*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 チャリティーワインパーリィに参加しました^^ ダイニング・イル・ネージュ

こんばんはー!
皆様はもうG.Wなんでしょうか?
私は今日は仕事でした^^;
2日も仕事なので、
今年の連休は3連休で終わりです。
でも、3連休は素敵な予定が
沢山入っているので、
今からとっても楽しみ!
1日1日を大事に生きていきたいと思います^^

今日は3月に開催された、
ワイン会の様子をご紹介します。
そのワイン会というのは、
東日本大震災のチャリティ持ち寄りワイン会でした。
Eさんが個人で企画を考え、
お店と協力して開催されたワイン会で、
個人の呼びかけにもかかわらず、
12名も集まり、
おのおの素晴らしいワインを
持ってきていました。
とても楽しく、
そしてチャリティにも貢献できた
素敵なワイン会となりました。
そんな素敵な会の会場となったのは、
これまた素敵なお店、
「ダイニング・イルネージュ」さんです。

IMG_1751.jpg

名前 ダイニング イルネージュ
住所 北海道札幌市北区北12条西1 北12条パークマンション1F
電話 011-717-2555
時間 ランチ 11:30~14:30
ティー 14:30~16:00
ディナー 17:00~23:30
休み 月曜日
HP なし

お店に入ると、
すでに
IMG_1753.jpg
素敵なセッティングが
完成しています♪

一人ひとりの席に、
IMG_1754.jpg
シンプルな白いお皿とシルバー、
そして写真の右上のほうに写っているのが、
今回の会のため参加できなかった方が
用意してくれたお土産の風景写真なんです♪
とっても素敵な写真で、
その中の一枚が被災前の仙台空港でした。
私も2年前に訪れ、
いろいろと思い入れのある空港、
この写真を見ただけで
涙ぐみそうになってしまいました。

それでは早速皆様が持ち寄った、
素敵なワインと、
お店が作ってくださった素晴らしい料理を
順にご紹介していきます^^
IMG_1759.jpg
クシュ・ペール・エ・フィス ブリュット N.V

札幌にあるワインショップ、
MARUYAMAYAさんが自社輸入した、
こちらのシャンパン。
シャンパンらしい酸とともに感じる
ナッツ香と旨みが、
素晴らしかったです!

IMG_1761_20110410075609.jpg
バケット2種のチーズ乗せ、オリーブ

カリカリのバケットの上にのった、
こくのあるチーズがワインのお供にぴったりです!
オリーブも美味しかったです^^

IMG_1756_20110410075609.jpg
ヴィノヴァリ レ・グラニティエール・ブラン 2009

モーザック、ロアン・デ・ロエル、ソーヴィニヨンブランという、
マニアックな品種が使われている、
フランス南西地方のワイン。
すっきりとした香りとともに、
酸を感じる味わいは、
白の最初としてぴったりな味わいでです。
美味しい白ワインでした。

IMG_1762_20110410075643.jpg
生ハムとサラミの盛り合わせ

熟成した生ハムの香りが、
ワインにぴったり!
ワインがどんどん欲しくなります。
サラミも美味しかったです^^

IMG_1764.jpg
カルロス・プレンタ・ワインズ トメロ・マルベック・ロゼ 2009

アルゼンチンのマルベックロゼ。
適度な濃さもありながら、
ロゼらしいすっきりした味わいで、
とってもおいしかったです!

IMG_1763_20110410075643.jpg
マグロのカルパッチョ

これが先ほどのロゼにぴったり!
マグロの脂がカルパッチョにすることで、
抑えられていて、
素晴らしい味わいでした^^

IMG_1765.jpg
ニコラ・ポテル ヴォーヌ・ロマネ 2003

2003ヴィンテージらしい、
濃さもありながら、
華麗な味わいも保っているあたりが、
さすがニコラ・ポテルが選んだワインです。
素直に美味しいといえる
素晴らしいワインでした^^

IMG_1766_20110410075643.jpg
ピッツァ

チーズのカリカリな感じと、
生地のカリカリな感じが合わさり、
最高な1品!
もう赤ワイン持って来い!
といった感じです(笑)

IMG_1768.jpg
トリンケーロ ア・ユート!

白ワイン用品種を醸して造ったこちらの一本。
見た目がすでに白ワインではない感じです^^;
香りも鼈甲飴のようなテイストとともに、
スパイシーなところがどこかに感じられます。
味わいも不思議な感じで、
酸や果実味といったニュアンスよりも、
苦味が口に感じます。
これは好き嫌いの分かれそうな、
ワインだと思いました^^

IMG_1767_20110410075643.jpg
ウニソースのペンネ

素晴らしい一皿の登場です!
ペンネの湯で加減がまずちょうど良く、
そこに絡まるウニのソースが、
もう何もいらないといった、
素敵な味わいでした^^
制限していなければ、
沢山食べたい一皿でした^^

IMG_1769.jpg
アンドレア・パオレッティ ランコーレ 2005

サンジョベーゼにメルローなどが加えられた、
イタリアのスーパータスカン。
まずはラベルのムンクの叫びにびっくりしますよね!
味わいもびっくりな素晴らしさで、
酸とともに感じる柔らかなタンニンが、
樽のテイストと合わさり、
素晴らしい調和を引き出しています^^
陽な感じのワインは、
今飲んでも素直に美味しいといえる、
素晴らしいワインでした^^

IMG_1770.jpg
デュカ・ボルティニ・ドゥ・モンテベロ バルバレスコ・リゼルヴァ 2005

今回私が持ち寄りしたワインです。
バルバレスコとしてはまだ飲み頃には早いかと思いましたが、
平均的なヴィンテージである2005年だから、
大丈夫かと思い持ち込みました。
結果は、、、
まだやはり少し固く閉じている印象でした^^;
ネッビオーロらしい
濃い味わいとカチッとしたタンニンが、
まだまだまろやかにはなっていません^^;
ちょっと残念な結果でした。

IMG_1773_20110410075709.jpg
ファットリア・ラ・レッチャイア ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2005

こちらはトスカーナ州の高級ワインである、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。
こちらを持ち寄った方も私と同じように、
2005ヴィンテージということで持ち寄ったそうですが、
バルバレスコ同様まだまだかっちりしていて、
飲み頃はもう少し先といった印象でした。
ただ、サンジョベーゼ・グロッソらしい
綺麗なタンニンと奥深い果実味、酸味は
素晴らしいワインの片鱗を見せてくれました^^

IMG_1772_20110410075709.jpg
子羊のソテー

このソテーもめちゃめちゃ美味しいです!
子羊の味わいを活かしながらも、
しっかりとソースの主張も感じられ、
その2つが合わさった味わいは、
素晴らしいの一言でした。
おかげで、赤ワインがどんどん進みました♪

IMG_1771.jpg
ドメーヌ・デ・ヴァロワーユ ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・デュ・クーヴァン 2001

畑名付きのジュヴレ・シャンベルタン村名AOC。
10年経過したとは思えないぐらいの
いきいきした若さがありました。
とはいえ、タンニンは柔らかく、
酸の落ち着きもあり、
まさに今飲んで美味しいブルゴーニュ、
そんな素晴らしいワインでした^^

IMG_1774.jpg
シャトー・ラ・ルーヴィエール 1996

ボルドーのぺサック・レオニャン村にあるシャトー。
15年熟成は伊達ではありません。
タンニンがとても滑らかで、
熟成から来る腐葉土の香りは、
素晴らしい熟成感を感じさせます。
ちょっと下りかけでしたが、
今飲んでも十分美味しいワインでした。

この後日本酒を3本飲んだのですが、
ほとんど感想覚えていません^^;
写真だけでお許しください。
IMG_1775.jpg
神沢川酒造場 特別本醸造 山田錦 正雪

IMG_1776.jpg
初亀醸造 吟醸 初亀

IMG_1779.jpg
後藤酒造店 辛口純米酒 辯天 加良志酒 

たぶん、辯天だと思ったのですが、
純米酒なのですが、
お米っぽいニュアンスがあまりなく、
かなり辛口で独特な感じが、
とても印象深かった味わいでした。

IMG_1778.jpg
デザート

見た目が取っても綺麗な、
こちらのデザート。
甘さ控えめのアイスと、
上にかかっている酸味の利いたソースが、
良い味わいでした!

IMG_1781.jpg
北海道ワイン おたるナイヤガラ辛口 2009

甘くて有名なおたるナイヤガラの
辛口バージョンです!
リリース直後に飲んだときは、
味が弱く酸が立っていて、
香りと味のギャップの激しさに、
ちょっと残念な感じだったのですが、
リリースから1年近くたち、
香りの華やかさが若干弱くなり、
酸も穏やかになった結果、
お互いが少しずつ寄り添った印象で、
リリース直後よりは悪くない印象でした。
ただ、やはり香りと味のギャップはあるので、
好き嫌いは分かれそうな感じでした。

という訳で12名で、
IMG_1782_20110410075741.jpg
14本ものワインと日本酒を
飲んじゃいました。

参加されていた方も、
とても皆様楽しそうで、
主催者の人柄が出た素敵なワイン会でした。
こちらで集まった義援金は、
被災地に炊き出しに行っている、
クックラック号の活動に寄付されたそうです。
Eさん素晴らしい企画を、
ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

札幌 イタリアンチェーン店のワインとマリアージュする料理を探す会 サイゼリア

こんばんは。
久しぶりのブログになってしまいました。
日曜日に薔薇色の騎士団北海道支部の
チャリティワイン会があり、
そして私の人生にとっても大きな出来事があり、
ここ数日抜け殻のようになってました。
今日から少しずつブログを書いていけたらと
思っていますので、
よろしくお願いします!

今日は先日参加させていただいた、
イタリアンチェーン店のワインと料理を
楽しむワイン会の様子を
ご紹介します!
一昨年の9月に開催された伝説の企画、
サイゼリヤワイン会
その主催をしていた
尊敬する飲み手であるアマさんが、
再びサイゼリヤのワインと料理を
楽しむ会を企画してくださったので、
参加させていただきました^^
ということでお伺いしたお店はもちろん、
「サイゼリヤ」さんです。

IMG_1440_20110410073112.jpg

名前 サイゼリヤ 新札幌駅ビル店
住所 北海道札幌市厚別区厚別中央二条5-6-2 DuO-2 5F
電話 011-890-2696
時間 10:00~22:00
休み 無休
HP http://www.saizeriya.co.jp/

サイゼリヤさんといえば、
全国規模のイタリアンチェーンとして有名ですが、
北海道には今回ご紹介する新札幌駅ビル店
1店舗しかありません。
あちこちにあれば絶対通うぐらい、
安くて美味しいので店舗が増えないのが、
本当に残念です。

そんな新札幌駅ビル店の入り口には、
ローマの休日で有名な、
IMG_1441.jpg
真実の口があります。
今私が手を突っ込むと、
絶対噛まれちゃいそうです^^;

前回のサイゼリア会は、
コース料理とサイゼリヤのワインを
楽しむ会でしたが、
今回は趣向を変えて、
まずワインを頼んでそれに合うであろう料理を
数種類選んで注文するというもので
自分の感覚が試されるような、
ドキドキ企画でした^^

それではいただいたワインと料理を
順にご紹介します!
サイゼリヤさんの安さは本当に衝撃的なので、
私のブログとしては珍しく、
メニュー名の横に価格も書かせていただきました^^
ぜひご参考になさってください♪

IMG_1442.jpg
メディチ・エルメテ ランブルスコ・ロザート N.V 1030円 

微発泡なこちらのロゼ、
すっきりした甘さでグビグビ進みます、
べたつくような甘さが無いので、
飲みやすくて、
個人的にお気に入りです♪

そんなロゼに合わせた料理がこちら、
IMG_1443.jpg
コーンクリームスープ 149円

コーンの味がしっかり出ている、
こちらのスープ。
美味しかったですー!
ただ、ロゼと合うかというと、
微妙でした^^;

IMG_1444_20110410073111.jpg
フォッカチオ 109円

これ私が選んだのですが、
正直反則ですよね。
サイゼリヤのフォッカチオは、
ふわふわ柔らかくて、
とっても美味しくて、
どんなワインにも合っちゃいます。
美味しくて安くて最高です!

IMG_1446_20110410073111.jpg
辛味チキン 299円

われらがアマ師匠が選んだ一品。
カリッとしたチキンは、
ほんのり辛味がついていて、
美味しい一品です。
ロゼとの相性も悪くないと思いました^^

IMG_1450.jpg
メディチ・エルメテ ランブルスコ・ロッソ N.V 1030円
 
先ほどと同じ作り手の、
微発泡赤です。
先ほどよりは甘さが控えめで、
ワインを飲んでいる実感があります。
それでもやや甘口なので、
飲みすぎに注意の一本でした^^

IMG_1447.jpg
シェフサラダ 299円

粉チーズがたっぷりとかかった
こちらのサラダ。
野菜を沢山とることができて、
良い感じです。
ワインとの相性も、
悪くは無いと思いました^^

IMG_1448_20110410073141.jpg
プロシュート(パルマ産熟成生ハム) 399円

ワインのメニューに
プロシュートと合いますと書いてありますが、
それほど合っているように思えませんでした^^;
もちろん合わないわけではないのですが、
正直ランブルスコじゃなくて、
キャンティとかでも良いのでは?
と思っちゃいました^^;
プロシュート自体は良い香りもしていて、
美味しかったですよー!

IMG_1449_20110410073141.jpg
アイスティラミス 369円

なんといきなりデザートの登場です!
甘口のワインということで、
マリアージュを試すためにティラミスを
頼んじゃいました^^
シャキシャキした食感と甘すぎないところが
とっても美味しいこちらのティラミス。
ワインとの相性を考えると、
ロゼのほうが合っている感じでした^^

IMG_1451.jpg
ピエルサンティ ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ 2009 1030円
 
前回も頼んだ白ワイン。
かなり冷えた状態で出されたせいか、
最初あまり味を感じられませんでした。
ただ温度が上がってくるにしたがって、
酸味とともに苦味が出てきます。
この苦味がなんとなく、
イタリアっぽい感じなんですよねー^^
普通に美味しい一本でした♪

IMG_1452.jpg
マイカのパプリカソース 189円

パプリカの風味がほのかに感じて、
いかの味を引き立ててます。
この味でこの安さは
尋常ではありませんー!
ワインとの相性も悪くなく、
美味しかったですよー!

IMG_1453.jpg
ムール貝のガーリック焼 399円

こちらは私が選んだ一品。
なんとなく魚介な感じかなぁと思い
頼んでみました。
ガーリックの風味がムール貝にぴったりで、
美味しかったですー!
ワインとの相性も、
無難な感じで良かったと思います^^;

IMG_1455_20110410073216.jpg
フレッシュチーズとトマトのサラダ 299円

チーズの乳っぽい感じと、
トマトの酸味がとても合う一皿。
ドレッシングが良いアクセントになってます。
ワインとの相性は悪くないといった感じ^^

IMG_1456_20110410073215.jpg
クリテリニア ハウスワイン(モリーゼ・ビアンコ)デキャンタ500ml 370円

500mlで370円なんて、
めちゃめちゃ価格破壊ですよね。
味わいは、
酸、甘み、苦味ともに
薄い感じであまり個性の感じないワインでした。
ただこの値段なのですから、
わがまま言っちゃいけないのかもしれませんね^^;

IMG_1457.jpg
きゃべつのピクルス 189円

こちらのピクルス、
自分の想像していたピクルスとは
ちょっと違ってびっくり。
浅漬けのような味わいでした^^;
ワインとの相性は悪くないです。

IMG_1458.jpg
CLITERNIA サイゼリヤプレミアム(トラブッコ・ビアンコ) 2008 1980円

ほのかに樽のテイストを感じる、
こちらの一本。
酸味を感じますが、
それとともに旨みを感じて、
美味しい一本です。
時間を掛けて楽しんでも良さそうな、
そんな一本でした。

IMG_1459.jpg
森のきのこのスパゲティ 499円

さっぱりとした味わいのこちらのパスタ、
きのこの風味をしっかりと感じられて、
とっても美味しかったです!
ワインとの相性は、
個人的にはワインのほうが強い感じでした。

IMG_1460.jpg
カルボナーラ 499円

とろとろの玉子を崩して食べると、
味わいがまろやかになって、
とっても美味しいです!
ワインとの相性も、
悪くなかったと思います。

IMG_1461_20110410073303.jpg
ベリーニ キャンティ 2009 1030円

出てきたときにとっても冷えていたので、
酸が立っていましたが、
温度が上がってくるにしたがって、
果実味も出てきました。
ただまだ若いので若干固く、
もう少し寝かせてからのほうが
良さそうなワインでした。

IMG_1462_20110410073303.jpg
マルゲリータピザ 399円

これだけ立派なピザが399円なんて、
ありえません。
味わいもトマトソースとチーズの風味が、
しっかりしていて普通に美味しいです。
ワインにもあっていたと思いますー!

IMG_1463_20110410073303.jpg
ミラノ風ドリア 299円

サイゼリヤ最強の一品の登場!
チーズとトマトソースがたっぷりかかったドリアが、
299円なんてありえません!
熱々でとっても美味しかったですー^^
ワインとも良い感じでしたよ♪

IMG_1464_20110410073303.jpg
ベリーニ キャンティ・ルフィナ 2007 1980円

先ほどのキャンティの地区を絞ったタイプです。
2年長く熟成されているため、
こちらの方が酸が落ち着いていて、
タンニンも柔らかく、
美味しかったですー!
ただやはり冷えた状態で出されたので、
本領発揮するまで少し時間かかりました^^;

IMG_1465_20110410073302.jpg
リブステーキ 929円

ステーキ最高!
熱々のステーキは、
とってもジューシーで美味しかったです!
ソースがかなり濃い味なので、
私はそのまま食べるほうが、
好みでした♪

IMG_1466_20110410073317.jpg
パルマ風スパゲティ 399円

ベーコンが入ったトマトソースのパスタ、
なんか懐かしい感じがします。
399円はやっぱり安いですよねー!
麺が柔らかめなのはご愛嬌です^^;

IMG_1467.jpg
若鶏のグリル(ディアボラ風) 499円

個人的サイゼリヤ1番大好きなメニューです^^
カリカリのチキンの上に
玉葱がのっているところが、
もう最高です!
玉葱の辛味と甘みがチキンの風味を引き立たせ、
とっても美味しかったです!

IMG_1468_20110410073316.jpg
アラビアータ 399円

こちらのアラビアータ。
あんまり辛くありませんー^^;
アラビアータだと思って食べると、
ちょっと肩透かしを食うかも。
味は普通に美味しいんですけどね^^

ということで、
後半はワインとの相性も、
あまり覚えていないぐらい、
美味しくおなかいっぱい楽しませていただきました^^
今回ご一緒したメンバーは、
慣れ親しんだ方たちだったので、
和気藹々と盛り上がり、
本当に楽しい時間を過ごすことができました。
ご一緒した皆様、
そして何より企画してくださったアマさん、
本当にありがとうございました!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

小樽 20年以上熟成したクリュ・ボジョレーを飲む会に参加しました なまらや

こんばんは。
皆さんは「バクマン。」という漫画を
ご存知でしょうか?
週間少年ジャンプに連載している、
漫画家を題材とした漫画なのですが、
そこに「中井」というキャラクターがいるのですが、
それが自分にそっくりなんです(笑)
デブでブサイクなのにもかかわらず、
女性に弱く、
人の心が読めなく、
それでいて打たれ弱いという、
ダメダメな奴なんです。
彼を見るとなんか自分を見ているようで、
漫画の中でダメダメな行動を
しているのを見るたび、
同情しちゃいます(笑)

今日は先日参加した
小さな持ち寄りワイン会の様子を
ご紹介します^^
総勢4名という、
小規模で開催されたワイン会。
メンバーはいつもお世話になっている
なまらやさんご夫妻とさんさんと私、
新しいメンバーと飲むのも楽しいですが、
慣れ親しんだメンバーで飲むのも、
やっぱり良いものですね。
今回のワイン会、
元々なまらやさんがお知り合いの方から、
かなり怪しいワインをもらったということで、
それをみんなで飲もうということで、
開催されました。
どんな怪しいワインなのかは、
後ほどご紹介します。
改めてワイン会の会場となったのは、
怪しいワインを飲もうといってくれたお店、
「なまらや」さんです。

IMG_1655.jpg

名前 なまらや
住所 北海道小樽市花園3-6-6
電話 0134-61-7930
時間 昼 12:00~14:00ラストオーダー
   夜 17:00~22:00ラストオーダー
休み 日・月曜日
HP http://www.geocities.jp/gitagan/

定休日にもかかわらず、
今回のためにお店を開けてくださった、
なまらやさん。
テーブルの上には、
IMG_1625.jpg
沢山のグラスやお皿を
用意してくださり、
沢山の料理を出してくださいました。

それでは早速そんなの料理と
今回みんなが持ち寄ったワインを
順番にご紹介します!

まずはこちら、
IMG_1628.jpg
カンティーナ・ボルツァーノ サンタ・マッダレーナ ピノ・ビアンコ 2009

イタリアのアルト・アディジェ州にある
2つの協同組合が合併し誕生したワイナリーです。
アルト・アディジェ州はドイツと国境を接してており、
一時ドイツ領だったことがあるため、
ラベルには、イタリア語であるピノ・ビアンコよりも、
ドイツ語であるヴァイス・ブルグンダーの方が、
大きく書かれています。
香りは柑橘系のさわやかな酸味を想像させるさせ、
口に含んでも香り同様
きれいな酸やミネラルも感じられ、
しっかりした味わいとなっています。

IMG_1626.jpg
ハタケシメジのフリット

でっかいシメジのフリットです!
表面はカリッとしていますが、
とってもみずみずしくて、
噛むとじゅわっとなります^^
下のトマトソースとの相性も良く、
美味しい一皿でした^^

ここで、いよいよ怪しいワインの登場です!
IMG_1629_20110410073921.jpg
モメサン ムーラン・ナ・ヴァン 1987

なんと24年前の、
ブルゴーニュ。
しかもクリュ・ボジョレー、
つまりガメイ種です。
知り合いの家に転がっていて、
その知り合いもどのように入手したか
覚えていないそうです。
早速グラスに注ぐと、
かなり色が濁っており、
こげ茶色をしています。
香りはシェリーや紹興酒といった感じがします。
口に含むと香りのイメージどおり、
まさに紹興酒。
それ以外の要素が思いつきません^^;
このまま飲み続けると、
あまり身体に良くなさそうと
身体が反応しています(笑)
1敗少し飲んだところで
ごめんなさいしちゃいました^^;

IMG_1627.jpg
前菜盛り合わせ

どれもとっても美味しい前菜!
チキンのスモークなどは、
なまらやさんが自分でスモークしただけあって、
燻製の良い香りがしっかり残っていて、
素晴らしかったです!
海老の料理も生臭さが無く、
スパニッシュオムレツも味わいが絶妙で
とっても美味しかったです!

この日の持ち寄りテーマは、
一人で飲めない古酒ということで、
私が持参したのがこちら、
IMG_1630.jpg
マノワール・ド・ラ・ブレサンディエール オーセイ・デュレス 1998

グラスに注ぐと、
エッジに掛けて若干色が明るくなっていますが、
まだまだ若い色をしています。
香りもベリー系の酸味を感じさせ、
口に含んでも思ったよりも劣化しておらず、
ほのかに土っぽいニュアンスがあるぐらいで、
むしろタンニンや酸がやわらかく、
奥深さはありませんが、
非常に美味しい状態でした。

IMG_1633.jpg
かすべのトマト煮

ちょっと焦がしちゃいました^^;
とおっしゃってましたが、
めちゃめちゃ美味しいです!
プルプルしたかすべに身と
トマトの酸味がめちゃめちゃ合います!
かすべの独特の香りもトマトで
うまくかき消されていて、
美味しかったです!!

IMG_1632_20110410073951.jpg
ポッジョ・ア・ポッピアーノ フロッコ 1999

さんさんが持ってきてくださった一本。
カベルネとメルローが使われた、
スーパータスカンと呼ばれる、
トスカーナ州のワインです。
ボルドーブレンドですが、
ボルドーよりも果実があり、
タンニンがやわらかく、
わかりやすい美味しさです^^
そしてどこかにイタリアらしさを感じるのですから、
やっぱりイタリアのワインは不思議です。
私とっても気に入っちゃいました♪

IMG_1634.jpg
マッシュルームのチーズがけ

チーズの風味と黒コショウのぴりりとした感じが、
マッシュルームの味わいを引き出して、
味に立体感を与えてくれます。
先ほどのイタリアワインが、
まさにぴったりといえる一皿。
さすがなまらやさんです!

IMG_1638.jpg
パン

あのチーズ、
そのまま洗っちゃうのもったいない!
ということで、
パンでぬぐって食べると、
もう最高です!
めちゃめちゃ美味しかったです^^
かすべのトマト煮のトマトにつけても、
素晴らしい味わいでしたよ^^

IMG_1635.jpg
鹿肉のルイベ

まさかなまらやさんで鹿肉が
食べられるとはー!
ルイベされた鹿肉、
めちゃめちゃ美味しいです!
そして上に掛けられているのが、
オリーブオイルにニンニクを漬け込んだものと
バルサミコ酢という素晴らしい組み合わせです。
バルサミコ酢の酸味を感じながら、
ニンニクオリーブオイルの風味が、
めちゃめちゃしか肉に合います!
あっという間にペロッと完食しちゃいました^^

IMG_1639.jpg
ピエール・ラプラス アラミス・ルージュ 2008

ここでワインが無くなったので、
なまらやさんから一本もらっちゃいました^^;
マディラン地方のワインで、
カベルネとタナが使われています。
タナの濃さを感じますが、
思ったよりタンニンはガチガチではありません。
南ならではの果実感も感じられ、
複雑さもそれほど無いので、
みんなでわいわい
若くても楽しめる一本です。

IMG_1640.jpg
なまらや自家製パンチェッタ

なんとなまらやさん、
スモークだけで無くパンチェッタも
自家製しちゃったそうです。
脂身が多いので、
お店で出そうか迷っているとのことでしたが、
その脂身の風味が程よい熟成を経て、
とてもまろやかな美味しさになってます。
これはワインが進みます!
ぜひメニュー化して欲しい一皿でした^^

そんなパンチェッタは、
IMG_1641.jpg
なまらや自家製焼きパンチェッタ

焼くとさらにカリカリになって、
香ばしさがプラスされて、
生のときとは違う美味しさになりました^^

さらにワインが無くなったので、
私が持参したもう一本を開けました。
IMG_1643_20110410074013.jpg
クリスチャン・デュクリュー ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2010

去年のボジョレーヌーボーです^^;
クリュボジョレーとの飲み比べを考えてましたが、
クリュボジョレーがちょっとごめんなさいだったので、
こちらのワインは出さずじまいで、
このときに開けました。
去年のヌーボーということで、
ちょっと一人ではなかなか飲めないということで、
持参しました。
自然派の造り手ということで、
若干発泡した感じがありましたが、
ヌーボーにしてはしっかりとしたタンニンがあり、
それでいてガメイの甘酸っぱさもあり、
とても良い味わいでした。
ヌーボーで飲むのも良いですが、
こうして時期をずらしても美味しく飲める、
そんな一本でした。

ワインに合わせて料理も追加してくださり、 
IMG_1642.jpg
チーズ盛り合わせ

ハード、セミハードなど、
いろいろなチーズが出ました^^
ただ名前忘れちゃいました、
ごめんなさい^^;
どれもワインによく合い、
美味しかったのを覚えています^^

私の主催するワイン会は、
いつも10名以上ということで、
たまにこうした少人数のワイン会も
良いものですね。
実は今ワイン会について考えていることがあるので、
このワイン会のことも参考にして、
これからの活動につなげて生きたいと思います。
なまらやさんご夫妻、
さんさん、
本当にありがとうございました。

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 素敵なワイン仲間の誕生祝で美味しいワインを飲みました ランコントル

こんばんは^^
今日はなんだかすっきりした気分。
ここ数ヶ月悩んでいたことに
結論をつけた途端、
心がとても楽になりました。
この結論が良くないものだとは思ってますが、
まずは自分の心と身体を大事にしたいと思い、
決断しました。
わけのわからない内容で、
すいません^^;

今日は先月参加させていただいた、
ワイン会の様子をご紹介します。
いつもお世話になっている、
私のワインの師匠が誕生日を迎え、
それを祝しての持ち寄りワイン会が
開催されました。
5名という少人数でのワイン会ということで、
全員の話しを聞くことができて、
とても楽しい会となりました。
皆さんが持ってきたワインも、
すごいワインばかりで、
美味しい時間を過ごしました。
そんな素敵な会の会場となったのが、
一度きちんとディナーを食べてみたかった
お店だったので、
さらにテンションアップ!
本当に最高の時間を過ごさせていただきました。
そのお店の名前は、
「ランコントル」さんといいます。

IMG_1869_20110410072117.jpg

名前 ランコントル
住所 北海道中央区南5条西5丁目 ジャパンランドビル 6F
電話 011-511-7789
時間 18:00~01:15(L.O.)
休み 日曜日・祝日
HP なし

とっても重厚感のあり、
中が見えないようになっているお店の扉。
そこを開けると中には、
IMG_1906.jpg
こんな素敵なカウンターがあるお店と
なっていました。

私たちは6名ということでカウンターではなく、
テーブル席で準備をしてくださってました。
テーブルの上には、
IMG_1871_20110410072116.jpg
お店の名前が入った箸が置いてあり、

IMG_1881_20110410072150.jpg
かわいいワインちゃんのシルバーステイも
置かれてました^^

さらにテーブルの真ん中には、
IMG_1872_20110410072116.jpg
こんなかわいらしいお花が置いてあり、
とても素敵な雰囲気となっていました。

それでは早速いただいたワインと料理を
ご紹介します!

まずは乾杯の泡ということで、
すごいシャンパンの登場です!
IMG_1875_20110410072116.jpg
テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ 1998

グラスに注いだ瞬間から、
ナッツなどの熟成香があふれんばかりに
出てきました^^
ただ味は酸やふくよかさもありますが、
それほど余韻も無くあれ?って感じでした。
が、時間が経てば経つほど
どんどん味が開いてきて、
複雑味や余韻が出てくるんです。
久しぶりにワインが開いていく過程を
楽しむことができました。
これはすごいシャンパンです!
ヤックリュさんありがとうございました^^

IMG_1873_20110410072116.jpg
ひらめ・まぐろのカルパッチョ、子羊鶏白レバー、生ハムとチーズのムース、ガーリックトースト

料理もとっても気合が入ってます!
どれも美味しかったのですが、
まぐろのカルパッチョは、
トロの部分が使われていて、
とってもやわらかく濃厚な味わいで、
最高でした!
レバーも丁寧な仕事がされていて、
とても滑らかで美味しかったです!

IMG_1877_20110410072116.jpg
アルフォンス・メロ サンセール・ブラン エドモンド 2008

ロワールのソーヴィニヨン・ブラン。
かなり樽のテイストを感じますが、
その樽に負けないソーヴィニヨン・ブランの
さわやかな酸を感じます!
ロワールのソーヴィニヨン・ブランで
今迄で一番美味しいワインは、
新井さんのワインでしたが、
こちらも素晴らしいワインでした^^
Kさんありがとうございました!

IMG_1879_20110410072150.jpg
真つぶと百合根のフリット

百合根のほくほくした感じが、
フリットにぴったりです!
真つぶの風味も素晴らしく、
噛めば噛むほど味が出る感じで、
素晴らしい味わいでした!

IMG_1885.jpg
ドメーヌ・ミシェル・ニーロン シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・マルトロワ 1997

14年経過したブルゴーニュの白、
しかもシャサーニュ・モンラッシェのプルミエ・クリュです。
14年も経っているので、
酸化しているのかな?と思いましたが、
まったくそんなことは無く、
程よい熟成感が、
樽のテイストや、
ミネラルと旨みをうまく調和させていて、
とっても美味しかったです!
aさんありがとうございました!!

IMG_1884_20110410072150.jpg
魚介のフラン

いきなりウニが目に入り、
目がハートマークになっちゃいます!
もちろんフラン自体も濃厚な味わいに、
魚介のテイストが加わっていて、
めちゃめちゃ美味しいです!
そしてなんといっても中に入っている魚が、
なんとクエなんです!
あの高級魚のクエをフランに入れちゃうなんて、
すごいですよねー!
プルプルした食感が素晴らしく、
めちゃめちゃ美味しかったです^^

IMG_1889.jpg
口直しのソルベ

ここでレモンのソルベを食べて、
濃厚なフランの口を、
リセットします^^

IMG_1893.jpg
ドメーヌ・シルヴァン・カティアール ニュイ・サン・ジョルジュ 2005

赤1本目は、ヴォーヌ・ロマネに本拠地がある、
ドメーヌのグレートヴィンテージです。
村名クラスですが、
濃いブラックベリー系の香りで、
かなり凝縮感がありながら、
タンニンと果実味も綺麗に感じられる、
素晴らしいブルゴーニュです。
今飲んでも美味しいですが、
まだ味わいの全部が出ていないようで、
まだまだ熟成しそうな感じでした。
Lさんありがとうございました^^

IMG_1891.jpg
天野ファーム産白老牛の赤ワイン煮込み

天野ファームでは、白老牛に大麦や小麦を与えていて、
牛の内臓に負担を与えずに育てているため、
普通の白老牛よりも美味しいんです。
そんな貴重な白老牛が赤ワイン煮込みになって、
やってきました^^
ナイフがいらないぐらいやわらかく、
口に含むと濃厚な味わいを口に残し、
溶けていくようでした!
牛肉の赤ワイン煮込みは、
あちこちで食べてきましたが、
まさに5本の指に入るような
素晴らしい一皿でした。
さらにお肉の周りには、
コラーゲンもたっぷりな感じで、
女性にはたまらない一品でした^^

そんな赤ワイン煮込みを
食べる際には、
IMG_1895.jpg
こちらのシルバーを
用意してくださいました。

実はこちらのシルバーには、
IMG_1896.jpg
こんな模様があります。
そう!こちらのシルバーは、
ソムリエナイフで有名な、
ラギオールのシルバーだったんです!!
なんかそれを知っただけで、
1.5倍美味しく感じちゃいました^^;
すごいですねー!
始めてみて感動して何枚も写真取っちゃいました^^

IMG_1899.jpg
ルイ・シュニュ サヴィニー・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ・オー・ジャロン 2005

今回私が持ち寄ったワインです。
美人姉妹が営んでいるドメーヌで、
以前ガレット・デ・ロワを食べる会で、
ここの2006の畑違いを飲んで感動したので、
今回持ち寄ってみました。
2005ヴィンテージでさらに南面ということで、
まず香りが果実味ドカーン!といった感じで、
めちゃめちゃ華やかな香りがしました!
さらに味わいも以前飲んだオークルーよりも、
こちらの方が華やかさと複雑味があり、、
めちゃめちゃ陽なブルゴーニュといった感じがしました^^
先ほどのニュイ・サン・ジョルジュとは、
対照的な味わいで比較ができて楽しかったです!

IMG_1898.jpg
トマトリゾット

トマト風味のリゾットは、
お米の芯の残し具合が、
とっても絶妙で美味しかったです!
チーズの風味とトマトの酸味、
そしてお米の味わいが渾然一体となり
素晴らしい味わいになっていました♪

IMG_1901.jpg
レアチーズケーキ、洋ナシのアイス、ガトーショコラ

ワインや料理で混沌としていた口の中を、
さっぱりしたアイスがリセットさせてくれます。
レアチーズケーキも甘さ控えめで、
飲んだ後にぴったりなデザートでした♪

とここでお店のオーナーが、
ヤックリュさんの誕生日会だということで、
こんなプレゼントを用意してくれました!
IMG_1902_20110410072234.jpg
シャトー・ドワジィ・デーヌ 1998

ソーテルヌ格付け2級の貴腐ワインです!!
13年経過したことにより、
ようやく甘さと苦味などの味わいが、
まとまりを見せていて、
とっても甘くて美味しかったです!
やっぱり貴腐ワイン最高ですね!
オーナー素敵なプレゼントありがとうございました^^

という訳で5人で、
IMG_1904.jpg
6本のワインをいただいちゃいましたー^^
ワインも料理もとても素晴らしく、
そして何よりヤックリュさんの誕生日を
お祝いしようと集まった参加者皆様、
素晴らしい方々ばかりで、
時間を忘れて楽しんじゃいました^^
ヤックリュさん、ご一緒した皆様、
楽しい時間をご一緒させていただき、
ありがとうございましたー!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 被災した酒井ワイナリーのワインを飲む会に参加してきました ハルニレ食堂

こんばんは^^
久しぶりのブログになっちゃって、
ごめんなさい。
今日明日でなるべく沢山のブログを
書きだめして順次公開していきたいと
思うので、
よろしくお願いしますー!

今日は先日参加させていただいた、
いつもお世話になっている
仙丸さん主催のワイン会の様子をご紹介します。
今回のワイン会のテーマは、
「酒井ワイナリーさんのワイン飲み比べ」
です。

3月11日に発生した東日本大震災。
その揺れは山形県にも、
被害をもたらしました。
酒井ワイナリーさんでも、
古い蔵の壁がダメージを受けたり、
便熟成していたビンが割れたりなどの
被害があったそうです。
そうした中、
自身以前から決まっていた
酒井ワイナリーさんのワインを飲む会、
ワイナリーの復興を願いながら、
楽しくワインを飲ませていただきました。
そんなワイン会の会場となったのは、
以前ブログでもご紹介した、
素敵なお店、
「ハルニレ食堂」さんです。

IMG_1531_20110410070603.jpg

名前 ハルニレ食堂
住所 北海道札幌市中央区南2条東1丁目 M’s EAST 2F
電話 011-242-8620
時間 ひるごはん 11:30~14:00 L.O(14:30 close)
   よるごはん 17:00~翌0:00 L.O(翌1:00 close)
休み 月曜日
HP なし

創成川イーストにある、
札幌二条市場の向かいにある、
IMG_1528_20110410070604.jpg
M'sEASTの2階にあるハルニレ食堂さん、
今回は3階を借り切ってのワイン会となりました^^

3階に上がると、
IMG_1533_20110410070603.jpg
テーブルの上に、
仙丸さんがつくった素晴らしいワインの資料が
用意されていました♪

それでは早速、
今回いただいた料理とワインを
ご紹介します^^

まず最初の乾杯の泡ですが、
酒井ワイナリーさんではスパークリングワインを
つくっていないので、
仙丸さんで取り扱っている、
IMG_1540_20110410070634.jpg
四恩醸造さんのクレマチス2種類を
飲み比べでいただきました^^
販売即完売の貴重な2本を、
飲み比べできるなんて、
贅沢ですねー^^

IMG_1541_20110410070634.jpg
四恩醸造 クレマチス(橙) 2010

かなり気圧が高く、
開栓したときに少し吹いてました^^
香りは酵母のニュアンスを感じるとともに、
甲州由来なのか柑橘系のものも少しあります。
口に含むと、
思ったよりも酸味があり、
そこに酵母の旨みがのっていて、
とっても美味しいです!
他の四恩醸造さんのワイン同様、
好き嫌いが分かれそうですが、
私大好きです^^

IMG_1542.jpg
四恩醸造 クレマチス(ロゼ) 2010 

こちらは橙に比べ、
泡がおとなしく微発泡ぐらいな感じです。
香りはやはり酵母を感じますが、
キャンディのような甘い香りも感じます。
口に含むと香りほどは甘くなく、
酸を感じる味わいでした。
巨峰を使ったスパークリングということで、
橙よりも飲み手を選びそうな感じです。
もちろん私は大好きですけどねーw

IMG_1535_20110410070603.jpg
長いものバルサミコオリーブ塩あえ

しゃきしゃきした食感と、
バルサミコオリーブの風味が、
食欲をそそります。
しっかりした味付けなので、
ワインがどんどん進みました^^

IMG_1537.jpg
アボカド おろしポン酢和え

これめちゃめちゃ美味しいです!
アボカドをお寿司以外で、
和風に調理しちゃうなんて、
このセンスが素晴らしいです^^
とろっとした味わいが、
たまりません♪

IMG_1543.jpg
酒井ワイナリー まぜこぜワイン・白 N.V

酒井ワイナリーさんは濾過をせず、
一升瓶で熟成させた後、
上澄みを瓶に移し替えて販売しているのですが、
そのそこの方に残った澱を含むワインを
まぜこぜにしてさらに澱下げをした上澄みを
使っているのがこちらのワインです。
たぶんデラウェアや甲州といった葡萄が
使われているのでは?
といった感じの食用葡萄とほのかな柑橘系の味わいを
感じました。
1000円台前半でこの味はかなりコスパ良いと
思いますー!

IMG_1539_20110410070634.jpg
スチーム野菜

野菜をスチームしただけという、
とってもヘルシーなこちらの料理^^

IMG_1538.jpg
3種のタレ(ジェノベーゼソース・沖縄の天然塩・バーニャカウダーソース)

こちらの3種類のタレを使って、
いただきます^^
はっきり行ってどれも甲乙つけがたいぐらい、
美味しいです!
バーニャカウダソースのアンチョビの風味、
沖縄の天然塩のほのかな甘み、
ジェノベーゼソースの良い香りが
野菜によく合いました♪

IMG_1545.jpg
酒井ワイナリー まぜこぜワイン・ロゼ N.V

ほんのりと甘みを感じるこちらのロゼ、
ベリーAがたぶん使われていると思うのですが、
後はわかりません^^;
甘さもしつこくなく強くないので、
食中酒としても楽しめると思います。
こちらもコスパ良いですね♪

IMG_1546.jpg
さわらと菜の花のワイン蒸し

なんとも豪快な料理ですねー!
ガーリックとオリーブの風味に、
ワインが良い香りを与えていながら、
さわら本来の味わいも
殺していなくて、
めちゃめちゃ美味しいです!
強いワインとあわせても、
負けてませんでしたー!

IMG_1547.jpg
酒井ワイナリー バーダップ樽熟成・白 2008

甲州を使って樽熟成させた、
こちらのワイン。
個人的に甲州は普通にワインにすると、
味わいが繊細なので、
樽に負けてしまう印象がありました。
で、実際こちらのワインはというと、
やはりやや樽のほうが勝っている感じです。
ただもう少し時間がたつと
樽の要素がワイン自体になじみ、
印象が変わるのかもしれません。
もう少し経ってから
また飲んでみたいと思いました。

とここで、
IMG_1549.jpg
素敵なホーローの鍋が
登場しました^^

中身はいったいなんでしょう?
こちらです!
IMG_1550_20110410070717.jpg
美味しそうなミネストローネでしたー^^
コム・シェモアさんでのワイン会といい、
最近こうした鍋ごと持ってきてくれる料理を
食べる機会があって、
なんか嬉しいですね^^

早速一人一人よそっていただきました^^
IMG_1554_20110410070810.jpg
ミネストローネ

トマトの酸味と、
野菜の甘みが口の中に広がり、
最高に美味しい料理です!
赤ワインが欲しくなりますねー^^
ついついおかわりしちゃいました♪

IMG_1558_20110410070810.jpg
酒井ワイナリー バーダップ・シャルドネ N.V

シャルドネを樽を使わずに仕込んだ1本。
酸がしっかりしていますが、
それ以外の要素がやや弱い感じです。
ただ味わいに変な癖が無く、
素直な味わいで、
すっきりといただくことができる
ワインでした^^

IMG_1555.jpg
天然酵母 ベーグル

ベーグル最高!
めちゃめちゃ美味しいです^^
もちっとした食感と、
ほのかに感じる小麦の甘みが、
たまりません!
そのまま食べても、
ミネストローネにつけて食べても、
最高でした^^

IMG_1560.jpg
酒井ワイナリー バーダップ・ロゼ N.V

こちらはまぜこぜロゼと違い、
かなり辛口な味わい^^
マスカットベリーAらしい苺っぽい香りが
ロゼワインにぴったりな感じです。
ただ味わいは上に書いたとおり、
しっかりした辛口で、
酸を感じる風味となってます。
国産で辛口のロゼは貴重なので、
これからも作って欲しい一本です♪

IMG_1561_20110410070810.jpg
酒井ワイナリー バーダップ・シャルドネ樽内発酵 2009

ラベルが取っても素敵なこちらの一本。
山形のシャルドネを
樽発酵樽熟成させています。
甲州の樽熟成同様、
かなり樽の要素が強いワインとなっています。
ただ、シャルドネ自体の葡萄の強さがあり、
酸もしっかりしているので、
熟成させると、
かなり良くなりそうな予感がします。
一本買ったので、
少し熟成させてから飲みたいと思います^^

IMG_1562.jpg
酒井ワイナリー まぜこぜワイン・赤 N.V

まぜこぜワインの赤バージョン。
こちらもマスカットベリーAの甘酸っぱさを
感じます^^
ただ、そこに土っぽい濃厚な味わいもあり、
ブラッククイーンも、
使われているのでは?という感じです。
まぜこぜシリーズはどれもそれなりに味わえ、
とっても安いお勧めシリーズです!

IMG_1566.jpg
豚ロースのマスタードパン粉焼き

モチモチの豚ロースが、
めちゃめちゃ美味しいこちらの一皿。
マスタードの風味が、
パン粉でカリッとなっている
豚ロースにぴったりです!
とっても美味しかったです^^

IMG_1564_20110410070902.jpg
酒井ワイナリー バーダップ樽熟成・赤 2006

マスカットベリーAを樽熟成させた1本。
甘酸っぱい香りの中に、
そこはかとなく感じる樽の風味が、
悪くありません。
ただ、この後に紹介する
ワイン用葡萄のワインに比べると、
やはり葡萄のポテンシャルの違いを
感じてしまいました。

IMG_1569.jpg
全粒粉ビスケット・酢ベリーチーズ 酒井ワイナリーの干し葡萄

この酢ベリーチーズ、
めちゃめちゃ美味しいです!
滑らかなチーズの味わいに酸味が加わり、
ワインとめちゃめちゃ合います!
そして酒井ワイナリーさんの干し葡萄、
ワインに使う葡萄の一部を干し葡萄にしたもので、
酸味と旨みが凝縮されていて、
とっても美味しかったです^^

IMG_1567.jpg
酒井ワイナリー バーダップ樽熟成・鳥上坂・名子山 2009

このワイン、
めちゃめちゃ美味しいです!
カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが使われているのですが、
しっかりと完熟されていて、
青っぽいところがまるでありません。
味わいも滑らかでタンニンの固さも
それほど感じません。
長熟するかどうかはわかりませんが、
今飲んでも美味しく、
さらに数年寝かせても良くなりそうな予感がする
素晴らしいワインでした^^
ラベルも素敵なので、
一本買おうかな?と思ってます^^

IMG_1570_20110410070856.jpg
酒井ワイナリー 寒仕込みワイン N.V

出来たきっかけが、
冬に仕込んで、寒さで発酵が進まずに
甘口になったというこちらのワイン。
今は温度管理をした上で甘口にしているそうです。
昔懐かしい甘くてどこかほろ苦い味わいは、
ザ甲州といったワインで、
嫌いではありません。
素直に造られた味わいを感じます。

とここで、
参加者の一人が、
IMG_1573.jpg
パン

パンを作ったとのことで、
持ってきてくださいました^^
素人としては素晴らしい出来だと思います♪
ありがとうございました!

〆の料理として、
IMG_1574_20110410070914.jpg
牡蠣ご飯

牡蠣ご飯の登場です!
牡蠣の旨みがご飯に良く絡み、
めちゃめちゃ美味しいです^^
飲んだ後のお米って、
どうしてこんなに美味しいのでしょう?
おなかいっぱいのはずなのに、
ペロッと完食しちゃいました^^

という訳で、
IMG_1534_20110410070603.jpg
酒井ワイナリーさんのワインを、
これだけ飲んじゃいました!
1年前までなら、
北海道で酒井ワイナリーさんのワインを
これだけ飲むことが出来ると
誰が想像したでしょう?
これも仙丸さんのおかげです。
仙丸さん本当に
ありがとうございました!
これからも本物の日本ワインを
あれこれ紹介してくださいね^^
よろしくおねがいしますー!

そして素晴らしい料理を作ってくださった、
ハルニレ食堂の皆様、
本当にありがとうございました。
残念ですが、
ハルニレ食堂も今月で閉店してしまうそうです。
ハルニレ食堂さんはランチもお勧めとの事で、
閉店前に一度食べておきたいと思い、
先日食べに行ってきたので、
近々ブログでご紹介しますね。
ただ閉店しても、
働いていた方々は、
系列の月の中というお店に移り、
そこで料理とワインを提供してくださるそうなので、
楽しみですね。
今度はそっちのお店にも行ってみたいと思いますー!
本当に素晴らしい料理、
ありがとうございました^^

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ


地震から一ヶ月

こんばんは。
先月の3月11日2時46分、
私は車を運転していました。
ですのであの大きな地震があったことを
まったく知らずに運転し、
停車した際に車のTVを見て、
大きな地震があったことを知りました。
その後は、仙台在住の友人と
連絡がつかなくなったり、
東京に出張していた父とも
連絡が取れなくなり、
不安な一夜を過ごしたのを覚えています。

そんな大震災から今日で一ヶ月。
被災した現地ではなかなか復旧活動が進まず、
福島の原子力発電所は、
いまだに放射能を放出しています。

しかし、少しずつ明るい兆しが
見えているのも確かです!
今日、HBCにて北海道か炊き出しのために駆けつけた、
クックラック号の事を紹介していました。
私も存じている方がTVの向こうで、
一生懸命被災者のために
カレーを作っている様子を見て、
そして、そのカレーを食べた被災者の明るい顔を見て、
仕事中にもかかわらず泣いてしまいました。

言い訳かもしれませんが、
私は仕事があるので現地には行けません。
ですが自分には自分のできることがあります。
何度か書いてますが、
普段どおりの生活をして、
その中から少しのお金を義援金として、
寄付することです。
そして義援金のためにチャリティでワイン会を
開催することです。
自分たちにできること。
これからも、
一歩一歩やり続けて行きたいと思います。

4月24日の薔薇色の騎士団北海道支部
チャリティロゼワイン会、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-641.htmlまだまだ参加者募集中です。
皆様のご参加お待ちしています。

平成23年4月11日

よし

札幌 瓶詰めお疲れさま会を大好きなイタリアンで開催しました アブラッチオ

こんばんはー!
今日は北海道知事選と
北海道議会議員選挙でした。
皆様は投票に行かれたでしょうか?
私も午後から行ってきました、
今回の選挙は大震災の影響で、
選挙活動も自粛モードでしたが、
それが結果にどう繋がるのか、
そしてこれから4年間の
北海道のトップが決まる選挙なので、
非常に興味があります。
選挙速報を注視していたいと思います。

先日ドメーヌタカヒコさんの瓶詰め
お手伝いしたメンバーが再結集して、
お疲れさま会という名目で
ドメーヌ・タカヒコワイン会を
開催しました(笑)
曽我さんは都合が悪く参加できませんでしたが、
ゲストも含めて、
7名で大いに飲んで楽しみました^^
今回は曽我さんが瓶詰めのお礼にといただいた
リリース前の白ワインをはじめとし、
今までリリースされた曽我さんのワインを、
みんなが持ち寄ってくださり、
そのおかげで楽しく美味しい会となりました♪
そんな楽しい会の会場となったのは、
以前から一度ワイン会をお願いしてみたかった、
ブログでも以前ご紹介したイタリアン、
「アブラッチオ」さんです。

IMG_1921_20110402124942.jpg

名前 アブラッチオ
住所 北海道札幌市中央区南1条西7丁目 札幌スカイビル1階
電話 011-596-7210
時間 ランチ 午前11時半~午後3時まで(LO2時半)
   ディナー午後6時~午後11時まで(LO10時)
休み 月曜日
HP http://abbraccio17sapporo.web.fc2.com/

今回の会場となったアブラッチオさん、
私の突然のお願いにもかかわらず、
とても親切に対応してくださいました^^
こまめにやり取りをしてくださり、
料理もお任せだったのですが、
素晴らしいものを出してくださいました。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

お店の中に入ると、
お忙しい中にもかかわらず、
IMG_1922_20110402124942.jpg
テーブルセッティングを、
きちんとしてくださっていて、

IMG_1923_20110402124942.jpg
いつでも準備万端ととのっていました♪
こうした準備のよさが、
感じとしては嬉しいですよねー!

という訳で早速いただいたワインと、
料理を順番にご紹介します^^

まずは乾杯の一本、
IMG_1924_20110402124941.jpg
タカヒコ・ソガ(ドメーヌ・タカヒコ) ヨイチ白・ラブラスカ・サンスーフル 2010

去年の秋に収穫体験で収穫したナイヤガラが使われた、
こちらの一本。
去年の12月にリリースされた後、
数ヶ月がたちどのように味が変化したか、
とても楽しみでした^^
まず王冠を抜いたところで、
ブクブクと泡が吹いてきました^^;
グラスに注いでも小さな泡が
グラスの底から立ってきて、
完全にスパークリングワインとなってました。
香りはナイヤガラの香りなのですが、
少し落ち着いた感じになっていて、
味とのギャップが少し薄まっているようでした。
味わいはかなり辛口になっており、
果実味はそれほど感じずに、
酸を感じました^^
リリース直後の果実味が多いのも好みでしたが、
今の辛口の味わいも、
食前酒にぴったりで、
お気に入りです。
どこも完売なのが残念ですねー^^;

IMG_1926.jpg
水牛のモツァレラチーズのカプレーゼ・パルマ産プロシュート・イベリコサラミ
鶏肉のバロンティーヌ、カポナータ添え・タコのグリーンソース

前菜の盛り合わせ、
5種類も来ちゃいましたー!
プロシュートやイベリコサラミは
もちろん美味しいのですが、
個人的に鶏肉のバロンティーヌが、
めちゃめちゃ好みでした♪
鶏肉の風味と、
添えられたカポナータの相性がばっちりで、
まさにワインのつまみにぴったりな料理でした^^

IMG_1927.jpg
タカヒコ・ソガ(ドメーヌ・タカヒコ) ナカイブラン forTomo(ミュラー) 2010

今月リリース予定の曽我さんの白ワイン、
今回瓶詰め手伝いした方に、
瓶詰めのお礼ということで、
一人一人好きな名前を入れて
プレゼントしてくれました^^
そんななかの一本なのですが、
こちらはミュラートゥルガウを使っています。
香りはおとなしい感じで、
少し還元的なニュアンスを感じます。
口に含むと、
酸味を感じた後、
根菜のような苦味と
ミネラル感を若干感じます。
ただ、その味わいはおとなしく、
どんな料理にも寄り添いそうな、
食中酒に最適なワインだと思います。
今までいろんなワイナリーから出た
ミュラーの印象とは違いますが、
料理との相性が良い点は、
ミュラーの共通点なのかもしれませんね。
オンリーワンな素晴らしいワインでした^^

IMG_1929.jpg
旬の魚介(ニシン・タラ・ホタテ)のソテーとエビのムース

今回の料理で、
一番印象に残った料理です♪
ソテーはどれも程よい焼加減で、
ワインとの相性も抜群です!
そしてさらに素晴らしかったのが海老のムースで、
ふわふわしたムースの上にかかっている甲殻類のソースが、
とっても濃厚で、
そのまま食べても美味しいのですが、
ワインと野相性も抜群で、
ミュラーはもちろん、
強い味わいのケルナーともよく合いました^^

IMG_1931.jpg
自家製パン

全粒粉が使われた、
アブラッチオさんの自家製パン、
パン自体に小麦の味があり、
とっても美味しいです!
さらに先ほどのムースのソースにつけると、
もう最高でした^^

続いてのワインですが、
IMG_1933.jpg
ここで素敵な水平が実現しました^^

曽我さんのケルナー2010と、
某ワイナリーの2010の水平です。
この飲み比べはとっても、
興味深いものになりました。

IMG_1928.jpg
タカヒコ・ソガ(ドメーヌ・タカヒコ) ナカイブラン・Karin(ケルナー) 2010

こちらも瓶詰めのお手伝いのお礼に
いただいた一本で、
中井さんのケルナーが使われています。
こちらはもってきてくださった方が、
曽我さんの勧めに従い、
3日前抜栓していてくださいました。
香りは還元的な要素は薄く、
濃い石油香を感じます。
口に含むと、他のワイナリーのケルナーに比べて、
ケルナーという品種の特性が
しっかりと出ていました!
酸味があるのですが、
どこかオイリーでかなり濃厚な味わいを感じます。
これはミュラーと違い、
繊細な料理だと料理が負けちゃいそうなぐらい、
強い味わいです。
これだけ強い味わいが出ているのは、
造り方に秘密があるんですかねー?
不思議です^^

IMG_1932_20110402125004.jpg
某ワイナリー ケルナー 2010

こちらは今回ゲストで来てくださった方が、
持ってきてくださった一本で、
某ワイナリーのケルナーです。
こちらのケルナーも毎年飲んでますが、
2010年は夏に気温が高かったせいか、
2009年よりも香りが幾分大人しいですが、
味わいは酸が幾分穏やかで、
若干ですが甘さを感じます。
そのバランスが2009よりも、
個人的には良いと思いました。
曽我さんのケルナーとはまったく違い、
濁りもあまり無い綺麗な作りをしていて、
どなたが飲んでも
普通に美味しいと感じる、
そんな味わいでした。

IMG_1934.jpg
シチリア産アンチョビのピッツァ

このピッツァ大すきー!
実はブログにまだご紹介していませんが、
アブラッチオさんには夜に一度来たことがあり、
その時に食べて感激したのが、
このアンチョビのピッツァでした^^
カリッとした生地の上に、
アンチョビとチーズがかかっており、
そのアンチョビの塩味が、
食欲をそそります♪
めちゃめちゃ美味しかったですー!

IMG_1935.jpg
マルゲリータ

こちらのマルゲリータも、
アンチョビに負けず劣らず美味しいです!
トマトソースの酸味と、
ほのかに感じるバジルの風味が、
チーズによく合い、
美味しかったです♪

IMG_1936_20110402125026.jpg
某ワイナリー ケルナー&ミュラー 2010

こちらは某ワイナリーで醸造された、
ケルナーとミュラーのアッサンブラージュです。
澱が多めだったので、
若干濁ってます。
味わいはミュラーの奥ゆかしさと
ケルナーのふくよかさが、
お互いを補完している感じで、
澱から来る酵母っぽさも加わり、
個人的に大好きな味わいでした^^

IMG_1940.jpg
ペペロンチーノ

アブラッチオさんのパスタは、
いつも思うのですが、
湯で加減がとっても絶妙です!
まさにアルデンテの教科書のような感じで、
若干固さがある感じがたまりません。
こちらのペペロンチーノは、
ニンニクの風味が食欲をそそり、
ワインが進みます^^
ですが油っぽすぎるところは無く、
お腹に残るようなことはありませんでした^^

IMG_1941_20110402125026.jpg
タカヒコ・ソガ(ドメーヌ・タカヒコ) ヨイチ赤 ラブラスカ・サンスーフル 2010

こちらも去年収穫&醸造体験したときに、
収穫した葡萄を使った一本。
瓶詰めからラベル貼りまでお手伝いさせていただいたので、
思い入れのある一本です。
今年の正月に開けた以来ですが、
その時に比べて、酸がやわらかくなり、
味に落ち着きが出てきて、
個人的にとても美味しく感じました!
うちに後2本あるので、
また時期をあけて飲んでみたいと思いますー^^

IMG_1942_20110402125026.jpg
小エビのトマトソース

トマトソースが、
めちゃめちゃ美味しいですー!
小エビから出た魚介のエキスが、
トマトソースに溶け込んでいて、
めちゃめちゃ美味しいです♪
もちろんパスタとの相性も抜群でしたが、
パンにつけて食べても最高に美味しかったです!

続いて白の水平対抗して、
赤は垂直です!
IMG_1945_20110402125137.jpg
パストゥグランの2008と2009の
垂直を用意しました。
しかも2008が直前抜栓なのに対し、
2009はお店の方にお願いして、
前日抜栓していただきました^^
どのような味わいでしたでしょうか?

IMG_1943_20110402125025.jpg
タカヒコ・ソガ(ドメーヌ・タカヒコ) ヨイチ・ノボリ・パストゥグラン 2008

2008ヴィンテージを飲むのは、
半年振りぐらいでしたが、
半年経過したからか、
少しずつ開いてきて、
かなり味のボリュームを感じられるようになってました。
ツヴァイのスパイシーな果実味と、
ピノ・ノワールの酸味とが
うまく融合されて、
味のボリュームと複雑さを
感じられるようになってました^^
後もう少し寝かせると、
さらに良くなりそうな感じでした。

IMG_1944_20110402125137.jpg
タカヒコ・ソガ(ドメーヌ・タカヒコ) ヨイチ・ノボリ・パストゥグラン 2009

まずグラスに注いだ瞬間、
色が2008に比べてかなり濃いです。
2009ヴィンテージは、
これまで2回飲む機会がありましたが、
どこか還元的な香りがありましたが、
前日抜栓だったからか、
還元的な香りはそんなに感じませんでした。
味わいは2008と比べると、
濃い感じがして、
よりツヴァイらしさが前面に出ている感じでした。
これから熟成によってどのように変化していくか、
楽しみな一本でした^^

IMG_1947.jpg
鴨のロースト

絶妙なロースト加減で、
とってもお肉が柔らかくて美味しかったです♪
鴨の味わいが、
噛めば噛むほど味が出てきて、
そこにソースの味わいがプラスされて、
最高でした!
添えられている野菜も、
野菜の甘さが内側から出ているようで、
美味しかったですー!

IMG_1948.jpg
タカヒコ・ソガ(ドメーヌ・タカヒコ) ヨイチ・ノボリ・キュムラ・ピノ・ノワール 2009

余市の木村さんの畑で栽培された、
ピノ・ノワールを使って仕込んだ一本。
こちらも前日抜栓をお願いしていたので、
若干味わいの広がりを感じましたが、
まだまだ飲み頃は先のようです。
ただ、2008に比べて、
味の強弱がはっきりしていて、
わかりやすい味わいのように感じます。
もしかしたら2008よりも早く開くかもしれません。
まだまだ本領発揮はしてないのですが、
国産、さらには道産のピノ・ノワールが、
ここまで来たかと感じられ、
これからに期待ができる
素晴らしい一本でした。

IMG_1949_20110402125136.jpg
某ワイナリー ドルンフェルダー 2010

こちらもゲストの方が持ってきてくださった一本。
ドルンフェルダーを秘密な作り方で仕込んだ、
これまでに例を見ない一本です。
見た目はかなり色が濃く、
香りからは複雑なアロマを感じ、
口に含むとまさにバニラ!といった樽のテイストを感じます。
今は若干樽が勝っていますが、
ドルンフェルダーにあるような、
土っぽい味わいはまったく無く、
葡萄の果実味もかなりしっかりしているので、
こなれてくると、
すごい一本になるのではないでしょうか?
貴重な一本ありがとうございました。

IMG_1950_20110402125136.jpg
某ワイナリー シャルドネ樽発酵 2010

こちらもゲストの方が持ってきてくださった一本。
シャルドネを樽で発酵させたものです。
こちらは樽のテイストが幾分穏やかで、
酸の荒々しさは若干ありますが、
今飲んでも十分に美味しいといえる、
素晴らしい一本です♪
リリースされるのが楽しみですね!

とここでサプライズ!
実は今回ご参加いただいた方の中で、
1名お誕生日が近い方がいたのです。
というわけで、
IMG_1951.jpg
誕生日ケーキ

誕生日ケーキを持ち込みさせていただきました^^
ワイン好きということで、
ケーキを持ってきてくださった方が、
ケーキ屋さんにお願いしてロマネコンティを
描いてもらったんです。
これにはみんなびっくり!
とっても素敵な思い出になりました^^

IMG_1953.jpg
山崎ワイナリー チェリーレッド 2009

そんなお誕生日の方が、
持参してくださった山崎ワイナリーさんの
ワイナリー限定発売の一本♪
メルローとツヴァイゲルト・レーベが使われている、
やや甘口なロゼワインです^^
やや甘口とはいえそこは山崎ワイナリーさん、
酸もきちんとあるので、
飲み飽きする事無く、
美味しくいただけちゃいました^^

IMG_1956.jpg
ガトーショコラ
カタラーナ

カタラーナとっても濃厚で、
美味しかったですー!
ガトーショコラもしっとりとしていて、
口の中の水分が吸い取られることも無く、
美味しくいただけました^^

IMG_1954.jpg
コーヒー

最後にアブラッチオさん、
こだわりのコーヒーをいただいて、
ワイン会すべて終了です♪

今回のワイン会、
本当にご参加いただいた方のおかげで、
IMG_1958.jpg
曽我さんのワインが
これだけ揃うことができました^^
こうして並べてみると、
ブルゴーニュのようにラベルに統一性があるのは、
並べたときにとっても綺麗ですよね。
無個性という方もいるかもしれませんが、
私は良いなぁと思いました。
持ち寄ってくださった皆様、
本当にありがとうございました^^

今回のワイン会も、
昨日のブログでご紹介した
ワイン会同様、
会費の一部を大震災への義援金に、
寄付させていただきました。

今回はお店の中に、
IMG_1959.jpg
こんなかわいい募金箱があったので、
こちらに募金させていただきました^^
皆様ご協力いただき、
ありがとうございました。

そんな大震災への義援金を目的とし、
4月24日ワイン会を開催します!
詳しくは、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-641.html
こちらをご覧ください^^
多くの方にご参加いただきたいと思っていますので、
皆様のご参加お待ちしています!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ


札幌 第27回ワイン会「みんわい的アルザスワイン会」を開催しました^^ コム・シェモア

こんばんはー!
今日は栗山町にある酒蔵、
北の錦さんのお祭りに行ってきました。
去年残念ながら行くことができなかったので、
今年は絶対行こうと決めてました^^
とっても美味しく楽しいお祭りでしたので、
その様子は後日ブログで紹介しますねー!

今日は先週開催した、
私主催のワイン会の様子をご紹介します♪
今回のワイン会のテーマは、
「アルザスワイン」
でした。

フランスでも北の地方にあるアルザスワインは、
日本の中で北に位置する北海道のワインと
通じるものがあるのではと思い、
今回、当日まで秘密にしていたのですが、
アルザスワインの中に赤白それぞれ一本ずつ、
道産ワインを混ぜて、
ブラインドで飲んでいただきました^^
事前情報無しに道産ワインを飲んで、
他のアルザスワインとともに評価したとき、
どういった結果が出るのか、
今回一人でわくわくしてました^^

そんなワイン会の会場となったのは、
いつもおなじみのあの店、
「コム・シェモア」さんでした。

IMG_2009.jpg

名前 コム・シェモア
住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目仲通り
電話 011-252-6666
時間 ランチ 11:30~14:30
   ディナー17:00~23:00(L.O. 22:00)
休み 日曜日
HP http://www.sanshusha-grp.com/comme/index.html


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ


いつも、こだわりのワイン会を開催するときには、
お願いしていたコム・シェモアさん。
ご存知の方も多いかと思いますが、
今月15日で長期休業に入るそうです。
そんな事も知らずに、
たまたま4月のワイン会の会場として、
お願いしていたのですから、
やはり何かの縁があるんでしょうか?
何はともあれ、
長期休業の前に、
コム・シェモアさんの料理を味わうことができ、
とても幸運でした♪

という訳で会場は、
いつもながら
IMG_2010_20110409194447.jpg
見事なテーブルセッティングが
完了していました!

今回も、
IMG_2011.jpg
一人6脚ものグラスを
用意してくださり、
感謝感激です。
おかげでブラインドテイスティングを、
楽しむことができました^^

そして今回はテーブルの上に、
IMG_2012.jpg
こんなかわいらしい、
お花のアレンジが置いてあり、
とても嬉しいと同時に、
改めて15日に休業しちゃうんだなぁと
感慨深くなってしまいました^^;

そしてコム・シェモアさんの古田シェフは、
今回も素晴らしい料理の数々を
調理してくださいました^^
順番にご紹介します!
IMG_2014.jpg
ウニのキッシュとタルトフランべ 赤キャベツとリンゴのマリネ

一品目からいきなりウニ来たー!
ウニの甘みがキッシュの甘みと絶妙に合わさり、
たまりません^^
タルトフランべも玉葱の自然な甘さが、
とても美味しく、
素晴らしかったです!
そして赤キャベツとリンゴのマリネの酸が、
アルザスワインにぴったりでした!

IMG_2016_20110409194527.jpg
フランス産フォアグラのポワレ、蕪のロティ添え グリヨットチェリーとフランボワーズのソースで

ウニの次はフォアグラだなんて、
私の好きなものだらけ、
古田シェフ素敵ですー!
生臭さがまったく無い新鮮なフォアグラは、
酸味の利いたソースと合わさると、
もう何も言葉がでません。
ゲヴェルツを感じさせるワインとの相性が、
抜群でした^^

IMG_2018.jpg
自家製パン

そんなソースのお供には、
やはりこちらのパン!
そのまま食べても、
いろんなソースにつけても、
いっぱい楽しめます♪
このパンもしばらく食べられなくなると思うと、
さびしくなりますねー^^;

IMG_2026_20110409194547.jpg
桜鱒のスモーク ホースラディッシュ風味のソース

程よく脂ののった桜鱒が、
スモークによって香りをまとい、
なんともいえない美味しさとなっています、
ソースも酸味とともに、
ほのかに感じる苦味が、
ワインに寄り添いとても美味しかったです♪

とここで、
次のメニューというところで、
IMG_2032_20110409194546.jpg
古田シェフが大きな寸胴を持ってきて、
一人一人料理をよそってくださってます。

中身が気になり、
早速寸胴の中身を見せていただくと、
IMG_2027.jpg
たっぷりの煮込みが入っています♪

そしてお皿に持っていただいたのがこちらです、
IMG_2033.jpg
ポテ(アルザス田舎風煮込み)

先ほどの煮込みは
アルザス田舎風の煮込みだったんですねー^^
この煮込み、
熱々でワインを飲んでいる中食べると、
なんだかほっとするような味わいでした♪
今回はかなりの量を作ってくださったので、
多くの方がおかわりしてましたー!
フレンチとはいえ、
そんな自由な雰囲気があったのも、
コム・シェモアさんならではでしたねー^^

IMG_2037.jpg
クレームダンジュと苺のアイス ベリーのソース

クレームダンジュも美味しかったのですが、
苺のさっぱりしたアイスは、
口の中をリセットさせてくれるのに、
ぴったりなデザートでした^^

そんな素晴らしい料理とともにいただいたワインを
順番にご紹介します♪
今回のテーマはアルザスワインでしたが、
選んだワインは、
ただのアルザスワインではありませんでした。
通常単一品種で仕込まれることの多いアルザスワインの中で、
今回用意した白ワインはすべて2種類以上の品種が、
使われているものでした。
そうしたことでテロワールよりも、
造り手の個性が感じられるのでは?
そして何より今回特別に用意した、
私が大好きな道産白ワインも
複数品種が使われていたので
そういったワインを集めました^^

そして最初にも書きましたが、
今回はすべてブラインドテイスティングにて、
みんなに飲んでいただきました^^
そして飲んだワインに対して、
1~10点の点数をつけていただきました。
ワインの名前に書かれている点数は、
みんなの点数の平均点となっています。
ただ、この点数は、
あくまで参加された方の点数であり、
ワインの絶対的評価ではありません。
ご了承ください^^

というわけで、
まずは乾杯の泡から、
IMG_2015_20110409194447.jpg
ジュリアン・メイエー クレマン・ダルザス・エクストラ・ブリュット 2002 (7.63点)

このスパークリング、
めちゃめちゃ美味しいです!
適度に熟成したナッツ香がでていながら、
酸がキリッとしているので、
飲み飽きません。
そして時間とともに、
甘みが出てきたりと、
変化が楽しめます。
そんな熟成したスパークリングが、
3000円ぐらいで買えるのですから、
クレマン・ダルザス万歳です!

続いて白ワイン5種類を、
ブラインド・テイスティングしました^^
IMG_2019_20110409194527.jpg
ミットナット・フレール キュベ・ギョタク 2008 (6.83点)

香りはリースリングを思わせるような、
石油香がします。
口に含むとさんやミネラルもおとなしい感じで、
繊細な味わいなお寿司にあわせるために
造られたワインというのを
納得するような味わいでした。
他のワインの個性が強かったので、
ちょっと点数が低くなってしまったようです^^;
このワイン単体だと、
嫌いじゃないんですけどねー。

IMG_2020.jpg
ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2008 (7.21点)

ここでみんなに秘密にしていた
道産ワインの登場です!
ケルナー、ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、シルヴァーナという、
アルザス系の品種4種類が使われているこちらのワイン。
冷えているときは、石油香や苦味を感じるのですが、
温度が上がるに従いバラっぽいニュアンスが表に出てきます。
状態が心配でしたが、
このボトルに関しては健全でした^^
他のワインに負けない味わいでしたが、
ギョタク同様、
他のワインが個性が強烈だったので、
ちょっと弱いととられちゃったかもしれないですね。

IMG_2021.jpg
ツィント・ウンブレヒト ツィントZ008 N.V(2008) (7.92点)

私の大好きなツィント・ウンブレヒトのワイン。
やっぱりめちゃめちゃ美味しいです。
香りはこれまでのワインにあった、
華やかなものが無く、
味わいもちょっぴり甘めなのですが、
そこにしっかりとしたミネラルがあるので、
飲み飽きせずに、
むしろもっと飲みたいと感じさせてくれました。
個人的に一番高い点数をつけたワインでした。
ただ銘柄はずしちゃいましたけどね^^;

IMG_2022.jpg
マルセル・ダイス アルザス 2008 (7.96点)

白ワインで唯一当てられたのが、
マルセル・ダイスのワイン。
還元的なニュアンスがいかにも自然派な感じで、
味わいも酸、苦味、甘味、
どれも高いレベルで感じられ、
そこにやはりしっかりしたミネラルがあるので、
すべての要素がうまくまとまっている感じでした。
個人的にはまとまっているからこそ
ツィントに比べると個性が若干弱く、
1点低い点数にしました^^
ただ、みんなの平均では1番でした。

IMG_2023.jpg
マルク・テンペ アリアンス 2008 (7.92点)

こちらもとっても美味しかったです!
一番複雑な味わいで、
時間とともに変化がでたワインでした。
石油香はほとんど無く、
さわやかな香りで、
味わいもミネラルをしっかりと感じ、
そこに時間とともに酸味、甘味、苦味などが、
口の中に変化して現れました^^

という訳で、白5本をブラインドで飲みました。
一応順位をつけると、
1位 マルセル・ダイス アルザス 2008 (7.96点)
2位 ツィント・ウンブレヒト ツィントZ008 N.V(2008) (7.92点)
2位 マルク・テンペ アリアンス 2008 (7.92点)
4位 ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2008 (7.21点)
5位 ミットナット・フレール キュベ・ギョタク 2008 (6.83点)

上位3本はほとんど同点といっても、
問題無いぐらい拮抗してましたね。
4位5位もとても美味しいワインだったのですが、
やはりミネラルが弱くおとなしい印象になった分、
低い点数となってしまったような気がします^^;
ただ、上でも書きましたが、
これはあくまで今回参加した13人の平均点なので、
絶対的な評価では無いことを
ご理解ください。

続いて赤ワイン6本です。
アルザスの赤はピノ・ノワールがほとんどなので、
今回の赤6本はすべてピノ・ノワールです。
5本のアルザス+1本道産ワインというラインナップでした。
結果はいかがだったでしょうか?
IMG_2038.jpg
ルネ・ミュレ ピノ・ノワール“V” 2007 (7.29点)

今回のピノ・ノワールの中で、
1番点数高かったのが、
こちらのワインでした。
他のアルザスに比べ酸が穏やかで、
タンニン、果実味がしっかりしていて、
ある意味ブルゴーニュに一番近い感じだったのが、
高評価だったのかもしれません。
私も評価が高く銘柄を当てる事もできました^^

IMG_2039.jpg
ジュリアン・メイエー ピノ・ノワールV.Vハイセンシュタイン 2007 (7.04点)

色は若干にごり気味で、
味はまだ酸が立っており、
タンニンも粗く
どこかまとまりの無い感じで、
まだ早かった感じでした。
ただポテンシャルは感じられ、
時間とともに良くなってきた印象でした。

IMG_2040.jpg
中央葡萄酒千歳ワイナリー グレイスピノ・ノワール 2007 (5.73点)

期待した道産ピノ・ノワールですが、
アルザスのピノよりは
全体的に評価が低くなってしまいました。。。
決して味わいは悪くなく、
酸もタンニンもしっかりしていたのですが、
酸が強く、どこか青っぽいところがあり、
えぐみのようなものを感じました。
千歳ワイナリーさんのピノは2008ヴィンテージが
すごい美味しいのでお勧めです!

IMG_2041.jpg
ジュラール・シュレール ピノ・ノワール 2007 (6.64点)

こちらは色合いも薄く、
どこか熟成したようなレンガ色っぽい感じでした。
味わいも色同様薄旨な感じで、
酸がやや強めな味わいでした。
ミネラルもあるので美味しいと思うのですが、
ちょっと線が細く感じられた結果、
点数が低かったのかもしれません。

IMG_2042.jpg
バルメ・ブシェール ピノ・ノワール・レゼルヴ 2007 (7.23点)

こちらもルネ・ミュレ同様、
色が濃い目で、
味わいもしっかりした味わいでした。
酸よりもタンニンと果実味が感じられ、
ブルゴーニュっぽいところがありました。
そこが高点数に繋がったのかもしれません。

IMG_2043.jpg
クリスチャン・ビネール ピノ・ノワール・キュベ・ベアトリス・ノンフィルター 2007 (7.14点)

こちら、色が濁っていて、
口に含むと若干発泡している感じでした。
味わいはとても滑らかな感じで、
タンニンもきめ細かく、
旨みもしっかりのっており、
個人的に好みの味わいでした。
微発泡させたのは、
私の保存状態が悪かったのかもしれません^^;
申し訳ありませんでした。

それでは赤の順位も発表します。
1位 ルネ・ミュレ ピノ・ノワール“V” 2007 (7.29点)
2位 バルメ・ブシェール ピノ・ノワール・レゼルヴ 2007 (7.23点)
3位 クリスチャン・ビネール ピノ・ノワール・キュベ・ベアトリス・ノンフィルター 2007 (7.14点)
4位 ジュリアン・メイエー ピノ・ノワールV.Vハイセンシュタイン 2007 (7.04点)
5位 ジュラール・シュレール ピノ・ノワール 2007 (6.64点)
6位 中央葡萄酒千歳ワイナリー グレイスピノ・ノワール 2007 (5.73点)

道産ピノは2008ヴィンテージから、
いろいろな造り手のワインが登場しているので、
いつか2008ヴィンテージもう一度勝負させたい感じですね。

それにしても今回の白ワインと赤ワインの順位、
とても興味深いものとなりました。
白ワインの上位は自然派として有名な造り手と
なっているのに対し、
赤ワインの上位はそれほど自然派的な育て方に
こだわっていない造り手が上位に来てました。
どうしてそうなったかはわかりませんが、
面白い結果となりました^^

という訳で13人で、
IMG_2044.jpg
12本のワインを飲んじゃいました^^

総合の順位も発表しますね。
1位 マルセル・ダイス アルザス 2008 (7.96点)
2位 ツィント・ウンブレヒト ツィントZ008 N.V(2008) (7.92点)
3位 マルク・テンペ アリアンス 2008 (7.92点)
4位 ジュリアン・メイエー クレマン・ダルザス・エクストラ・ブリュット 2002 (7.63点)
5位 ルネ・ミュレ ピノ・ノワール“V” 2007 (7.29点)
6位 バルメ・ブシェール ピノ・ノワール・レゼルヴ 2007 (7.23点)
7位 ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2008 (7.21点)
8位 クリスチャン・ビネール ピノ・ノワール・キュベ・ベアトリス・ノンフィルター 2007 (7.14点)
9位 ジュリアン・メイエー ピノ・ノワールV.Vハイセンシュタイン 2007 (7.04点)
10位 ミットナット・フレール キュベ・ギョタク 2008 (6.83点) 
11位 ジュラール・シュレール ピノ・ノワール 2007 (6.64点)
12位 中央葡萄酒千歳ワイナリー グレイスピノ・ノワール 2007 (5.73点)

泡、白、赤を1つにして順位にしてみると、
やはり全体的に赤よりも白のほうが評価が高いですね。
そしてクレマン・ダルザスも評価が高かったです。
ただ赤も面白いワインが沢山あったので、
また飲み比べてみたいと思いました^^
そして道産ワインに関しては、
中澤ヴィンヤードさんのワインは、
7位ということで結構がんばってます^^
中央葡萄酒千歳ワイナリーさんのワインは、
ちょっと残念な結果でしたが、
2008ヴィンテージがとてもお勧めなので、
ぜひリベンジしたいと思います。

おかげさまで今回のワイン会も、
13人という大勢の皆様に
ご参加いただきました。
そして、ワイン会の告知の際にも書いたのですが、
今回のワイン会から、
しばらくの間いただいた会費の一部を、
日本赤十字社に寄付させていただくことにしました。
ということで、
今回の会費の中から、
IMG_2091_20110409194621.jpg
10000円寄付させていただいたことを、
ここにご報告させていただきます。

個人的に大好きなアルザスワイン、
それをこれだけの種類飲むことができたのも、
参加してくださった皆様、
素晴らしい料理を作ってくださった古田シェフ、
そしてワインの順番を考えてくださり、
素晴らしいサービスをしてくださった松村ソムリエのおかげです。
改めてお礼申し上げます。

最初にも書きましたが、
コム・シェモアさんは長期休業に入ります。
さらに松村ソムリエは退社します。
古田シェフと松村ソムリエの素晴らしい料理とサービスを
一緒に味輪なくなるのはとてもさびしいですが、
これもお二人が選んだ道。
これからも応援していきたいですし、
追っかけていきたいと思います、
本当に本当に今まで、
ありがとうございました。

こんなワイン会を、
毎月1度開催しています。
ぜひ皆様も一緒にご参加しませんか?
今月は東日本大震災へのチャリティーを目的とした、
スペシャルワイン会を24日に企画しています。
詳しくは、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-641.html
こちらをご覧になっていただければと思います。
多くの皆様とお会いできるのを
楽しみにしていますので、
ご参加よろしくお願いしますー!

スペシャルワイン会~東日本震災チャリティワイン会@さっぽろ~ 参加者募集!

私も所属しているロゼ愛好団体である、
薔薇色の騎士団北海道支部で
私をはじめとした団員が以前より、
計画していたチャリティーワイン会、
いよいよ実現の運びとなりました。
今回は数多くの方にご参加いただきたので、
ぜひご本人だけでなく、
友人知人にも声掛けしていただけたら幸いです。
皆様で一緒に楽しみましょう!

昨年の8月31日。
TVCMから「満月の夜には、ロゼを飲もう」と聴こえ始めてた頃
twitter上で設立された、ロゼワイン愛好団体「薔薇色の騎士団

mission1.ロゼワインを愛する気持ちを持つ事
mission2.twitterではプロフィールに薔薇色の騎士団、並びに会員番号を入れる事
mission3.満月の日にロゼワインを飲んだら、 twitter上では#fullmoonrose で呟く事
mission4.満月の日にロゼワインを飲んだらFacebookページでは、ウォールに投稿すること
上記ミッション遂行し、をネット上でゆるくつながったシュヴァリエ(騎士)の集まりです。


今回の震災をTVで見て誰もが感じた
「被災地の力になりたい!」
「自分にできることは何か!?」
「何が日本の為になるのか!?」

たくさんの情報が氾濫し、自粛ムードが飲食業や日本経済を苦しめてる中、
「自分たちのできることはいったいなんだろう?」
そんな、誰もが思う気持ちの中から薔薇色の騎士団チャリティ・ワイン会が始まり、
先日行われた東京のチャリティーでは、たくさんの元気と義捐金が集まりました。
閉塞感に満ちた日本に笑顔と明るさがあふれる!
そして、そこから東日本に元気と義捐金を届け日本をもっと元気にする!
この素晴らしい活動を全国の支援者とシェアし、元気のバトンを被災地に届けるため、
まずは地元の札幌にて同じ想いのチャリティワイン会を開催したいと思います。

震災を免れた元気な人にできる、無理のない支援。
地元と東日本に元気を送り、一日も早い復興を応援します。

がんばれ日本っ!!

SBCA0043_20110407215207.jpg SBCA0046_20110407215207.jpg SBCA0047_20110407215207.jpg


~東日本震災チャリティワイン会@さっぽろ~

日時:4月24日(日)18時開場 19時開演~21時中締め (途中入退場可)
形式:立食パーティ
場所:Healthy & Safety レストラン「なちゅら」 札幌市中央区南3条西2丁目KT三条ビルB1
会費:4,500円(うち1,000円義捐金)
備考:経費削減の為、マイグラスの持参をお願いしております。
   ※ マイグラスが無い方はこちらで用意いたしますので、参加コメントの際に、その旨ご記入お願いします^^ 

たくさんのワインや料理をご用意しておりますので、途中参加の方もゆっくりお過ごしいただけます。
中締めの21時からは、お一人様追加1,000円で引き続き楽しみいただけますよう準備しております。
こちらは別会となりますのでお店のワインや単品での料理も注文可能です。

騎士団の団員は勿論、
団員以外でもご賛同いただける方でしたらどなたでもご参加できます。
たくさんのご来店心よりお待ちしております。

参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「~東日本震災チャリティワイン会@さっぽろ~参加希望」
本文にお名前と連絡先をご記入の上、
送信お願いします^^

札幌 第1回シャンパン・ワイン世界のワイン展示試飲会に行ってきました^^ ロイトン札幌

おはようございます!
今日はいよいよ、
私主催の4月度ワイン会。
今回のテーマは、
私の大好きなアルザスワインということで、
個人的にもとっても楽しみです!
皆様に楽しんでいただけるよう、
頑張りたいと思いますー^^

今日のブログは、
先月開催された素晴らしい試飲会の様子を
ご紹介します^^
通常試飲会というと、
ワインショップや酒屋さん、
そして飲食店関係の方々を対象としていて、
私のようなただのワイン好きは、
なかなか参加できませんでした。

ですが今回、
いつもお世話になっている、
グランヴァンセラーさんと、
その親会社であるまいどいまいさんが主催して、
一般の方も参加できる試飲会を
企画してくださったのです!
しかも試飲会といえば平日の日中に
開催されることが中、
今回の試飲会は日中をお店関係、
そして一般の方の部は、
参加しやすいように
夜の開催となっていました♪

ということで早速前売りチケットを購入し、
参加させていただきました^^
会場となったホテルの名前は、
「ロイトン札幌」です。

IMG_1217.jpg

名前 ロイトン札幌
住所 北海道札幌市中央区北1条西11-1
電話 011-271-2711
HP http://www.daiwaresort.co.jp/royton/

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ


今回の試飲会、
インポーターが40社以上集まり、
500種類以上のワインが集まるという、
大試飲会でした。
500種類以上が味わえて、
参加料が1000円なんて安すぎですよね!
今までこういった試みがなかったということで、
新聞などにも掲載されて、
夜の一般の部は前売りチケット発売開始後、
1週間ぐらいで売り切れるほどの
盛況ぶりだったそうです。

ということで多少遅刻して、
会場の中に入ると、
IMG_1219.jpg
すでに会場の中は、
大勢のワイン好きの方で、
にぎわっていました^^
札幌にも沢山ワイン好きがいるんだなぁと
改めて感心しちゃいました(笑)

試飲会ならばワインを飲まなくては!
ということで、
今回かなりの本数を味わってきました^^
もちろん出すのがもったいないので、
全部飲んじゃいました^^

500種類のワイン全部はとても飲めないので、
今回は飲みたいワインのテーマを決めて、
各ブースを回りました^^
まずは最初ということで、
シャンパーニュです!
IMG_1253_20110402052109.jpg
ギィ・シャルルマーニュ グラン・クリュ・レゼルヴ・ブラン・ド・ブラン N.V

IMG_1220.jpg
ドゥーツ ブリュット・クラシック N.V

IMG_1230_20110402052021.jpg
ボーモン・デ・クレイエール ノスタルジー・ブリュット・ミレジム 1999

IMG_1221.jpg
プロワイェ・ジャックマール マリー・ワイス N.V


IMG_1255_20110402052142.jpg
ガティノワ グラン・クリュ・トラディション・ブリュット N.V

IMG_1256_20110402052142.jpg
ジャクソン キュヴェ734・ブリュット N.V

さすがシャンパーニュ、
どれもそれぞれ美味しかったです。
その中でもやっぱりボーモン・デ・クレイエールは、
10年以上熟成した味わいが、
イーストやナッツの風味をかもし出していて、
素晴らしかったです♪
ギィ・シャルルマーニュも安いながらも、
ブラン・ド・ブランらしからぬふくよかさがあり
良かったですー!

続いて決めたテーマは、
私の大好きなブルゴーニュです♪
IMG_1271_20110402052227.jpg
フレデリック・マニャン クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブラン・ド・ノワール・エクストラ・ブリュット N.V

IMG_1267_20110402052217.jpg
フレデリック・マニャン ブルゴーニュ・ブラン 2008

IMG_1266.jpg
ドメーヌ・ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ 2008

IMG_1227.jpg
ドメーヌ・ルフレーヴ ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クラヴォワヨン 2008

IMG_1223.jpg
クルティエセレクション ブルゴーニュ・ルージュ 1999

IMG_1224.jpg
ルーデュモン ブルゴーニュ・ルージュ 2007

IMG_1225.jpg
ルイ・シュニュ サヴィニー・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2007

IMG_1226.jpg
アニェス・パケ オークセイ・デュレス ルージュ 2008

IMG_1228_20110402051955.jpg
ミシェル・グロ ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ 2003

IMG_1242.jpg
ジェラール・ラフェ ブルゴーニュ・ルージュ 2008 

IMG_1243.jpg
ジェラール・ラフェ シャンボール・ミュジニー 2008

IMG_1241.jpg
ジャン・ラフェ ジュヴレ・シャンベルタン 2001

IMG_1268_20110402052217.jpg
シャトー・カンボン ボージョレ 2009

今回は雑誌などでも良く知られた生産者ばかりを
飲みましたが、
やはりこのクラスの生産者となると、
高いワインほど美味しいです。
白はルフレーヴのクラヴォワヨンが
今飲むのがもったいないぐらいの素晴らしさでした。
赤は若いヴィンテージが多かった中、
ジャン・ラフェのジュヴレ・シャンベルタンが
熟成した美味しさを楽しませてくれました。
そして去年急逝したマルセル・ラピエールのシャトー・カンボンは、
まさにグレートヴィンテージにふさわしい、
素晴らしいボージョレだったと思います。

続いても私の大好きな地域、
アルザス!
IMG_1222.jpg
マルセル・ダイス ゲヴュルツトラミネール 2007

IMG_1236.jpg
ローリー・ガスマン ゲヴュルツトラミネール

IMG_1235.jpg
ローリー・ガスマン ピノ・ブラン

IMG_1238.jpg
ローリー・ガスマン ピノ・グリ

IMG_1240.jpg
ローリー・ガスマン リースリング

IMG_1237.jpg
ローリー・ガスマン ミュスカ

IMG_1262_20110402052218.jpg
ヒューゲル リースリング 2008

IMG_1263_20110402052217.jpg
ヒューゲル ゲヴュルツトラミネール 2008

IMG_1265_20110402052217.jpg
ルネ・ミュレ リースリング・シグニチャー 2006

IMG_1257_20110402052142.jpg
ポール・キュブラー キンネット 2009

こちらは逆にあまり知られていない
造り手も積極的に飲んでみました^^
やっぱりどのワインもさっぱりとした酸とさわやかなアロマが、
とても個人的にあっている感じでした。
中には若干甘めのものもありましたが、
それもまた良かったです。
個人的にはちょっと曲者な感じですが、
マルセル・ダイスのゲヴュルツトラミネールが、
ゲヴュルツの違った一面を見せてくれたような感じで、
美味しかったです!

そして我が日本のワインも
ありました!
IMG_1231.jpg
サントリー ジャパンプレミアム・甲州 2008

IMG_1232.jpg
サントリー ジャパンプレミアム・マスカット・ベーリーA・ロゼ 2009

IMG_1233.jpg
サントリー ジャパンプレミアム・マスカット・ベーリーA 2008

IMG_1250.jpg
メルシャン シャトー・メルシャン・勝沼甲州 2009

IMG_1251.jpg
メルシャン シャトー・メルシャン・甲州きいろ香 2009

IMG_1252_20110402052109.jpg
メルシャン シャトー・メルシャン・甲州・グリ・ド・グリ 2009

IMG_1246.jpg
メルシャン シャトー・メルシャン・メルロー&マスカット・ベリーA 無濾過 2006

IMG_1245_20110402052109.jpg
メルシャン シャトー・メルシャン・長野メルロー 2008

国産ワイン大手2社が、
こうした試飲会に本物の国産ワインを
持ってきてくれたことにまずは敬意を表したいです。
甲州に関しては、
サントリーは王道な甲州、
メルシャンは甲州の新たな可能性、
といったそれぞれの方向性の違いが良くわかり、
面白かったです。
薔薇色の騎士団としては、
サントリーのベリーAのロゼも気になるところでした^^

そしてイタリアも少々。
IMG_1259.jpg
アダミ ボスコ・ディ・ジーカ・ブリュット N.V

IMG_1229_20110402051955.jpg
カンティーナ・フォルミージネ・ペデモンターナ ランブルスコ・ロッソ・フォスコ N.V

もっと沢山飲みたかったのですが、
時間がなく2本だけ。
しかしどちらも泡ですが、
アダミはシャルマながら、
下手なシャンパーニュにも負けない味わいで、
ランブルスコも気軽に楽しめる感じで
とてもよかったです!

そのほかの地域も少しだけ。
IMG_1258_20110402052141.jpg
ドメーヌ・ラファージュ ノヴェラム・シャルドネ 2009

IMG_1260_20110402052141.jpg
サント・イシドロ・デ・ペゴエス・アデガ アデガ・デ・ペゴエス・コルエイタ・セレクシォナーダ・ブランコ 2009

この2本は個人的にどちらも好きな1本で、
試飲させていただいちゃいました^^
ラファージュはフランスのルーション地区にある造り手で、
ここのシャルドネは他にないアロマがあり、
シャルドネじゃないみたいで好みなんです。
そしてアデガ・デ・ペゴエスはポルトガルの造り手で、
4種類の品種を樽を使って醸造していて、
その樽の絶妙な風味がとても好みでした^^

もっともっと飲みたかったのですが、
残念ながら時間切れ。
次回はもっと早く来て、
もっと沢山のワインを試飲したいと思います!

改めて今回の試飲会、
本当に素晴らしいものでした。
正直一般向けということで、
飲食店向けのあまりが出るだけかな?
と思っていたのですが、
一般向けになってからも
どんどん新しいボトルを開けてくださり、
インポーターさんの本気が伝わってきました^^
こうした試飲会からでも、
札幌のワイン好きが増えてくれたら、
どんどん嬉しいですね!
試飲会を企画してくださった、
グランヴァンセラーさん、まいどいまいさん、
本当にありがとうございました^^

ちなみに、今年の9月に
第2回を予定しているそうなので、
気になった方はグランヴァンセラーさんを
チェックしていましょうー!
私も絶対行きたいと思います^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。