではなく、
このぐらいのロゼワインが最高!
と思うのは、
薔薇色の騎士団だからでしょうか?w
それにしても美味しいワインでした!

お店はほぼ満席、
私がお店に入った後も、
次から次とお客さんがきていました^^
開店直後で、
そんな大混雑にもかかわらず、
お店の中が混乱する事無く、
営業で来ていたのは、
素晴らしいです!!
一人できても仲間と来ても、
楽しめる素敵なお店です!
ぜひ気になった方は足を運んでみてくださいねー^^
私もまた行きたいと思います!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。