*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩見沢 クリサワブランの故郷もようやく雪解けしました^^ ナカザワヴィンヤード

こんばんはー!
今日は良い天気でしたね^^
こうした天気が続くと、
葡萄やそれ以外の野菜も
元気に伸びてくれるので、
とても嬉しいです!
太陽さん、
明日からも晴れてくださーい♪

今日は4月にお伺いした、
私の尊敬するヴィニロンさんのヴィンヤードを
ご紹介します!
私の大好きな白ワインの原料となっている葡萄を
育てていらっしゃって、
毎年春、秋と訪問させていただいてました。
が、今年は非常に雪が多かったということで、
非常に心配だったので、
いつもよりも早い時期に
訪問させていただきました。
改めてお伺いしたヴィンヤードの名前は、
「ナカザワヴィンヤード」さんといいます。

IMG_2690.jpg

名前 中澤ヴィンヤード
住所 北海道岩見沢市
HP  http://www.nvineyard.jp/

 ※ 中澤さんは普通のブドウ栽培家さんですので、
   住所等の公開は控えさせていただきます。
   そして、中澤さんに限らず、
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的にはぶどう栽培家さんの所には、
   畑しかありません。それを理解したうえで、
   訪問してください。


この日はあいにくの雨降り、
ですが畑を目の前にしては、
そんなことも関係ありません^^;
端から端まで、
畑を見学させていただきました^^

お伺いしたのは4月の中旬でしたが、
IMG_2691_20110529164912.jpg
垣根の周りの雪も、
すっかり溶けていました。
ただ、上にも書きましたが、
今年は雪の量が多かったこともあり、
垣根の柱の一部が、
折れてしまってました。
自然の恐ろしさを
目の当たりにした感じです。。。

冬の間雪の下で過ごしたぶどうの樹は、
IMG_2692_20110529164912.jpg
針金に固定される前の状態でした。
北海道では前年の秋に剪定しています。
こちらは長梢剪定されているのが、
写真からわかります^^

そんな枝の先には、
IMG_2693.jpg
小さいですが芽の元となる部分が、
少し膨らんでいました^^
見に行ってから1ヶ月以上たっているので、
今はきっと大きくなっているんでしょうねー!

そして今や中澤さんの畑のアイドル、
IMG_2705.jpg
鶏も元気な姿を見せてくれました^^

今日は全道で朝方気温が下がりました。
大きな霜は降りなかったようですが、
一部の地域では、
地面に近いところの芽は、
霜焼けしていたそうです。
本当に自然というものは、
ある時は恵みを与えてくれたり、
ある時は試練を与えたりと、
いろいろな表情を見せるものですね。。。
こうして畑を見学させていただき、
ヴィニロンのお話しを聞くと、
それが良くわかります。
この度は忙しいところ、
見学を許してくださり、
中澤さん、ありがとうございました。


スポンサーサイト

余市 大好きなドメーヌのお手伝いに行ってきましたその2 ドメーヌ・タカヒコ

こんばんはー!
今日は私の会社で、
十数年ぶりに開催される、
大きなイベントがありました^^
予想人数を上回る来場となり、
まずは一安心です。
ご来場いただいた皆様、
ありがとうございました!

今日は前回のブログ
お手伝いしている様子をご紹介した
ドメーヌタカヒコさんにて、
再びお手伝いをした様子を
ご紹介します♪

前回ご紹介したときは、
一人でお手伝いをしましたが、
今回は仲間と一緒に、
総勢5人でお手伝いさせていただきました^^
タカヒコさんのお手伝いは、
とても楽しく、
とても勉強になります。
何をお手伝いしたかは、
後ほどのお楽しみ♪
改めてお伺いしたドメーヌの名前は、
「ドメーヌ・タカヒコ」さんです。

IMG_3778.jpg

名前 ドメーヌ・タカヒコ
住所 北海道余市町
HP  http://takahiko.co.jp/index.html

 ※ ドメーヌ・タカヒコさんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


まず午前中は、
みんなで瓶詰めを
お手伝いさせていただきました♪
瓶詰めは、過去2回お手伝いさせていただきましたので、
みんなも結構慣れた感じで、
お手伝いできました^^
初めての方もいましたが、
すぐに慣れて、
午前中にすべての瓶詰めを終えることができました^^

みんなでお昼休憩をした後、
今度は畑に向かいます♪
IMG_3793.jpg
この日は天気も良く、
青空の下、
畑がとても綺麗に見えました^^

畑には、
IMG_3811_20110529160228.jpg
桜の木もあり、
少し散り始めていましたが、
とても綺麗に咲いていました^^

キャンベルの棚の下には、
IMG_3812_20110529160523.jpg
タンポポが沢山咲いていて、
とっても綺麗な黄色いじゅうたんが、
出来上がってました♪

そんなキャンベルの樹には、
IMG_3813.jpg
芽が大きくなっていて、
萌芽までもう少しのところまで、
来ていました。
後ほどご紹介するワイン用葡萄の樹は、
まだ芽が固い感じで、
生食用葡萄の方が生育が早いようでした^^

そのワイン用葡萄の畑は、
IMG_3819.jpg
垣根と垣根の間に、
草が茂っています^^
自然のままで葡萄を育てたいという、
これも曽我さんの考えがあり、
あまり頻繁に草刈りはしないそうです。
そうはいっても、
まったく草刈りをしないと、
風通しが悪くなり病気の原因にもなるので、
近々1回目の草刈りを行うとの事でした。

そんな垣根には、
IMG_3816.jpg
私が先日根切りと枝切りをお手伝いした
ピノ・ノワールの苗が、
斜めを向いて、
植えられていました^^
北海道では
冬になると雪で葡萄の樹が埋もれるので、
こうして斜めに植えないと、
雪の重さで樹が折れてしまうんです^^;
ですのでこうして、
斜めに植えるのが一般的です^^

畑に植えきらなかった苗は、
IMG_3806.jpg
こうして苗床に植えられて、
来年の補植用として1年間育てられるそうです^^

畑の見学をさせていただいた後、
いよいよ畑のお手伝いです♪
お手伝いするのに登場したのが、
こちらの
IMG_3821_20110529160242.jpg
トラクターです!

そのトラクターの後ろに、
IMG_3820.jpg
こうしてみんなで乗り込みます^^

乗り込んで何をするのかというと、
垣根と垣根の間を進み、
樹一本一本にグローチューブを
置いていくんです。
青空の下、トラクターの後ろでの作業は、
めちゃめちゃ楽しかったです!

ちなみに置いたグローチューブは、
後ほど曽我さんの手により、
IMG_3817_20110529160243.jpg
こうして苗木にかぶせていくそうです。
こうすることで、
ウサギやねずみに樹を切られる事無く、
さらに刈払い機で草刈りをする際に、 
間違って樹を切らなくてすむそうです。
こうしたお手伝いをしないと、
わからない苦労があるんだと、
改めて勉強になりました^^

もっと沢山お手伝いしたかったのですが、
残念ながらここでタイムアップ。
お手伝い終了となりました^^
ただ、曽我さんの畑には、
これからもお手伝いして行きたいと
思っていますので、
お手伝いしたときには、
このようにブログでご紹介させていただきますねー!
曽我さん、ご一緒した皆様、
ありがとうございました^^

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

よしヴィンヤード 葡萄を育てよう企画!苗植え準備編

今日はよしヴィンヤードの様子も
書いちゃいますー!

これまでの歩みは、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-category-11.html
こちらをご覧ください。

前回のよしヴィンヤードの記事では、
まだ雪があった我が家の裏山。
それも5月の中旬には、
IMG_3474_20110524232058.jpg
5月14日

ほとんど雪がなくなりました♪
そうなるといよいよ苗植えの準備です。
まず去年埋めておいた、
苗木を掘り出します^^
掘り出したものがこちらです。
IMG_3480.jpg
去年一年間苗床で育てた結果、
枝から立派な根が出ました^^
写真の左側が、
ゲヴュルツ・トラミネール、
そして右側が
ピノ・ノワールの苗です。

この掘り出した苗は、
IMG_3483.jpg
こちらのたらいでよく洗い、

その後、
IMG_3484.jpg
たらいの中に根を入れてあげて、
数日間そのままにして、
苗木の水分を補給してあげます。

苗木の準備はできましたが、
まだ肝心の植える場所の準備がまだ、
ということで今度は一番上の写真の
右奥に向かいます!

右奥の部分は、
IMG_3476_20110524232907.jpg
傾斜があり、
個人的に葡萄畑に一番向いていそうな
気がしたので、
今年はここに植えることにしました^^

そのためにはまず、
土を耕さなくてはいけません!
そこで登場するのが、
IMG_3477.jpg
耕運機

我が家のヒーロー!
家庭用耕運機です!!
父が数年前に中古で買ってきたものです♪
古いので操作に難はありますが、
まだまだ元気に動いています!

この耕運機を使って、
IMG_3478.jpg
このように耕していきます^^
粘土質でがちがちの土だったので、
1列につき2回耕運機を通しました。

その結果、
IMG_3476_20110524232907.jpg
こんなにがちがちだった畑が、

IMG_3479.jpg
ここまで耕すことができました^^

これで準備は万端、
後は植える位置を決めれば、
苗植え開始できます!
苗植えは、
それはまた別のお話し^^

次回のよしヴィンヤードの記事は、
去年も行った
苗作りの様子をご紹介します^^
お楽しみにー!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

余市 大好きなドメーヌのお手伝いに行ってきましたその1 ドメーヌ・タカヒコ

こんばんはー!
今日は先ほどから
小雨が降ってきました。
今年は本当にからっと晴れる日が
なかなか無いですねーT_T
気温も低いままで、
我が家の畑も心配です。。。
早く良い天気になってほしいですね!

さて、今日から私が春にお伺いした、
北海道各地のワイナリーやヴィンヤードの
様子をご紹介していきます!
まず最初にご紹介するのは、
私の住んでいる小樽の隣町の余市町に
昨年誕生したドメーヌです。
そのドメーヌから作られるワインは、
今までの日本のワインには無かった
素晴らしい味わいで、
さらにオーナーも素晴らしい方で、
そのワインとオーナーに惚れて、
去年から、何度もお伺いさせていただいていました。
今回もお願いして、
畑のお手伝いをさせていただきました。
そのドメーヌの名前は、
「ドメーヌ・タカヒコ」さんといいます。

IMG_3300.jpg

名前 ドメーヌ・タカヒコ
住所 北海道余市町
HP  http://takahiko.co.jp/index.html

 ※ ドメーヌ・タカヒコさんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


ドメーヌタカヒコのオーナーである、
曽我貴彦さんは、
長野県にある老舗ワイナリーの
小布施ワイナリーの当主曽我彰彦さんの弟であり、
独立する前は、
栃木にある素晴らしいワイナリーである、
ココファームワイナリーの畑の責任者を努めたという、
素晴らしい経歴の持ち主です。
そんな素晴らしい方が、
余市の可能性を信じて、
家族で移住してくださるという話しを聞いたときは、
とても興奮したのを覚えています!
そんな曽我さんを応援したいと勝手に思い、
お手伝いさせていただいています。

この日のお手伝いは、
IMG_3306.jpg
こちらを使います!

こちらなんだと思いますか?
こちらは実は、
IMG_3308.jpg
葡萄の苗木なんです!
それもただの苗木ではありません!
本州の苗木屋さんで1年間育てられた、
ピノ・ノワールの苗木です^^

お伺いした数日後に、
ドメーヌ・タカヒコさんの畑で
苗植えが行われるということで、
この日はこの苗木を加工するお手伝いを
させていただきました^^

まずは、
IMG_3309.jpg
この根が邪魔です。
苗植えをするときに、
こんなに根が長いと、
苗を植えるときに長すぎて、
植えにくいんです^^;

そこで、
IMG_3312.jpg
このように根を剪定ばさみで
短くします^^

短くしたものがこちら、
IMG_3313.jpg
かなり短くしちゃいます。
そうすることで植えやすくなり、
植えた後は、
この短くなった根から、
新しい根がニョキニョキと
生えてくるそうです。
今回は大体5センチぐらい残して、
カットしました。

続いて加工するのが、
IMG_3314.jpg
こちらの枝の部分です。

こちらも、
IMG_3315.jpg
剪定ばさみで短くしちゃいます。
切る場所としては、
台木が接木してある部分の少し上にある、
芽が残るぐらいの位置です。

なぜ枝を切らなくてはいけないかというと、
そのままだと、
葡萄は枝の先の方から
成長する性質があるので、
伸ばしたい手前の芽に
栄養がいかなくなるそうです。
そのため、芽の上で枝をカットして
栄養分が芽に集中させるそうです。

そうして出来上がった苗木がこちらです。
IMG_3320.jpg
根も枝も短くなって、
持ちやすく、
苗植えしやすくなりました♪

苗木は束になっているものを
IMG_3323.jpg
こうして一箇所に集めて、

その後、
IMG_3324.jpg
水の入った箱の中に入れて、
水分を補給させて、
苗植えの日を待ちます。

この一連の作業を、
今回は今年苗植えする分を、
曽我さんと二人で、
すべて完成させました^^

作業が終わった後、
少し時間があったので、
畑を見学させていただきました。

まずはこちら、
IMG_3330.jpg
去年収穫体験をさせていただいた、
キャンベルの畑です。
まだ芽も堅く、
萌芽するまで
もう少しかかるといった印象でした。

続いてこちら、
IMG_3340.jpg
ピノ・ノワールの畑です。

去年植えたピノ・ノワールの木は、
IMG_3343.jpg
去年の秋の剪定で、
切り戻しが行われていて、
こちらもまだ小さい芽が見える程度でした^^

と、ここで曽我さんから素敵な申し出が!
IMG_3345.jpg
今回加工したこの苗木を、
少し植えてみませんか?
とおっしゃってくださいました。
そんな貴重な経験、
なかなかできません。
もちろん喜んで申し出をお受けしました♪

去年もドメーヌ・タカヒコさんの苗植え
少しさせていただきましたが、
去年の苗はポット苗という、
苗木屋さんであまり育てていない状態の苗だったので、
こうした1年間育てたものを植えるのは、
初めてでした^^

苗植えはまず、
苗を植える位置を、
IMG_3351.jpg
こうして巻尺で決まった距離を計り、
割り箸で位置を記録していきます。

続いて苗を実際に植えるのですが、
今回は通称「余市植え」という植え方を、
IMG_3354.jpg
曽我さん自らが実践して、
教えてくださいました^^

「余市植え」は通常の植え方よりも、
かなり簡単で、
時間短縮ができるそうです。
曽我さんもこっちに来てから知ったそうで、
はじめて見たときは、
とても驚いたとおっしゃっていました^^

それでは余市植えのやり方を、
簡単にご紹介します♪

まずはじめに、
IMG_3357.jpg
先ほど植える場所を刺した
割り箸の位置に、
スコップを合わせます。

続いて、
IMG_3359.jpg
その合わせたスコップを
土の中に挿していきます。

そして、
IMG_3361.jpg
挿したスコップを前に押し、
スコップの後ろにできた隙間に、
苗木を差し込みます。
この時に、北海道の場合は、
苗木が斜めに植わさる用に調整します。
これは北海道は冬雪が降るため、
その雪の重さで苗木が折れないように、
斜めにする必要があるためです。
そして同じく雪で
今年伸びた枝が折れないように、
芽の位置を上向きにする必要があります。

そして苗木を挿し込んだ後、
IMG_3362.jpg
スコップを抜いて、
周りの土を苗木の周りに入れてあげると、
余市植えの完成です。
とっても簡単ですよねー!
1年に何千本も苗木を植える
余市の農家さんたちが、
編み出した「余市植え」。
これで問題なく葡萄も育つのですから、
素晴らしいアイディアですよね。
余市の農家さん万歳!

ということで、
この日の作業はすべて終了。
朝からお手伝いさせていただき、
日没までびっしり手伝わせていただきました^^
やっぱり土や植物をいじると、
とても心が癒されますね。
そして曽我さんからとても勉強になるお話や、
作業の手ほどきを受けることができて、
本当に幸せです!
曽我さんの忙しい中、
本当にありがとうございました!

明日は、一昨日再び曽我さんのところで、
お手伝いした様子をご紹介します!
お楽しみにー^^


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 素敵な方々と一緒に楽しむブラインドワイン会に参加しました ラ・プロヴァンス

こんばんは!
昨日は、日中ワイナリーと
畑のお手伝いをさせていただき、
そして夜には素敵な仲間とのワイン会。
本当に幸せな1日を過ごしました。
今週は土曜日まで仕事で結構大変ですが、
昨日の素敵なイベントのおかげで、
乗り切れそうです!
関わってくださった皆様、
ありがとうございますー!

今日はGWに参加させていただいた、
ワイン会第3弾です!
2ヶ月に1回に開催されている、
ブラインドワイン会。
以前に1度参加させていただいて以来、
なかなか都合が合わず
参加できませんでしたが、
今回祝日の開催となったので、
参加させていただきました!
美味しいワインと美味しい料理を
楽しませていただいたのはもちろん、
参加された皆様のコメントが、
とても勉強になりました。
そんな素敵なワイン会の会場となったのは、
「ラ・プロヴァンス」さんです。

IMG_3191.jpg

名前 ラ・プロヴァンス
住所 北海道札幌市中央区南10条西6丁目1-21 ノボテル札幌5階
電話 011-561-1000
時間 昼 11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
   夜 18:00~22:00(ラストオーダー20:30)
休み なし(貸切の場合がございます。ご確認ください。)
HP http://www.novotelsapporo.com/restaurant/laprovence.html

ラ・プロヴァインスさんは、
中島公園近くにあるホテル、
IMG_3165_20110513013112.jpg
ノボテル札幌の中にあります^^

早速会場に入ると、
すでに、
IMG_3167.jpg
テーブルセッティングが済ませてあり、
ブラインド用のグラスが4脚。
そしてこの日の料理のメニューが、
置かれていました^^

それでは早速いただいた料理から、
順にご紹介いたします!
IMG_3169.jpg
ブランダードとそら豆のクロケット 
タップナード・ソース

ブランダートとそら豆が、
クロケットになっています♪
つまんで食べると、
ふんわりと魚とそら豆の風味が口に広がり、
良い感じです♪
ワインのつまみにぴったり!
そんな一皿でした^^

IMG_3170.jpg
香り豊かなフランス小麦のパン・ド・カンパーニュ 

ラ・プロヴァンスさん自家製のパン。
もちもちしていて、
そのまま食べても美味しかったです!
いつも同様ソースにつけて食べると、
最高でした♪

IMG_3173.jpg
北紫海胆と函館産真烏賊、水茄子と新緑のサラダ
ローストにした松の実とフランボワーズのヴィネグレット

ウニが入った贅沢な一皿、
イカの甘みとウニの甘み、
そこに野菜の苦味などの味わいが口に広がり、
とても贅沢な味わいです^^
フランボワーズの酸味が効いたソースが、
良いアクセントになっていました^^

IMG_3180.jpg
タラバ蟹のフレッシュ・パスタ“タリオリーニ”
ギリシャ産カラマタのオリーブオイルとカラスミを添えて

ラ・プロヴァンスさん特製の生パスタ。
食感がとても素晴らしく、
生パスタの中では1,2を争う美味しさです!
タラバ蟹の風味がトマトソースと絡まり、
そこにそこはかとなく感じるカラスミの風味が、
たまりません!
素晴らしい一皿でした^^

IMG_3186.jpg
北海道産牛のリブ・ステーキ、パリのビストロで定番のごちそう“アントルコート”
赤みのジューシーな肉質を特製の粒マスタードと新玉葱のソース

立派なリブステーキの登場!
表面はしっかり焼かれていますが、
中はほんのり赤いところが残っていて、
絶妙な焼加減です!
ソースもマスタードの辛味と新玉葱の甘みが素晴らしく、
そのまま食べてもソースにつけて食べても、
とっても美味しいステーキでした^^

IMG_3192.jpg
セレクション・ド・フロマージュ

チーズの名前を聞くのを忘れてしまいましたが、
どれも熟成していて、
美味しかったです!
特に真ん中のカマンベールのようなチーズは、
口いっぱいに味と香りが広がり、
赤ワインにぴったりな感じでした^^

IMG_3201.jpg
「春のデセール・プレート」
木苺のクレーム・ブリュレと桜のグラス

クレーム・ブリュレ、
表面の焼きがほろ苦く、
めちゃめちゃ美味しいです!
桜のグラスも桜の香りがほんのりと感じ、
クレーム・ブリュレのソース代わりに
一緒に食べても、
めちゃめちゃ美味しかったです!

続いてワインを順にご紹介します^^
ワインは最初にも書いたとおり、
IMG_3168.jpg
すべてブラインドでいただきます。
作り手やラベル、ヴィンテージなどで評価せずに、
純粋に味、香りなどで品種を探します。
私はさっぱりわかりませんでしたが、
他の方は正解者続出!
素晴らしいですねー^^

IMG_3171.jpg
モントー・ブレ・ブリュット N.V

私のブログでも何度も登場してきた、
ご存知セイコーマートシャンパンです^^
はじめの泡のきめ細かさや、
ほのかに感じる熟成香はまさにシャンパン!
ただ、今回のボトルは、
時間とともに泡が弱まってしまい、
シャンパンと答えられませんでした^^;
とはいえ、1980円としては、
十分の味わいだと思います^^

IMG_3174.jpg
シュロス・シェーンボルン リューデスハイマー・リースリング・カビネット 2005

グラスに近づけて感じる石油香と
ほのかな残糖を感じる味わいは、
ドイツのリースリングと思いましたが、
見事正解!
ただ、残糖を感じながらも、
ミネラルや果実味を感じられるのは、
さすがドイツワインといった感じです。

IMG_3177.jpg
カンティーナ・ボルツァーノ サンタ・マッダレーナ ピノ・ビアンコ 2009

中庸的な酸と果実味。
そこに柑橘系の香りを感じます。
アロマティック品種とは思いましたが、
イタリアのピノ・ブランとは
わかりませんでした^^;
1000円台前半としては、
十分すぎる味わいです。

IMG_3181.jpg
ナヴァーロ・ヴィンヤーズ ゲヴュルツトラミネール・エステイト・ドライ 2006  

こちらが自分が持っていったワインです♪
自分も何番目に出されるかわかりませんでしたが、
ライチやバラの香りと、
スパイシーな味わい。
それでいてあまりミネラルが無い感じでしたので、
これが自分のワインだとわかりました^^
ただ結構酸もあり、
カリフォルニアのイメージとは違いました^^

IMG_3182.jpg
ルネ・ミュレ ピノ・グリ・シナチュール 2009 
 
果実味とほのかな苦味を感じた
こちらのワイン。
それほど濃厚ではありませんが、
すっきりと美味しくいただける味わいです。
ピノ・グリ当てられませんでした^^;

IMG_3183.jpg
ドメーヌ・カブロル ピクプール・ド・ピネ 2009

かなりしっかりした味わいで、
後半に甘みを感じます。
今までにあまり感じたことのない味わいで、
さっぱりわかりませんでした^^;
ピクプールなんて、
今までに1回ぐらいしか飲んだことありませんー^^;

IMG_3184.jpg
ルネ・ミュレ ゲヴュルツ・トラミネール・シナチュール 2008

適度なミネラルと、
適度な酸、
そしてスパイシーさがあります。
ゲヴェルツっぽいなぁとお持ってましたが、
見事正解。
ガツンと来る濃厚さはないが、
普段飲むにはこのぐらいの方が、
良いのかも^^

IMG_3187.jpg
ガングロフ コンドリュー 2007

結構アルコールを感じ、
果実味と旨みがすごいです!
余韻もかなりしっかりしていて、
良いワインな感じです。
ヴィオニエはあまり経験がないので、
残念ながらわかりませんでした。

IMG_3188.jpg
ドミニク・ローラン マルサネ・ブラン・ヴィエーニュ・ヴィーニュ 2009

こちらはバニラっぽい樽のニュアンスと
キリッとした味わいと旨み。
こちらはわかりやすい
ブルゴーニュのシャルドネです。
今回はアロマティック品種が多かったので、
なんともほっとする味わいでした^^

IMG_3189.jpg
シャトー・クーアン・ブラン 2003

かなり濃い味わいですが、
さわやかな香りもあります。
この濃厚な感じは、
ニューワールドかと思いましたが、
まさかのボルドーブラン。
2003は濃いですねー^^;

IMG_3190.jpg
タカヒコ・ソガ(ドメーヌ・タカヒコ) ヨイチ・ノボリ・ナカイ・ブラン・ケルナー 2010

かなり色がピンクになってます。
そして香りも凝縮感があり、
グラスに注がれただけで
曽我さんのワインだとわかりました^^
ミュラーかケルナーか迷いましたが、
この凝縮した果実と石油香はケルナーです。
賛否が別れるワインですが、
私は嫌いではありません。
しばらく寝かせて様子を見たいと重います^^

IMG_3193.jpg
ローラン・ルーミエ シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム 2006

ベリー系な酸と果実。
そこに樽のテイストも加わりますが、
それほど強くありません。
これはブルゴーニュのピノとすぐにわかりました^^
村名?と思いましたが、
なんとシャンボール・ミュジニーのプルミエクリュ。
良いワインもたまには飲まないと
だめですねー^^;

IMG_3194.jpg
タルデュ・ローラン ジゴンダス 1999

結構濃い感じですが、
熟成した感じもあり、
ボルドー?と思いました。
盛会は熟成したローヌでした。
若いローヌは濃すぎて嫌いなのですが、
このワインは結構好きな味でした!
熟成したローヌは美味しいと以前聞きましたが、
もっといろいろ飲んでみたいと思う、
そんな美味しいワインでした^^

IMG_3195.jpg
シャトー・ランシュ・ムーサス 2001

こちらも熟成した味わいで、
適度に柔らかいタンニンと酸。
樽のテイストはそれほど強くなく、
こちらのボルドー?と思い、
見事正解。
ただヴィンテージだけはわかりませんでした^;
ボルドーの熟成したの嫌いではありませんが、
先ほどのジゴンダスの方が好みでした^^

IMG_3197_20110513013256.jpg
ドメーヌ・ジョージ・ミッシェル ピノ・ノワール 2007

果実味が強く、
そこに適度な酸が加わり、
結構しっかりした味わいです。
ただ、余韻にミネラルがあまり感じられず、
ピノ・ノワールとは思いましたが、
国はわかりませんでした。
正解はニュージーランド。
ニュージーランドだと
酸があまりないかと思っていたので、
わかりませんでした。

という訳で13人で、
IMG_3199_20110513013256.jpg
15本のワインが揃いました。
セイコーマートのシャンパンから始まり、
白はアロマティック系品種がなぜか揃い、
赤は熟成したワインの飲み比べと
ピノ・ノワール飲み比べがあり、
とても勉強になりました!

この会は、
本当に素晴らしいテイスティング能力を
持っていらっしゃる方々の感想が聞けて、
本当にとても勉強になります!
普段は仕事が遅いので、
なかなか参加できませんが、
なるべく参加していきたいと思います!
幹事をしてくださっているNソムリエ、
お店の皆様、
そしてご一緒した皆様、
本当にありがとうございました!
これからもよろしくお願いしますー^^


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 とっても美味しいイタリアンで美味しい日本ワイン会 ソレイユ

こんばんは!
今日は夜の打ち合わせがあり、
帰りが遅くなりました^^;
こんな日は、
何となく頭がボーっとして、
何もする気が起きません。。。
明日からまた頑張りますー!

今日はGWに参加したワイン会、
第2弾です!
昨日ご紹介したハコさんと同じ日に開催された、
いつもお世話になっている酒屋さんの女将が主催した、
ワイン会です。
女将が全国各地のワイナリーを訪ねた中で、
購入した日本ワインや、
気になって取り寄せた日本ワインを
みんなで飲もうというこの企画^^
今まで飲んだことの無いワイナリーのワインを
沢山飲むことができて、
とても楽しく、
とても勉強になりました^^
そんなワイン会の会場となったのは、
久しぶりにお伺いさせていただいたお店、
「ソレイユ」さんです。

IMG_3153_20110513012444.jpg

名前 ソレイユ
住所 北海道札幌市白石区本郷通7南3-12
電話 011-846-0118
時間 17:30~24:00
休み 月曜日
HP なし

以前、尊敬する菅原ソムリエと
一緒にお伺いしたとき以来のソレイユさん。
前回、大満足な美味しい料理の数々に、
めちゃめちゃ感動したのを覚えているので、
今回久しぶりの訪問で、
とっても楽しみでした♪
そしてその期待を裏切らない、
むしろ良い意味で裏切ってくれて、
想像以上の素晴らしい料理でした^^

今回は8名での参加ということで、
テーブル2つを借りての開催です♪
席には、昨日のハコさん同様、
IMG_3116.jpg
お箸がおかれています^^
日本人はやっぱりお箸が、
食べやすくて良いですよねー!

それではまずは、
いただいた料理を順にご紹介します!
IMG_3119.jpg
冷製・かぶのブランマンジェ

いきなり素晴らしい一皿の登場!
表面は黄色いソースがかかっていますが、
中に真っ白いカブのブランマンジェが入っています。
一口食べると、
思いっきりカブです!
カブそのものを食べているかのような、
濃厚な味わいです^^
それでいて口当たりが滑らかで、
めちゃめちゃ美味しかったです!

IMG_3120.jpg
大鉢まぐろのたたき

まぐろにマヨネーズ、
そしてねぎが加わった一皿。
こちらも表面が程よく焼かれたまぐろが、
とっても美味しいです!
マヨネーズとねぎがさらに味わいを与え、
美味しい一皿でした^^

IMG_3125_20110513012039.jpg
フォアグラと鶏・白レバーのパテ

食感と味わいがそれぞれ違う、
二つのパテ。
まさにワインのお供にぴったり!
といった感じの素晴らしい一皿でした。

IMG_3126.jpg
チーズタルト

熱々のチーズの風味が
とっても濃厚で、
一口食べると
その味わいが口に広がり、
こちらも美味しかったです!

IMG_3128_20110513012105.jpg
道産・豚ロースのイタリア風ロースト

焼き加減が絶妙な、
こちらのロースト。
とっても柔らかくて、
噛めば噛むほど味が出てきます。
シンプルな味付けですが、
お肉の味を活かした感じで、
めちゃめちゃ美味しいです!

IMG_3132_20110513012105.jpg
甘海老のクリームスープ

このスープが、
今回ナンバーワンかも!
めちゃめちゃ濃厚なクリームスープに、
海老の風味が加わり、
至極に一品です!
これだけでワイン2本は飲めちゃいそうでした♪

IMG_3136_20110513012428.jpg
オニオングラタンスープ

こちらも美味しいスープ、
玉葱の甘さがスープに染み出し、
とっても美味しいです!
そのスープを染み込んだパンが、
めちゃめちゃ美味しかったです!

IMG_3141.jpg
にんにくのスープ

ニンニクのスープという名前から、
どんなスープが来るのかと思ったところ、
辛味が加わったスープが出てきました♪
一口飲むとニンニクの風味が、
口の中にガツンと加わり
飲んだときだからこそ飲みたい、
そんな味でした!

IMG_3142_20110513012427.jpg
小エビのパスタアメリケーヌソース

こちらもめちゃめちゃ美味しいパスタです!
一口食べると、
口の中は海老海老海老!
めちゃめちゃ濃厚ですが、
くどくないソースが、
最高です!
こちらもナンバーワン!
美味しいパスタでした^^

IMG_3148.jpg
道産・豚ほほのハンガリー風煮込

きのこと煮るのが、
ハンガリー風との事。
トマトの味が効いたスープで
煮込まれた豚ほほはとっても柔らかく、
美味しかったです!

IMG_3151.jpg
ココナッツのブランマンジェ

お勧めのデザート、
ココナッツのブランマンジェ。
最初のカブのブランマンジェ同様、
めちゃめちゃ濃厚な
ココナッツの風味を感じます♪
それでいて口当たりが、
とても滑らかで、
いつの間にか口から消えています^^
めちゃめちゃ美味しいデザートでした♪

続いて女将が持ってきてくださった、
素敵なワインをご紹介します!

まずは乾杯の泡なのですが、
こちらだけはお店のカヴァを注文しました^^
IMG_3123.jpg
フレシネ コルドン・ネグロ N.V

フレシネといえば、
日本で一番有名なカヴァではないでしょうか?
熟成感は無いものの、
酸味と果実見のバランスが良く、
普通に美味しいです。
もう少し泡がきめ細かいと、
良いなぁと思います^^

ここからが、
女将が持ってきてくださった
ワインたちです!
IMG_3122.jpg
フェルミエ バッカス 2009

以前、バッカス飲み比べを行ったときに、
2008ヴィンテージを飲んでいたので、
こちらの2009ヴィンテージが、
とても楽しみでした^^
北海道の某有名ワイナリーの
バッカスが使われているのですが、
味わいはぜんぜん違います。
こちらはまず香りが
バッカスらしいマスカットっぽさがありません!
柑橘系な香りがします。
味わいも香り同様、
甘みがかなり抑えられていて、
キリッとした酸味を感じます。
ただ酸味だけが強いわけでなく、
余韻もしっかりあるので、
北海道のワイナリーが造るバッカスとはまた違う、
素晴らしさがありました^^

IMG_3143.jpg
はすみふぁーむ シャルドネ 2010

2009ヴィンテージがファーストヴィンテージの
はすみふぁーむさん。
現役の市議会議員の蓮見さんが代表という、
面白い作り手です。
今年醸造免許を取得したので、
今年からは自社醸造を行うみたいです^^
2009ヴィンテージはサンクゼールに委託醸造していましたが、
この2010ヴィンテージはヴィラデストワイナリーさんにて
委託醸造が行われています^^
樽を使っていない味わいは、
とてもニュートラルで適度な酸とミネラルが、
口に広がります。
酒質はそれほど強くはありませんが、
じわじわと感じる美味しさがあります^^
まだ若木のはずですので、
これからが益々とても楽しみです!

IMG_3137_20110513012428.jpg
都濃ワイン シャルドネ・アンウッディド 2009

日本という国の、
多様性が実感できるシャルドネでした。
まるでニューワールドのような、
果実見にあふれたシャルドネは、
まるでパイナップル!?
というぐらい甘さと酸があります。
はすみふぁーむさんのシャルドネとは、
ステンレス熟成という共通項以外は、
同じ品種とは思えません。
とても面白い一本でした^^

IMG_3127.jpg
はすみふぁーむ メルロー 2009

サンクゼールさんで委託したこちらの一本。
2009という素晴らしい年をあらわすかのように、
滑らかなタンニンと酸味、
そこに感じる果実味が合わさり、
素晴らしい味わいでした。
まさにジャパニーズメルローといえる、
素直な味わいは、
まだまだ熟成しても面白くなりそうな、
そんな一本でした^^

IMG_3131.jpg
はすみふぁーむ メルロー 2010

こちらはヴィラデストワイナリーで
委託醸造された一本。
まだリリースしたてということで、
若干舌にぴりぴり感じます。
作りも若干違う感じで、
こちらの方がタンニンは弱めで、
味自体も薄いのですが、
その分旨みがある感じです。
今はまだ閉じている感じですが、
熟成すると面白そうなワインでした。

IMG_3133.jpg
はすみふぁーむ ピノ・ノワール 2010

こちらのピノ・ノワールは、
今年がファーストヴィンテージとの事。
樽を使っていないということで、
ピノ・ノワールらしい、
ベリー系の果実味と酸を感じます。
葡萄の風味をそのままうまく活かした味わいで、
素直に美味しいといえる一本でした♪
ただ国産ピノは、
北海道のピノ・ノワールに飲みなれているので、
何となく酸が弱い感じがしました。
まだ若木ということなので、
これからが楽しみです!

IMG_3144.jpg
都濃ワイン シラー・プライベートリザーブ 2008

日本で今少しずつ増えてきているシラー。
都濃ワインさんでも栽培され始め、
この2008年は記念すべき、
ファーストヴィンテージです。
この都市は台風があり収量が少なく、
本数が少なくなってしまった貴重な一本です。
シラーらしいスパイシーな感じは、
それほど強くありませんが、
タンニンと果実味は適度に感じられます^^
ジャパニーズシラーとして、
こうしたスタイルを目指していくのか、
ローヌのシラーのような
スパイシーで濃いシラーを目指すのか、
これからが楽しみです!
他にもシラーを植えている
ワイナリーがいくつかあるので、
いつかシラー飲み比べも良いかもしれませんね^^

というわけで、
IMG_3150_20110513012445.jpg
8人で8本のワインを
今回いただいちゃいました。

北海道でこんな貴重なワインが飲めたのは、
今回ワインを買ってきてくださった
酒屋さんの女将のおかげです。、
そして楽しく美味しい時間を過ごせたのは、
ご一緒した皆様のおかげです。
本当に皆様ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

第5回小樽ワイン会参加者募集♪

毎月幹事持ち回りで、
私も参加させていただいている、
小樽ワイン会の参加者募集の案内が来たので、
当ブログでも紹介させていただきます。
1回目の様子は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-489.html
4回目の様子は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-597.html
こちらをご参照ください。

今回の幹事である、
Iさんから当会の募集枠として、
3名いただくことができました^^
今月の会場は、
私の大好きなラ・シュミネさん。
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-526.html
小樽にある、
正統派フレンチの名店です。

今回はそんなフレンチに合う
3000円程度のワインを
一人一本持ち寄って
みんなで楽しみたいと思います。
持ち寄りワイン会は、
普段自分が選ばないようなワインを
飲むことができたり、
とても楽しいですよー♪

60726949_101.jpg 60726949_246.jpg

ワイン会概要

1.名称 「第5回小樽ワイン会」
2.日程 20111年5月22日(日)18:00~
3.場所 「ラ・シュミネ」
     北海道小樽市稲穂3-10-13
     0134-33-1885
4.会費 4200円+3000円程度のワイン1本
5.募集人数 3名(定員は12名の予定です)

ぜひ皆様と美味しいフレンチと
美味しいワインをご一緒できるのを、
楽しみにしております!
みんな素敵な方ばかりなので、
気軽にご参加ください。
よろしくお願いしますー^^

参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名に「第5回小樽ワイン会参加希望」と書いて、
本文にお名前と連絡先を書いて、
送信してください^^
よろしくお願いしますー!


みんわいワイン会in札幌5月ワイン会も
引き続き2名募集中です^^
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-662.html
こちらもぜひご参加お待ちしていますー!

小樽 新しい門出を祝っての壮行会をあの店で開催! ボワ・ド・ニュイ・ハコ

こんばんはー!
昨日、一昨日と私はかなり不摂生^^;
ワインの試飲を2件はしごした後に、
日本酒の会に参加したり、
お花見で夜まで楽しんだ後、
立ち食い寿司とスパークリングを楽しんだり
しちゃいました^^;
今日から節制生活スタートしますー!

今日は先日ご紹介した、
小樽期待のフレンチで、
ワイン仲間の壮行会を行った様子を
ご紹介します!
先月オープンしたフレンチのお店。
ブログで紹介したところ、
私の周りで大反響!
ぜひ足を運んでみたいという方が、
沢山いらっしゃってます^^
本当におしゃれで美味しいお店なので、
ぜひぜひ皆様足を運んでみてくださいー!
そのお店の名前は、
「ボワ・ド・ニュイ・ハコ」さんといいます。

IMG_3100_20110513011754.jpg

名前 boite de nuit haco (ボワ・ド・ニュイ・ハコ)
住所 北海道小樽市花園3-16-1
電話 
時間 16:00~24:00(ラストオーダー23:00)
休み 日曜日・月曜日
HP なし

最近、私のワイン会に
参加してくださっていて、
とてもお世話になっていたしんさん。
今回会社を退社して、
新しい人生を歩んでいくということで、
壮行会を開くことになり、
ぜひしんさんに紹介したかった、
さんさん主催でボワ・ド・ニュイ・ハコさんにて
開催することになりました^^

16時開店ということで、
開店直後にお伺いして、
カウンターに陣取らせていただきました^^
ハコさんといえば、
IMG_3103.jpg
箸を用意してくださるのが、
特徴ですよねー!
年配の方が多い小樽市には、
ぴったりなサービスかもしれませんね。

前回お伺いしていたときから、
幾つか良い感じに変わっていたところが、
ありました。
たとえばメニューが、
IMG_3102.jpg
料理名とともに写真が貼られていました。
これだとどんな料理かイメージができて、
注文しやすいですよねー!
さらにコースメニューの種類が、
以前よりシンプルになり、
わかりやすい感じになってました。
そして、一人2500円以上の注文をすると、
ワインの持込が無料との事でした。
これはワイン会主催者には、
嬉しい配慮ですよね!
ぜひいつの日か、
ワイン会開催させていただきたいと思ってますー^^
この日もこのサービスを利用し、
ワインを持ち込みさせていただきました♪

それではまずはいただいた料理を
ご紹介させていただきます^^
IMG_3107.jpg
前菜盛り合わせ

この日のお勧め前菜を盛り合わせで
出してくださるこちらの一皿。
どれもめちゃめちゃ美味しいです!
まず手前にドン!とあるのが、
ベーコンをカリカリに焼いたものです。
まさにワインのつまみにぴったりな一品で、
食感と味わいを楽しめるメニューでした。
そして、右側にあるのが、
ホタテのカルパッチョです。
こちらも新鮮なホタテが甘く美味しく、
そこにいくらの食感と味わいがプラスされ、
とても美味しいです!
そして圧巻が左側にあるキングサーモンです^^
皮をカリッと焼かれたこちらもサーモン、
皮の食感と柔らかい身の食感が素晴らしく、
味わいも濃厚で
めちゃめちゃお気に入りになっちゃいました♪

IMG_3113_20110513011813.jpg
マグロの白ワイン蒸し

マグロを白ワインなどで蒸したこちらの一品。
マグロの蒸し加減が絶妙で、
完全に蒸しあがっていないので、
とても柔らかくしっとりして、
味わいもマグロの味をしっかりと感じます。
野菜もとても彩り綺麗で、
さらに味も野菜の味をしっかりと感じられて、
美味しかったです!

続いてワインは
さんさんとしんさんの
持ち寄りだったのですが、
なぜか、
IMG_3104.jpg
ブラインドでした^^;

私はさんさんやしんさんほど、
ワインに詳しくないので、
さっぱりわかりませんでした^^;
勘で言ったのが
なんとなく当たったぐらいでしたw

ということでこの日さんさんとしんさんが、
持ち寄ってきてくださったワインがこちらです。
IMG_3106.jpg
ジャノボス ブルゴーニュ・ブラン 2008

コント・ラフォンの醸造責任者を
2009年まで勤めたジャノ氏と、
長年レストランを経営し、
その後醸造の勉強を始めたボス氏の
コラボによって誕生したドメーヌ・ジャノボス。
こちらのブルゴーニュ・ブランは、
本拠地のあるムルソー近隣の畑の葡萄が
使われているそうです。
香はやや樽香を感じ、
口に含むと香同様
樽のテイストがやや強く、
そこに酸味が加わり、
余韻にかけては若干ミネラルを感じます。
ブルゴーニュ・ブランとしては、
楽しめる一本ではないでしょうか?
さんさんありがとうございました^^

IMG_3110.jpg
ドメーヌ・フルニヨン ブルゴーニュ・ブラン キュヴェ・ド・ランペルール 2008

こちらはしんさんが持ってきてくださった一本。
きしくも同じブルゴーニュブラン2008です。
こちらはシャブリ地区近隣の葡萄で、
通称「皇帝の葡萄」と呼ばれる葡萄は、
フィノキセラ以前から栽培された
なんと樹齢180年という超古木のワインです。
こちらは樽のテイストがほとんどなく、
まず酸をキリッと感じます。
その後、ミネラルが口に広がるのでですが、
シャブリほどガツンというものはなく、
酸とミネラルのバランスがちょうど良い感じです^^
先ほどのジャノボスとは違った
ブルゴーニュ・ブランを楽しませていただき、
しんさんありがとうございました!

IMG_3115_20110513011813.jpg
シャトー・オー・カルディナル 2001

こちらもさんさん持ち寄りの一本。
ボルドー、サンテミリオン・グラン・クリュの
熟成したワインです。
10年経過したボルドー右岸は、
酸やタンニンがほどよく柔らかくなり、
それでいてへたっているところはなく、
果実のテイストもまだ残っています。
余韻もよく感じられ、
まさに今が飲み頃といった感じでした。
さんさんありがとうございました!

今回もハコさんの素晴らしい料理を
堪能させていただきました^^
ハコさんは本当に食材に気を使っており、
今回お肉料理をお願いしたところ、
良いものが入らなかったので、
種類が用意できませんと
きちんとおっしゃってくださったのが、
とても好印象でした^^
オープンして間もないのですが、
常連さんも沢山できているようで、
ますます楽しみです^^
またぜひお伺いしたいと思いますー!

そして新しい環境に飛び込むしんさん、
しんさんの活躍も、
これからますます楽しみです!
夢希望にあふれるしんさん、
私ももちろん応援していますので、
素晴らしいご報告お待ちしています^^
この度はご一緒していただき、
ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ
 

札幌 あの素敵な作り手の2010テイスティング会に参加しました マトゥーロ


おはようございます!
今日はいよいよ我が家の畑を
耕す予定でいるので、
雨降らないで欲しいです!
夜には楽しみにしていた
日本酒の会があるので、
それを励みに耕したいと思います^^

今日は先日参加させていただいた、
北海道にあるワイン用葡萄栽培家さんの
ワインテイスティング会に、
参加させていただいた様子を
ご紹介させていただきます^^

札幌にあるワインショップ、
MARUYAMAYAさんのブログを、
読んでいたところ、
去年初めて飲んで感動したワインの葡萄を
栽培している栽培家さんがいらして、
新しいヴィンテージのテイスティング会が、
開催されると書かれているではありませんか!
普段国産ワインをほとんど紹介しない、
MARUYAMAYAさんがブログだけでなく、
テイスティング会を企画するなんて、
めちゃめちゃすごいですよね!
道産ワインもここまで来たかと、
感慨深くなりました^^
見つけたからには参加しなくては!
ということで参加させていただきました^^
その会場となったお店の名前は、
「マトゥーロ」さん。
登場したワインの名前は
「タキザワワイン」さんといいます。

IMG_2783_20110513011517.jpg

名前 マトゥーロ
住所 北海道札幌市中央区南1条西1丁目 13-5
電話 011-241-0707
時間 Lanch : 11:30~15:00 (ラストオーダー)
Dinner : 17:30~22:30 (ラストオーダー)
    ※日・祝は22:00 (ラストオーダー)
休み 月曜日
HP http://www.vin-maruyamaya.com/maturo/

名前 TAKIZAWAワイン
住所 北海道三笠市川内841-24
HP  http://www.takizawa-wine.jp/

 ※ タキザワワインさんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


この日のマトゥーロさんは定休日。
定休日にお店を開けて開催するなんて、
MARUYAMAYAさん、
気合が入っています^^
実はこの日、
私は仕事が長引いてしまい、
少し参加しちゃいました^^;
ごめんなさい。

それでは早速、
この日の主役をご紹介します!
IMG_2803.jpg
滝沢信夫さん

とっても素敵な滝沢さん、
タキザワワインのオーナーであり、
畑の栽培から醸造までを一人でこなす、
素晴らしい方なんです^^
滝沢さんは、
元々某有名喫茶店のオーナーだったのですが、
自分で作った作物で加工品を作りたいという
強い思いから、
喫茶店の権利を人に譲り、
三笠に土地を購入してワイン用葡萄栽培を
はじめたのです^^
その後、2008年に
ファーストヴィンテージがリリースされ、
今回の2010年が3回目のリリースとなりました。
60代でこの元気、
見習わなくてはいけませんねー^^;

そんな滝沢さんが造ったワインを
ご紹介します!こちらです^^
IMG_2793_20110513011516.jpg
タキザワワイン ピノ・ノワール2010 ソーヴィニヨン・ブラン2010 

滝沢さんの畑では、
赤ワイン用品種としてピノ・ノワール、
そして白ワイン用品種として、
ソーヴィニヨン・ブランが栽培されています^^
ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブランともに、
国際品種として有名な品種ですが、
これまで北海道では限られたところでしか、
植えられていませんでした^^
そんな品種にチャレンジした滝沢さん、
その理由は自分が好きな品種だったからとの事。
なんともわかりやすい理由ですね♪
実はまだワインにはなっていないのですが、
ピノ・ノワールとソーヴィニヨン・ブランのほかに、
もう1品種植えられているそうです。
その品種はある目的があって栽培されているそうです^^
話しを聞くととても素晴らしい目的で、
早くその目的が実現する事を祈っています。

ちなみに滝沢さんは醸造施設を持っていないので、
こちらのワインは宝水ワイナリーさんに、
委託醸造しています。
とはいえ、作業はほとんど滝沢さんがやっています^^
そんな滝沢さんが造るワインは、培養酵母は一切使わず天然酵母のみ、
無濾過無清澄という自然派的な作りとなっています。

それでは今回いただいたワイン2種類を
順にご紹介します。
まずはこちら、
IMG_2791_20110513011517.jpg
タキザワワイン ソーヴィニヨン・ブラン2010 

滝沢さんのソーヴィニヨン・ブランは、
2008ヴィンテージを道産ワイン応援団2周年記念ワイン会
2009ヴィンテージを私のワイン会2周年記念ワイン会で、
それぞれ飲んでいました。
2008ヴィンテージは綺麗な酸が特徴で、
2009ヴィンテージは自然派のロワールという、
イメージでした。

果たして2010ヴィンテージはどうだったかというと、
まず色が無濾過ということもあり、
若干薄く濁っている感じです。
香はまさにさわやかな草原といった感じで、
口に含むと結構酸をしっかり感じます。
しかしミネラルもかなりしっかり出ているので、
酸がそれほど嫌味になっていません。
そしてこのワインの驚くべきところは、
温度の変化とともにどんどん、香、味が変わってくるのです。
温度が上がってくるとともに、
トロピカルな要素も出てきて、
さらに美味しさアップといった感じで、
なんとも不思議な感じでした。
今までの道産ワインにはないタイプの
素晴らしい白ワインです。

IMG_2795_20110513011536.jpg
タキザワワイン ピノ・ノワール2010 

こちらは今回初リリースとなった、
滝沢さんの畑のピノ・ノワールです^^
一週間前に瓶詰めしたばかりというだけあり、
口に含むとぴちぴちとやや発泡した感じがあります。
香りからはあまり樽のニュアンスは感じずに、
味わいはまだ瓶詰め直後ということで、
かなり閉じている感じで、
抜栓直後は酸が目立ち、
北のピノ・ノワールという印象で、
酸と果実と樽のバランスが、
ややばらばらな感じです。
ただ、時間とともに少しずつ開き始め、
果実のニュアンスが出てきました。
ポテンシャルの高さは感じられるので、
もう少し熟成させてから、
もう一度飲んでみたいと思いました。

続いて、
滝沢さんのワインとともにいただいた
料理をご紹介します。
今回遅刻したので、
一品写真撮れていません^^;
そして料理名に付いては私が勝手に名づけたものなので、
間違っていたらごめんなさい。

IMG_2786_20110513011517.jpg
生ハム

熟成された感じが良く出ていた、
こちらの生ハム。
柔らかくて噛めば噛むほど
味が口に広がり、
とっても美味しかったです。

IMG_2787_20110513011517.jpg
レバーパテ

滑らかで濃厚な、
こちらのレバーパテ。
ワインのお供にぴったりです♪
パンも少し焼いた感じでかりっとしていて、
パテにぴったりな感じでした。

IMG_2785_20110513011517.jpg
海老となすのトマトソース

海老となすがトマトソースに和えられた一品。
海老も美味しいのですが、
下に隠れているナスがとっても柔らかくて、
トマトソースとばっちりあっていて、
めちゃめちゃ美味しいです!

数年前までなら、
こうした生産者の方と
直接触れ合える機会というのは、
なかなかなかったので、
ここ数年の国産ワインの盛り上がりには、
本当にびっくりします。
でも、こうした作り手と飲み手が触れ合える事で、
よりそのワインに対しての愛着も沸き、
美味しく感じられるのではないか?
と思っています。

私が国産ワインが大好きなのも、
生産者にすぐ会え、
そのお考えを日本語で聞くことができ、
畑やワイナリーをすぐに
見学できるというところにあります。
そしてもちろん数年前に比べて、
味も美味しくなっています!
今まで国産ワインだからと
毛嫌いしている方がもしいましたら、
ぜひ作り手とお話しをして、
ワインを飲んでみてください^^
目から鱗だと思いますよー!

この度は素晴らしい会に参加させていただき、
滝沢さんをはじめ、
マトゥーロさん、
MARUYAMAYAさん
本当にありがとうございました!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ">

某所 とっても素敵なお住まいでのワイン会に参加させていただきました

こんばんはー!
ワイン会の準備で、
ついついブログ更新が
遅れてしまいました^^;
マニアックな品種ワイン会
まだまだ参加者募集中ですので、
ぜひご参加くださいねー!

今日のブログは、
完全備忘録です^^;
先日大変お世話になっている方のお住まいで
開催された自宅ワイン会の様子をご紹介します。
個人のお住まいなので、
場所も某所とさせていただく事を
お許しください^^;
年に数回開催されているという、
こちらのワイン会。
実は以前も一度参加させていただきました^^
そのときの様子はこちら
その時も楽しくとても勉強になる会だったので、
今回もとても楽しみにしていました。
そしてその思い通り、
今回も美味しく楽しい時間を
過ごすことができました^^

IMG_2707_20110507223226.jpg

名前 某邸
住所 某所

前回参加させていただいたときのテーマは、
アルザスワイン会でしたが、
今回のテーマはずばり、
「日本ワイン」
です。
企画してくださった方が集めた
日本ワインを中心に、
後はご参加された方々が持ち寄った
日本ワインをみんなでいただきました。

そして料理は、お住まいに住んでいらっしゃる方が、
この季節大変忙しいということで、
私と企画者の方で持ち寄ろうということで、
あれこれ持ち込ませていただきました^^

そんな料理の数々を、
順にご紹介します^^
IMG_2714.jpg
なまらや前菜盛り合わせ

こちら私が持ち寄った前菜の盛り合わせ。
いつもお世話になっている、
なまらやさんにお願いして
作ってもらっちゃいました♪
ひよこ豆のチリソースや、
ナスのマリネなど私の大好きなものが
沢山入っていて、
とっても美味しかったです♪
ご参加された方々からは、
カリフラワーの評判が良かったですね^^
なまらやさんお忙しい中、
ありがとうございました!

IMG_2710_20110507223226.jpg
南保留太郎商店野菜ロール、豆腐の燻製、スモークサーモン
ヴルストよしだローストポーク
チーズ

こちらも私が持ち寄らせていただいた、
南保さんの燻製と
きたキッチン限定発売だった、
ヴルストよしださんのローストポークです^^
やっぱり豆腐の燻製美味しいです!
豆腐なのにどこかチーズのような感じで、
燻香がとても良い感じです^^
ヴルストよしださんのロースとポークも
お肉の感じが良く出ていて、
美味しかったです!

IMG_2711_20110507223225.jpg
ヴルストよしだ昼のパテ

ヴルストよしださんの定番、
昼のパテ。
お肉の食感を大事にしていて、
パンにつけて食べると、
とっても美味しかったです!

IMG_2717_20110507223249.jpg
ヴルストよしだ夜のパテ

こちらは豚のレバーを絹挽きした
滑らかなパテ。
昼のパテとの食感の違い、
そしてレバーから来る濃厚な味わいは、
食べ比べるととっても面白く、
美味しいです!
こちらもパンにつけて食べると最高でした♪

IMG_2709_20110507223226.jpg
エグヴィヴバケット、酔っ払いのフルーツパン

私のパンの定番、
エグヴィヴさんのパン2種類♪
酔っ払いのフルーツパンは、
フルーツの風味と、
ワインが入っているパンの風味が、
最高です!
バケットも美味しかったです^^

IMG_2713.jpg
パン(どちらのパン屋さんだったか忘れてしまいました^^;)

真ん中のパンが、
お一人が持ってきてくださったパンです♪
どこのパン屋さんだったか聞いたのですが、
忘れちゃいました^^;
やさしい味わいで、
とっても美味しかったですー!

IMG_2712_20110507223225.jpg
サラダ

こちらももうお一人が
持ってきてくださったサラダ。
さっぱりして酸味が利いたドレッシングが、
美味しかったです♪

IMG_2719.jpg
スパニッシュオムレツ

こちらご参加された方のお一人が、
持ってきてくださった手造りオムレツです。
玉子の風味と中の具材が、
めちゃめちゃ美味しいです!
一人で沢山食べちゃいました^^

IMG_2724.jpg
手羽先とレンコンの煮物

この日のメイン料理がこちらの煮物^^
日本ワインのやさしい味わいと、
こちらの煮物の相性が抜群!
手羽先はほろほろになるまで煮込まれていて、
とっても柔らかく、
味がしっかり染み込んでいて、
めちゃめちゃ美味しかったです!

続いてそんな料理とともにいただいた、
美味しい日本ワインたちを
ご紹介します!
こちらです♪
IMG_2718_20110507223249.jpg
仲村わいん工房 手造りわいんさちこ N.V

甲州中心に、
デラウェアやリースリングが加わっている、
こちらの一本。
デラウェアっぽい香りはありますが、
味わいは独特。
果実味はそれほど強くない辛口なのですが、
酸はそれほど感じず、
日本酒っぽい味わいです^^

IMG_2720_20110507223249.jpg
仲村わいん工房 蝶・白 N.V

リースリング中心のセパージュの
こちらのワイン。
ほのかな甘さと酸味、
そして苦味を感じ、
貴腐葡萄が入っているの?
というぐらい素晴らしい味わいです^^
やっぱりこちらのワイン好きですねー!
アルザスやドイツのリースリングのような、
石油香はあまりありませんが、
大阪のリースリング素晴らしいです!

IMG_2721_20110507223249.jpg
ナカザワヴィンヤード(ココファームワイナリー) クリサワブラン 2007

出ましたクリサワブラン!
しかも2007ヴィンテージです^^
数日前に開けたもののあまりとの事でしたが、
まったく落ちていません^^
むしろ香が落ち着いていて、
味わいも酸味、甘み、ミネラルが落ち着き、
バランス良くなっています。
余韻は若干落ちている感じでしたが、
やっぱりクリサワブラン、
すごいワインです^^

IMG_2722.jpg
タケダワイナリー サン・スフル白 2009

なんとサン・スフルのバックヴィンテージです。
逆にして保管していたとの事で、
王冠を開けるとボトルの口にべったりと、
澱がついていました^^
こちらはかなり泡が強くなっていて、
出来立てほやほやのさっぱりした味わいに、
+旨みが加わっているような味わいでした^^

IMG_2723_20110507223314.jpg
四恩醸造 ブーケ 2008

こちらも四恩醸造さんの、
バックヴィンテージ。
今回はそんなワインが続きます^^
樽を効かせた甲州は、
香にバニラを感じ、
口に含むと濃い味わいに、
ほのかに感じる苦さと樽っぽさが、
素晴らしいです!
四恩醸造さん最高です!

IMG_2726_20110507223313.jpg
コンドウヴィンヤード(さっぽろ藤野ワイナリー) KONDOロゼ 2010

空知地方でブドウ栽培をしている、
近藤さんが仕込んだこちらのワイン、
仁木町産キャンベル 31%、乙部町産シャルドネ 21%
乙部町産リースリング 21%、仁木町産ナイヤガラ 14%
小平町産セイベル9110 10%、乙部町産メルロー 3%
といういろんな葡萄が使われています^^
プチプチした泡をほのかに感じます。
香はキャンベルやナイヤガラっぽさのほか、
リースリングの香も感じられます。
味わいも生食用葡萄の味わいが基本にありながら、
そこにいろんな味わいを感じます。
酸がしっかりしているので、
少し寝かせてみたいと思います^^

IMG_2725_20110507223313.jpg
シャトーT.S中伊豆ワイナリー 中伊豆ヌーヴォー 2010

私が持ち寄ったワイン、
去年のヌーヴォーです^^;
なんと国産のガメイを使っています。
味わいはヌーヴォーらしい軽い感じですが、
ガメイらしい甘酸っぱさを感じます。
リリースから半年近くたっているので、
落ち着いた感じで、
普通に美味しかったです。

IMG_2731.jpg
仲村わいん工房 がんこおやじの手造りわいん N.V

カベルネ・ソーヴィニヨン主体で、
そこにマスカット・ベリーA、
そして謎の品種ミツオレッドが入ったこちらのワイン。
カベルネの青いところはほとんどなく、
柔らかくもしっかりしたタンニンと、
ベリーAの甘酸っぱい味わいが、
程よくマッチしていて、
とても心地よい味わいです♪
どこか樽を感じさせるのですが、
樽は使っていないと伝えると
みんなびっくりしてましたー^^
2000円でこの味わいは、
素晴らしいコスパだと思いますー!

IMG_2732.jpg
旭洋酒 ソレイユ・ヒクモ・ルージュ シラー&メルロ 2009

飲んでみたかった、
ヒクモ・ルージュ。
国産のシラーなんて、
なかなか飲む機会がありませんが、
結構良い感じです。
ローヌのようなガツンと来る
強い果実味はありませんが、
濃いタンニンと果実味は、
まだまだ固く若い感じで、
余韻もしっかりしているので、
熟成させると面白そうな味わいでした^^

IMG_2735.jpg
ナカザワヴィンヤード(ココファームワイナリー) ピノ・ノワール 2008

今まで恋焦がれていた、
中澤さんのピノ・ノワールを
ついに飲むことができました^^
最初、キャンティグラスで飲んだのですが、
ちょっと青っぽい感じで、
中澤さんの葡萄とはいえ、
やっぱり北海道のピノ・ノワールは、
なかなか熟さないのかなぁ。。。
と思っていたのですが、
お住まいの方が
ブルゴーニュグラスを用意してくださったので、
移し替えてくれたところ、
めちゃめちゃ素晴らしい香りが広がってきます!
ブルゴーニュの村名なんて目じゃないぐらいの、
果実を感じる香です^^
もちろん香だけでなく味わいも、
先ほどまで感じていた青っぽさはなくなり、
果実と酸のバランスが素晴らしく、
どこまでも続くような余韻が、
素晴らしいです!
一般に販売されていないので、
なかなか飲むことができませんが、
もう一度飲んでみたい!
そう思わせる素晴らしい味わいでした^^

美味しい食事に美味しいワイン、
そして楽しくも勉強になる話しができる
ワイン仲間がいることが、
何よりの幸せ。
そう思わせるような素晴らしい会でした^^
ご一緒してくださった皆様、
料理を作ってくださっ皆様、
本当にありがとうございました!
次回開催するときも、
また呼んでくださいねー^^
よろしくお願いします♪

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。