*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回ワイン会の参加者募集開始ですー!

9月1日現在、
おかげさまで満席となりました^^
引き続きキャンセル待ちの方を
募集しておりますので、
キャンセル待ち希望の方は、
お気軽にメールください^^
よろしくお願いしますー!


こんばんはー!
昨日、無事に第18回目のワイン会を
開催することができました^^
(そのときの様子はブログに急いでブログに書きますね。)

ということで、
早速ですが次回のワイン会の告知と、
参加者を募集しちゃいます!
次回のワイン会から数回に分けて、
ある特定の作り手さん1社のワインのみを
集めたワイン会を開催したいと思います!

その記念すべき一回目となる、
第19回目のワイン会のテーマはこちらです!
「山崎ワイナリーさんのワインを全部飲もう会」
です。

ご存知の方も多いかと思いますが、
山崎ワイナリーさんは、
北海道三笠市にワイナリーと畑を持つ
作り手さんです。
日本のワイナリーの中ではかなり珍しい、
造られているワインが、
すべて自社畑のぶどうを使っている
ドメーヌタイプのワイナリーです。
ワイナリーはご家族5人で運営されており、
父親である和幸さんがオーナーとして、
全体の統括を行い、
長男の亮一さんが栽培と醸造を、
次男の太地さんが宣伝やマーケティング、
そして奥様とご息女が、
売店での接客をしています。
ラベルにはそんな家族の中の良さを表した、
家族の指紋を使った五ツ葉のクローバーが
使われています。

2002年にファーストヴィンテージが、
仕込まれたのですが、
これまであまり北海道では
フューチャーされなかった、
ピノ・ノワールを栽培し、
いきなり素晴らしいワインが完成したことから、
一気に有名になりました。
現在はブドウの品種も増え、
これからがますます楽しみなワイナリーさんです。
今回はあえて、現行ヴィンテージを
そろえて見ました。
ぜひ皆様一緒に飲み比べてみませんか?

そんな素敵なワインに合わせる
料理を作ってくださるのは、
私も大好きなお店。
なちゅら」さんです。
オーナーソムリエの菅原さんは、
山崎ワイナリーさんが創立したときから
応援しており、
たぶん日本で一番、
山崎ワイナリーさんを応援している
ソムリエさんだと思います。
先日も山崎ワイナリーに一緒に泊まった際も、
亮一さんと熱く語ってくいました^^
そんな山崎ワイナリーさんのことを
一番良く知っている菅原さんに、
ワインに合う料理を考えていただきます。
絶対マリアージュすること、
間違いないですよー!
皆様のご参加お待ちしています

IMG_3678.jpg IMG_0730_20100830222358.jpg IMG_3583.jpg

ワイン会概要

1.名称 「山崎ワイナリーさんのワインを全部飲もう会」
2.日程 2010年9月10日(金)19:30~
3.場所 「な・ちゅら」
     北海道札幌市中央区南3条西2丁目KT三条ビルB1
     TEL 011-281-1678
4.会費 7500円
5.定員 11名+主催者1名(よし) 計12名


ワインリスト

白 山崎ワイナリー バッカス 2009
  山崎ワイナリーさんで一番最初に収穫されるバッカスを使った中口のワイン。

白 山崎ワイナリー ケルナー・スイート 2009
  久しぶりに登場したケルナーを使って造ったやや甘口ワイン。

白 山崎ワイナリー ケルナー・ドライ 2009
  山崎ワイナリーさんを代表する品種の一つであるケルナーを使った辛口ワイン。

白 山崎ワイナリー プライベートブレンド 2008
  ソーヴィニヨン・ブランやリースリングなどをブレンドし、昨年新発売されすぐに完売したワインです。

白 山崎ワイナリー シャルドネ 2008
  山崎ワイナリーさんで収穫されたシャルドネをステンレス発酵ステンレス熟成させたワイン。

白 山崎ワイナリー シャルドネ 樽発酵 2008
  シャルドネを樽発酵させて仕込んだワイン。

ロゼ山崎ワイナリー チェリーレッド 2009 
  メルローとツヴァイゲルト・レーベという珍しいセパージュのロゼ。今年1回だけのワイン?

赤 山崎ワイナリー ツヴァイゲルト・レーベ樽熟成 2008
  ツヴァイゲルト・レーベを樽熟成させたワイン

赤 山崎ワイナリー ツヴァイゲルト・レーベノンフィルター 2008
  今年ワイナリー直売店限定で発売しすぐに完売したツヴァイゲルト・レーベの無濾過ワイン

赤 山崎ワイナリー メルロー 2008
  主催者が収穫をお手伝いしたメルローを使い造られたワイン

赤 山崎ワイナリー ピノ・ノワール 2008
  山崎ワイナリーさんの代名詞とも呼ばれるピノ・ノワールを使い造られたワイン

白 山崎ワイナリー ピノ・ノワール ブラッシュ 2009
  ピノ・ノワールを使い、白ワインと同じ造り方で仕込まれた、ほんのりピンク色した白ワイン

ご参加希望の肩は、
左側のメールフォームより、
件名「ワイン会参加希望」
と書いて、
メールください^^

北海道のワインは、
今日本中で注目を浴びています。
そんな中でも個人的に応援している、
山崎ワイナリーさんのワインを、
みんなで飲みませんか?
皆様のご参加お待ちしていますー!

山崎ワイナリーさんのHP http://www.yamazaki-winery.co.jp/index.html
な・ちゅらさんのHP http://www.nachula.com/

スポンサーサイト

余市 貴重なピノ・ノワールの苗植えを手伝わせていただきました ドメーヌ・タカヒコ

こんばんはー!
昨日は涼しかったのに、
今日はまた蒸し暑い感じですね。
帰り道は雨が降ったりと、
まだまだ不安定な天気が続きそうです。
日曜日にはワイン会&ワインフェスがあるので、
晴れて欲しいと思っていますー!
皆様もお祈りお願いしますー!

さて今日は、
前回のブログでご紹介した、
メーカーズディナーにご参加いただいた、
ドメーヌタカヒコさんに、
先月お手伝いに行ってきた様子を
ご紹介します^^
ハンバーグ特集は、
今日も一休みです、
ごめんなさい^^;

前回ドメーヌタカヒコさんに、
お伺いしたときに曽我さんから、
7月のはじめに、
ポット苗を植える作業を行うと聞き、
今回、幸運にも
お手伝いをさせていただくことになりました。
これまで収穫の手伝いを
させていただくことはありましたが、
収穫以外のお手伝いも、
ぜひやってみたいと思っていたので、
今回の申し出、
とても嬉しかったです♪
喜んで朝早くから
お伺いしちゃいました^^
改めてお伺いしたドメーヌの名前は、
「ドメーヌ・タカヒコ」さんです。
IMG_1703_20100816141743.jpg

名前 ドメーヌ・タカヒコ
住所 北海道余市町
HP  http://takahiko.co.jp/index.html

 ※ ドメーヌ・タカヒコさんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


ドメーヌタカヒコさんの畑、
前回6月に訪問したときになかった、
柱が植えられていました^^
何度もお伺いしていると、
一歩一歩ブドウ畑としての完成が、
近づいているのを実感できて、
とっても幸せな気持ちになれますね。

そんなドメーヌタカヒコさんの畑からは、
IMG_1663.jpg
道路を挟んで反対側にある、
ブドウ畑の景色を一望することができます^^
相変わらず素敵な景色ですよねー!
これだけの景色は、
ほかにはありませんよね。

4月に苗を植えた畑は、
IMG_1664.jpg
前回来たときよりも、
雑草が生えている感じです。
土が生きているというのが、
こうしたところから実感できますね^^

植えた苗も、
IMG_1707.jpg
かなり成長しており、
ぐんぐんと伸びていっています。
土のことは詳しくわかりませんが、
周りにはシロツメクサが生えており、
良い土ができているというのが、
なんとなく伝わってきました。

そして以前の持ち主が植えていたという、
IMG_1696.jpg
ナイヤガラの棚は、
ビオロジックで栽培されていますが、
ほとんど病気も出ずに、
かなりの成長をしているそうです。
本当に強い品種だと、
曽我さんおっしゃっていました。

そのナイヤガラの枝では、
IMG_1697.jpg
あちこちで開花が始まっており、
ブドウができる準備が、
着々とできている感じでした^^

と、今日はそんなブドウの成長を
見に来たわけではありません^^;
お手伝いにきたんです^^;
というわけで、
早速お手伝い開始です!
今回は最初にちらっと書きましたが、
ピノ・ノワールのポット苗を
畑に植える作業を手伝わせていただきます。
曽我さんと私のほか、
余市でブドウ栽培を志している方の3人で、
作業を行うこととなりました。

まずは行う作業を、
曽我さんから教えていただきます。
はじめにこちらの、
IMG_1656.jpg
ピノ・ノワールのポット苗を、
持ってきます。

続いて畑に行くと、
畑の列に
IMG_1658_20100816141555.jpg
このように植える位置に目印を
つけていてくれていました。
これで植える場所を間違える心配ありません^^

続いて曽我さんが自ら、
見本を見せてくださいました。
まずは目印のある場所に、
IMG_1665.jpg
スコップが見えなくなるぐらい、
差し込みます。

そのままてこの原理で、
IMG_1666.jpg
土を持ち上げ、
その土を横に置きます。

そこから北海道の特徴でもあるのですが、
ブドウの苗が斜めになるように、
IMG_1667.jpg
手で土を入れたり取ったりして、
土の量を調整します。

そしていよいよポット苗を
入れ物からはずし、
IMG_1668.jpg
斜めになるように、
穴の中に入れていきます。

続いて、
IMG_1669.jpg
苗が崩れないように、
手で穴に土を入れていきます。
この時に先ほどスコップで抜いた土を
戻します。
これには理由があり、
周りの土だと乾燥していて、
苗に水分が充分にいかずに、
その点、スコップで掘った土だと、
湿り気があり苗の根に水分が
いきわたるとの事でした。

そして最後に、
IMG_1670.jpg
苗の接いでいる部分より少し下に、
土が来るようにして、
苗植え完成です^^

曽我さんの忙しいにもかかわらず、
こうしたお手本を、
2度3度としてくださいました^^
おかげで迷うことなく、
自分でも作業をすることができました♪

その様子がこちらです!
まずは、
IMG_1677.jpg
ピノ・ノワールの苗が入った箱を
用意します。

そこから、
IMG_1676.jpg
苗を一つ取り出し、

畑の列にある、
IMG_1678.jpg
目印を探します。

続いてその目印の場所に、
IMG_1679.jpg
スコップが見えなくなるぐらい、
スコップを差し込みます^^

そして、
IMG_1680.jpg
てこの原理で土を掘り出し、
その土を穴の脇に置きます。

そうしてできた穴に、
IMG_1681.jpg
苗が斜めに入るように、
調整しながら手で土を入れたり、
除いたりします^^

そうしてできた穴に、
入れ物からはずした苗を一つ用意し、
IMG_1682.jpg
穴の中に静かに入れます。

個人的にこの作業が、
一番難しかったです^^;
入れ物をはずしたときに、
苗についている土が崩れないように
しなくてはいけないのですが、
何度か崩してしまいましたT_T
曽我さんに申し訳ない気持ちで一杯です^^;

続いてスコップで掘った土を
IMG_1683.jpg
穴に静かに戻して、
作業完了です!

初めての経験ということもあり、
この1連の動作を行うのに、
結構時間がかかってしまい、
自分が1つ完成させる間に、
曽我さんやご一緒した方が2つぐらい
できていました^^;
もっともっと修行が必要ですね。。。

そうはいっても何とか頑張ることができ、
IMG_1675.jpg
自分で何列か
完成させることができました^^

私がお手伝いをさせていただいたり、
自分でぶどうを育てるのは、
少しでもぶどうを育てている方、
ワインを造る方の気持ちを知りたい、
ということからでした。
実際にこうしてお手伝いをすると、
改めて、一つ一つの作業を行った結果として、
素晴らしいブドウができ、
美味しいワインが完成するんだというのを実感します。
そうしたことを思いだしながらワインを飲むと、
本当にワインが美味しくなりますね。
それだけでなく、
さらにお手伝いさせていただき、
土や苗とたわむれると、
自然と心が休まります。
そして、お手伝いした作業が完成すると、
気持ちが達成感に満たされ、
心のリフレッシュにもなりました。
本当に生きているものと触れるというのは、
素晴らしいものですね。

最後に、
曽我さん、この度はお手伝いさせていただき、
本当にありがとうございました!
これからも、
もっともっとお手伝いできることがあれば、
なんなりとおっしゃってください!
私でできることがあれば、
何でもお手伝いしていきたいと思いますー!
そのときにはブログでご紹介しますね^^

札幌 ドメーヌタカヒコワイン会に参加しました♪ WINE 和牛 素材料理 しづき

こんばんはー!
ここ数日夜のイベントに
立て続けに参加して、
久しぶりに我が家での夜を
迎えました^^;
その中でも、特に木曜日のイベントは、
とても素晴らしいイベントだったので、
ハンバーグ特集を一時中断して、
今日ご紹介しちゃいます^^

ということで、
上に書いたとおり、
今日はハンバーグ特集を一時中断して、
一昨日参加したワイン会の様子を
ご紹介します。
最近は、仕事の忙しさもあり、
自分が主催するワイン会や、
ワイン仲間が主催するワイン会に
参加することが多かったのですが、
今回は久しぶりに酒屋さん主催の
ワイン会に参加しました。

そのワイン会というのは、
一つ前のブログで緊急募集させていただいた、
(おかげさまで募集人数集まりました。
ありがとうございました^^)
私も何度もお伺いさせていただいている
期待のドメーヌのオーナーさんが参加する
メーカーズディナーだったんです。
当日はとても勉強になる話しを沢山聞きながら、
素晴らしいワインや料理を
いただき大満足な時間を過ごしました^^
そんな素晴らしい料理を提供してくださった、
今回のワイン会の会場となったお店は、
「WINE 和牛 素材料理 しづき」さん。
ワイン会を主催した酒屋さんの名前は、
「仙丸」さんです。
そして今回来てくださった方のドメーヌの名前は、
「ドメーヌタカヒコ」さんです。

IMG_4439.jpg

名前 WINE 和牛 素材料理 しづき
住所 北海道札幌市中央区南5条西4 N・センタービル7F
電話 011-521-6661
時間 月〜土 17:00~24:00(L.O.23:30)
祝日 17:00~23:30(L.O.23:00)
休み 日曜日 (月曜が祝日の場合休み)
HP http://www.sizuki.jp/top.html

名前 仙丸
住所 北海道札幌市南区石山東5丁目8-26
電話 011-592-5151
時間 (4~12月)平日 AM11:00~PM7:00 土日祝 AM10:00~PM7:00
    (1~3月) AM11:00~PM7:00
休み 月曜日(祝日除く)
HP http://www.senmaru.com/index.html

名前 ドメーヌ・タカヒコ
住所 北海道余市町
HP  http://takahiko.co.jp/index.html

とっても楽しみだった今回のワイン会。
私のブログを読んでくださっている方は、
どこのワイナリーさんが来てくださったか
すぐにわかったかと思いますが、
改めて今回のメーカーズディナーに
ご参加いただいたワイナリーのオーナーさんというのは、
IMG_4457.jpg
ドメーヌタカヒコの曽我貴彦さんです。

畑仕事をしているからか、
前回お会いしたときよりも日焼けしていて、
精悍で素敵になっていました^^
参加者からの素朴な疑問や、
核心を突くような質問にも、
一つ一つ言葉を選んで答えてくださっている姿は、
本当に素晴らしかったです^^
そんな曽我さんを見て、話を聞いて、
ますます、曽我さんのことが、
そして曽我さんの造ったワインが、
大好きになっちゃいました♪
ほかの参加者も同じだったと思います^^

それでは改めてワイン会の様子を
ご紹介します^^
まずテーブルに座ると、
IMG_4440.jpg
和風なテーブルセッティングが、
されていました♪
ワインを飲みながら
お箸で料理をいただくなんて、
先月のお寿司ワイン会を、
ちょっぴり思い出しちゃいました^^
そして今回のワインリストや、
ドメーヌタカヒコのことが良くわかる資料も、
添えられていました^^
こちらの資料のおかげで、
こうしてブログを書くことができるので、
造ってくださった方に感謝感激ですね^^

ちなみに資料を留めていたクリップが、
IMG_4441.jpg
和牛のお店だけあって、
ウシ型のクリップだったのが、
なんだかほんわかしちゃいました^^

それではいただいた料理とワインを
ご紹介しますねー!
ちなみに、
今回のワインは曽我さんが10年間勤めていた、
ココファームワイナリーさんと、
曽我さんのご実家である小布施ワイナリーさん、
そして曽我さんが醸造したドメーヌタカヒコさんのワイン、
合計6種類が振舞われました^^
そして料理はなんとしづきさんの
マネージャーさんと料理長さんが、
余市の曽我さんの畑を直接訪ねて、
そこから得たインスピレーションで、
造られたそうです!
その話を聞いただけで、
ワインも料理も美味しく感じてしまいますね^^

まずは乾杯の泡から、
IMG_4443.jpg
ココファーム・ワイナリー 北のスパークリング 2006

曽我さんがココファームの
農場長兼ブドウ買い付け担当をしていた2006年に、
北海道で買い付けされたブドウから作られた、
シャンパン製法(瓶内二次発酵)のスパークリングです。
余市のミュラートゥルガウが75%、
そして岩見沢のシルヴァーナが25%使われています^^
岩見沢のシルヴァーナと聞いてピンときた方は
道産ワイン好きですね^^
そうです!あの中澤ヴィンヤードで、
栽培されたシルヴァーナなんです♪
たまたまココファームさんのHPで
こちらのワインを見つけたので、
その場で注文しちゃいました^^
でも値段も結構な値段がするので、
いまだに飲むことができず、
今回ワイン会が開催されると聞いたときに、
仙丸さんにお願いしてリストに加えてもらっちゃいました^^

早速香りを嗅ぐと、
まさに熟成したシャンパーニュ!
ミュラートゥルガウにあるような、
柑橘系やほっこりした根菜系の香ではなく、
パンやべっこうといった感じの香りがします。
口に含んでも、
きめ細かい泡に、
きりっとした酸と共に、
熟成感も感じます。
これは美味しいスパークリングですねー!
さらに驚くべきことは、
1時間経過してから飲んでみると、
まだまだ泡がしっかりしているだけでなく、
べっこう飴の香りがますます強くなり、
ボリュームが出てきました。
その後は弱ってしまいましたが、
素晴らしかったです♪
家にある一本、
いつ飲めば良いか悩んじゃいますー^^;

IMG_4442.jpg
諸越スープ寄せ 〆さんま鳴戸巻 自家製ビーフジャーキー 樋胡瓜もろ味噌 柔らか鮑唐墨和え

いきなり素晴らしい一皿です。
5種類の料理が盛り合わせになっています♪
どれもおいしかったのですが、
個人的に諸越スープ寄せが、
スパークリングのほっこり感と相性が良く、
めちゃめちゃ美味しかったです!
そして、自家製のビーフジャーキーも、
塩の塩梅がちょうど良く、
思わず赤ワインが、
欲しくなっちゃいました^^

IMG_4444.jpg
小布施ワイナリー ソガ・ペール・エ・フィス リースリングファミリー・セミドライ 2009

リースリングファミリーという、
名前が示すとおり、
リースリングが交配に使われて誕生した品種である、
ケルナー
ミュラートゥルガウ
バッカス
という品種が使われています。
これらはすべて北海道で栽培された
ブドウなんですよー!
香はさわやかな感じで、
リースリングのオイリーというよりは、
ソーヴィニヨンブランの草原のような、
香でした。
口にいれてもセミドライとは書いてますが、
きれいな酸を感じる、
すっきりとした味わいです。
この時期に飲むのに、
ぴったりそんなワインでした^^

IMG_4447.jpg
真鯛油霜のカルパッチョ仕立 香味野菜いろいろ

とっても新鮮な真鯛を使った、
こちらのカルパッチョ。
素材の味が良いのはもちろん、
上にかかっているたれが美味しかったです♪
聞くと山わさびを使ったたれとの事。
まさに北海道ならではの食材ですよね。
ピリッと辛い味わいが、
ワインにアクセントを与えてくれました^^

IMG_4445.jpg
小布施ワイナリー ソガ・ペール・エ・フィス 小布施ブラン 2009

北海道のワイン用ブドウと、
長野の善光寺ブドウが使われたこちらのワインは、
小布施ワイナリーの名刺代わりの一本との事です。
飲むと先ほどのリースリングファミリーよりも、
渋みや苦味が感じられます。
これは果皮がグリ色をしている、
善光寺ブドウが入っているからだと、
曽我さんが教えてくれました。
野菜の苦味との相性が良く、
まさに和食との相性が良い、
そんな一本でした。
写真を見ていただければわかるのですが、
全体的にワインの色が、
若干ピンク色してます。
こちらも善光寺ブドウをプレスしたときに出た
果皮の色がワインに移っているんだそうです。
不思議ですよねー^^

IMG_4458_20100821114332.jpg
パン

こちらのパン、
四角い形をしている方が、
BAKER KITCHEN Pさんの北のレンガパンで、
丸い形をしているのが、
ヴェルジネ・バッカーノさんの
パンとのことです。
食べてみると、
どちらのパンもとっても美味しかったですー!!
レンガパンのほうはカリッとしていて、
丸い方はふわっとしている。
この2種類の食感の違いが、
とっても楽しめて良かったです♪

そんなパンには、
IMG_4459.jpg
山中牧場 プレミアムバター

赤井川にある山中牧場のバターを
つけていただきます^^
濃厚なのですがくどくなく、
とっても美味しいバターです!
山中牧場さんは我が家でも、
週に2本牛乳を取っているので、
今度このバターも取れるのか、
聞いてみたくなりました^^
まさに素晴らしいパンのお供!
そんな素晴らしいバターでした。


IMG_4449.jpg
道産野菜の彩りサラダ

北海道でとれた野菜を集めたサラダには、
珍しい野菜なども、
沢山入っていてとっても美味しかったです♪
子供のころは野菜の苦味や渋みが、
得意ではなかったのですが、
今となってはこうした味が、
とっても恋しくなります。
そして先ほどの小布施ブランや、
この後に出てくる農民ドライとの相性が、
もうたまりません!
やっぱり日本の食事に合うのは、
日本のワインですね^^

IMG_4448.jpg
ココファームワイナリー 農民ドライ 2009

北海道のミュラートゥルガウとケルナー、
山形県のシャルドネが使われたこちらのワイン、
曽我さんが買い付けをしていたブドウ栽培家さんの
ブドウが使われているそうです。
山形県は曽我さんいわく、
素晴らしいワイン用ブドウの産地となりえる土地らしいです。
ただブドウにとって良い環境の場所は、
傾斜がきついので、
一人で管理するには大変だということや、
ピノ・ノワールを育てるには、
余市の方が適しているということで、
余市を選んだそうです。
こちらは酸も果実味も感じられるのですが、
本当に水のように、
すっきりと身体にしみこんでいきます^^
飲んでいる間に、
いつの間にかなくなっている、
そんなワインでした^^
日ごろ飲むには、
こうしたワインのほうが良いのかもしれませんね^^

IMG_4461_20100821074024.jpg
高麗雉とフォアグラの和風グリル たまりソース

てっきりこちらがメイン?
と思うぐらいのボリュームある温菜です。
高麗雉のあっさりした中にある旨味、
フォアグラの濃厚な味わいの中にある旨味、
どっちも動物系のものなのに、
香も味わいが違うのでしょう!
もう素晴らしいです!!
フォアグラ星人としては、
もうたまりませんでした^^
最後までとっておきたかったぐらいです!
たまりソースが塩っ気があり、
赤ワインが進みます^^
素敵な一皿でした!!

IMG_4464.jpg
タカヒコ・ソガ ヨイチ・ノボリ パストゥグラン 2008

出ました!今回来てくださった、
曽我さんが去年ご実家の醸造所を借りて、
造ったワインです。
こちらは余市のツヴァイゲルト・レーベが70%、
同じく余市のピノ・ノワールが30%使われています。
色合いは無濾過のために少しにごりがありますが、
きれいな赤紫色でした。
香りは、ベリー系の甘酸っぱいものに、
ちょっぴりスパイシーな香りを感じます。
そして口に含むと、
味わいが一気に広がります!
やはりベリー系の甘酸っぱさを感じ、
追っかけるようにスパイシーな感じが、
口を覆っていきます。
3月に飲んだころに比べて、
とても広がりを見せていました。
今飲むなら、
後ほどご紹介するピノ・ノワールよりも、
味わいを感じられると思います。
余市から、また素晴らしいワインが誕生しました!
そんな感じです。

IMG_4463.jpg
中野ファーム 太陽の丘トマトジュース 

こちらは余市の中野ファームさんが
造っているトマトジュースで、
余市つながりということで、
しづきさんが用意してくれました^^
私はトマトジュースって
結構好き嫌いがあったのですが、
こちらはめちゃめちゃ甘いですー!
美味しいですー!
デザートとしてもいけますー!
聞くと糖度がかなり高いそうです。
そしてお値段も^^;
そんな貴重なトマトジュースを飲ませていただき、
しづきさんありがとうございました^^

IMG_4469.jpg
びえい牛フィレステーキ 辛味大根霙ソース

びえい牛って、
初めて食べたかもです^^
脂肪が少ない赤身のお肉なのですが、
めちゃめちゃ柔らかいんです!!
ナイフがすっと入ってしまいます。
味わいも乳臭さがまったくなく、
とてもさっぱりといただけます。
辛味大根を使ったソースも、
ぴりりとしていて、
良いアクセントになっていました♪
本当に素晴らしいお肉、
ご馳走様でした!

IMG_4465.jpg
タカヒコ・ソガ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2008

曽我さんが作ったもう一種類が、
こちらのピノ・ノワール100%のワインです。
曽我さんが余市に移住するきっかけとなった、
ピノ・ノワールが使われています。
私もこちらのブドウの畑には何度も
お伺いさせていただいてますが、
本当に素晴らしい畑でした!
まるでヨーロッパ?という景色が、
広がっているんです。
訪問したときの様子は、
こちらと、こちらをご覧ください^^
早速飲んでみると、
6月7月と飲んでいるのですが、
酸と果実味が、
だんだん広がっているのがわかります。
とはいっても、
まだまだ実力の半分も
出ていないような感じがしますので、
これからが本当に楽しみです!
うちにまだ3本あるので、
10年ぐらい寝かせてみようかな?^^

IMG_4470.jpg
かぼちゃのチーズムースと旬に熟する季の実

かぼちゃのチーズムースが、
めちゃめちゃ美味しい~♪
しっかりとした味付けなのですが、
さっぱりとした甘さなので、
まったく食べ飽きしません^^
ほかの果物も、
美味しかったですよー!

IMG_4471.jpg
コーヒー

最後にコーヒーを飲んで、
ワイン会終了です♪

今回のワイン会、
お店の方が今回のために、
グラスを用意してくださったので、
IMG_4467.jpg
このように全部のワインをゆっくり飲んで、
味の変化を楽しむことができました^
本当にこうした気遣い、
とっても嬉しかったです!

IMG_4494.jpg
今回は6種類のワインを、
いただきましたー!
とはいえ、1種類につき、
2本ずつ出てきたので、
一人1本飲んでいる計算です^^
会が終わったときには、
結構良い気持ちになっていました^^;

そうしてほろ酔い加減で、
お店を出ようとすると、
お店の料理長が、
IMG_4542.jpg
こんな紙袋をくれました^^

なんとこちらの中には、
IMG_4544.jpg
自家製ビーフジャーキー

今日の前菜でいただいた、
あのビーフジャーキーが入っていました!!
絶対赤ワインとの相性良いので、
今度一緒に食べてみたいと思います^^

お店主催のワイン会ということで、
かしこまった感じなのかと思いましtが、
そこは素敵な香さんが主催ということもあり、
みんなでわいわい楽しく、
そして勉強になるワイン会となりました^^
余市からはるばる着てくださった曽我さんを始め、
今回のワイン会を計画、主催してくださった
仙丸さんの香さん、
しづきさんのさとうさん、
美味しい料理を提供してくださったしづきの料理長さん、
ワイン会にご一緒してくださった、たかさんとらむさん、
そして急な呼びかけに対して、
急遽参加してくださったさんさん、Tomoさん、junさん、
本当に皆様ありがとうございました!!
また仙丸さんのワイン会、
参加してみたいですね^^
香さん、
ぜひ企画してくださいねー!

ちなみにしづきさんでは、
今回の料理+白ワイン1杯+赤ワイン(タカヒコ・ソガ)2杯で、
10000円というコースを用意しているそうです。
もうほとんど完売しているタカヒコ・ソガが
飲めちゃう貴重なコースです!
ぜひ興味がある方は、
足を運んでみてくださいねー^^

今回のワイン会、
参加した方が皆様ブログに書いていらっしゃったので、
リンクさせていただきますね^^
仙丸の香さんのこちら
さんさんのブログ
デクさんのブログ
Tomoさんのブログ
しづきさんのブログ、 
ぜひ読んでみてくださいー!

次回は、今日ご紹介した、
ドメーヌタカヒコさんに
お手伝いに伺ったときの様子を、
ご紹介します!
お楽しみにー^^

緊急3名募集! ドメーヌ タカヒコ ~ヨイチ ノボリの会 参加者募集!

こんばんはー!
今日から私は仕事始めでした^^
昨日まで遊んでいたからか、
なんとなくボーっとして、
一日終わってしまいました^^;
明日は会社行事があるので、
頑張りますー!

さて、今日は読んでくださった皆様に、
緊急のお知らせをさせていただきます^^
いつも素敵なワインや日本酒、
焼酎を取り扱っている酒屋さんである、
仙丸さんが主催する、
素敵なワイン会が明後日19日に、
開催されます。

IMG_2649_20100817201810.jpg IMG_1703_20100817201810.jpg IMG_1669_20100817201811.jpg

そのワイン会というのは、
私のブログでもご紹介した、
今年設立予定のドメーヌ、
ドメーヌ・タカヒコさんのオーナーで、
ヴィニロンの曽我貴彦さんをお迎えして、
メーカーズディナーです。

曽我さんが2008年に余市のブドウ農家が育てる
樹齢20年以上のピノ・ノワールを買い付け、
実家の小布施ワイナリーで仕込んだ
今年の春発売し本州ではほぼ完売状態の
タカヒコ・ソガの2種類を中心に、
その他、曽我貴彦さんにゆかりがある、
小布施ワイナリー、ココファームワイナリーのワインを
曽我さんを囲みながらいただく会となっています。
お食事をいただくお店は、
素晴らしい道産食材を取り揃えた、
「WINE 和牛 素材料理 しづき」さんとなっています。
そして今回のワイン会、
実は私もワイン選びでちょこっとお手伝いを
させていただきました^^
もちろん参加させていただきます。
ですが、今日現在3名の空きがあるそうです。
そこで、こちらでも募集させていただくことになりました^^

曽我さんと一緒にワインを飲みながら、
ブドウ栽培やワイン醸造の話を聞く機会、
正直ほとんど無いと思います。
ぜひ、一緒に参加しませんか?
参加希望の方いましたら、
仙丸さんに直接ご連絡するか、
左のメールフォームから、
件名「ドメーヌタカヒコワイン会参加希望」
と書いてお名前と連絡先を書いて、
ご応募ください!
期日が迫っているので、
申し訳ありませんが、
明日17時までの期限とさせていただきます。

皆様とご一緒できるのを、
楽しみにしております。
よろしくお願いしますー!

下記は、仙丸さんの案内文です。
ご参考くださいー^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ドメーヌ タカヒコ」 の 「ヨイチ ノボリ」 の会のお知らせです



まず、 「ドメーヌ タカヒコ」のことを知らない人にお知らせしますと・・・



「ドメーヌ タカヒコ」とは、
仙丸でお付き合いさせて頂いている、長野県 小布施ワイナリー をご実家に持つ

「曽我貴彦さん」 が、余市の葡萄(ピノ・ノワール)に魅せられて 余市に住み

葡萄栽培からワインの醸造まで行うことを目的とした農園です。




昨年、 ご実家の小布施ワイナリーに余市の葡萄を送り、

自らがつくったワイン「ヨイチ ノボリ」は

タンクに房ごと葡萄を入れ、酵母を添加することなく自然な発酵が起こるのを待ち

瓶詰まで亜硫酸も使わないという こだわりの醸造方法。




(*昨年は、まだ醸造所ができていなかったため、小布施でつくりましたが

今年からは余市に醸造所が出来て、余市でつくられる予定です  )



味わいも、濃厚でとても美味しい

ワイン好きの間ではもう既に噂になっております




*「ドメーヌ ソガ」のワインについては「徒然日記2」でもご覧いただけます



北海道の葡萄で、ここまで美味しいワインが造られるとは



道産ワインがここ数年注目されていますが、 

曽我さんが北海道に来てくれたことによって、そのレベルは間違いなくさらに上がっていると思います




「ドメーヌ タカヒコ」 のワインは、赤ワイン2種類のみ。



そのため、曽我さんも良くご存知の 北海道産の葡萄を使用した白ワインやスパークリングも

今回のワイン会で飲みたいと思います(=⌒▽⌒=)



*出品リスト(予定)




1.北のスパークリング (白)(ココ・ファーム)

2.農民ドライ(白) (ココ・ファーム)

3.小布施ブラン(白) (小布施ワイナリー)

4.リースリングファミリー(白) (小布施ワイナリー)

5.ヨイチノボリ キュムラ ピノ・ノワール (赤)

6.ヨイチノボリ パストゥグラン (赤)




場所は、料理と道産ワインどちらも堪能できる美味しいお店



「WINE 和牛 素材料理 しづき」  



店長の佐藤さんと料理長は、わざわざ余市まで行って

曽我さんの葡萄畑を見学されたり

料理の打ち合わせをしてくれているくらい

佐藤さんや料理長も楽しみにしてくれていますので

ワインに合う、美味しいお料理もたっぷり堪能できると思います



私も 3月に飲んで以来 なので とっても楽しみです



参加ご希望のお客様は、先着12名の席数となっておりますので

お早めに御連絡くださいね



。。。。。。。。。。。。。。。。。



「ドメーヌ タカヒコ ~ ヨイチ ノボリ の会」




日時:8月19日(木) PM7:30~




場所:「WINE 和牛 素材料理 しづき」




札幌市中央区南5条西4丁目2-2 Nセンタービル7F




TEL:011―521-6661




会費:10,000円




*参加ご希望のお客様は、地酒仙丸までメール(webmaster@senmaru.com )




  または お電話(011―592-5151) で御連絡くださいね

札幌 札幌の山深いところにある小さなワイナリー ばんけい峠のワイナリー

一つ前のブログでも書きましたが、
今日も今年お伺いした、
ワイナリーをご紹介します^^

今日ご紹介するのは、
札幌市内にあるワイナリーです。
今、札幌市内には、
ワイナリーが2箇所あり、
一ヶ所は以前ご紹介した、
今年誕生のワイナリーである、
さっぽろ藤野ワイナリーさん。
そしてもう一つが今日ご紹介する、
ばんけい峠のワイナリーさんです。
ばんけい峠のワイナリーさんにも、
何度も足を運んでおり、
去年はこちらで開催された、
ブドウ栽培の講習会にも参加しました^^
今年の3月、冬の間お休みしていた
ワイナリーが3ヶ月ぶりに
オープンするということで、
行ってきました^^
改めてお伺いしたワイナリーさんの名前は、
「ばんけい峠のワイナリー」さんです。

IMG_0270.jpg

名前 ばんけい峠のワイナリー
住所 北海道札幌市中央区盤渓201-4
電話 011-618-0522
時間 10:00~16:00
営業日 HPをご確認ください
HP  http://www.h5.dion.ne.jp/~winery/

早速ですがここで問題です^^
先ほどご紹介した、
さっぽろ藤野ワイナリーさんと、
今日ご紹介するばんけい峠のワイナリーさんには、
実はちょっとした縁があります^^
その縁というのは何でしょう?
答えは後ほど書きますね♪

ばんけい峠のワイナリーさんは、
その名前のとおり、
ばんけい峠の近くにあります^^
建物自体もこじんまりとしていて、
近くを通っても、
その存在に気がつかない方も、
いらっしゃるかもしれません^^;
そんなワイナリーさんは、
月の最終週の土日だけオープンして、
ワインの直売を行っています^^
詳しい日程は、
ばんけい峠のワイナリーさんのホームページに、
書かれていますので、
そちらを見てみてくださいね^^

そんなばんけい峠のワイナリーさんに行くには、
主に二つの手段があります。
一番楽なのは、車で行く。
円山からばんけい峠に行く道の途中、
右手にオープン日には、
ワイナリーののぼりがたっているので、
そちらが目印になると思います^^

けれども車で行くと、
もちろん試飲ができません^^;
ということで、
今回はもう一つの方法で、
お伺いしました^^

それがこちらです^^
IMG_0264.jpg
ばんけいバス

ばんけいバスに乗っていくんです♪
ちなみにこちらのばんけいバスを
経営しているのは、
あの歌志内太陽ファームの親会社である、
太陽グループなんですよ^^
こんなところにも、
ワインのつながりがあって、
なんだか嬉しいですね♪

ばんけいバスは、
円山ターミナルにある、
IMG_0261_20100816120242.jpg
盤渓行のバス停から
バスが出ているので、^
こちらからバスに乗って、
ワイナリーに向かいます♪

バスに揺られて10分少々、
IMG_0266.jpg
森学舎 峠のワイナリー前

こちらのバス停で降ります^^
バス停から少し道を戻ると、
左手にワイナリーののぼりと
看板があるので、
すぐにわかると思います^^

ワイナリーは、
一番上の写真の建物で、
地下に醸造設備があり、
外には小さいですが、
ブドウ畑もあります^^
地下の醸造設備は衛生面から、
見学は不可となっています。
そしてこの日はまだ雪が積もっていたので、
残念ながら畑も見ることが
できませんでした^^;

というわけで、
早速試飲です^^
ワイナリーの入り口を入ると、
IMG_0271.jpg
小さな試飲スペースが用意されており、
ばんけい峠のワイナリーさんで、
販売されているワインが、
ほとんど試飲することができます^^

それでは早速試飲したワインたちを
ご紹介します^^
IMG_0273.jpg
ばんけい峠のワイナリー さっぽろヌーボー白ワイン 2009

早摘みのポートランドを
使ったこちらのワイン。
黄金色をしています。
香りはまさに生食用のブドウの
甘い香りがあるのですが、
飲んで見るとびっくり♪
辛口です!
酸がしっかりしていて、
ほとんど甘さを感じません^^
ワインというより個人的に
葡萄酒という感じでした♪

IMG_0278.jpg
ばんけい峠のワイナリー さっぽろヌーボー赤ワイン 2009

珍しいノースブラックと、
キャンベルが使って、
ヌーボーに仕上げたこちらのワイン^^
香りはやはり、生食用のブドウの香りがします。
そして味わいは白同様、
ブドウを食べたときに感じる酸を感じ、
結構濃い味がしていました。

IMG_0279.jpg
ばんけい峠のワイナリー 樽生白ワイン 2006

樽の中で1年間熟成させた後、
瓶熟成されていたこちらのワイン。
ポートランドのほか、
ナイヤガラやハスカップやブルーベリーも
使われています^^
飲むとワインには感じないような、
酸と渋みを感じます^^
これがハスカップや、
ブルーベリーなんでしょうか??
そして後味には樽っぽさも
でているようでした。

IMG_0280.jpg
ばんけい峠のワイナリー さっぽろオリジナル白ワイン 2008

こちらは、
ナイヤガラやポートランドといった、
生食用ブドウのほかに、
なんと札幌で育てられた、
シャルドネが使われています♪
と、ここでピンときた方は、
かなりの道産好きですね!
実はこちらのシャルドネは、
さっぽろ藤野ワイナリーさんで栽培された、
シャルドネなんです。
醸造免許が出る前の2008年ヴィンテージまで、
ばんけい峠のワイナリーさんに、
ブドウをおろしていたんです^^
これが最初の問題の答えでしたー!
早速飲んでみると、
こちらも酸がしっかりとした辛口です。
シャルドネらしさというのは、
いまいちわかりませんでしたが、
すっきりした味わいで、
ワインが苦手という方でも、
楽しむことができそうな味わいでした^^

と、試飲をしていると、
オーナーの奥様が、
IMG_0276.jpg
ライ麦を使ったドイツ風シードル酵母パン

ワイナリーで醸造しているシードルの酵母を使った、
パンを用意してくださいました^^
使われているライ麦も、
北海道産との事でした!
奥様に話を聞くと、
地産地消の取り組みに、
力を入れているとの事でした^^

そして脇に添えられていたバターは、
なんと!
IMG_0275.jpg
カザフスタン製バター

カザフスタン製のバターです!
オーナーの田村さんが、
国際協力で行ったカザフスタンで、
造っているバターだそうです。
とっても濃厚で
乳の香りをしっかりと感じますが、
さらりとしていて、
くどくありません^^

そんなバターを、
IMG_0277.jpg
シードル酵母パンにつけて食べると、
もう最高です!
試飲のつもりが、
こんな素晴らしいパンとバターに
出会えることができました^^

バスが1時間に1本しかないということで、
ワイナリーの中で、
バスの時間を待たせていただくことにしました。
すると、なんと待っている間にどうぞ、
ということで、
IMG_0281.jpg
シフォンケーキとコーヒー

シフォンケーキとコーヒーまで、
出してくださいました^^
このシフォンケーキがふわふわで、
とっても美味しかったです!!
コーヒーも苦味がしっかりしていて、
シフォンケーキとあわせて食べると、
もう至福なひと時♪
といった感じでした^^

ただのワイン好きなのに、
ここまでしてくださり、
田村さんご夫妻、
本当にありがとうございました!!
またお伺いさせていただきますね♪

と、もちろん試飲してパンやケーキを
ご馳走になっただけではないですよ^^;
ワインも買ってきました!
こちらです^^
IMG_0348.jpg
ばんけい峠のワイナリー さっぽろヌーボー赤ワイン 2009

IMG_0355.jpg
ばんけい峠のワイナリー さっぽろオリジナル白ワイン 2008

どちらも試飲して、
もう少し飲んでみたいと思い、
買ってみました!
いつかワイン会に、
出したいと思っていますんで、
楽しみにしていてくださいねー^^

次回は、以前ご紹介した、
あのドメーヌのお手伝いを
先日させていただいたので、
ご紹介しますねー!
お楽しみに♪

札幌 北海道民憩いのハンバーグといえばこちら びっくりドンキー

こんにちはー!
ブログの間隔が少し開いちゃいましたが、
実は金曜日から昨日まで、
帯広に行ってきました^^
花火大会を見たり、
美味しいものを食べたり、
あのワイナリーにも行ってきて、
充実した3日間でした^^
その様子は追々ご紹介していきますねー!

少し間が開きましたが、
まだまだハンバーグ特集を
続けていきますよー!
ということで、
今日ご紹介するのは、
北海道で一番有名な、
ハンバーグチェーン店です♪
誰しも食べに行ったことが
あるかと思いますが、
今回ハンバーグ食べ歩きをするにあたり、
改めて自分の中の
ハンバーグ原点の味を
確かめにいこうと思い、
食べに行ってきました^^
そのお店の名前は、
「びっくりドンキー清田店」です。

IMG_3552.jpg

名前 びっくりドンキー清田店
住所 北海道札幌市清田区清田2条1丁目2
電話 011-889-2089
時間 10:00~2:00(オーダーストップ1:30)
休み なし
HP http://www.bikkuri-donkey.com/

びっくりドンキーさん、
北海道で開業したお店かと思ってましたが、
実は岩手県盛岡市にできた
「べる」というお店が、
元祖なんです^^
その後北海道に本社を移し、
企業名をアレフとし、
全国にびっくりドンキーを
オープンさせ続けています。

びっくりドンキーの店内は、
ファミレスにありがちな単調なものではなく、
独特な空間が広がっています。
お店によってもコンセプトに違いがあるようで、
樹や葉を模したオブジェが並ぶものや、
開拓当時のアメリカのような店内など、
さまざまなものがあります^^
写真撮ってくるのを忘れたので、
文章にてご紹介^^;
イメージつかめたでしょうか?

びっくりドンキーさんでは、
いろいろな種類のハンバーグがあるのですが、
今回はその中の原点ということで、
IMG_5490.jpg
レギュラーバーグデッシュ

レギュラーバーグデッシュをお願いしました^^
ハンバーグ150gと、
ごはんとサラダがセットとなった
こちらのメニュー。
まさに北海道民の外食ハンバーグの
原点といった感じです。
ハンバーグはしっかりと焼かれており、
中まで火が通っています。
たまねぎが入ったさっぱりとしたソースが、
ハンバーグの上にかけられており、
ハンバーグのお肉の味を引き立て、
懐かしくたまに食べたくなるような、
なんだかほっとする味です^^

添えられているサラダも、
しゃきしゃきしていて、
特にその上にかけられている
マヨネーズタイプのドレッシングが、
酸味と甘味がとっても美味しく、
大好きなんです♪
私以外にも好きな方が多いみたいで、
このドレッシングが単品で、
びっくりドンキーさんだけでなく、
街のスーパーなどにも、
売られているんですよー^^

やはり原点の味、
めちゃめちゃ美味しいというわけではありませんが、
上にも書いたとおり、
無性にたまに食べたくなってしまいます^^
そんなびっくりドンキーさんですが、
実はいつも注文するメニューは、
上のレギュラーバーグデッシュではありません^^
今回は原点ということで注文してみました。

それではいつもは何を食べているかということ、
こちらです!
IMG_5921_20100816111533.jpg
チーズカリーバーグディッシュ

チーズカリーバーグデッシュ!
個人的ナンバーワンです!!!
レギュラーバーグデッシュの上に、
カレーとチーズがたっぷりと、
乗っています♪
このカレーがピリリと辛くて、
中に入っているひき肉が、
良いアクセントです!
そこにチーズのまろやかさが加わると、
もう最高♪
たまりません!!
カレーはハンバーグにつけてもよし、
ごはんと一緒に食べてもよしの、
万能メニュー!
ほかのも頼もうと思っても、
お店の中に入ると、
自然とこちらを頼んでしまいます^^

チーズカリーバーグデッシュ、
ブログを書いているだけで、
食べたくなってきちゃいました^^;
食べたことのある方はもちろん、
食べたことのない方、
ぜひ食べてみてくださいー!!
美味しいですよ^^

明日は、創世川イーストにある、
ハンバーグ店を
ご紹介します^^

そして今日も今年お伺いした、
ワイナリー特集を
ご紹介します!
お楽しみにー!

洞爺湖 月浦ワインの春は生命の息吹を感じました 月浦ワイン

今日はひとつ前のブログに書いたとおり、
もう一つ書いちゃいます!
というのも、
春からあちこちのワイナリーさんに
お邪魔しているのですが、
訪問のときの様子を、
ぜんぜんかけていません^^;
すでにかなり季節違いの内容が、
あるのですが、
それらを今日から数日に分けて、
書いていきたいと思いますー!

というわけで最初に書くのは、
今年のゴールデンウィークに行った、
ワイナリーさんの様子です。
こちらのワイナリーさんは、
ワイナリー自体は訪問不可なのですが、
洞爺湖温泉街に直営店があり、
そちらには、去年も一人で行ったり大勢で行ったり
何度も足を運びました^^
ワイナリーの責任者の方も
とても良い方で、
道産ワインのイベントがあるたびにお会いし、
いつも私のことを気にかけてくださるんです♪
今回、新しいビンテージが
発売になったということで、
行ってきました^^
改めてお伺いしたワイナリーさんは、
「月浦ワイン」さんです。

IMG_6223_20100811232719.jpg

名前 月浦ワイン直営店
住所 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉36-8
電話 0142-73-2988
時間 電話でご確認ください
休み 電話でご確認ください
HP http://www.tsukiurawine.jp/index.html

※ 月浦ワインさんの畑は、
  基本的に一般公開していません。
  畑の見学を行いたい方は、
  前もって月浦ワインさんに
  許可をいただいてから、
  見学をするようにしましょう。
  直営店は誰でも訪問できます^^


月浦ワインさんの歴史は、
以前ブログで
簡単に書かせていただきましたので、
こちらをご覧ください^^

今回、電話で前もって
お伺いする話しをしていたところ、
直営店に行くと、
醸造責任者とその奥様が
待っていてくださいました^^
たまたまかもしれませんが、
そうした縁がなんとも嬉しくなっちゃいますよね♪

直営店の中は、
IMG_6215_20100811232545.jpg
ワインが木箱に入っていたり、
壁際に暖炉があったりと、
相変わらず、
素敵な空間です^^

店の中央にあるワインは、
IMG_6212_20100811232545.jpg
月浦ワインさんを代表する白ワイン品種である、
ミュラートゥルガウの新しいヴィンテージである2008や、

IMG_6205_20100811232546.jpg
同じく月浦ワインを代表する赤ワインである、
ドルンフェルダーの樽熟成の新しいヴィンテージ2006が
売られています♪

そのほかに、
IMG_6210.jpg
ドルンフェルダーの樽熟成なしの2007や、
もうここでしか買えないであろう、
ミュラートゥルガウの2006ヴィンテージなどが、
売られていました^^

そのほかに、
月浦ワインさんの畑に植えられている
りんごを使って造った、
IMG_6220_20100811232545.jpg
りんごチップスも売られています!
このりんごチップスが、
ワインの良いつまみに
なるんですよねー^^
酸味と甘味の効いたりんごの味が、
なんともいえず美味しいんですー!

そして月浦ワインさんも製作に協力したという、
IMG_6217_20100811232545.jpg
陶器のワインクーラーがありました^^
月浦ワインさんのおしゃれな感じと
良く合うこちらのクーラー、
良く冷やしてからワインにかぶせると、
しばらくワインの温度が下がらないそうです^^
欲しかったのですが、
結構良い値段したので、
今回は断念しました^^;

そして店内には、
IMG_6222_20100811232719.jpg
4月の直営店での
売り上げランキングが書かれていました^^
一番高価なドルンフェルダーの樽熟成が1位というのが、
ちょっぴりびっくりでした^^
確かに樽熟成美味しいですもんね。
個人的にはやっぱりミュラーかな^^

直営店で買い物をし、
岸本さんご夫婦とお別れをして、
続いて洞爺湖町月浦にある、
月浦ワインさんの自社畑を見せていただきました^^

まずはこちら、
IMG_6229_20100811232719.jpg
ミュラートゥルガウの畑です。
5月ですがこのあたりはすでに雪が無く、
主幹はすでに針金に結ばれていました。

IMG_6230_20100811232718.jpg
まだまだ樹も起きたてといった感じで、
芽などは出ていませんでした^^
月浦ワインさんは見たところ、
長梢剪定と短梢剪定の併用で、
行っているみたいでした。
(間違っていたらごめんなさい^^;)

そんな剪定した枝の先を見てみると、
IMG_6233.jpg
水が滴り落ちています。
冬の間休眠していたブドウの樹が、
春になり目覚めて、
地中の水分を吸い上げたものが切り口から、
滴り落ちているんだそうです^^
これを、
「ブドウの涙」という人もいるそうです。
ブドウが生きているというのが、
良くわかる素敵な現象でした^^

続いて違う場所にある、
IMG_6234.jpg
ドルンフェルダーの畑です。
こちらも雪はきれいさっぱりと
なくなっていました^^

ドルンフェルダーの樹も
IMG_6235.jpg
去年の冬前に剪定が終わらせてあり、
すでに針金に結ばれています。
ミュラートゥルガウと同じように、
長梢剪定と短梢剪定の併用で
行われているようでした。
こちらも目覚めたばかりで、
萌芽までもう少しといったところでした。

月浦ワインさんの畑は、
とくドルンフェルダーの畑が、
斜面がきつく、
水はけのよさそうな畑となっています。
斜面の上に上ると、
洞爺湖の中島が良く見えて、
素晴らしい景色でした!

今回ただご夫婦にお会いし、
畑を見学したわけではなく、
きちんと買い物をしてきましたよー!
こちらです!
IMG_6376_20100811232752.jpg
袋です!
月浦ワインさんの袋って、
ラベルのデザインが描かれていて、
素敵なんですよねー^^
普段持ち歩いても恥ずかしくない感じで、
良いんですよねー^^

肝心の中身はこちらです!
IMG_6388_20100811232828.jpg
白ワインを二本買っちゃいました。
なんだか同じワインに見えますねー^^
一本ずつご紹介します!

まずはこちら、
IMG_6370_20100811232752.jpg
月浦ワイン ミュラートゥルガウ 2008

月浦ワインさんのミュラートゥルガウの
新しいヴィンテージです。
月浦ワインさんのミュラーは香りも良く、
きれいな酸が合って、
私がワインにはまるきっかけとなった、
大切なワインなので、
毎年必ず飲んでます^^

そしてもう一本がこちら
IMG_6377.jpg
月浦ワイン ミュラートゥルガウ「直営店舗限定」 2008

なんとこちらは月浦ワインさんが、
初めて直営店舗限定で販売した、
貴重なワインです^^
メインのラベルは一緒なのですが、
ボトルのレッグのあたりに、
IMG_6383.jpg
直営店舗限定のシールが貼られています。
もちろん味も違い、

裏ラベルを見ると、
普通のミュラートゥルガウ2008が、
IMG_6389.jpg
やや辛口なのに対し、

直営店舗限定のミュラートゥルガウ2008は、
IMG_6390_20100811232827.jpg
辛口表記になっているんです。
通常の月浦さんのミュラーでも、
結構辛口な感じなので、
それ以上ってどんな味なんでしょうね???
いつかみんなで飲んでみたいと思いますー!

そしてワイン以外にもこちら、
IMG_6369_20100811232753.jpg
りんごチップス

やっぱりこのりんごチップス、
やめられないですね♪
今回もワインのつまみとして、
大活躍しました^^

月浦ワインさんのワインは、
本当にほかのミュラートゥルガウとは違う、
オンリーワンな感じがします。
上にも書きましたが、
個人的にワインにはまるきっかけとなったワインなので、
これからも応援していきたいです!
直営店は誰でも訪ねることができるので、
いつ開いているか電話で確認して、
ぜひ足を運んでみてくださいねー!

次回もハンバーグ特集とともに、
ワイナリー訪問記書いちゃいますよ!
次回は札幌にある、
ワイナリーをご紹介します!
お楽しみにー!

札幌 円山の有名店が街の中に出展です♪ ノースコンチネント -MACHI NO NAKA-

こんばんはー!
今日は温度が上がらずに
昨日よりはすごしやすかったですが、
雨が降ってきて蒸し蒸ししてますねー。
本州の梅雨時みたいな感じで、
洗濯物は乾かないし、
嫌になりますねー^^;

今日も、ハンバーグフェスティバルです!
ハンバーグのお店をご紹介します♪
今日ご紹介するお店は、
円山にあるハンバーグの有名店が、
札幌の街の中に、
新たに去年出店した2号店です♪
円山のお店にずっと行ってみたかったのですが、
なかなか行くことができなかったところ、
街の中にオープンしたということで、
食べに行ってきたした♪
お店の名前は、
「ノースコンチネント-MACHI NO NAKA-」さんです。

IMG_6330.jpg

名前 ノースコンチネント-MACHI NO NAKA-
住所 北海道札幌市中央区南2条西1丁目マリアールビルB1
電話 011-218-8809
時間 11:30~23:30(L.O22:30)
休み なし
HP http://www.north-continent.co.jp/

こちらのお店は、
ビルの地下にあるので、
それほど目立っていません^^;
お店があるというのがわかるのは、
上の写真に写っている、
看板一つです。
まさに、知る人ぞ知るお店と
いった感じです。

ビルの階段を下りて、
お店の入り口を開けると、
かなり照明が落とされた感じの
大人な空間が広がっています。
というわけで、
今回の写真は全体的にかなり暗めになってます^^;
修正もしましたが、
それでもやっぱり結構暗いので、
ご了承ください^^;

飲食スペースは、
調理スペースを囲うように
カウンターがあり、
そのほかにテーブル席が用意されています。
そしてお店の奥には、
IMG_6320_20100811205448.jpg
ハンバーグ専門店には珍しい、
ワインセラーが完備されています。
お店の方にお願いして、
中を見せていただきましたが、
ひんやりする温度に保たれていて、
中にはブルゴーニュやボルドーを始め、
各国のワインが並んでいました。
ちなみにこれらのワイン、
ボトルで一律3780円で楽しめるように、
なっていましたよー!!
ブルゴーニュあたりがこの値段で楽しめるのは、
嬉しい限りですよね。
私は車で行ったので、
今回は残念ながら飲めませんでしたが^^;

テーブル席に座ると、
すぐに店員さんがやってきて、
テーブルセッティングをしてくれます。
IMG_6314.jpg
敷物を敷いてくれ、
ナプキンには箸が置かれます^^
そうですこちらのお店では、
ナイフやフォークではなく、
お箸でハンバーグをいただくんです♪
洋風な雰囲気なので一瞬びっくり^^
でも、日本人は箸の方が使い慣れているから、
この方が安心して食べられますよね^^

こちらの注文方法は、
普通のハンバーグ店とちょっと違う、
独特な方法となっています。
まずはメニューを見て、
IMG_6313.jpg
自分の食べたいお肉を4種類から選びます♪
お肉には、
いけだ牛、サロマ牛、蝦夷鹿、新冠黒豚の
4種類があり、
そのすべてが道産品となっています♪
どんなお肉なのかは、
メニューに写真が写っているので、
わかりやすかったです。

続いて、
IMG_6312.jpg
6種類のソースの中から、
自分の好きなソースを選びます。
こちらもメニューに写真と説明が
書かれているので、
自分の好みのものを、
選ぶことができました^^

そのほかメニューには、
IMG_6317.jpg
お店で使われているお肉を育てている酪農家さんや、
野菜を育てている農家さんのことが書かれており、
生産者さんの顔や想いを見ながら、
食事をいただくことができました。
こうした小さなことが、
食事のありがたみに繋がっていくなぁと、
感心しちゃいました^^

それでは早速、
今回私が選んだ、
メニューをご紹介します!
こちらです!
IMG_6323_20100811205448.jpg
蝦夷鹿ハンバーグ 八丁味噌とプルーンのデミグラスソース

ワンプレートにハンバーグとサラダと付け合せが、
一緒になって盛られてきます。
まずびっくりするのは、
サラダの量ですよね^^
ハンバーグよりも大きな面積を
占めています!
野菜好きにはたまりませんね^^
肝心のハンバーグは、
昨日ご紹介した俵屋さん同様、
球形をしており、
たっぷりのソースがかけられていて、
良い香りをしています。
味については後ほどご紹介します^^
付け合せには素揚げしたじゃがいもや、
なすなどが乗っており、
じゃがいもがホクホクで、
とっても美味しかったですー!

そしてハンバーグにはやっぱり、
IMG_6327.jpg
ライス

ライスがつき物です!
ソースをまとったハンバーグと一緒に、
ライスを食べると、
毎回のように書いていますが、
本当に最高です!!
ご飯がもっと欲しくなるぐらい、
美味しかったです^^

ハンバーグも食べてみましょう!
恒例のように今回もまずはハンバーグを縦に切ってみます^^
IMG_6329.jpg

暗くて良くわかりませんが、
結構赤身が残っている感じでした。
お肉は粗挽きだったので、
肉の食感を結構感じます。
蝦夷鹿ということで独特の臭みがあるかと思いましたが、
確かに鹿特有の香りと風味感じますが、
それほど強くありません。
むしろその香りと風味が、
食欲をそそる感じです。
そしてそんなハンバーグの上にかけられた、
八丁味噌を使ったデミグラスソースが、
実にちょうど良い濃厚さをしています。
しょっぱすぎずかといって、
薄くも無い味わいで、
デミグラスソースの中に、
確かに八丁味噌の苦さとプルーンの甘さがありました^^
蝦夷鹿の風味と、
このソースの相性が個人的に
とても気に入り、ソースを残すことなく
ハンバーグにつけて、
ごはんと一緒に美味しくいただいちゃいました!

こちらのお店では、
ハンバーグと共に、
IMG_6326.jpg
焼き石

焼き石がついてくるので、
しっかりとお肉を焼いたり、、
暖めなおす事が、
自分の好みで行うことができるので、
いろんな焼き加減で楽しむことができました^^

ちなみに一緒に行った方が頼んだのはこちらです、
IMG_6325.jpg
サロマ牛 うちの婆ちゃんの三升漬けを使った照り焼きソース

一口いただいてみましたが、
こちらは赤身が多いサロマ牛。
牛肉にありがちな乳臭い感じが一切ありません^^
やはり粗挽きなので、
お肉の食感と風味をしっかりと感じます^^
ソースは照り焼きソースが結構濃い感じで、
そこに三升漬けの辛さが加わり、
こちらも美味しかったです♪

道産食材にこだわり、
ソースも何種類も用意するほどのこだわり、
食べていてとても伝わりました。
お肉の食感や風味を殺さないので、
素材そのものの味を楽しむことができる、
そんなハンバーグでした^^
店員さんも良い方ばかりで、
ワインセラーの中を見せていただくのも、
気軽にOKしてくださいました^^
街の中にあるので、
買い物のついでに寄ったりすることも
できそうですね♪
ぜひ気になった方は、
食べに行ってみてくださいねー!

次回のハンバーグは、
道民のハンバーグといえば、
あのチェーン店です!
お楽しみにー^^

そして今日から、
数日にわたり、
私が今年行ったワイナリーの様子も
紹介していきます^^
どんどんたまってきたので、
頑張って書きますねー♪

札幌 去年オープンしたハンバーグのチェーン店 ハンバーグ&ステーキ俵屋

こんばんはー!
今日も相変わらず暑いですね^^;
こんな暑い日は白ワインを飲みたいのですが、
残念ながら冷えておらず、
今日は秋刀魚とビールにしました^^
美味しかったー!

前々回から始まった、
海だ!山だ!ハンバーグだ!企画。
3回目の今日は、
去年会社の近くにオープンした
ハンバーグチェーン店をご紹介します!
去年更地だった場所に、
なにやら建物が建ち始め、
会社の人と何がたつのか気になっていたところ、
完成したのがハンバーグのお店でした^^
いつも行こう行こうと思っていましたが、
会社の近くということで、
いつでもいけると思ってしまい、
先日ようやく行ってきました^^;
お店の名前は、
「ハンバーグ&ステーキ俵屋」さんです。

IMG_5974.jpg

名前 ハンバーグ&ステーキ俵屋
住所 北海道札幌市厚別区厚別南4-25-13
電話 011-895-5952
時間 11:00~22:30(L.O22:00)
休み なし
HP なし

こちらのお店は、
できたばかりということで、
外観も新しく、
とてもきれいな店内でした^^
床が大きなタイルが2色使われていて、
そこに置かれているテーブルが、
濃い色の木目になっているのが良く映えます。

今回はテーブル席に座りました^^
メニューを見ると、
さまざまな種類のハンバーグがあります。
基本的にハンバーグとライスがセットになっていて、
一番安いのもので税込み830円です。
金額だけを見ると、
北海道のハンバーグチェーン店に比べると、
若干高く感じるかもしれませんね^^;
今回は一番安い俵ハンバーグセットにしました^^

ということで、
やってきた料理がこちらです^^
IMG_5977.jpg
俵ハンバーグセット

土鍋に乗ってハンバーグが登場です!
土鍋の中にはソースがたっぷり入っていて、
ハンバーグのほか、
コーン、マッシュポテト、
そして美味しそうな目玉焼きが乗っていました♪
そして土鍋の他に、ライスがついています^^

IMG_5978.jpg
ライス

ハンバーグには欠かせないライス。
ソースをたっぷりとつけたハンバーグを
ライスと一緒にいただくと、
何度も書いてますが、
最高ですよねー!
たまりません♪

そして主役である、
IMG_5979.jpg
俵ハンバーグ

ハンバーグには
テリヤキ風ソースがたっぷりとかかっていますが、
こちらのソースには辛口と甘口がありました^^
今回は辛口をお願いしたのですが、
辛口というように、
かなり濃い味のソースでした^^
途中で目玉焼きの黄身を破って
ハンバーグにつけて食べると、
濃いソースがまろやかになって、
美味しかったですですー!
コーンとマッシュポテトは、
普通な味わいでした^^;

そして主役のハンバーグは、
IMG_5981.jpg
俵ハンバーグという名前なので、
俵型のハンバーグかと思いましたが、
丸い球形のハンバーグでした^^
ハンバーグにもたっぷりと、
ソースがかけられていました♪

そんなハンバーグにナイフを入れると、
IMG_5987_20100810212405.jpg
中までしっかりと焼かれていました^^
切ると肉汁が中から少し出てきます。
食べてみると、
できたて熱々で、
ソースに目玉焼きの黄身を絡めると
美味しかったです♪
ただ後もう少しソースの味を抑えて、
注文のときに、
焼き方を聞いてくれると
もっと好みかな?と思いました^^
ただ、これはあくまで個人的な好みなので、
気になった方は、
ぜひ食べてみてくださいねー!

次回は街の中にある、
ハンバーグのお店をご紹介します!
お楽しみにー^^

札幌 あの名店の味をリーズナブルにいただけるお店がオープン! ハンバーグハウス牛松

おはようございますー!
昨日の暑さは半端じゃないですね^^;
一度寝たのですが、
暑くて夜中に起きてしまい
こんな時間になってしまいました。。。
今日はもっと暑くなるそうですが、
皆様お身体に気をつけてくださいねー^^

さて、昨日からはじまった、
夏のハンバーグ特集!
2回目の今日は、
いつもお世話になっているsanさんのブログで見つけた、
今年オープンのハンバーグ専門店です。
実はこちらのお店、
とある有名なお店が
リーズナブルな値段で楽しめるようにということで、
今年の春にハンバーグ専門店をオープンさせたのです。
その有名店というのは、
後ほどお知らせしますね♪
ヒントはお店の名前です^^
というわけで今日ご紹介するお店は、
「ハンバーグハウス牛松」さんです。

IMG_6852.jpg

名前 ハンバーグハウス牛松
住所 北海道札幌市中央区南6条西17丁目2-3
電話 011-211-0298
時間 ランチ 11:00~17:00
   ディナー 17:00~22:00
休み 不定休
HP http://usimatsu.ushinomatsuzaka.com/

勘の鋭い方ならもうわかりましたよね。
こちらのお店は、
札幌の鉄板焼きの名店、
「牛の松阪」さんがオープンさせた、
ハンバーグ専門店なんです。
焼いている職人さんも焼いている鉄板も、
すべて牛の松阪さんと同じで、
使っている牛肉も、
牛の松阪さんのランチで出しているという
平取和牛にこだわっているそうです!

こちらのお店には、
オープンしてまもなく行ったため、
壁には、
IMG_6839_20100806024431.jpg
沢山のお祝いののしが、
貼ってありました♪
牛の松坂さんが各方面から愛されているのが、
伝わってきますねー!

お店の中は、ハンバーグを焼くための
鉄板を囲むようにカウンターと、
そのほかに数席のテーブルがあり、
テーブル席に座りました。

今回はランチの時間にお伺いしたので、
ランチメニューを見ると、
IMG_6840_20100806024430.jpg
いろんな種類のハンバーグがあり、
すべて1000円台前半と、
松阪さんの系列だということを考えたら、
とてもリーズナブルに感じる、
値段設定でした。
ちなみにディナーメニューも見せていただきましたが、
数百円プラスされていたぐらいでしたよ♪

今回は初めてということで、
基本となるハンバーグのセットをお願いしました。
こちらです!
IMG_6845_20100806024429.jpg
ハンバーグセット

まず盛り付けがとってもきれいですねー^^
ハンバーグの上に置かれた、
野菜が良い照りと色をしています♪
これを見ただけで、
美味しく感じちゃいますよね。

それではそれぞれのメニューをご紹介します!
IMG_6843_20100806024430.jpg
サラダ

さっぱりとした、
フレンチドレッシングのような
ドレッシングがかかったサラダ。
ハンバーグで脂っぽくなった口の中を
すっきりとさせてくれます♪
野菜も新鮮でシャキシャキしていました!

IMG_6842_20100806024430.jpg
みそ汁

こちらのお店では、
スープの代わりにみそ汁がついてきました^^
どうしてこういうところで飲むみそ汁って、
美味しく感じるのでしょう???
ハンバーグとみそ汁って
違和感あるかもしれませんが、
これがほっとする感じで、
とっても良い感じなんですよね^-^

IMG_6848_20100806024456.jpg
ごはん

昨日も書きましたが、
やっぱりハンバーグにはパンではなく、
ごはんですよねー!
こちらのお店では、
ご飯の量を無料で大盛りにできるみたいです♪
ハンバーグと一緒に食べると、
もう最高!
至福なひと時をすごすことができます^^

そしてメインの、
IMG_6849_20100806024456.jpg
ハンバーグ

やっぱり見た目が良いですねー!
パプリカやナスといった野菜が、
とても映えています^^
そしてハンバーグの表面も、
しっかりと焼きが入っていて、
見てるだけで美味しそうです!

今回焼き加減をレアにしたのですが、
早速ハンバーグにナイフを入れてみると、
IMG_6850_20100806024455.jpg
表面はカリッと焼かれており、
中は赤い色が残っており、
個人的にはベストな焼き加減です!!
お肉の赤いのが苦手という方は、
ミディアムやウエルダンにすることを
お勧めします♪
早速食べてみると、
お肉が粗挽きになっており、
つなぎが一切入っていないということで、
肉の食感と味わいを、
ダイレクトに感じられます^^
牛肉に良くある臭みが、
まったく感じずに、
お肉が持っている甘みを感じます♪
ソースはさっぱりとしたソースで、
あくまでハンバーグのお肉の味を
引き立てるための脇役といった感じです。
これは美味しいですねー!
昨日ご紹介した、
グリュスゴットさんとはまた違ったタイプの
ハンバーグですが、
こちらも負けず劣らず美味しかったです!
無くなるのがもったいなくて、
ゆっくりいただいちゃいました♪

そして最後に、
IMG_6851_20100806024455.jpg
コーヒー

こちらのコーヒーをいただいて、
料理終了です。
ちなみにこちらのコーヒーも、
バニラのテイストが入った
フレーバーコーヒーとなっていて、
香りと味のギャップが面白く、
おいしかったですー!
こうしたところにもこだわりを感じました^^

この内容で980円は、
安いと思いました♪
本当にハンバーグがとっても美味しいので、
ぜひ食べてみて欲しいです!
ちょっと場所が繁華街からは
離れた感じですが、
足を運んでみてください^^
満足すること間違いなしですよー!

今回こちらのお店は、
17時までランチタイムということで、
16時ぐらいという中途半端な時間に行きました。
ほかにお客さんがいなくて、
牛の松阪さんの偉い方?が
たまたまいらっしゃったので、
ちょっとお話しさせていただいたところ、
お肉についてや、調理法、使っている器具などについて、
詳しく教えていただいちゃいました^^
その方がとても熱い感じの方で、
本当に牛の松阪さんにしても、
牛松さんにしても、
いろんなところにこだわっているのが、
伝わってきました。
正直目からうろこなことも多く、
とても勉強になりました。
教えてくださったお店の方、
ありがとうございました!

次回は会社の近くに
今年できたハンバーグチェーンのお店を
ご紹介します!
お楽しみにー^^

後、お勧めのハンバーグのお店あったら、
ぜひぜひ教えてください!
よろしくお願いしますー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。