*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン会 辰巳琢郎と楽しむ北海道ワインパーティに行ってきました ロイトン札幌

こんにちはー!
昨日はとっても楽しいパーティに
行ってきました!
その様子について書きますね^^

今日は、上にも書いたとおり、
とても楽しくとても素敵なパーティの様子を
ご紹介させていただきます^^
そのパーティというのは、
日本のワインを応援している、
「日本ワインを愛する会」さんが主催した、
IMG_6878_20090829101717.jpg
「辰巳琢郎と楽しむ北海道ワインパーティ」です。

辰巳琢郎さんといえば、
芸能界で一、二を争うワイン好きで、
BSでワインの番組をやられていたり、
ご自身も日本ワインを愛する会の副会長を務めるなど、
国産ワインをとても応援してくださっています。
そんな辰巳琢郎さんが本州の方々と、
今週ワイナリーツアーにいらっしゃっていて、
そのオプショナルパーティとして企画されたのが、
今回のパーティでした。
そんな素敵なパーティにワイン師匠のYさんが誘ってくださり、
今回運よく参加することができました^^
Yさん本当にありがとうございます!
開催された場所は、
道産ワインの夕べでもおなじみの、
「ロイトン札幌」さんです。

IMG_6875_20090829101717.jpg

名前 ロイトン札幌
住所 北海道札幌市中央区北1条西11-1
電話 011-271-2711
HP http://www.daiwaresort.co.jp/royton/

※ 十勝ワインさんの写真が千歳ワイナリーさんのものに
   なっていました。
   訂正してお詫びいたします。
   失礼いたしました。
   ご指摘いただきまして、ありがとうございました。


今回のブログ取り急ぎアップしたので、
ワインや食事の感想などは書いてません^^;
ワイン仲間のアマさんが素敵なブログを書いてくださっているので、
http://wine-cho.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-c5cd.html
ぜひこちらもご覧ください^^
私の感想は、後ほど時間があるときにでも、
順次書き加えていきたいと思います^^

会場に入ると、
今回は着席でのパーティということで、
大きな円卓がいくつも並び、
各円卓には、
IMG_6879_20090829101717.jpg
セッティングがすでに完了しています^^
話を聞くと、
約100名もの方がご参加なさっていたそうです。

時間より少し遅れて、
IMG_6913.jpg
今回の主役、辰巳琢郎さんが登場です。

いやぁ、格好良いですねー^^
すらっとしていてめちゃめちゃ足が長いです!
隣にご一緒した方は、
しきりに顔が小さいとおっしゃっていました^^
格好良いだけでなく、頭も良くて、
ワインのこともお詳しいなんて、
男の私から見ても素敵だなぁと思いました♪
そんな素敵な辰巳さんの乾杯で、
いよいよパーティのスタートです^^

お食事はビュッフェ形式となっており、
おいしそうな食事がたくさん並んでいました^-^
そんな料理の数々がこちらです♪
IMG_6883_20090829101717.jpg

IMG_6882.jpg

IMG_6887.jpg

IMG_6886.jpg

IMG_6885_20090829101805.jpg

IMG_6884.jpg

IMG_6903.jpg

IMG_6902.jpg

個人的なお勧めだったのは、
IMG_6900.jpg
ラクレット

こちらのラクレットを、
IMG_6881_20090829101717.jpg
じゃがいもやパンにつけて食べると、
めちゃめちゃワインに合います♪
2回もお願いしちゃいました^^

そしてそんな料理に合わせるのは、
素敵な道産ワインの数々。
今回は10社のワイナリーの方が、
ワインとともに来てくださいました^^
皆様とても素敵な方ばかりで、
こうして直接触れ合うと、
ますます道産ワインが愛おしくなっちゃいます♪
ほかの参加者も同じように思ってくださったのでは、
無いでしょうか?

それでは各ワイナリーと、
いただいたワインをご紹介します^^
IMG_6898_20090829101833.jpg
山崎ワイナリーさん

期待の山崎ブラザーズがそろって、
いらっしゃってました^^
めちゃめちゃスーツが似合うイケメン兄弟です♪

IMG_6894.jpg
山崎ワイナリー シャルドネ 2007

IMG_6889.jpg
サッポロワインさん

サッポロワインさんは広報の女性の方が
お二人参加なさっていました^^

IMG_6905.jpg
サッポロワイン 北海道ケルナー 遅摘み 2007

IMG_6926.jpg
中央葡萄酒千歳ワイナリー

最近いらしたという石井さんがいらっしゃいました^^
まじめそうなのですが、とても物腰が柔らかく、
素敵な方でした^^

IMG_6925.jpg
中央葡萄酒千歳ワイナリー グレイスケルナー 2005

IMG_6899.jpg
宝水ワイナリー

社長の倉内さんと営業の方(ごめんなさいお名前聞くの忘れちゃいました^^;)
そしてとてもお若いこちらもイケメンの
醸造担当石塚さんがいらっしゃってました^^

IMG_6901.jpg
宝水ワイナリー リッカケルナー 2008

IMG_6937_20090829102217.jpg
宝水ワイナリー レンベルガー

IMG_6938_20090829102217.jpg
宝水ワイナリー ポートランド

IMG_6920.jpg
マオイワイナリー

とっても素敵な向井オーナーが
いらっしゃってました。
話しをさせていただくと、
なんだかほんわかしちゃいます^^

IMG_6921.jpg
マオイワイナリー 菜根荘ナイヤガラ 2008

IMG_6919_20090829102032.jpg
北海道ワイン

私の地元小樽のワイナリー、北海道ワインさんです。
1度お目にかかりたかった醸造担当の河西さんと、
品質管理をなさっている田島さんがいらしてました^^
河西さんと田島さんとても楽しい方で、
地元ということもあり、
ついいろいろ話しさせていただいちゃいました^^

IMG_6917.jpg
北海道ワイン 内閣総理大臣賞受賞記念 鶴沼白

IMG_6915.jpg
ふらのワイン

とっても大好きなふらのワインさんの高橋さん。
この日は明日開催される国産ワインコンクールに参加するために、
山梨に行かなくてはいけないにもかかわらず、
ぎりぎりまで参加してくださいました^^

IMG_6916.jpg
ふらのワイン ツヴァイゲルトレーベ 2002

IMG_6936.jpg
ふらのワイン 羆の晩酌 2006

IMG_6909.jpg
はこだてわいん

はこだてわいんさんは、営業の方がいらっしゃっていて、
とても丁寧にワインの説明をしてくださいました^^

IMG_6933.jpg
はこだてわいん 香り仕込みケルナー スパークリング N.V

IMG_6910.jpg
奥尻ワイナリー

今年の4月にファーストリリースした話題の奥尻ワイナリーさん。
今回一番お会いしたかった醸造責任者の菅川さんが
いらっしゃっていました。
とてもお若いのですが、
ソフトな人当たりですっかりファンになっちゃいました^^

IMG_6934_20090829102124.jpg
奥尻ワイナリー ピノ・ノワール ロゼ 2007

IMG_6927_20090829102125.jpg
奥尻ワイナリー メルロー 2007

IMG_6908.jpg

十勝ワイン 

老舗十勝ワインさんはこちらもとてもまじめな
男性の方がいらしてました^^
お名前聞くの忘れちゃったのが残念です^^;

IMG_6932.jpg
十勝ワイン 清見 2004

IMG_6935.jpg
十勝ワイン セイオロサム(白) 2007

10社のワイン。
どれも個性があり、
とてもすばらしいものばかりでした。
辰巳さんともお話させていただきましたが、
これからの北海道はますます期待が持てそうな
そんな素敵なワインばかりでした。
ただ、北海道ワインのレベルが上がっているのと同時に、
本州のワイナリーのレベルもどんどん上がっています。
ぜひ、北海道のワイナリーの中だけの切磋琢磨ではなく、
本州のワイナリーとの切磋琢磨を繰り広げ、
日本のワインに北海道ありというところを
見せ付けてくれるとうれしいです^^

会も後半になると、
辰巳さんも近くまで来てくださり、
気さくに話してくださいます。
そしてあつかましいのですが、
IMG_6930_20090829102125.jpg
2ショット写真お願いしちゃいました^^
あまりのスタイルの違い、顔の大きさの違いに
改めてびっくりです^^;
本当に格好良いですねー!

そしてもうお一方素敵な方と
お会いできました。。
今回の素敵なパーティを実現してくださったのが、
日本ワインを愛する会事務局長で、
サッポロワインアカデミーの初代校長の
IMG_6943_20090829102216.jpg
遠藤誠さんです。

今回の会、辰巳さんがいらして、
これだけの料理とワインが出て、
たった5000円です。
こんな破格な会はまずありません。
これもひとえに遠藤さんと辰巳さんが
日本のワインを応援したいという気持ちがあってこそ、
実現したものだと思います。

とっても素敵なこちらのパーティ、
時間が過ぎても名残惜しく、
みんななかなか帰りません^^
個人的にも大満足で、
まだまだ帰りたくないといった気持ちになりました。
ご一緒させていただいた皆様。
お誘いしてくださったYさん。
私のような素人にワインのお話しをしてくださった各ワイナリの皆様。
会の実現のためがんばってくださった遠藤さん。
素敵なお話を聞かせていただいた辰巳さん。
本当に皆様ありがとうございました^^
スポンサーサイト

ワイン ニッカウヰスキー 余市産ワインナイヤガラ N,V(2007)

今日のお酒の感想は、
ワイン仲間のアマさんに刺激を受けて、
珍しいワインをご紹介します!

今日ご紹介するのは、
「ニッカウヰスキー 余市産ワインナイヤガラ N,V(2007)」
です。

ご存知の方も多いと思いますが、
小樽の隣町余市町には、
ニッカウヰスキーの蒸留所があります。
そしてあまり知られていませんが、
以前はウイスキーのほかに、
ワインも造られていました。
当時造られていたニッカワインの感想を
アマさんが書いてくださったのを読んで、
これは私も書かなくては!
と思い、昨日飲んだのが今日ご紹介する、
こちらのワインです。
ですが、実はこちらのワインは
ブドウは余市産のナイヤガラを使用していますが、
醸造は余市では行われていません。
ではどこで行われているのでしょう?
実は、弘前で醸造されています。
なぜ弘前?と思われる方や、
なるほど弘前!と思われる方。
どちらが多いでしょう?

実は弘前にはニッカのシードル工場があるのです。
そこには一通りの設備があるので、
現在でも、北海道の余市蒸留所限定発売として、
こちらのワインの製造を行っています。
ちなみにこちらの弘前工場では、
地元青森県鶴田町で収穫されたケルナーを使った
ワインも委託醸造で造られています。
こちらも飲んでみたいんですよねー^^

北海道を代表するブドウの品種のひとつである
ナイヤガラを使ったこちらのワイン、
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_7799_20090827200223.jpg
IMG_6874.jpg

ニッカウヰスキー 余市産ワインナイヤガラ N,V(2007)

飲んだ日 2009年8月24日
買った店 ニッカウヰスキー余市蒸留所売店
値段 1250円
品種 ナイヤガラ

こちらのワイン、
グラスに注いだ瞬間。
まさに食べるブドウの甘い香りが、
周りに広がります。
そして口に含むと、
香りから想像できる通りの
甘さが口の中いっぱいに広がります!!
ただ、甘くて終わりなのではなく、
その奥にほのかな酸味も隠れています。
この隠れた酸味のおかげで、
飲みあきすることなく飲むことができました。
ただし、食事とあわせるのは、
なかなか難しいと思います^^
飲むなら食前酒か、食後酒として飲むのが
おすすめです!
アルコール分も8%しかないので、
ジュースのようにすいすい飲んでしまい、
あっという間に1本開けてしまいました^^;
北海道ワインさんのナイヤガラとはまた少し違うテイストで、
とても面白かったです。

こちらのワインは、
余市蒸留所の売店でのみ、買うことができるので、
ぜひ時間があれば一度足を運んでみてくださいね♪
蒸留所では、30分後とに無料でガイドツアーも
行っているので、そちらもお勧めですよー!

苫小牧 昼時は混んでいるお蕎麦屋さん そば処福住

こんばんはー!
今日は夜、辰巳琢郎を囲んでの
ワインパーティがあるので、
ブログは予約投稿です^^;
コメントのご返事等遅くなるかもしれませんが、
お許しくださいー!

さて、先日よりお送りしてきた
苫小牧のお店紹介。
3回目の今日が最終日です。
夜ごはん朝ごはんとくれば、
もちろん今日ご紹介するのは、
昼ごはんで行ったお店です。
この日もうちのボスと拠点長と車を走らせ、
ボスの希望でおそばとなりました。
拠点長お勧めのお蕎麦屋さん、
いったいどんな味だったでしょうか?
行ったお店は、
「そば処福住」さんです。
IMG_6782_20090827195232.jpg

名前 そば処福住
住所 北海道苫小牧市新開町4丁目2番3号
電話 0144-55-6610
時間 11:00~22:00
休み 無休
HP http://oishii-fukuzumi.com/main.html(本店)

こちらの福住というお店、
結構あちらこちらで名前を聞くと思ったら、
本店は中標津にあるお蕎麦屋さんの
フランチャイズ店だったんですね。
どこか大きな資本の蕎麦屋さんかと思ったら、
小さなお蕎麦屋さんがフランチャイズをやっていると知って
ちょっとびっくりしました^^;

店内は、木を使った素敵な雰囲気となっており、
お昼時に行ったのですが、
かなりのお客さんが入っていました。

今回私が頼んだのは、
最近初めてのお店に着たら必ず食べる
あれを今回も頼みました。
こちらです!
IMG_6783_20090827195231.jpg
大もりそば

きれいな白い色をした、
更科蕎麦ですねー^^
割と細めな蕎麦は、
口に含むと、それほど強くない、
ほんのりと蕎麦の香りが
口に広がります。

つゆは出汁を効かせていますが、
やや甘めな感じです。
ちょっぴりつけるというよりは、
どっぷりつけた方が
おいしい感じでした。

あちこちで目にしていながら、
初めて入ったこちらのお蕎麦屋さん。
とても無難な味だと思いました^^
そば、つゆ、どれをとっても特徴がありませんが、
その分、安心して食べられる感じです。
今度は札幌のお店にも行ってみたいと思います。
ぜひ、皆様も行ってみてはどうですか?

明日は、辰巳琢郎パーティの様子を
ご紹介します!
お楽しみにー^^

梅酒を造ろう! 仕込み編

最初にごめんなさい!
こちらの記事書いたつもりでいたのですが、
書いていませんでした^^;
というわけで、時期がずれたのですが、
ご紹介しますねー!

最初に謝って始まったこちらの記事。
梅酒を造ろう!の記事です。
仕込んだところまで書いていたつもりが、
準備しか書いてなかったんですね^^;

というわけで、今日は仕込みの様子を
ご紹介したいと思いますー!
まず、前回用意した梅を、
IMG_7184_20090827192715.jpg
はかりで計って、
IMG_7185_20090827192715.jpg
水にうろかします(北海道弁^^;)

そして、こちらも用意しておいた、
IMG_7207_20090827192715.jpg
容器を洗浄します。

そうして、容器を乾かし、
梅を水にうろかした状態で、
IMG_7209_20090827192715.jpg
で一日経過したものを、

1個ずつ手で取り、
IMG_7211.jpg
付け根の部分を爪楊枝でさして、

その付け根の部分を、
IMG_7212_20090827192759.jpg
取り除きます^^

続いて買ってきた氷砂糖を、
IMG_7213.jpg
はかりで計って、

梅と計った氷砂糖を
IMG_7214_20090827192759.jpg
交互に洗った容器の中に入れていきます^^

そしていよいよ、
IMG_7216_20090827192759.jpg
用意しておいた米焼酎を容器に入れて、
IMG_7218.jpg
ふたを閉めて仕込み完了です!

同じ工程をもう一度繰り返し、
もう一本には、
IMG_7275_20090827192824.jpg
用意しておいたホワイトリカーを、

IMG_7276.jpg
なみなみと注いでこちらも仕込み完了です!

そうしてできた2本の梅酒の原型、
どちらが米焼酎で、
どちらがホワイトリカーかわかるように、
IMG_7219_20090827192759.jpg
こちらのシールを使って、

IMG_7220.jpg
仕込んだお酒の種類と仕込み日を記入しました^^
これで仕込んでから何日たったかが、
一目瞭然です^^

そうしてできた梅酒の原型は、
温度の低いくらい場所に保管しなくてはいけません!
というわけで今回は、
ワインを貯蔵している室に一緒に入れることにしました^^

それがこちらです!
IMG_7222_20090827192824.jpg
って、入り口の扉ですー^^;

この扉を開けて、
IMG_7223.jpg

開けた室の中に、
IMG_7225_20090827192824.jpg
2本の梅酒を貯蔵して、
ようやく仕込みの完了です。

今回はじめて梅酒作りにチャレンジしてみましたが、
思ったよりも気軽に作ることができました。
正直どんな味になっているかは、
半年待たなくてはわかりませんが、
自分なりの味ができたのでは?
と思っています♪
ぜひ、冬に開催予定の梅酒の会で、
一緒に飲みましょう!
これからは熟成の様子を引き続き、
ご紹介していきますねー!
よろしくお願いします^^

ワイン 月浦ワイン ミュラートゥルガウ 2007

今日は久しぶりにお酒の観想書きます♪
今日ご紹介するのは、
私がワインを好きになるきっかけとなった思い入れのある
国産ワインです。

今日ご紹介するのは、
「月浦ワイン ミュラートゥルガウ 2007」
です。

こちらのブログでは、
すでに何度かワイナリーの様子をご紹介していますが、
月浦ワインさんは、
洞爺湖のほとりに自社畑を持ち、
そこからのブドウのみを使用して醸造しています。
私がワインにはまったのは、
札幌のミクニで、こちらのワインを購入し、
飲んでその華やかな香りと
酸の効いた辛口の味わいに感動しました。
そして同じ時期に、松原農園の松原さんとお会いし、
その人柄に触れ、
同じミュラートゥルガウを使ったワインを飲み、
同じ品種でこうも味わいが違うのか、
と衝撃を受けたのが、
現在まで続くワインにはまるきっかけでした。
今回はその原点とも言える、
こちらの月浦ワインの現行ヴィンテージを飲んでみました。
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_8817_20090827091538.jpg
IMG_8014_20090827091539.jpg
月浦ワイン ミュラートゥルガウ 2007


飲んだ日 2009年8月24日
買った店 月浦ワイン直営店
値段 2205円
品種 ミュラートゥルガウ

ラベルがとっても素敵なこちらのワイン。
ほとんど無色で、まるで水のような感じです。
しかしグラスを近づけると、
ミュラートゥルガウらしい華やかだけども
少し内に向いたようなこもった香りが漂います。
そして口に含むと、
月浦ワインさんのひとつの特徴である、
きれいな酸を感じます。
通常ミュラートゥルガウは中口か、
やや甘口に作られることが多い中で、
本当にこの酸が絶妙な感じで、
飲む気を増幅させるぎりぎりのラインを保っています。
とはいっても、実は発売されてから1年近くたっているんで、
熟成により、私の印象よりは少し酸が弱くなっています。
ただ酸が強いだけだと、
すっぱい感じになってしまうのですが、
月浦ワインさんのミュラートゥルガウは、
ここから飲み干すまでに、
苦味・甘味を感じ始めます。
この過程は、いつ飲んでも
本当にすばらしいと思います。
そして余韻にはやはり酸と少しの苦味が残り、
心地よい余韻を楽しませてくれます。
個人的には少し冷やし目で飲み、
徐々に温度を上げていく飲み方をお勧めします!
今回もとってもおいしくいただけました。
そろそろ2008ヴィンテージも出ると思うので、
また、買って販売直後の味を
確かめてみたいと思いますー!

苫小牧 ボリューム満点、味も満点、地元に愛されたおいしい食堂 マルトマ食堂

こんばんはー!
今日、期日前投票に行ってきました^^
初めて期日前投票に行ってきたのですが、
普通の投票と同じような感じで、
とてもわかりやすかったです。
前回の選挙の1.5倍の方が行っているというのも、
わかりますねー!
どこに投票したかは、ナイショです^^
せっかく与えられた選挙権、
皆様も30日もしくは期日前に投票しましょうー!

さて、今日も地方のお店特集です。
一昨日に続き、
苫小牧のお店です。
出張の際はホテルに泊まるので、
通常朝食はホテルでいただきます。
ですが、今回は、
どうしても朝行きたいお店があって、
ホテルの朝食を無駄にしてまでも
行ってしまいました。
ちょうどシーズン入りたてのおいしい
ホッキ貝を使ったいろいろな料理を
提供してくれるお店で、
苫小牧に行くたびに寄りたいお店です^^
お店の名前は、
「マルトマ食堂」さんといいます。

IMG_6836.jpg

名前 マルトマ食堂
住所 北海道苫小牧市汐見町1丁目1番13号
電話 0144-36-2023
時間 6:00~14:00
休み 日曜日・祝日
HP http://www.h-machine.jp/marutoma/

上のお店の情報見ていただいてもわかるとおり、
こちらのお店、朝の6時から営業しています。
そして、一番混雑しそうな日曜日がお休みなんです。
というのも、
お店は漁港近くにあり、
地元の海産関係の仕事についている方に
大人気のお店なんです。
そのうちに私のような海の仕事と関係ない人や、
観光客などが来るようになり、
大人気になったんです。
ですので、席も20席も無いぐらいなので、
昼時に来るといつも大混雑。
そこで、朝の開店直後を狙って、
眠い目をこすりつつ、ホテルからここまでやってきました^^

店内に入ると、
IMG_6838_20090827062924.jpg
壁一面に有名人のサインが、
たくさん張られています。

このサインは、壁だけでなく、
IMG_6839_20090827062924.jpg
なんと天井にもたくさん張られています!
本当に人気のほどが、
伺えますね^^

こちらのお店は、地元苫小牧の名産である、
ホッキ貝を使った料理がとても有名で、
IMG_6840.jpg
さまざまなメニューがあります。
ですが、私はいつも同じものしか頼みません^^;
すっかりはまって虜になっているんです。
それがこちら、
IMG_6844.jpg
ホッキカレー 1000円

まず、このボリュームすごいですよね!
さすが浜で働いている方々向けの
メニューです!
朝の6時からこのボリュームはかなりつらいのですが、
おいしいのでやめられません。
ちょっと甘めでスパイシーなこちらのカレー。
ホッキがごろごろ入っていて、
磯の風味も感じられ、
めちゃめちゃおいしいです!
カレーを見た瞬間はいつもちょっと後悔するのですが、
食べ始めると止まりません!
あっという間に完食しちゃいました。

ちなみにカレーには大盛りというのもあるらしいのですが、
怖くて頼めません^^;
誰かぜひチャレンジしてみてほしいです^^
チャレンジしたらどうだったか、
ぜひ教えてくださいね♪

カレーには、
IMG_6842_20090827062923.jpg
こちらの味噌汁もついてきて、
箸休めならぬ、スプーン休めに飲むと、
なんだか、ほっとします^^

そしてもうひとつ必ず頼むのが、
IMG_6845_20090827062934.jpg
ホッキのお刺身 400円

ホッキ1個を丸々使ったこちらのお刺身。
とっても新鮮で、
口に含んだ瞬間、
すばらしい磯の香りが口に広がります。
やっぱりここに来たら、
こちらも食べなきゃだめですね^^

こちらのお店、
開店直後にもかかわらず、
地元の方らしき人で、ほぼ満席となっていました。
そんな中、私と同じようにスーツで着ている方もいたので、
きっと同じ考えの方なんでしょうね^^
なかなか日曜日が休みで、
昼時は込んでいるので、
訪問するのは大変かもしれませんが、
本当においしいカレー&お刺身なので、
ぜひ食べてみてくださいね^^
よろしくお願いしますー!

ワイン会 大好きなブドウ栽培家さんのセミナー&ワイン会に行ってきました アゴーラ

こんばんはー!
今日も一日暑かったですね^^;
昨日帰りが遅くなり、
寝不足でこの暑さ。
さらに、会社に献血カーが来ていたので、
血を抜いてもらって、
なんだか頭がボーっとしています^^
今日は早く寝るとしましょう♪

昨日のブログで書いたとおり、
昨日はとても楽しみなセミナー&ワイン会に
行ってきました^^
北海道のワインやワイナリーに関する
イベントを積極的に開催してくださる、
インターリンクジャパンさん
毎月開催しているワイン会の第1期最終回ということで、
私が尊敬し、大好きなブドウ栽培家の中澤さん
講師に迎えてのセミナーとワイン会でしたので、
ずっとわくわくしていました^^
今年の2度ほど畑にお伺いさせていただき、
畑の概要等はなんとなく知っているつもりでしたが、
改めて、ブドウ栽培家さんご本人から、
説明していただける機会はそうありません^^
考えていたとおり、それ以上の
すばらしい会となりました^^
会場となったのは、クロスホテルにある
「アゴーラ」さんです。

IMG_6760_20090826065140.jpg

名前 アゴーラ
住所 北海道札幌市中央区北2条西2丁目23 クロスホテル札幌 3F
電話 011-272-0068
時間 [朝食]7:00~10:00(L.O.9:30)
    [昼食]11:30~15:00(L.O.14:00)
    [夕食]17:30~22:00(L.O.21:30)
休み 無休
HP  http://www.crosshotel.com/sapporo/rest.html

こちらのワイン会は、
「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」
という名前で、毎回ワイナリーの方や、
ソムリエさんを迎えて、道産ワインとイタリアンとの
マリアージュを楽しませてくれる、
とても素敵な会となっています。
私も2月のふらのワインさんのときに初参加して、
今回2度目の参加となりました^^

会場に着くと、
サービスの方が丁寧に席まで案内してくださり、
席には、
IMG_6763_20090826065140.jpg
今日の資料と、ワイングラスが
きれいに並べられていました^^

会場中央には、
IMG_6773_20090826065212.jpg
プロジェクタが用意され、

そして会場のはずれには、
IMG_6765_20090826065140.jpg
本日いただく白ワインが、
出番を待つように
キンキンに冷やされていました^^

わくわくしながら時間を待ち、
ようやく時間となりました^^
まず、インターリンクジャパンさんの
阿部さんから、挨拶等があり、
その後、いよいよ中澤さんの
セミナーが始まりました^^

セミナーでは、正面のプロジェクタを使い、
IMG_6774_20090826065212.jpg
中澤さんがご自身のブドウ畑である、
ナカザワヴィンヤードについての概要、
植えられている品種の種類、
化学農薬を使わない事への取り組み等、
とてもわかりやすく説明してくださいました。
何度か訪問している私にとっても、
改めて確認させていただき、
特に化学農薬を使わないことへの
チャレンジのくだりについては、
ブドウを育てはじめた私にも、
とても考えさせられるような内容で、
とても勉強になりました。

30分程度のセミナー後、
いよいよ中澤さんのブドウが使われた、
IMG_6772_20090826065212.jpg
IMG_6783_20090826065212.jpg
ココファームワイナリー(中澤ヴィンヤード) 栗沢ブラン 2008

栗沢ブランの新ヴィンテージで乾杯です!
こちらの2008は9月23日の発売に先駆けて、
今回特別に用意してくださったということで、
飲むのがとても楽しみでした♪
注がれた瞬間から、香りが広がり増した^^
以前ご紹介した2007よりも、
華やかで、トロピカルな印象でした♪
ケルナーやシルヴァーナ?な感じです。
味わいは酸とともにほのかな甘みも感じ、
苦味も出てくるといった、
栗沢ブランならではの複雑味のある味わいで、
その味わいが余韻となって続きます。
こちらも2007よりも、
酸が弱く感じ、
直球勝負わかりやすい味わいと感じました。
今飲みにぴったりという感じです^^
まだワインが余っているようだったので、
思わずおかわりもらっちゃいました^^
中澤さんは逆に熟成後どうなるかを、
心配してました^^;

席でご一緒だった方々も、
おいしいとおっしゃってくださり、
初めて道産ワインで買ってもよいと思ったとまで、
おっしゃってくださいました。
去年収穫をお手伝いさせていただいた
私にとっては自分のことのようにうれしくなっちゃいました♪

そんなクリサワブランとあわせた前菜は、
IMG_6785_20090826065212.jpg
前菜5品の盛り合わせ

どれもが丁寧な仕事で作られていて、
とてもおいしいです。
特に道内産のマゾイを使ったカルパッチョは、
素材の良さを引き出している一品として、
栗沢ブランとの相性も良かったと思います^^

それと一緒に、
IMG_6786_20090826065212.jpg
パン

おいしいパンもいただきます。
後ほど出てくるパスタや、メインの
ソースをつけて食べると
最高でした!

続いていただいたワインは、
IMG_6766_20090826065140.jpg
IMG_6787_20090826065238.jpg
北海道ワイン 松原農園ミュラートゥルガウ 2008

今年だけですでに5本以上飲んでいる、
大好きなワインです。
先日お伺いしてきた、蘭越にある松原農園さん
ブドウが使われているこちらのワイン。
この飲みやすさは何回飲んでも大好きです♪
どんな料理ともあわせてしまうところには、
感動すら覚えてしまいます。
今回はキンキンに冷えた状態だったので、
最初少し酸を強く感じましたが、
徐々に開いていき、香りもミュラートゥルガウの
少しこもったような華やかな香りを感じました^^

料理も2品目
IMG_6789.jpg
ホタテとからすみの冷製“バベッティーニ”

こちらのジェノベーゼソース、
めちゃめちゃバジルバジルです!
私はバジルが大好きなので、
とってもおいしく感じました^^
付け合せのホタテも程よい焼き加減で、
おいしくいただきました^^

続いて赤ワインの登場です。
IMG_6767_20090826065140.jpg
IMG_6790.jpg
北海道ワイン 創立35周年 特別限定(赤) N.V(2008)

こちらもワイナリーでは完売状態の貴重なワインです。
前回飲んだときは、
かなり冷やして飲んだので、
個人的にアルザスのピノ・ノワールっぽさを感じましたが、
今回は常温ということで、
改めて飲んでみると、今度はツヴァイらしいスパイシーな
感じを受けました。
割合的にはピノ・ノワールの方が多いはずなのに、
こう感じたのは、
北海道のピノは、まだまだ弱いのでしょうか?

こちらの会は3種類のワインのほかに、
必ず1種類以上の有料試飲が出ます^^
今回登場した有料試飲はこちら、
IMG_6771_20090826065140.jpg
IMG_6791_20090826065238.jpg
北海道ワイン(歌志内太陽ファーム) ペンケウタシュナイ 2005

こちらは、北海道ワインツーリズムのモニターツアーで飲んで以来ですが、
道産の赤としては、結構しっかりした味わいで、
良いとは思うのですが、
少しえぐみを感じてしまいます。
ほかの要素が強ければあまり気にならないのですが、
ほかの様子もそれほど強くないので、
気になってしまいました。
樽熟成などできるようになると、
味わいが変化するのでは?
と思います^^

そんな赤ワインに合わせたメイン料理が、
IMG_6793_20090826065238.jpg
ローストポーク ハーブバターソース

ルスツ産もち豚を使ったローストポークです。
こちらのもち豚が、めちゃめちゃやわらかいです!!
そして、脂身もさらっとしているので、
おなかにたまるようなことがなく、
ペロッといただけます。
ソースも5種類のハーブが使われているとのことで、
とても香りがさわやかで、
こちらもソースもパンにつけていただいちゃいました^^

そして料理の〆を飾るのは、
IMG_6797.jpg
余市産プルーンのソルべ グランマニエのムース オレンジチュイールを飾って

プルーンとオレンジチュイールの酸味、
グランマニエの甘み、
どちらも口の中をさっぱりとしてくれます。
まさに料理の最後にふさわしい、
おいしいデザートでした^^

そして最後に、
IMG_6805_20090826065300.jpg
コーヒー

こちらのコーヒーをいただいて、
終了です^^
いつもながらおいしい料理と、
デザートの数々でした^^

出てきたワインの味の変化を楽しもうと、
IMG_6794_20090826065238.jpg
4種類とも残してみると、
やっぱり栗沢ブランが一番の変化を感じました^^
温度が上がってくると、ゲヴュルツらしいライチが出てきて、
スパイシーな味わいになってきました^^
松原農園さんは酸がうすれ、
中庸的な味わいとなり、
35周年ワインとペンケウタシュナイは、
もとから常温だったのもあり、
これ以上あまり開くこともなく、
味わいに変化は感じませんでした。

すべての料理が終わったところで、
こちらも恒例の、
IMG_6801_20090826065300.jpg
リチャードシェフによる、
今回の料理の説明と、
メニューのレシピ紹介です。
たどたどしい日本語で
がんばって紹介してくださっている姿を見て、
なんだか応援したくなっちゃいました^^

その後、この会の為に東京から来ている
IMG_6803.jpg
総料理長の西原氏による、
アゴーラのPRタイムです。

HPなどにはまだ書かれていませんが、
9月の毎週金曜日を、
「ワインラバーズナイト」として、
お店のワインが半額になるそうです♪
半額なんてめったに無いですよね。
私もぜひ、期間中に
一度足を運んでみたいと思いました^^

その後、こちらも毎回恒例の、
ワイン争奪じゃんけん大会です!
今回じゃんけんをするのはこちら、
IMG_68.jpg
中澤さんです^^

私は残念ながらすぐに負けてしまいましたが、
普段なかなか見ることができないような
中澤さんのじゃんけん姿を見ることができたので、
とても面白かったです。
中澤さんはこのほかにも、
ワイン会皆勤賞の方へのプレゼントの
プレゼンターも行ったりと、
大活躍な1日でした^^

今回のワイン会、
中澤さんのお話し、
素敵な料理やワイン、
そしてご一緒させていただいた、
同じテーブルの素敵な方々。
どれもが大満足な内容でした^^
企画してくださったインターリンクジャパンさんの阿部さん、
本当にありがとうございました^^

第一期の「和飲の人時間」は今回が最後ですが、
来月からは同じクロスホテルの今度はアゴーラのほかに、
2階のラウンジも使用して、
よりいっそうパワーアップした
第二期「和飲の人時間」が始まるそうです。
今回読んでくださった方で興味をもたれた方は、
ぜひ、
http://www.interlinkjapan.net/sub/event.html#agora
こちらに詳細が書かれておりますので、
ご覧になってみてください^^
よろしくおねがいしますー!

苫小牧 一人でも気軽に立ち寄れる素敵なイタリアン パスタ・デ・ドーモ

こんばんはー!
今日は大好きなブドウ栽培家さんの
セミナー&ワイン会なので、
こちらの記事は予約投稿ですー!
コメントのご返事遅くなることを
お許しくださいー!

地方のお店シリーズ。
続いて登場の街は、
苫小牧です!
苫小牧にもうちの会社の支店があり、
先月出張に行ってきました。
前回出張したときは有名な洋食店の
第一洋食店さんにいったので、
今回は違うところということで
ホテルの方に聞いたところ、
紹介してもらったお店をご紹介します!
一人でも気軽に入れるイタリアンとの事で、
お聞きしたのですが、
結果的には大正解!
とても素敵な時間をすごすことができました^^
お店の名前は、
「パスタ・デ・ドーモ」さんです。

IMG_6786_20090824202523.jpg

名前 パスタ・デ・ドーモ
住所 北海道苫小牧市表町2丁目2-9
電話 0144-31-3030
時間 ランチタイム 11:30~14:45(ラストオーダー)
    ディナータイム 火~土 17:30~21:00(ラストオーダー)
              日・祝 17:30~20:30(ラストオーダー)
休み 月曜日
HP http://www.pastadedoumo.com/doumo.html

こちらのお店、
ビル全体が系列の飲食店となっており、
今回ご紹介するイタリアンのほかに、
フレンチのお店と、
ケーキショップが入っています。

お店の中に入ると、
IMG_6793_20090824202523.jpg
テーブル席がいくつも並んでおり、
隣同士があまり見えないように、
薄い布で仕切られている感じです。

席に座り、メニューを見ると、
おいしそうなアラカルトのほか、
前菜の盛り合わせ・パスタ・メインがセットで1725円という
お得なセットもありました^^
今回はこちらのセットを中心に、
アラカルトも楽しんじゃいました^^

そしてもちろん料理のお供には、
ワイン!
ということで、ワインリストを見せていただくと、
IMG_6794_20090824202523.jpg
気軽にボトルを頼める値段設定で、
赤白10種類ずつ近くが用意してあり、
地方都市にしては結構よさそうな感じでした。

ということで早速頼んだのがこちら、
IMG_6801.jpg
C・パストュレンコ レ・オゼッレ・シャルドネ 2007

グラスの白で一人乾杯です^^
こちらのシャルドネは、結構酸がしっかりしていて、
それでいていふくよかな味わいがひろがり、
さっぱりとした感じが、
疲れた日の乾杯にぴったりな感じでした。

そして料理を待っている間のサービスとして、
お店の方が、
IMG_6802_20090824202523.jpg
雑誌を持ってきてくれました。
こうしたところに一人客に対しての
サービスを感じることができ、
とてもうれしくなりました^^

さて、料理の方はというと、
シャルドネを飲んだのでこちらをということで、
最初にお願いしたのは、
セット外の、
IMG_6804.jpg
厚岸産生がき かきえもん
です!

こちらのかきえもん、
かなりのボリュームなのですが、
口にほおばると、
めちゃめちゃ濃厚です!
口の中いっぱいにかきのエキスが広がり、
とってもおいしかったです!
上のシャルドネとの相性も良かったです!

続いての料理は、
IMG_6807.jpg
前菜の盛り合わせ 

こちらの前菜の盛り合わせも
とってもおいしかったです!
一番左が白身魚のマリネのような料理で、
上にかかっているソースがまろやかで
酸味が効いた感じで、
良い味でした。
真ん中はラタトゥユのような感じで、
たこが入っていて食感もよかったです!
一番右はハムとサラダになっていて、
ドレッシングも薄味で、
野菜やハムそのものの良さを感じた一品でした。

ワインが無くなったので、
次に頼んだのは、
IMG_6808.jpg
C・パストュレンコ レ・オゼッレ・ソアヴェ 2007

こちらはシャルドネに比べると、
しっかりした味わいで、
酸味のほかに苦味も感じました^^
余韻はそんなに長くありませんが、
酸味と苦味のコントラストによって、
飲み飽きすることなく、
おいしくいただきました^^

そしていよいよパスタの登場です!
IMG_6813_20090824202552.jpg
渡り蟹のトマトソース

この渡り蟹のパスタ、
めちゃめちゃ渡り蟹の出汁が出ていて、
おいしいですー!
トマトソースに海のテイストと、
カニの風味がプラスされ、
とってもおいしいです!!
具材に渡り蟹がしっかりと使われ、
おいしかったので殻ごとバリバリ食べちゃいました^^
パスタもアルデンテになっていて、
最後まで伸びることなく、
とってもおいしくいただきました!

ここでまたワインがなくなりました。
白の次は赤ということで、
IMG_6815_20090824202552.jpg
ペルターニ バルドリーノ・クラシコ 2006

とうとう我慢できずに、
ボトルで頼んじゃいました^^
アマローネが有名なべルターニ社が
作っているこちらのワイン。
さっぱりとした酸を感じながら、
ベリー系の果実味が徐々に出てきます。
タンニンはあまり高くありませんが、
しっかりと味わいの中で主張しています。
パスタとあわせてもよし、
この後に出てくる料理との相性も
抜群でした!

そんなおいしい赤ワインとあわせたメインはこちら、
IMG_6822.jpg
牛タンの煮込み

こちらの牛タンの煮込みが、
またおいしいんです!
とっても、やわらかく煮込んである牛タンは、
ナイフがいらないで、
フォークだけで切れちゃいます^^
おいしい牛タンの味が、
そのまま残っており、
まわりのソースをかけて食べると、
もうたまりません!
至福のひと時を味わいました^^

そんなメインのソースを見て、
あるものを頼みたくなりました!
こちらです!!
IMG_6824_20090824202551.jpg
パン

そうです!パンです!!
ソースを絡めて食べるのに、
やっぱりパンははずせません!
早速ソースにつけてみると、
濃厚なソースとパンの味わいが
とっても素晴らしく、頼んでよかったー!
と思わせる一皿でした^^

セットメニューはここで終わりなのですが、
実はメニューを見ていて
どうしても食べたいものがあったので、
ついつい追加で頼んじゃいました^^
こちらです!
IMG_6826.jpg
カニクリームコロッケ

選べるメイン料理の一品にもあったので、
非常に気になっていたんです。
早速いただいてみると、
IMG_6827_20090824202615.jpg
熱々の衣の中に、
クリーミーでカニの風味をたくさんに含んでいて、
おいしいです!

今度こそ、メニューは終了なのですが、
お勧めセットには、プラス450円を足すと、
おいしいコーヒーとデザートがついてきます^^

というわけでまずはこちら、
IMG_6831.jpg
コーヒー

おいしいコーヒーを飲んで、
心が落ち着きます^^
とてもすっきりしたテイストで、
飲みやすくおいしかったです。

そしてお願いするデザートは、
IMG_6832_20090824202615.jpg
こうして店員さんが、すべての実際のケーキを
持ってきてくださいます。

この中から、1個を選ぶ仕組みとなっており、
今回私はこちらを選びました^^
IMG_6834_20090824202614.jpg
イチゴのシフォンケーキ

ふわふわのシフォンケーキの上に、
イチゴクリームが乗っており、
その上に生クリームとイチゴが乗っています。
このイチゴクリームと生クリームの感じが、
絶妙な酸味と甘味のコントラストになっていて、
とてもおいしかったです!
甘味も強すぎないので、
最後に食べてもすっきりな感じでした。

正直、苫小牧の駅の近くにあるということで、
あまり期待していなかったのですが、
とても良い意味で裏切ってくれました^^
お店の店員さんも皆様丁寧な感じで、
一生懸命がんばっているのが、
伝わってきました^^
ぜひ、苫小牧にいらっしゃることがあれば、
一度たずねてみてほしいと思います^^
私もまた出張できたらこちらのお店か、
地下にある同系列のフレンチのお店に
行ってみたいと思いますー^^

明日は、出張二日目、
ホテルの朝食を食べずに、
食べに行った有名な食堂です!
お楽しみにー^^

ワイン ボデガス・カスターニョ モナストレル 2007

今日のお酒の感想は、
先日兄がくれたスペインのワインを
ご紹介します♪

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「ボデガス・カスターニョ モナストレル 2007」
です。

最初に、
私、実はスペインのワインが
あまり得意ではありません^^;
スペインに限らず、
ローヌなどの暑い地方の赤ワインは、
どうしても味が濃い印象があり、
なかなか克服できませんでした^^;
今回、年に数回帰ってくる兄が、
私がワイン好きというのを知っていてくれるので、
ワインを買ってきてくれました。
それがこちらのワインです。
兄はあまりワインには詳しくありませんが、
パーカーポイントは知っているようで、
高得点(90点)のワインだからと
持ってきてくれました。
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_8637.jpg

ボデガス・カスターニョ モナストレル 2007

飲んだ日 2009年8月12日
買った店 いただきもの
値段 いただきもの
品種 モナストレル

こちらのワイン、
まず色がかなり濃い紫色をしています^^
グラスを近づけると
甘酸っぱいベリー系のジャムのような
濃縮された濃い香りを感じます。
これはまた苦手な系統かな?
と思いながら口に含むと、
確かにタンニンなどを強く感じるのですが、
それほど濃厚な感じはありません。
むしろきちんと酸が残っているので、
すっきりといただくことができます^^
その酸とタンニンのバランスがちょうど良いために、
酸から始まりタンニンを感じ、
そして酸に戻っていく素敵なワインでした。
パーカーポイントはあまり気にせず
いろんなワインを飲んできましたが、
こちらは確かに高得点も納得な味でした^^

恵庭 コシが強い太い麺が特徴のお蕎麦屋さん 思君楼

こんばんはー!
昨日はブログをお休みして
ごめんなさいーT_T
今日からまた書きますね♪

今日は雨が降ったりやんだりで、
変な天気でしたね^^;
もう秋になりつつあるのでしょうか?
短い夏でしたねー^^;

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日も地方のお店特集です。
地方といっても札幌から近い恵庭のお店です。
恵庭に先日仕事に行ったときに食べに行った
お蕎麦屋さんをご紹介します。
地元で有名なお蕎麦屋さんということで、
千歳の拠点長に聞いていたので、
とても楽しみでした♪
お店の名前は、
「思君楼」さんです。

SBCA0006_20090824093804.jpg

名前 思君楼
住所 北海道恵庭市本町53
電話 0123-32-3059
時間 11:00~19:30
休み 火曜日
HP なし

恵庭に2店舗あるこちらのお店。
今回ご紹介する本店のほかに、
恵み野にもお店があります。
ただ、名前だけのチェーン店ではなく、
恵み野店もご家族の方が営んでいるということで、
どちらの味も大差がないとのことでした。
今回は、初めての訪問だったので、
本店の方に行ってみました♪

開店後まもなくお店に入ったにもかかわらず、
ほとんど満席状態^^
人気だというのがわかります^^

いつもお蕎麦屋さんに行くと、
もりそばか、もりそばと何かのセットを
頼むことが多いのですが、
今回教えてもらった拠点長によると、
天もりそばが有名とのことで、
そちらをお願いしてみました^^
こちらです!
SBCA0009_20090824093803.jpg
天もりそば

船の形をした入れ物に入って登場した
こちらのおそば。
とってもおいしそうです!

まず、こちらのお店の特徴でもある、
SBCA0010_20090824093803.jpg
こちらの麺。
結構な太麺となっていて、
かなり歯ごたえを感じる麺となっています。
つるつると食べるというよりは、
がつがつとよく噛んで、
いただくような麺となっています。
つゆは結構濃い目で甘いので、
麺を少し箸でとって、少しつける程度にして、
食べました^^
噛むとほんのり蕎麦の香りがしますが、
それほど強く香りません。
確認はしてませんが、二八蕎麦なのでしょうか?
のど越しや香りを楽しむよりは、
歯ごたえを楽しむお蕎麦だと思いました^^

そしてもうひとつの主役がこちら、
SBCA0011.jpg
おいしそうなてんぷらです。
季節によって入っているものが違うそうですが、
この日は、エリンギ・なす・大葉・えび・かぼちゃ・さつまいも・アスパラ
などが入っており、
とってもからっと揚がっています。
天つゆはそばのつゆに比べると薄めな感じで、
素材の味を味わいながら、
いただくような上品な味でした^^

そしておそばを食べ終わった後のお楽しみ、
SBCA0012_20090824093844.jpg
蕎麦湯も当然ついてきます。

こちらを、
SBCA0014.jpg
めんつゆに入れて飲んでみると、
あまり濃厚な蕎麦湯ではありませんでしたが、
ほんのり蕎麦の香りが香ります。
濃いつゆなので、
なみなみ蕎麦湯を入れても
まだ濃い感じで、
半分ぐらい飲んでからまた継ぎ足すと、
ちょうど良い感じにおいしくいただきました^^

お店を出るころには行列もできていました。
本当に地元に愛されているお店なんですね。
この麺はなかなかほかでは味わえない
オンリーワンなので、
これだけみんなの支持を
集めているのではないでしょうか?
私も毎日ではないですが、
無性に食べたくなるような気がする、
そんなおいしいお蕎麦でした。
行ったことが無い方は、
ぜひ一度足を運んでみてください^^
好き嫌いあるかもしれませんが、
食べてみる価値あると思いますよー!

今日のお酒の感想は、
はじめてスペインのワインをご紹介します!
お楽しみにー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。