*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしヴィンヤード ぶどうを育てよう企画!2年目スタート編

約半年ぶりのあの企画が、
帰ってきました。
といっても、最近ブログを読みはじめた方は、
何のことやらわからないですよね^^;

実は、よし家の裏は山になっていて、
かつては祖父の農園が広がっていました。
それを去年から少しずつ開墾をして、
ブドウ畑にしちゃおうということで始まったのが、
「よしヴィンヤード」
です。

これまでの歩みは、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-category-11.html
こちらをご覧ください。

去年から始まったよしヴィンヤードも
2年目を迎えました。
2年目の今年、
去年の試験栽培の経験を元に、
100本単位で本格的な栽培を始めようと
思っていました。
ですが、
この冬の間に土地の所有者である父と
今後の方向性を話し合い、
もっと開墾する土地を広げようとことになり、
その結果、今年葡萄を植えてしまうと
開墾の邪魔になるということで、
本格的な苗植えは、
1年延期することにしました。

2年目のよしヴィンヤード最初の記事は、
4月下旬から5月上旬までの
畑の様子をご紹介します。
今年の小樽は雪が多く、
4月には行っても気温が上がらなかったため、
例年よりも1週間近く雪解けが遅かったんです。

畑の様子を写真撮っているいるのですが、
429.jpg
4月29日

三笠の山崎ワイナリーさんなどでは、
4月25日の段階で雪がまったくなかったのですが、
うちの畑はまだまだ雪だらけでした^^;
雪解けが遅いと葡萄の生育期間が短くなってしまうので、
早く雪が溶けて欲しいと思ってました。

それから3日後になると、
502.jpg
5月2日

雨が降ったこともあり、
一気に雪解けが進みました^^
でもまだ雪が残っています。
やはりブドウ栽培には、
向いていない土地なんですかねー^^;

そしてさらに6日間が過ぎると、
IMG_6446_20100530211536.jpg
5月8日

ようやく雪がすべて溶けました^^
ここが今年苗植えする予定だった場所なのですが、
今年もっと上まで開墾することになり、
今年の苗植えは中止にしました^^

そして去年植えた試験栽培の葡萄は、
どうなっているでしょうか?
IMG_6440.jpg
こちらが試験栽培の畑です。
いまいちどこに葡萄の木があるか、
わかりませんねー^^;
でもちゃんとあるんですよー!

まずはこちら、
IMG_6441_20100530211523.jpg
ピノ・ノワール

あのブルゴーニュワインの原料となる、
ピノ・ノワールです。
こうしてみると葉っぱもなく生きているのか、
心配になる感じですが、

よくよく近づいてみてみると、
IMG_6443_20100530211522.jpg
まだまだ固いですが、
芽になりそうな膨らみがあります。
どんどん大きくなって欲しいですねー!

そしてもう一品種が、
IMG_6444.jpg
デラウェア

食用葡萄のデラウェアです。
山梨や山形ではワインにも使われていて、
私結構その味わいがすきなんです。
ですので育ててみました。
こちらも生きているのか死んでいるのか、
よくわからない感じですが、
近づいてみると、
IMG_6445_20100530211536.jpg
芽がしっかりとついてます♪
雪の中にいると、
ねずみがやってきて
こうした芽を食べちゃうことがあるのですが、
今年は何とかねずみに食べられることなく、
無事でいてくれました。

今年の目標は、
この試験栽培の葡萄の木をしっかり育てることと、
残った土地の開墾を行うこと、
そしてもうひとつは、
次回のお楽しみです!

それでは今日はこの辺で、
次回をお楽しみにー!
スポンサーサイト

ワイン ドメーヌ・ルー ブルゴーニュ・ルージュ 2007

お酒の感想を、
最近書いてなかったので、
書いてないお酒が沢山たまってきました^^;
ですので今日からまた、
少しずつ書いていきたいと思いますー!

ということで今日ご紹介するワインはこちら、
「ドメーヌ・ルー ブルゴーニュ・ルージュ 2007」
です。

普段ブルゴーニュのワインは、
安くても2000円ぐらいはするのですが、
こちらのワインは、
ビックリッキーで1280円だったんです。
ブルゴーニュで1280円という安さに惹かれて、
その場で買っちゃいました。
作り手も知らずに買ってきたので、
家に帰ってパソコンで調べてみたところ、
こちらのワインは、サントーバン村にある、
ルー・ペール・エ・フィスというドメーヌが
作っているらしいです。
らしいというのは、
実はこちらのワイン、
ルー・ペール・エ・フィスのラベルと違いますし、
ラベルの表書きには、
ルー・ペール・エ・フィスとは書かれておらず、
裏書の日本語表記にも、
ドメーヌ・ルーとしかかれていないんです^^;
そうは言っても肝心なのはドメーヌではなく、
ワインの味です。
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_3088.jpg

ドメーヌ・ルー ブルゴーニュ・ルージュ 2007

飲んだ日 2010年3月25日
買った店 ビックりっキー
値段 1280円(税込み)
ブドウ品種 ピノ・ノワール

まず色合いは、
透明感のある紫色をしていて、
エッジも若い綺麗なルビー色をしていました。
そしてグラスを近づけると、
ベリー系の酸味を予感させる香りを
感じます。
そして口に含むと、
香りから想像したとおり、
まず酸を感じます。
しかしそれほど強くありません。
その後にタンニンと果実味が、
口に広がるのですが、
こちらも淡い感じで、
余韻もそれほど残りませんでした。
全体的に酒質が弱いのですが、
骨格は間違いなく、
ブルゴーニュといった感じの味わいでした。
これが、2000円だとしたら、
ちょっとがっかりな感じですが、
1280円でブルゴーニュの雰囲気を味わえるなら、
私はデイリーワインとしては、
充分なコスパだと思います♪
これからも、普段飲むのに重宝しそうな、
コスパワインを探したいと思いますー!

小樽 小樽に期待の素敵なイタリアンができます! ぴあっと

おはようございますー!
今日は朝から良い天気ですね♪
これから、
遅れがちだった畑の手入れを
したいと思いますー^^

今日は来月6月1日にオープンする、
小樽のイタリアンのレセプションに行った様子を
ご紹介します♪
小樽にあったイタリアンの名店、
「マルコポーロ」さん。
私も何度か食べに行ったことがあったのですが、
残念ながら、昨年惜しまれつつ閉店してしまいました。
今回、そちらのシェフを務めていらっしゃった方が、
お店を出すということで、
小樽のワイン仲間のさんさんガラさんから
オープンに先んじて開催された、
レセプションのお誘いを受けたので、
とっても素敵なお店で、
とっても美味しい料理とワインを
楽しんできちゃいました♪
お店の名前は、
「ぴあっと」さんです。

IMG_0055.jpg

名前 ぴあっと
住所 北海道小樽市東雲2-3
電話 0134-64-1697
時間 電話でお確かめください^^; 
休み 電話でお確かめください^^;
HP なし

お店は2階建てになっていて、
通常の営業は1階部分を使い、
パーティプランや団体の方がいらしたときに、
2階を使うそうです。
今回はすごいお客様の数だったので、
内装の写真は取れませんでしたが、
ぴかぴかの厨房が見えるオープンキッチンと
清潔感のある白い壁が、
とっても印象的で、
シンプルイズベストといった感じの、
素敵な内装でした。

上にも書いたとおり、
6時開始で私たちが会場に付いたのは、
7時半ぐらい。
もう、そのときには座る席がないぐらいの、
盛況ぶりでした!
オーナーシェフの人柄と料理の素晴らしさが、
伺えますねー^^
参加されたみんなが、
この日を待っていたんでしょうね♪

そして、店内には、
IMG_0035_20100530071036.jpg
こういったお花やお祝いの品が、
たくさん並んでいました。
本当に、オーナーシェフが、
みんなに好かれているのがわかりますね^^

この日は、レセプションということで、
料理はブッフェ形式で、
ワインも飲み放題でした♪
全部は食べることができず、
料理の名前も聞くことができなかったので、
いただいた料理を写真と
私が勝手につけた名前でご紹介します^^;
IMG_0005.jpg
お肉とイモ

IMG_0007.jpg
生ハムとサラミ

IMG_0012.jpg
イカ墨のパスタ

IMG_0014.jpg
赤身魚のカルパッチョ

IMG_0015.jpg
つぶとホタテとたこのマリネ

IMG_0016_20100530071004.jpg
彩り野菜とかに

IMG_0018.jpg
アスパラのフィットチーネ

IMG_0022_20100530071003.jpg
豚肉のトマトソース

IMG_0024_20100530071003.jpg
お魚とトマトソース

IMG_0025_20100530071003.jpg
ピッツァ

IMG_0033_20100530071036.jpg
カタラーナ

IMG_0034_20100530071036.jpg
イチゴのクリーム添え

盛り付けが悪いのは、
私のせいなので気にしないでください^^;
それにしても美味しそうですよねー!
レセプションのブッフェ料理ということで、
量を作らなくてはいけないのに、
このクオリティはすごすぎです!
パスタの2品はどちらも味の濃さも絶妙で、
めちゃめちゃ美味しいです♪
そしてお肉料理や魚料理も、
しっかりと手をかけて作っていらっしゃるのが、
とても伝わってきて、
食べて幸せな気持ちになりました^^
そして料理の最後に食べた、
ピッツァはシンプルですが、
素材の味を感じることができて、
めちゃめちゃ美味しかったです!!
1日のオープンが楽しみになるような、
素敵な料理でした。

続いて、飲んだワインをご紹介します♪
基本の見放題で白、赤共に1種類なのですが、
お祝いということで、
ワインを持ち込んだ方やボトルを頼んだ方が
結構いらっしゃって、
即席ワイン会のようにたくさんの種類を
飲むことができました♪
私も2本差し入れしちゃいました^^

飲み放題のワインは、
どちらも、丸ヨ西尾が輸入する、
超コスパのワインでした。
ということでまずは飲み放題の白はこちら、
IMG_0017_20100530071004.jpg
ジーセブン シャルドネ 2009

久しぶりにジーセブン飲みましたが、
普通に美味しいです♪
深みは確かにありませんが、
柔らかい酸と果実味は、
デイリーで飲むには、
充分ではないでしょうか^^

そして赤が、
IMG_0001.jpg
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 

こちらは濃厚ではありませんが、
タンニンもあり、
果実味もあるので、
美味しくいただけます。
余韻があまり長くはありませんが、
やはりデイリーで楽しむには、
充分ないっぱいだと思いました^^

そしてここからは、
参加された方がボトルで頼んだワイン、
持ち寄りしたワインが登場です!
泡白赤の順番になっていないのは、
ご愛嬌ということで^^;
IMG_0026_20100530071037.jpg
フェウディ・ディ・サングレゴリオ トリガイオ 2008

カンパーニャ州を代表するワイナリーに
なりつつあるサングレゴリオ社の、
デイリーワインです。
土着品種のアリアニコが主体で主体、
ビエディ・ロッソが少量入っているそうです。
サングレゴリオのワインは、
ラベルが特徴的なので、
すぐにわかりますね^^
きりっとした酸と若いタンニンが、
フレッシュな味わいです。
まだ寝かせても美味しそうですが、
デイリーワインということで、
この若いタンニンを味わうのが、
よさそうですね♪

IMG_0029_20100530071037.jpg
フェウディ・ディ・サングレゴリオ アルベンテ 2008

先ほどと同じ、
サングレゴリオ社のデイリー白です。
こちらも土着品種である、
ファランギーナ、コーダ・ディ・ヴォルペ、フィアーノ
といった品種が使われています。
呑むと明らかにフランスのワインとは違う、
香りと味わいを感じます。
味わいは酸がきりっとしていて、
フレッシュなのに、
香りがちょっぴりチーズのような
熟成を感じます^^
デイリーワインでも
面白いイタリアワイン、
やっぱり良いですねー♪

IMG_0031_20100530071036.jpg
カンタガッロ カルミニャーノ・リゼルバ 1998

こちらは北一硝子が輸入したワインです。
ですのでネットでもほとんど情報が、
出てきませんでした^^;
品種はサンジョベーゼとカベルネ・ソーヴィニヨンが
使われているとの事ですが、
カベルネはあまり感じませんでした^^;
酸とタンニンはかなりまろやかになっていて、
ちょっぴり醤油のようなテイストを感じます。
熟成ワイン美味しかったです♪

そして私がもって行ったワイン2種類も
開けちゃいました♪
IMG_0036_20100530071121.jpg
ルイジ・カリサーノ バルバレスコ・ブリッコ・マラスピーナ 1997

リーズナブルなバルバレスコです^^
バルバレスコらしい力強さはありませんでしたが、
きれいに熟成した赤ワインといった感じで、
時間が経つにつれ、
味わいよくなっていきました。

そしてお店に道産ワインを置いて欲しいと思い、
持って行った一本。
IMG_0038.jpg
山崎ワイナリー ツヴァイゲルト・レーベ ノンフィルター 2008

先日、山崎ワイナリーに行ったときに買った、
ワイナリー限定のノンフィルターワインです。
こちらの味わい、
面白いです!!
口に含んだ瞬間、ピリッとしたものを感じ、
その後に乳酸のようなまろやかな酸味と甘味を感じます。
いつもの山崎ワイナリーさんにあるような、
酸の強さはありません。
まるで自然派のワインを飲んでいるかのような、
味わいは、新たな試みとして、
素晴らしい未来を期待させてくれました。
あまり熟成させるタイプではなさそうなので、
近いうちに家にあるワインも、
飲みたいと思いますー!

IMG_0037.jpg
シャトー・サント・コロンブ 2007

あの世界一有名な醸造コンサルタントの
ミシェル・ローラン氏がコンサルタントを勤める、
コート・ド・カスティションにあるシャトーです。
樽熟1年というこちらのワイン、
カシスやブルーベリーのような、
酸を感じさせる香りがします。
口に含むと、思っていたほどタンニンが強くなく、
今飲んでも美味しく、
若飲みできるボルドーだと思いました。
わかりやすい美味しさは、
ミシェル・ローラン氏らしい感じです^^
とはいっても、後数年寝かせると、
さらに味わいが開きそうな感じがします。

SBCA0051.jpg
リジーニ ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2007

こちらのワインこそ、
後数年寝かせたい、
そんなワインです。
濃さよりもきれいなタンニンと酸は、
まだまだ奥底が見えていない感じです。
キャンティとは違うサンジョベーゼの
味わい深さを感じさせます。
美味しいワインを飲んじゃいました♪

ワインだけ飲んでいるのもさすがにきついと
思っていると、
SBCA0054.jpg
パンを持ってきてくれました^^
バケットを焼いたものですが、
なんとなく角食のような感じがしました。
オリーブオイルにつけて食べると、
ワインの良い友になりました。

とワインを楽しんでいるところ、
カウンターの奥ではオーナーシェフが
何かをしています^^
IMG_0050_20100530071120.jpg
生ハムのレッグを準備しているではありませんか!!
ちなみに生ハムのレッグと一緒に写っていらっしゃるのが、
オーナーシェフの三輪さんです。
素敵な方ですよねー^^
そして素敵ななんとこちらの生ハムのレッグ、
イベリコ豚なんです!!
あのスペインの生ハムとして有名な、
イベリコ豚のレッグの新品を
最後に切ってくださるというんです♪
三輪シェフ、ありがとうございますーT_T

ということで切ってくださった生ハムが、
こちらです!
SBCA0053.jpg
イベリコ豚の生ハム

脂と肉のバランスが素晴らしいですねー!
ピンク色のお肉がなんとも綺麗で、
美味しそうです♪
香りはまさに木の実といった感じで、
芳しい香りがします。
そして口に含むと、
もう幸せです~!!
脂の部分はとろっとして、
木の実の香りが口から鼻に抜けていきます。
お肉の部分も柔らかく、
もうたまりません^^
最高の味わいでした!

結局お店を出たのは12時過ぎ、
すっかりお店に迷惑かけちゃいました^^;
シェフもやっぱりオープンするのが、
とても嬉しそうだったので、
こっちもとても幸せな気分になりました^^
お店は、6月1日から営業開始で、
ランチとディナーがあるそうなので、
ぜひ気になった方は、
足を運んでみてくださいね♪
もちろん私も絶対行きます!
そしていつか、こちらのお店で
ワイン会をしたいなぁなんて思ってます♪

三輪シェフ、この度は、
オープンおめでとうございます!
素晴らしい料理とワイン、
ありがとうございました。
そして誘ってくださったさんさんとガラさん、
おかげで素敵なお店と、
素敵な方々に出会うことができました。
本当にありがとうございました^^

札幌 素敵なビストロの9周年イベントはやっぱり素敵♪ ビストロアルモニー

今週もなんとなく忙しい毎日、
ブログの更新が滞りがちで、
ごめんなさい^^;
今日がんばって書きますねー!

今回ご紹介するお店、
以前、雑誌「オトン」に掲載されているのを見て、
行ってみたかったお店だったんです。
ですが、なかなかタイミングが合わず、
お店に行けませんでした^^;
そうしたある日、
知り合いから9周年のイベントがあるということを
教えていただき、
その方と一緒に行ってきました!
行った感想はめちゃめちゃ大満足!
素敵なお店のイベントはやっぱり素敵でした^^
お伺いしたお店の名前は、
「ビストロアルモニー」さんです。

IMG_7025_20100524223049.jpg

名前 ビストロアルモニー
住所 北海道札幌市中央区南7条西3 ジャスマック5番館 3階
電話 011-533-4339
時間 18:00 ~ 2:00 
休み 日曜日・第2月曜日
HP なし

今回の9周年のイベントというのは、
ずばりアルモニーさん秘蔵のワインが、
格安でグラスで飲めちゃうというものなんです!
秘蔵のワインという響きだけでも惹かれちゃうのに、
さらに格安なんて聞いたら、
行くしかないですよね(笑)
いったいどんな秘蔵のワインがあるのか、
とっても楽しみでした^^

カウンターに座ると、
早速グラスワインのリストがありました^^
IMG_7026_20100524223049.jpg
なんと!クリュッグがグラスで飲めちゃったり、
ポマールのプルミエクリュや、
マグナムボトルがグラスで飲めちゃうなんて、
ありえません!!
さすがは9周年イベントですねー^^

さらにカウンターの上には、
IMG_7030_20100524223049.jpg
コルクを使って作った、
メニュー表が置かれていました^^
こちらにもめちゃめちゃ惹かれる料理が
たくさん書かれていて、
飲む前、食べる前から、
テンションかなりアップしちゃいました!

ということで、
今回いただいた料理とワインを、
ご紹介しますー!

最初はやっぱり泡ということで、
IMG_7029.jpg
クリュッグ グラン・キュベ・ブリュット N.V

すごいです!
クリュッグがグラスシャンパンなんて、
ありえないですよねー^^
北村シェフに感謝です!
早速味わいですが、
想像以上に若い感じで、
あまり熟成香などはなく、
きりっとした酸を感じます^^
そこからの苦味と甘味が、
なんともいえない余韻となって、
口の中に残っていきます。
この複雑さはやっぱり素晴らしいですね♪
美味しいシャンパンいただいちゃいました^^

そんなシャンパンと一緒に出していただいた、
お通しがこちら。
IMG_7031_20100524223048.jpg
お通し 生ハム

アルモニーさんの名物とも言える、
生ハムです!
程よく熟成したハムは、
かめばかむほど味が広がっていきます。
イベリコではないのでしょうが、
どんぐりや木の実のような味と香りを
感じて、シャンパンのお供にぴったりでした♪

料理一品目はこちら、
IMG_7032.jpg
鶏白レバーのパテ(パン付)

このパテもとっても美味しいー!
とってもクリーミーな感じになっていて、
口の中に入れた瞬間に、
心地よい香りと味が広がっていき、
そのまま溶けていくような感じです。
レバー独特の臭みはあまり感じず、
よい部分だけを抽出したような香りと味は、
美味しかったです!

白ワインを今回限定の二種類もらいました^^
IMG_7033_20100524223146.jpg
ジュリエット・シュニュ ブルゴーニュ・ブラン 1999 マグナム

ジュリエット・シュニュは私の好きなルイ・シュニュの
お姉さんが設立したクルティエのブランドで、
自ら仕入れたワインのうち優れているものを、
ジュリエット・シュニュの名前で販売しています。
こちらのブルゴーニュ・ブラン、
11年のときを経ているということもあり、
ちょっと熟成が進みすぎているかもと思っていたのですが、
香りをかいだ瞬間びっくり!
ぜんぜん元気です!
蜂蜜のようなお花のような香りは、
とっても生き生きしています。
味わいも、若くはありませんが、
その分酸がまろやかになり、
甘味も控えめな感じです。
余韻もしっかりあるACブルとしては、
素晴らしい熟成をしたワインだと思います。
ただ、さすがに時間が経つにつれ、
味が弱くなっていきました^^;

IMG_7034_20100524223146.jpg
ドメーヌ・ド・シュヴァリエ 1995

ボルドーグラーヴ地区の特級であるこちらのシャトー。
今回初めて飲みましたが、
めちゃめちゃ美味しかったです!
良いボルドー・ブランは、
最近ちょっと注目していたのですが、
こちらのワインは、素晴らしいです!
飲み始めは、あまり香りもたたず、
こなれた酸が飲みやすい感じなのですが、
30分ぐらいたつと、
びっくり!
めちゃめちゃ樽の香りを感じます。
その樽も濃厚なのですが決していやらしくなく、
時を経たからこそ感じる、
芳醇な香りとなっています。
そして味わいも酸だけでなく、
甘味も出てきて、
素晴らしい余韻となって口に残ります。
久しぶりにちょっと感動しちゃいました^^
本当に美味しくて、
2杯も飲んじゃいました♪

そんな美味しい白とあわせたのは、
IMG_7035_20100524223146.jpg
ホワイトアスパラたまご付

やっぱり今の季節は
ホワイトアスパラですよねー!
程よくゆでて、ペッパーなどの香辛料と、
卵を絡めるだけのシンプルな料理ですが、
もう、たまりません!
みずみずしい自然の甘さは、
何者にも変えられない至福なひと時を
与えてくれます。
ホワイトアスパラ最高です!

そしてもう一品。
IMG_7037_20100524223145.jpg
シーザーズ風サラダ

こちらは程よく酸味の効いた、
ドレッシングがかかったサラダ。
ブルゴーニュとの相性が良いなぁと
個人的に感じました。
野菜も新鮮で、
ぺろりと食べちゃいました^^

ここで赤ワインを飲みます!
赤ワインも限定の2種類をグラスでいただきました^^
IMG_7039.jpg
ジャック・パラン ポマール・プルミエ・クリュ 1998

アメリカ第3代大統領トマス・ジェファーソンが、
フランス大使時代に大量に購入したといわれている、
ドメーヌ・ジャック・パランの
ポマール・プルミエ・クリュです。
こちらは12年経過しているとは思えないほど、
めちゃめちゃ若いです!
そしてなんとなく土っぽいイメージがあった、
ポマールですが、
こちらは土っぽいという言葉だけでは言い表せないほど、
複雑な香りと味をしています。
渋さは幾分柔らかくなっていますが、
酸もまだしっかりとしており、
飲んだ後の余韻にしっかりとしたミネラルを感じました。
素晴らしいブルゴーニュでした!!

そしてもう一本はボルドー、
IMG_7040_20100524223214.jpg
シャトー・ポタンサック 1997 マグナム

こちらのシャトー、
スーパーセカンドである、
シャトー・レオヴィル・ラスカーズのオーナーである、
ドロン氏がメドック地区オルドナック村に所有するシャトーで、
格付けシャトーにも匹敵するといわれています。
2003年からは、クリュ・ブルジョワ級の中で、
もっと高いレベルのブルジョワ・エクセプショネル級になっています。
香りはボルドーらしい、
カシスのような香りと共に樽っぽさを感じます。
そこには固さは多少ある程度で、
まさに飲み頃に入ってきていることを感じます。
口に含んでも、タンニンを多少強く感じますが、
それほど飲みづらさはありません^^
香りのときに感じた樽のテイストも口に余韻となって残り、
とても美味しくいただくことができました^^

そんな素晴らしい赤ワインにあわせたのはこちら、
IMG_7038_20100524223145.jpg
鴨のオーブン焼き グリーンペッパー風味

こちらのオーブン焼き、
焼きのバランスが素晴らしいです!!
程よく赤い鴨肉は、
かめばかむほど味わいが口に広がり、
もうたまりません!!
鴨を食べた後に、
ブルゴーニュを飲むと、
最高に美味しかったです^^
付け合せもとっても美味しくて、
大満足の一皿でした♪

そして最後に、
炭水化物がとりたくなって、
IMG_7042_20100524223214.jpg
フェットチーネ・タラバガニのトマトクリームソース

手打ちパスタをいただいちゃいました^^
まずソースがカニそのものといった感じで、
そこにさらにトマトの酸味が加わり、
それをクリームが包んでいるようで
めちゃめちゃ濃厚で美味しいです!!
そんな濃厚なソースを幅広のパスタが、
よく絡みます^^
本当に美味しかったです!

今回、初めてアルモニーさんに行きましたが、
めちゃめちゃ料理もワインも美味しくて、
大満足でした!!
何でもっと前から行かなかったんだろう?
と後悔したぐらいです^^
もう絶対リピ決定です!
北村シェフもとっても良い感じの方で、
幸せな時間をすごすことができました。
ぜひ読んでくださった方も、
足を運んでみて欲しいですー!

そして、実はこの日、
びっくりすることがありました^^;
お店の奥のテーブルで飲んでいた中年の男性が、
ふらふらと歩いてきたかと思うと、
いきなり倒れて、
あごからかなりの量出血したんです。
お酒に酔って倒れたときに
角にあごを打ちつけたみたいで、
周りは血だらけになってました^^;
シェフがすぐに救急車を手配してくれ、
出血も弱まってきたみたいなので、
大事には至らなかったみたいですが、
最近飲むことが多い私も、
明日は我が身として気をつけたいと思いました^^;
思い当たる節のある方は、
ぜひ気をつけてくださいねー^^



札幌 5月のみんわいワイン会を開催しましたー! ビストロ・デジャ

こんばんはー!
昨日までイベント続きで、
ブログを書く時間がありませんでした^^;
めちゃめちゃ書きたいことがたまっているので、
1日1記事といわず、
かけるだけどんどん書いていきたいと、
思いますー!

まずは、先日開催したワイン会の様子を
ご紹介します♪
5月のワイン会のテーマは、
「ブルゴーニュ」
というオーソドックスなものでした。
ですが、そこはマニアックな私が選んだブルゴーニュ、
変化球なワインばかりを選んでみました^^
マニアックなブルゴーニュばかりにもかかわらず、
参加してくださった皆様、
本当にありがとうございました^^
今回ワイン会の会場として、
利用させていただいたお店は、
ランチに行ったり、
ヤックリュさんが主催したワイン会の会場だったりと、
みんなに大人気のフレンチビストロです。
お店の名前は、
「ビストロ・デジャ」さん
といいます。

IMG_7092_20100524200836.jpg

名前 ビストロ デジャ?
住所 北海道札幌市中央区北3条東5丁目5番 岩佐ビル
電話 011-219-6235
時間 ランチタイム AM11:30 ~ PM3:00 ラストオーダー PM2:15
  ディナータイム PM6:00 ~ PM11:30 ラストオーダー PM11:00
休み 火曜日
HP  http://www.117shop.jp/deja/

ちょうどワイン会が開催された日、
TVの生中継があり、
某S○Vの木○アナウンサーが、
きたそうです。
○村アナウンサーは、
TV同様、
とっても楽しい方だったみたいですよ。

そんなTVの生中継があった日に、
ワイン会をしてしまうのは、
なんだか申し訳なかったのですが、
「気にしなくても良いよ」
とお店の方がおっしゃってくれたので、
とても気持ちが楽になりました^^

今回のワイン会は、
12名での開催ということもあり、
ほぼ貸切でさせていただきました^^
お店のドアのところには、
IMG_7133_20100524201042.jpg
かわいい豚のイラスト共に、
満席の文字^^
本当にお店の方には、
いろいろと配慮してくださり、
ありがとうございました!

お店に着くとすでに、
IMG_7094_20100524200836.jpg
セッティングができており、
いつでも準備万端といった感じです^^
それでは早速ワイン会を
はじめましょうー!

ということで、飲んだワインと料理を
ご紹介します^^
まずは乾杯の泡です!
IMG_7096_20100524200836.jpg
ルーデュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン N.V

日本人の仲田晃司さんが、
ジュヴレ・シャンベルタン村で
営んでいるネゴシアンの泡です。
あの故アンリ・ジャイエさんも
絶賛したというこちらの泡、
シャルドネ100%ということもあり、
きりっとしているのですが、
酸が鋭角的な感じがせずに、
すっきりといただくことができました^^

料理一品目はこちら、
IMG_7099_20100524200835.jpg
アミューズ
田舎風パテ
自家製スモークサーモンとカブのピクルス巻
リエットのカナッペ 白レバーのムースのカナッペ
白身魚のエスカベッシュ

でました!
デジャの料理で大好きな田舎風パテです!
やっぱりデジャさんのパテは、
お肉の食感も良くて、
美味しいですねー!
エスカベッシュもやさしいお味で、
美味しかったです♪

IMG_7098_20100524200835.jpg
ドメーヌ・ゴアゾ サン・ブリ コール・ド・ガルド 2007

ブルゴーニュのAOCで唯一ソーヴィニヨン・ブランが
認められているサン・ブリ村のワインです。
さわやかな草原のような香りは、
まさにロワールのソーヴィニヨン・ブランのようです。
酸と共に、ふわっとした果実味もあり、
飲みあきしないワインでした。

IMG_7103_20100524200911.jpg
前菜
フルーツトマトのファルシ
ツブカルゴ行者ニンニク風味

この料理、
めちゃめちゃ美味しいです!!
トマトもとっても甘くて美味しいのですが、
上にかかっている行者にんにく風味が、
つぶと絡まって、
めちゃめちゃ美味しいんです!!

あまりにも行者にんにくが美味しかったので、
IMG_7104_20100524200910.jpg
パン

パンにつけて食べてみたところ、
これまためちゃめちゃ美味しいです!!
危なく魚料理が来る前に、
パンを食べきっちゃうところでした^^;

IMG_7100_20100524200835.jpg
ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ ブーズロン アリゴテ 2007

DRCの共同経営者である、ヴィレーヌ氏の
個人的ドメーヌが作るアリゴテ。
ブーズロン村は村名AOCとしては唯一、
アリゴテを使ったワインになっています。
特にブーズロン村のアリゴテは、
アリゴテ・ドレという果皮が黄金色をしているもので、
だからなのか口に広がる強い酸は無く、
程よい酸味とよく熟した甘さを
感じることができました。

IMG_7106_20100524200910.jpg
ドメーヌ・シュヴロ ブルゴーニュ アリゴテ 2006

奥様がかおりさんという日本人のドメーヌ。
いまだに馬を使って耕したりしているそうです。
2006ヴィンテージということで、
こちらもそれほど強烈な酸はありませんでした。
ただ、あまり味の強弱がない感じは、
アリゴテっぽいのかな?
と勝手に思っちゃいました。

IMG_7109.jpg

赤魚とホタテ
旬ウドとホワイトアスパラを添えて

でました!ホワイトアスパラです!
本来は赤魚とホタテがメインなんでしょうが、
このホワイトアスパラの大きさは素晴らしすぎます!
ソースを絡めて食べると、
もう最高!
北海道人出よかったなぁとお持っちゃいました^^
後、うどとアリゴテの相性も、
とっても良かったですよー!

IMG_7107_20100524200910.jpg
ドメーヌ・アンリ・グージュ ブルゴーニュ・ブラン ピノ・ブラン 2006

ピノ・グージュというピノ・ブランを見つけた、
アンリ・グージュの子孫が営むドメーヌ。
ピノ・ブランのブルゴーニュなんて飲んだことありませんでしたが、
かなり色が濃かったです^^
飲んでも、酸味のほかに白ワインではあまり感じないような、
渋みを若干感じました。
シャルドネとはぜんぜん違う感じですよねー^^;

IMG_7110_20100524200909.jpg
ドメーヌ・シモン・ビーズ ブルゴーニュ・ブラン ピノ・ブーロ 2003

こちらはピノ・ブーロという、
ピノ・ノワールの突然変異で、
果皮がピノ・グリのような色をしているそうです。
こちらは2003ということで、
あまり酸は感じずに熟成した樽のテイストを感じます。
そこにはタンニンもしっかりと感じられ、
本当にピノ・ノワールの突然変異だというのが、
よくわかりました^^
今回の白ワインで1番好きでした♪

IMG_7111_20100524200937.jpg
ルイ・ジャド ボジョレー・ロゼ 2008

ロゼっていまいち人気がありませんが、
こちらのロゼとっても美味しいですよー!
ガメイのイチゴキャンディのような感じが、
ロゼにぴったり♪
温度を冷やし目にしてがぶがぶ飲むのに、
もってこいです!
この日も、白から赤に行く前の、
休憩感覚でとっても美味しくいただきました^^
ガメイのロゼ、やっぱり好きです♪

IMG_7112_20100524200937.jpg
ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ・パストゥーグラン 2007

すいません、こちらのワイン、
少しブショネだったかも。。。
ワインの香りが若干違ってました。
でも、それほど重症ではなかったのか、
飲んでみると香りはあまり感じませんでした。
ピノの渋さとガメイの甘酸っぱさが合わさり、
個人的には普段飲みによさそうな一杯でした^^

IMG_7114_20100524200936.jpg

牛ほほ肉と牛たんの赤ワイン煮込み
インカのめざめのピュレ添え

かなり濃い色をしている、
赤ワイン煮込み^^
めちゃめちゃ柔らかくて、
ナイフいらずです!
濃厚な味わいはボルドーワインのほうが、
相性良かったかな?
なんて思いました^^;
でも、食感の違う2種類を食べることができ、
とっても美味しかったですよー!

IMG_7115_20100524200936.jpg
パン

やっぱり赤ワインソースには、
パンが食べたくなります。
最初のパンとは違う種類のパンが出てきて、
とっても幸せな気分になりました^^

と、みんな少し酔いが回ってきたところで、
クイズを出しちゃいました^^
同じワインで1本には酸化防止剤が入っていて、
1本には入っていないんです。
どっちが入っているかを当てようということで、
問題にしちゃいました^^
自分は正解を知っていたのでわかっちゃいましたが、
正解知らなかったら、
絶対答えられないと思いました^^;

その飲み比べたワインがこちらです。
IMG_7117.jpg
マルセル・ラピエール モルゴン・サンスフル 2007

フィリップ・パカレの叔父で、
ボジョレー地方の自然派第一人者の
マルセル・ラピエールのクリュボジョレーです。
こちらが酸化防止剤が入っていないほうです。
入っていないほうが、酒質が弱い感じで
きれいな味わいでした。

IMG_7119.jpg
マルセル・ラピエール モルゴン 2007

こちらは瓶詰めのときに少し酸化防止剤を入れたワインです。
こっちの方がガメイっぽい甘酸っぱさが強く感じました。
どうしてこんな違いが出たのか考えていたのですが、
個人的には、酸化防止剤が入っていないほうが、
純粋な葡萄の味わい近いから、
味わいも弱くなるのかな?
と考えました。
ぜんぜん違うかもしれませんが^^;

そしてもう1問クイズだしちゃいました。
同じ作り手のドメーヌ物とネゴシアン物を当てるというものです。
私はこちらも正解知らなければ、
絶対間違えちゃうと思います^^;

そのワインがこちらです、
IMG_7120_20100524201012.jpg
パスカル・ラショー ブルゴーニュ・ルージュ ピノ・ファン 2007

こちらはネゴシアン物です。
2007とまだ若いのですが、
今でも果実味があり、
酸のバランスが良く、
タンニンも渋すぎないので、
美味しくいただけます。

IMG_7126_20100524201012.jpg
ドメーヌ・アルヌー ブルゴーニュ・ルージュ ピノ・ファン 2007

そしてドメーヌ物です。
こちらのほうが、なんとなく、
味わいがきれいなかんじがしました。
余計な雑味がない感じで、
逆に言えばすっきりと
飲める味わいでした。
二つの味わいがまったく違うのが、
とても面白かったです^^

IMG_7129.jpg
デザート
パイナップルのタルト
クグロフ
コーヒー風味のシャーベット

この樽とが美味しいですー!
シャーベットを少しかけて食べたりすると、
もうたまりません^^
美味しいデザートも食べることができて、
本当に大満足でした^^

IMG_7127.jpg
ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン マコン・ヴィラージュ・キュヴェ・ボトリティス 2001 

珍しいブルゴーニュの貴腐ワインです。
香りは蜂蜜っぽさがあり、
まさに貴腐といった感じです。
そして口に含むと、甘いですー!
あごがちょっぴり痛くなるような甘さです。
ですが、酸味も若干あるので、
まったく飲みにくさはありません^^
べたつくような余韻もないので、
すっきりといただくことができました♪

そして最後に、
IMG_7130_20100524201011.jpg
エスプレッソ

食後のエスプレッソをいただいて、
ワイン会終了です♪

今回も結局、
たくさん飲んじゃいました^^
IMG_7131_20100524201011.jpg
12人で13本です!
1人1本以上飲んでるんですから、
すごいですよねー^^

今回のワイン会も、
おかげさまで無事に終了することができました。
それもひとえに、
最後まで楽しい会話で盛り上がってくださった、
参加者の皆様。
素晴らしい料理を提供してくださった、
ビストロ・デジャさんの森谷シェフとみっちさん。
また、是非デジャさんでワイン会やりたいと
思っちゃうぐらい大満足でした^^
本当に皆様ありがとうございました!

そんな私のワイン会、
6月も開催しちゃいます!
すでに11名の参加者がいらっしゃるので、
残り1名となってます^^
気になる方は、
こちらの案内をぜひご覧くださいー^^

6月のワイン会募集開始しますー!

5月26日現在、
参加申し込みが12名となり、
満席となりました!
引き続きキャンセル待ちを募集してますので
キャンセル待ち希望の方いらっしゃいましたら、
メールお願いしますー!


5月のワイン会も、
昨日無事に終了しましたので、
6月のワイン会の募集を開始します♪

6月のテーマはずばり、
「マニアックな世界のワイン選手権!」
です。

名前のとおり、
ずばりマニアックな国のワインを、
飲み比べて1位を決めちゃいましょう^^
意外な国が美味しかったり、
おいしそうと思ってた国がそうでもなかったり、
いろいろな味を、
みんなで楽しんじゃいましょう^^
マニアックな国のワインを
お持ちの方はぜひご持参お願いします!

マニアックな国のワインをお持ちではない方も、
もちろんぜひご参加ください♪
お持ちでない方は、
よしが持っているマニアックな国のワインから、
一本選んでくださいね^^
よろしくお願いしますー!

そして、そんなマニアックな会を
開催させてくださるお店は、
小樽で素晴らしい料理を出してくださる、
「なまらや」さんです。
リーズナブルでとっても美味しい、
なまらやさんの料理をみんなで楽しんじゃいましょうー!

ワイン会概要

1.名称 「マニアックな世界のワイン選手権」
2.日程 2010年6月13日(日)18:00~
3.場所 「なまらや」
     北海道小樽市花園3-6-6
     HP http://www.geocities.jp/gitagan/mframe.htm 
     地図  http://www.geocities.jp/gitagan/honten/map.gif
4.会費 4000円(ワイン持込しない方)
     2500円(ワイン持込してくださる方)
5.定員 11名+主催者1名 計12名
     (最少開催人数6名)

IMG_0522.jpg IMG_4539.jpg IMG_5198.jpg



ワインリスト(持込しない方は、この中の国から1つお選びください^^)

中国白
中国赤
インド白
インド赤
タイ白
タイ赤(選択済み♪)
ブルガリア赤(選択済み♪)
チェニジア赤
グルジア赤
メキシコ白
メキシコ赤
マケドニア白
マケドニア赤

ご参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「ワイン会参加希望」
と書いてメールください^^
よろしくお願いしますー!

札幌 junシェフが作る素敵なフレンチとコノスルの会 ワインサロンイグレック

こんばんはー!
今日はようやく良い天気になりましたね^^
低温の影響もあまりなかったようで、
安心しました^^
明日は美味しいものを食べに行くので、
とっても楽しみですー!

さて、今日は先日参加させていただいた、
ワイン会の様子をご紹介します!
今回のワイン会は、
いつもワインを一緒に楽しんでいる、
ワイン好きの方が、
手料理を振舞ってくれるというんです!
去年の忘年会でも、
素晴らしい料理を提供してくださったので、
料理の美味しさは間違いないですし、
料理と一緒に楽しむワインは、
チリワインを代表するコノスルのワインが、
13品種登場するということで、
とっても楽しみでした^^
そんな素敵な会が開催された場所は、
前々回のブログでもご紹介したワインサロン、
「ワインサロンイグレック」さんです。

IMG_6619.jpg

名前 ワインサロンイグレック
住所 北海道札幌市
電話 
時間 
休み 
HP 

(どこまで情報公開してよいか聞いてなかったので、とりあえず非公開でごめんなさい^^;)

イグレックさんの扉を開けると、
そこには、
IMG_6624.jpg
すでに調理に取り掛かっている、
junシェフと今回アシスタントを買って出たさてつさんが、
いらっしゃいました^^
junさんは本業のシェフではなく、
普通に別の仕事をしていて、
料理は、フレンチの料理教室に
長らく通って学んだそうです。
今回いったいどんな料理が出るのか、
本当に楽しみでした。

ワインサロンの中は、、
IMG_6622.jpg
すでにずらっと用意がされており、
いつでも準備万端といった感じでした♪

席には、
IMG_6625.jpg
今回の料理の内容を記した小冊子と、
ワインのことが書かれたレジュメと、
一品目の料理が置かれています。
この小冊子とレジュメが、
とってもわかりやすく書かれていました!
こうした小さな配慮が、
参加者としては、
とってもうれしいんですよねー^^

というわけで早速今回の料理を
ご紹介したいのですが、
実は今回かなりワインを飲んでしまい、
自分の感想に自信がありません^^;
ということで、料理名と写真のみを
ご紹介したいと思います。

それでは改めまして、
今回いただいた料理は、
こちらです!
IMG_6626.jpg
グジュール アボガドのムース
パルマハム24ヶ月熟成

IMG_6633.jpg
殻付き半熟卵

IMG_6634.jpg
白トリュフオイル

IMG_6642.jpg
空豆とアスパラガスの煮込み

IMG_6648_20100514213631.jpg
まぐろと帆立貝のタルタル ロンド仕立て

IMG_6653.jpg
パン

IMG_6656.jpg
フォアグラのロイヤル仕立て トリュフ風味

IMG_6666_20100514213705.jpg
牛タンの煮込み

IMG_6672.jpg
セロリのシャーベット

IMG_6675_20100514213734.jpg
IMG_6677_20100514213758.jpg
ローレンヌ風パイ包み

IMG_6679_20100514213758.jpg
カタロニア風クリーム

IMG_6680_20100514213758.jpg
マカロン

どこからどう見ても、
プロの料理ですよねー!
もちろん見た目だけではなく、
食べてみても、めちゃめちゃ美味しかったです!
個人的には、フォアグラのロイヤル仕立てが、
もう最高に美味しかったです!
お肉料理2品もボリュームもあり、
味付けも私好みの濃い味でしたー!
実はこの後にもチーズも出たのですが、
私は時間切れでチーズだけは
食べずに帰ってきちゃいました^^;
ちょっぴり悔しかったですー!

そしてワイン会のもうひとつの主役といえば、
当然ワインです。
今回はチリで急成長を続けている、
「コノスル」社のリゼルヴァシリーズを
すべて飲み比べようということで、
こちらの内容も超楽しみでした!
こちらも味の感想に自信がないので、
写真と名前だけで勘弁してください^^;

それではいただいたワインこちらです!
IMG_6629.jpg
コノスル スパークリング・ブリュット N.V

IMG_6630.jpg
コノスル ヴィオニエ・リゼルヴァ 2008

IMG_6637_20100514213402.jpg
コノスル ソーヴィニヨン・ブラン・リゼルヴァ 2008

IMG_6639_20100514213402.jpg
コノスル シャルドネ・ヴァラエタル 2009

IMG_6644_20100514213632.jpg
コノスル シャルドネ・リゼルヴァ 2008

IMG_6646.jpg
コノスル カルメネール・ロゼ・リゼルヴァ 2008

IMG_6652.jpg
コノスル リースリング・リゼルヴァ 2008

IMG_6655.jpg
コノスル ゲヴュルツトラミネール・リゼルヴァ 2008

IMG_6662_20100514213706.jpg
コノスル ピノ・ノワール・リゼルヴァ 2008

IMG_6663.jpg
コノスル ピノ・ノワール 20バレル 2000(よし差し入れ)

IMG_6668_20100514213735.jpg
ファレスコ モンテリーヴァ・カルベネ 2008(呂比須さん差し入れ)

IMG_6670.jpg
コノスル カベルネ・ソーヴィニヨン・リゼルヴァ 2008

IMG_6673_20100514213735.jpg
コノスル メルロー・リゼルヴァ 2008

IMG_6674.jpg
コノスル カルメネール・リゼルヴァ 2008

IMG_6676_20100514213758.jpg
コノスル マルベック・リゼルヴァ 2008

IMG_6685_20100514213758.jpg
コノスル シラー・リゼルヴァ 2008

同じ作り手で、
これだけの品種を飲み比べるという機会は、
まずないので、
本当に貴重な経験をさせていただきました。
途中、リーズナブルなシリーズとの飲み比べがあったり、
私が持って行った高級なシリーズとの飲み比べもあって、
とても楽しかったです。
ただ、沢山飲みすぎて、
最後のほうはあまり覚えていないのが、
悔しいです^^;
個人的には白はやっぱり、
ゲヴュルツトラミネールが一番好みでした!
そのほかは、ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネリゼルヴァが
良かったです。
赤は、ピノ・ノワール20バレルがやっぱり、
良かったですねー!
ほかにも、マルベックやカルメネールといった
珍しい品種がとっても面白かったです♪

こんな素晴らしい会を主催し、
ワインを用意してくださったヤックリュさん、
美味しい料理を作ってくださったjunさん、
料理のお手伝いを頑張っていらっしゃったさてつさん、
素敵なスペースを提供しサービスをしてくださったゆうすけさん。
そして楽しい時間を共有させていただいた、ご参加された皆様、
本当にありがとうございました^^
また、皆様にお会いできるのを、
楽しみにしていますねー!

札幌 美味しいお弁当も作ってくれちゃう素敵なお店 な・ちゅら

こんばんはー!
今日もなんだかとっても寒かったですね。
GWが終わってから、
なんだか寒い日が続いてきましたが、
明日はとうとう霜が降りちゃうかも
しれないそうです。。。
去年、一昨年も霜が降りて、
葡萄農家さんに甚大な被害があったので、
今年はそういった被害がなければ、
と祈りたいと思います。

昨日のブログの最後で、
美味しそうなお弁当が出たのを
覚えていらっしゃいますでしょうか?
そちらのお弁当を作ってくださったお店を
ご紹介します^^
いつもはワインバーとして営業していますが、
お願いするとお弁当も作ってくれるんです♪
イグレックに一緒に行った方の会社が、
よくお弁当を依頼していたと聞いていて、
とってもうらやましかったので、
今回お願いしちゃって、
2つほど作ってもらっちゃいました^^
素敵なお弁当を
作ってくださったお店の名前は、
「な・ちゅら」さんです。

IMG_4170.jpg

名前 な・ちゅら
住所 北海道札幌市中央区南3条西2丁目KT三条ビルB1
電話 011-281-1678
時間 17:00~翌2:00
休み 毎週月曜日&第3日曜日
HP http://www.nachula.com/

なちゅらさんは、もう何度もお伺いしている、
大好きなお店で、
ブログでも何度もご紹介しています^^
ぜひこちらをご覧ください♪

お願いした時間にお店に行くと、
時間通りに完成しました^^
早速今回いただいたお弁当を
ご紹介します!
こちらです!!
IMG_6488.jpg
袋です。
お弁当らしい和な感じの袋に入っています^^

袋をとって包みを開けるとその中には、
IMG_6479_20100513210730.jpg
お弁当以外にも、
いろいろなものが入っています。

まずはこちら、
IMG_6481_20100513210729.jpg
なちゅらさんお手製の香草塩です。
どの料理にかけてもとても美味しく、
あまったお塩で美味しい料理が作れそうな、
そんな素晴らしいお塩でした^^

そしてもうひとつ、
IMG_6482_20100513210729.jpg
お弁当献立と書かれた紙が入っています。

紙を開くと、
IMG_6484.jpg
なちゅらさんのこだわりと、
この日の献立が丁寧に書かれていました^^
こうしたちょっとした配慮が、
とっても嬉しいですよねー!
献立が書いてあると、
ブログを書くのも楽になりますしね^^

そして肝心のお弁当の中身が、
こちらです!!

IMG_6494_20100513210758.jpg
なちゅら弁当

めちゃめちゃ美味しそうですよねー!
実際に美味しいんです!!
これで値段は2000円なんですから、
めちゃめちゃお得だと思います^^

それではイグレックでいただいた、
お弁当の料理の中身を簡単に、
ご紹介しますね!
ごはん
そら豆のバターライス
京ブキ、かぶら、桜のピックルス

なちゅら弁当1
ラタトゥイユ
真狩村産ゆり根のフリット五香粉の香り
蓮根の射込みフリットタブナードとドライトマトの二味
スモークした帆立貝と菜の花のキッシュ

なちゅら弁当3
沖縄より直送あぐー豚とたっぷり野菜のトマト煮込み
ブロッコリー、アスパラ、カリフラワー、タケノコのアンチョビ風味

なちゅら弁当2
エビとアボカドのサラダトマト詰め
かぼちゃのマスカルポーネチーズ和え
チーズ三種(ミモレット・エメンタール・ブリードモー)

どのメニューもまさにワインとあわせるために、
作ってくださったかのようなメニューで、
本当に美味しかったです♪
特にあぐーはめちゃめちゃ大きくて、
めちゃめちゃ美味しかったですー!!
おかげさまで、
幸せな時間をすごすことができました^^
今回、1人1つと思い2つ用意していただいたのですが、
結構量があったので、
イグレックでは1つしか食べませんでした^^

もうひとつはどこで食べたかというと、
なちゅらさんの店内で、
いただいちゃいました^^
なちゅらでいただいたほうのお弁当の中身は、
こちらです!
IMG_6517_20100513210758.jpg
なちゅら弁当

一見、イグレックで食べたなちゅら弁当と
同じ中身に見えますが、
実は一点だけ違います^^
それはチーズの代わりに、
IMG_6518_20100513210757.jpg
ティラミスの求肥包み

デザートが入っているんですー!
なちゅらさんお勧めデザートのティラミスが、
なんと求肥に包まれているんです^^
甘さ控えめのティラミスが、
柔らかい求肥に包まれていて、
こちらもやっぱりめちゃめちゃ美味しかったです♪

やっぱり美味しいお弁当を食べたからには、
美味しいワインを飲まなくては!
ということで、こちらをいただきました^^
IMG_6519_20100513210757.jpg
ジョスメイヤー ピノ・ブラン ミズ・デュ・プランタン 2009

アルザスの造り手、
ジョスメイヤーの春定番のワイン。
ミズ・デュ・プランタンです。
去年収穫された、
ピノ・ブランとピノ・オーセロワを使い、
春に瓶詰めしているこちらのワイン、
きりっとした酸と果実の風味が、
とても若々しい感じで、
美味しいワインです。
なちゅらさんの春の定番ワインとして、
今年も登場していたので、
いただいちゃいました^^

なちゅらさんのお弁当、
本当に大満足の内容で、
食べ終わって間もないにもかかわらず、
またお願いしちゃいたい感じです。
こちらのお弁当を持って、
あちこち出掛けたり、
家に持ち帰ってワインと一緒に楽しんだり、
したいですー!
大口の注文なら午前中からの注文もできますし、
夕方以降の受け取りでしたら、
少ない個数でも作ってくださるので、
ぜひ読んで気になった方いらっしゃいましたら、
頼んでみてくださいねー^^
よろしくお願いしますー!

次回は先日参加した
ワイン会の様子を
ご紹介します!
お楽しみにー^^

札幌 1日限定オープンのワインバーに行ってきました ワインサロンイグレック

こんばんはー!
昨日、早く寝すぎて、
起きたら2時でした^^;
今度は眠れなくなり、
何を思ったかブログを書き始めて、
結局二度寝したのは、
午前4時。
我ながら馬鹿ですねー^^;
今日は普通に寝たいと思います(笑)

今日は、私が懇意にさせていただいている、
ワインサロンで一日限定で開催された、
ワインバーの様子をご紹介します。

ワインバーイベントは、
今回で二度目の開催となるのですが、
1度目はちょうど自分のワイン会と重なり、
参加することができなく、
悔しい思いをし、
さらに今回、
とても気になるワインがあったので、
参加させていただきました^^
お伺いしたサロンの名前は、
「ワインサロンイグレック」さんです。

IMG_6491.jpg

名前 ワインサロンイグレック
住所 北海道札幌市
電話 
時間 
休み 
HP 

(どこまで情報公開してよいか聞いてなかったので、とりあえず非公開でごめんなさい^^;)

ワインサロンイグレックさんは、
去年の夏にオープンしたサロンで、
各種ワインイベントなどが、
開催されています。
私もオープンのときに始めてお伺いし、
去年の暮れには、
ほかのワイン会と合同で大忘年会を
開催させていただいたりしています。
オープンのときの様子はこちら
大忘年会はこちらをご覧ください^^

サロンの中に入ると、
すでにワインを楽しんでいる方が、
いらっしゃいました^^
さすがワイン好きの皆様ですねー^^
私たちも席に座らせていただきました。

テーブルの前方には、
この日のいただけるワインが、
IMG_6516.jpg
ホワイトボードに書かれています^^

そのラインナップは、
さすがはご自身もワインを愛する、
オーナーさんです!
通常のワインバーなどでは
絶対グラスで飲めないようなワインばかりが、
さらに格安で並んでいます。

というわけで早速、
最初の一杯をお願いしました。
こちらです!
IMG_6498.jpg
って、3杯グラスが並んでいます^^;
この日出ていたシャンパン、
全部飲みたくて、
さらに飲み比べもしたかったので、
一気に3杯お願いしちゃいました^^

それぞれの感想はというと、
IMG_6499_20100512210249.jpg
アンリ・ジロー キュヴェ・エスプリ N.V

こちらはきりっとした酸とともに、
ほんのりとした甘味を感じます。
熟成した感じはあまり感じずに、
後味もすっきりとしていて、
オーナーの方もおっしゃってましたが、
女性受けしそうな味わいでした。

続いて、  
IMG_6500.jpg
モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル N.V  

こちらは今回飲ませていただいた、
3種類の中では、
一番ポピュラーな味わいでした。
適度な熟成感と甘味と酸味そして少しの苦味を
口の中に感じて、
そのまま余韻となって残っていきます。
その複雑さはさすがはシャンパンと
言いたくなるような美味しさでした。

そして3番目がこちら、
IMG_6502_20100512210248.jpg
ドン・ペリニョン 2000  

さすがにこのクラスとなると、
上の2本とは香りからして違います。
こちらはナッツのような
熟成香がグラスから香ってきて、
口に含んでも、酸味も甘味も苦味もあるのですが、
それが荒々しくなく、
ほっこりとした感じで口に感じます。
そのまま長い時間余韻となって、
楽しませてくれます。
味わいは、どの味が突出している部分がなく、
味のいやらしさもありません。
こちらは逆に男性受けしそうな、
そんな味わいでした。

続いていただいたのはこちら、
IMG_6510_20100512210309.jpg
レ・ザルム・ド・ラグランジュ 2006

サントリーがオーナーを務める、
シャトー・ラグランジュが造る白ワインです。
こちら2006とまだ若いのですが、
とっても美味しいですー!
香りから樽のテイストを感じることができ、
そのまま口に含むと、
さらに口の中から樽のテイストが、
鼻に抜けていきます。
しっかりとしたきりっとした酸ですが、
樽のテイストがあるので、
まったくいやな感じがしません。
美味しいボルドー白を久しぶりに飲んだ、
そんな印象でした。

そしてこの日のメインイベント的ワインを
いただいちゃいました。
IMG_6511_20100512210308.jpg
シャトー・ラ・ラギューヌ 1972

なんと38年前のワインです。
それも、メドック格付け第3級という、
由緒正しきワインです。
こちらのワインは、
オーナーがフランス在住の知り合いから
空輸で取り寄せたらしく、
状態は抜群との事でした。
早速グラスに注ぐと、
確かにエッジのほうは色が変わり始めていますが、
とても38年経っているとは思えないほど、
しっかりした色をしています。
そして香りも枯れた感じはほとんどなく、
カシスのような香りを感じます。
そして口に含むとさらにびっくり!
タンニンなどは角が取れて、
やわらかい味わいなのですが、
まだ酸がしっかり残っています。
38年も経っているのに、
どうしてこんなに酸をしっかり感じるんだろう?
と思わず不思議に思うほどの若さでした。
酸がしっかりしていながら、
タンニンはやわらかくなっているので、
非常に飲みやすく、
美味しくいただくことができました。

今回どのワインも本当に素晴らしく、
こちらのワインバーに参加できて、
本当に良かったと思います。
また、第3回第4回と開催していくようなので、
これからも楽しみですね。
こちらのイベント気になった方は、
mixiをなさっている方は、
こちらのコミュから、
参加できるので、
ぜひ見てみてくださいねー!

今回のワインバーイベント、
ワインのみが提供されているので、
食事やつまみは各自持ち込み自由との事でした。
というわけで、
私は今回、
IMG_6494.jpg
お弁当

こちらのお弁当を持参させていただきました。
ワインに合いそうなおかずが、
沢山入っています!
さらにチーズやごはんものまであり、
まさにワインを飲むのにぴったりといった感じです。

というわけで、今日はここまで。
はたしてこちらのお弁当を
作ってくださったのは、
いったいどこなのでしょうか?
それは次回のお楽しみにです♪
それではまたー!

札幌 北海道で餃子といえばやっぱりここ! みよしの

こんばんはー!
月曜日の日に、
沢山ワインを飲みすぎて、
昨日は家に帰ってきてから、
ぐっすり寝ちゃってました^^;
そのときの様子は後日ご紹介しますねー!

今日からまた、
北海道の美味しいお店やお酒を
ご紹介していきますよー!
というわけで、
北海道復帰第一弾としてご紹介するのは、
前回のブログでご紹介した、
餃子の王将さんで餃子を食べた後、
戻ってきてから食べ比べの意味もこめて、
すぐに食べに行った、
北海道を代表する餃子のお店です。
北海道民として、
ソウルフード的な存在である、
そちらのお店の餃子。
いったいどんな味だったでしょうか?
改めてお店の名前は、
「みよしの」さんといいます。

IMG_8744_20100508112137.jpg

名前 みよしの清田店
住所 幌市清田区清田2条3丁目3
電話 011-886-0407
時間 24時間営業(5~11 朝食メニュー有)
休み なし
HP http://www.tenfood.co.jp/a_miyoshino_top.htm

私の中のみよしのの思い出は、
お土産餃子でした。
昔は地元小樽にもみよしのがあり、
父が飲みに行った帰りなどに、
たまにお土産餃子を買ってきてくれたんです。
子供ながらに、
それがとても楽しみだったのを、
覚えています。
その後、大学に通うようになり、
お金がないときには、
みよしのに行き、
ぎょうざ定食を食べるのが私の中の
定番でした。

そんな思い入れのあるみよしの、
今でも月に2度は訪れています。
札幌にだけでも
15店舗以上のお店がある中、
今回は会社からも近い清田店に
おじゃましました。

この日は、最初にも書いたとおり、
餃子の王将さんとの食べ比べをしたいということで、
こちらを頼みました!
IMG_6331.jpg
ぎょうざ定食 430円

一番ポピュラーな、
餃子定食です。
430円という値段は、
餃子の王将の餃子とごはんセットよりも、
42円も安いです!
ドリンクは付きませんが、

IMG_6333.jpg
味噌汁と

IMG_6335_20100508112138.jpg
漬物が付いてきます^^
さらに漬物は、食べ放題なんです!
うれしい配慮ですよね^^

早速いただいてみると、
IMG_6332.jpg
肝心の餃子については、
前回の王将のところでも
少し書きましたが、
みよしのさんの餃子は、
皮が薄く、
中の具も野菜がふんだんに入っていて、
軽い感じで食べることができます。
中華料理の餃子とはまた違う、
みよしのの餃子というジャンルだと思います。

めちゃめちゃ美味しい!
というわけではないのですが、
ふと急に食べたくなる、
そんな味です^^
やっぱり私にとっての
ソウルフードなんでしょうねー^^
書いているそばから、
また食べたくなってきちゃいました^^;
明日のお昼はみよしのかなー?

次回は、先週の土曜日にお伺いした、
ワインバーイベントの様子をご紹介します!
お楽しみに♪

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。