*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 銭函ペンション持ち寄り会inマリンブーツ・インに行ってきました^^

こんばんはー!
少しの間ブログを休んで、
ごめんなさいorz
今日からまた書きますー!

今日はとてもうれしいことがありました^^
先日書いた、千歳ワイナリーさんの記事について、
真摯で的確な指摘をしてくださった方がいらしたんです。
今までも、様々な方に、
的確な指摘や、アドバイスを頂ける方がいる一方、
他のブログ上で中傷されたり、
具体的な内容を書かずに、
非難をする方もいました。
今回的確な指摘をしてくださった方は
真剣にブログを読んでくださったからこそ、
ご指摘いただいたのだと思います。
ですので、そうした方がいらっしゃる限り、
私も真剣にブログを書きます^^
的確なアドバイスには、素直に反省したいと思います。
そんな感じのブログですが、
これからもよろしくお願いしますー^^
(こう書くと、また非難する人いるんだろうなー^^;)

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するのは、
先日開催されたワイン会についてですー!
かなりの競争倍率で、
告知数時間で満席となるほどで、
キャンセル待ちの方も出るぐらいでした^^

というのも、
以前ブログでもご紹介した、
番屋の会で素晴らしい料理を提供してくださった、
Nさんがやっているペンションでの
持ち寄りワイン会ということで、
素晴らしい料理を期待して、
みんな開催を待ちに待っていたのです。
私も何とか滑り込みで参加することができ、
当日までわくわくどきどきでした^^
今回、素晴らしい料理を提供してくださった
ペンションの名前は、
「マリンブーツ・イン」さんです^^

IMG_0997.jpg

名前 マリンブーツ・イン
住所 北海道小樽市銭函2丁目1番2号
電話 0134-62-5737
時間 電話でご確認ください
休み 電話でご確認ください
HP  なし

今回の参加者は、
総勢6名。
お店の都合もあり、
少数人数での開催です^^
本当に参加することが出来て、
うれしかったです!!
あまりにうれしすぎて、
飲みすぎました^^;
ですので、今回のブログは、
あまり味などの参考にならないかも。。。
ご一緒していただいた皆様、
酔ってしまい、
申し訳ありませんでした^^;

ペンションは銭函の海のすぐそばに立っていて、
部屋の中からは、
IMG_0998.jpg
日本海を一望することができました^^
遠くは、祝津のホテルノイシュロスまで、
見ることが出来ましたー!
今回、かなり早い時間からの開催だったので、
まだまだ外は明るかったです^^

時間になり、
みんなで乾杯です^^
乾杯で飲んだのがこちら、
IMG_1002.jpg
クレマン・ド・ボルドー N.V

さっぱりとしたスパークリングで、
暑かったこの日に最高でした^^
泡もきれいで、シュワシュワした感じが、
とても気持ちよくいただくことができました♪

続いて泡をもう一本、
IMG_1003.jpg
モスカート 

こちら、微発泡とのことですが、
全然微発泡ではありません^^;
かなりの発泡で、
これまた心地よい一本です^^
そして香りも華やかなマスカット香で、
みんなで女性受けするワインだと
盛り上がってました^^

そして、いよいよ料理の登場です!
一品目からびっくりのこちら、
IMG_1004.jpg
ブイヤベース

いきなりブイヤベースの登場です!!
このブイヤベースが、
何種類の魚介が入っているの?
というぐらい味わい深く、
それでいてなんだかほっとするような味わいで、
一気に完食しちゃいました♪

ここで続いてのワイン。
お持ちした方の意向で、
ブラインドでみんなで飲みました^^
IMG_1005.jpg
カトリーヌ・モロー シャブリ 2001

正解は8年経過したシャブリでしたー!
ヴィオの造り手という事で、
8年経過した結果、シェリー酒の様な
香りがしました。
個人的に、以前私が開催した90年代のワインを飲む会で
飲んだ白ワインたちにテイストが似ている部分が
あるなぁと感じました^^
この2001ヴィンテージで、こちらのワインは
生産終了という貴重なワインを
飲ませていただき、ありがとうございました^^

続いての料理がこちら、
IMG_1008.jpg
ワカメのサラダ

小樽で取れたわかめをふんだんに使った
サラダです^^
わかめから来る磯の香りと、
さっぱりとしたドレッシングが、
白ワインにもぴったり^^
おいしかったですー!

そして、このお皿をよく見てください^^
上にでっぱりがありますよねー!
そこをアップすると、
IMG_1007.jpg
かわいい人の顔になってました^^
この器かわいくて、
ほっこりした気持ちになりました♪

料理どんどん出していただきます^^
IMG_1011.jpg
シャコのクリーム煮

これまた今の小樽の旬である、
春シャコを使った一品です^^
噛むほどに味が出るシャコとともに、
クリームの味が最高でした!

合わせたワインはこちら、
IMG_1012.jpg
シャトー・ボワラン ブラン 2006

こちら私が持っていったワインです^^
以前、この赤を飲んで、結構良かったので、
白を持っていってみました^^
ソーヴィニヨン・ブラン50%セミヨン30%ミュスカ20%
というセパージュですが、
キリッとした酸がまさに今が飲み頃といった感じで、
とても良くて、安心しました^^

IMG_1013.jpg
青ツブのエスカルゴ風

大きなツブ貝ですよねー!
エスカルゴ風ということで、
ニンニクバターで味付けされています^^
ニンニクとバターの風味が、
最高で、貝の中に残ったソースまで、
すすっちゃいました^^;

ここで赤が飲みたいとのことで、
IMG_1014.jpg
フォラン・アルベレ コルトン・グランクリュ 1992

コルトングランクリュが飲めるなんて、
大感激ですー!
17年経って、全ての味わいがまろやかになり、
本当に熟成というものを感じます。
それでいて、全然へたることがなく、
まだまだ飲めそうな一本でした^^

続いてがこちら、
IMG_1015.jpg
タコのオイル焼き

タコが新鮮なので、
噛むたびに味が出るといった感じです^^
ネギと南蛮を絡めたソースが、
ピリ辛で美味しさ満点です!
美味しかったですー^^

そしていよいよメインともいえる
料理の登場です!
IMG_1018.jpg
タコとしゃこのお刺身

IMG_1017.jpg
ヒラメのお刺身

IMG_1019.jpg
ウニのお刺身

しゃこにヒラメにウニなんて、
たまりません!!
どれもが新鮮で、
めちゃめちゃおいしかったです!
さらに、奥様お勧めの食べ方があるとのことで、
教えていただきました^^
それがこちらです!
IMG_1021.jpg
ヒラメの上にウニを乗せて、
塩をかけて食べるんですー!
醤油よりも塩のほうが、
ウニ本来の甘味を殺さずに
いただくことができ、
大感激の食べ方です!
あまりにウニが美味しかったので、
この後、一人でちまちま食べちゃいました^^;

そんな素晴らしいお刺身にあわせたのがこちら、
IMG_1020.jpg
永井酒造 水芭蕉ピュア N.V

こちらなんと、
日本酒初の瓶内2次発酵の
スパークリングナンです^^
2次発酵させるために、
清酒に発酵途中のどぶろくを混ぜて、
発泡させているそうです。
香りからまさに米です!
飲んでみても日本酒なのですが、
決めの細かい泡がとても気持ちよい感じです^^
これはぐいぐい飲めちゃうので、
危険な一杯ですね^^;

まだまだ料理も続きます、
IMG_1022.jpg
カジカの身と肝の和えもの

カジカといえば、
そんな高級な魚ではないのですが、
こうして食べると、
濃厚な感じが、
とても美味しかったです!!

続いて、
IMG_1023.jpg
伽羅蕗

この蕗がたまりませんでした。
美味しいお魚が沢山出てきたところに、
この蕗が出てきて、
なんだかほっとする感じで、
味わい深く頂いちゃいました^^

この頃になると、
だいぶ太陽も傾きはじめ、
IMG_1025.jpg
こんなきれいな太陽を見ることができました^^

ですが、料理もワインもまだまだ
続きますよー!
IMG_1026.jpg
蝦蛄とヤリイカのフライ

これまたたまらない一品です!
ヤリイカはとても甘く、
シャコは濃厚な味わいです!
そしてタルタルソースがいい味を出していて、
この後に出てくるワイン2種類と、
ぴったりだったと思います^^

その合わせたワインというのが、
IMG_1027.jpg
北海道ワイン 松原農園ミュラートゥルガウ 2008

私の大好きな松原農園さんの新酒です!
私が持ち込みました^^
新酒ならではの酸があるのですが、
甘味もあり、ミュラーの香りも強いので、
すっきりといただくことができ、
タルタルソースとも素晴らしいマリアージュを
楽しめたのでは?
と、個人的に満足しています^^

そしてもう一本あわせたのがこちら、
IMG_1028.jpg
プラ ソアヴェ・クラシコ 2007

こちらもブラインドで出していただきましたが、
私は先日ピエロパンとサン・アントニオのソアヴェを
飲んだので、何とかわかりました^^
ガルガーネガ特有の苦味を感じながら、
ほのかに樽っぽい感じがして、
私このワイン、とても気に入りました^^
ソアヴェといえば、安いワインというイメージが
あるそうなんですが、
私は良いソアヴェばかりに当たっているのか、
柑橘系の香りと苦味が特徴ある
美味しいワインというイメージなんですよねー^^
大満足の1本でした^^

この辺から、
ちょっと記憶があいまいになりつつあります^^;
次に頂いたのが、
IMG_1031.jpg
黒ガレイの煮付

身厚で美味しかった
記憶があります^^;

IMG_1032.jpg
シャトー・ド・セラム・ミネルヴォワ 2003

濃い果実味を感じる赤ワイン
だった記憶があります。

IMG_1033.jpg
シャトー・マレスカス 1996

熟成が進んでいるおかげで、
タンニンや酸もまろやかになり、
飲みやすく美味しかったと思います。

IMG_1034.jpg
ごはんとほっけの切り込み

この切り込みは、めちゃめちゃ記憶に残っています。
ちょこっと食べただけで、
口の中一杯に広がる味は、
たまらない一品でした^^
切り込みだけでご飯が進み、
奥様の進められるまま、
ご飯のお代わりしちゃいました^^

IMG_1035.jpg
アブラコの吸い物

こちらはすっきりした吸い物で、
〆の椀物としては、
素晴らしい一杯だったと思います^^

IMG_1036.jpg
スイカ

デザートは夏先取りといった感じで、
スイカを出していただきました^^
これまた甘く、とても美味しかったです♪

IMG_1037.jpg
トレバージョーンズ シャルドネ・ピノ N.V

ごめんなさい。
ほとんど記憶にありませんT_T
ラベルにブーツが描かれていて、
お店の名前「マリンブーツ・イン」と
あわせて持ってきたマイミクさんのセンスの良さに
頭が下がったのは覚えています^^;

これで
IMG_1042.jpg
6人が持ち込んだワイン11本が、
終了したのですが、
冷蔵庫を見ると、
なぜかもう一本ワインが入っています^^

こうなると、もう止まらない私たち、
お店の方に相談していただき、
お金を払い飲ませて頂くことになりました。
それがこちら。
IMG_1045.jpg
シュヴァーブ・キーベル エルデナー・トレプヒェン・リースリング・シュペトレーゼ 1986

23年前のワインが、
さらりと冷蔵庫に入っているのが、
とっても素敵ですよね^^
味はあまり覚えていないのですが、
オイリーっぽさはまだまだ健在?
だった記憶があります。

5時から始まった会は、
5時間以上経過していました^^
本当に素晴らしい料理はもちろん、
持ち寄りしていただいたワイン、
そして楽しいお話しのおかげで、
最後まで笑いの耐えない素晴らしい会でした。
素晴らしい料理を提供してくださったマリンブーツ・インさん、
会を企画してくださったNさん、
そして楽しい会をご一緒していただいた皆様。
本当にありがとうございました^^
ペンションの会は、また開催されるそうなので、
今回参加できなかった皆様、
絶対お勧めなので、要チェックですよ!
もちろん私もまた参加したいですー^^

明日は今週末に企画しているワイナリー訪問の
準備に行った様子を
ご紹介します^^
お楽しみにー!
スポンサーサイト

ワイン 中央葡萄酒 グレイスケルナー 2006

今日のワインの感想は、
道産ワインです^^

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「中央葡萄酒 グレイスケルナー 2006」
です。

こちらのワインは、
今日ご紹介した千歳にある
中央葡萄酒千歳ワイナリーさん
醸造されたワインを
山梨の中央葡萄酒さんが販売しているものです。
ですので、北海道ではなかなか販売していないのですが、
余市の中根商店さんが仕入れてくださり、
買うことができました^^
一度飲んだことがあったのですが、
そのときの印象としては、
とても香りがよく、
味わいも酸がほどよく効いた、
美味しいワインという印象でした。
シュールリー製法を行ったというこちらのワイン、
一体どんな味だったでしょうか?

IMG_6585_20090625112007.jpg
IMG_7849.jpg

中央葡萄酒 グレイスケルナー 2006

飲んだ日 2009年5月29日
買った店 中根商店
値段 2100円
ブドウ品種 ケルナー

やっぱりこのワイン美味しいです^^
コルクを開けてワインをグラスに
注いだ瞬間から、
素晴らしい香りが漂います^^
石油香と呼ばれているこの香り、
私大好きです!
好き嫌いがある香りらしいですが、
このワインの香りは、
そんな嫌味な感じは無く、
どなたでも気に入ってくれるのではないでしょうか?
そして味わいも、
口に含むとキリッとした酸とともに、
ミネラルを感じます。
そして、これまた心地よい酸と苦味が
スーッと続きます。
この辺は余市のテロワールなんでしょうか?
グビグビ飲んでもよし、
時間をかけて味を楽しんでもよしな、
美味しいワインでした^^

千歳 素敵な醸造家さんが山梨に旅立ちます 中央葡萄酒千歳ワイナリー

読んでくださった方から、
ご指摘いただき、
一部内容を改変いたしました。
ご了承ください。


こんばんはー!
今日もめちゃめちゃ暑かったですね^^;
こんな日は、冷たいシードルを飲もう!
ということで、
先日のシードルの会に持っていくのを忘れた
シードルを飲みました^^
感想はまた後日ー!

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は近々北海道から山梨へ旅立つ
素敵な醸造家さんに会いに行った様子を
ご紹介します^^
千歳にあるワイナリーで、
本社が山梨にある中央葡萄酒さん。
2005年から千歳のワイナリーの醸造を担当していた
青木さんが今年山梨にある系列のミサワワイナリーに
異動が決まり、近々山梨に行ってしまうことになりました。
青木さんがもともと山梨から来たということもあり、
とても喜ばしいことなのですが、
北海道のワイン界にとっては、
非常な痛手だと思います。

マイミクさんが主催して送別会を開いたのですが、
残念ながらその日は予定があり参加できないので、
先日、一人でワイナリーに訪問してきました^^
ワイナリーの名前は、
「中央葡萄酒千歳ワイナリー」さんです。
IMG_7410.jpg

名前 中央葡萄酒千歳ワイナリー
住所 北海道千歳市高台1丁目7番
電話 0123-27-2460
時間 9:00~17:00
休み 11月~3月 土曜,日曜,祝日,年末年始
    4月~10月 休まず営業
HP http://www.chitose-winery.jp/

こちらのワイナリーは、
もともと千歳の農協が取り扱っていた
ハスカップをワインに出来ないか?
ということで山梨の中央葡萄酒さんに
ご相談したのが始まりだったそうです。
そのため、こちらのワイナリーさんは、
IMG_7403.jpg
以前農協の倉庫だった建物を改築して、
ワイナリーにしています。
初期の頃はハスカップワインのみを
製造していましたが、
その後、余市のブドウ栽培家Kさんの、
ケルナー&ピノ・ノワールを使ったワインを
作りはじめ、
現在はそちらが主力となっています。
ブドウ栽培家のKさんと醸造担当の青木さんが、
タッグを組み、ワイン作りに取り組んだ結果、
ここ数年の千歳ワイナリーさんのワインは、
素晴らしい成長をして、
本場山梨の中央葡萄酒さんも一目
置くようになってきたそうです。

その素晴らしいワインを造っている青木さんが、
こちらです!
IMG_7406.jpg
めちゃめちゃ優しそうな青木さん。
実際お話しさせていただいても、
嫌味なところが一切無い、
仏様のような方なんです。
そして、ただ優しいだけではなく、
そのワインに対するこだわりも
素晴らしいものがあります。
ケルナーを使ったワインでは、
シュールリーと表記していなくても、
必要と感じればシュールリー製法を導入したり、
甘口のワインを造るなど、
バリエーション豊富にチャレンジしています。
そして、ピノ・ノワールでも色を味わいを深くするために
セニエを行ったりしています。

今回お会いできるのが最後かも、
ということで、
最後に青木さんに設備を見せていただきました。

IMG_7408.jpg
こちらの圧搾機でぶどうを搾り、
果汁を取り出します。
わりと小柄なタイプを使っていました^^

続いて、
IMG_7407.jpg
こちらが発酵や熟成させる
ステンレスタンクです^^

そして、
IMG_7409.jpg
こちらの小樽でピノ・ノワールや
ケルナーの一部を熟成させています。

ほかに瓶詰めの機械もあったのですが、
こちらは別室ということで、
今回は見学しませんでした^^

もちろん、ワイナリーの中には、
IMG_7404.jpg
直売スペースもあり、

IMG_7400.jpg
こちらのワイナリーで製造されたワインが、
販売されています^^

そして、北海道ではここだけしか
買えないワインも少数ですが売っていました。
そんな一つが、
中央葡萄酒 グレイスピノ・ノワール2007です。
なんとピノ・ノワールの2007ヴィンテージは、
千歳ワイナリーラベルの販売の前に、
中央葡萄酒ラベルで販売されたんです^^
中央葡萄酒さんが一目置いているというのが、
こうしたことからも伝わりますね。
そんな中央葡萄酒ラベルのピノ・ノワール2007が
ここで少数販売していました^^

これで青木さんが携わった
2005年からのピノ・ノワールが
IMG_7402.jpg
勢ぞろいしました。
いっぺんに飲み比べて、
味の違いを確かめてみたいですね^^

もちろんここまできたら、
何も買わないはずがありません。
今回購入したのはこちらです!
IMG_7674.jpg
箱です!
千歳ワイナリー専用箱です!
肝心の中身は、

IMG_7675.jpg
IMG_7678.jpg
中央葡萄酒 グレイス ピノ・ノワール2007

先ほどご紹介した、
ここでしか買えないピノ・ノワールです^^
2006がピノらしい素晴らしい味わいだったので、
こちらも楽しみです!

そしてもう一本がこちら、
IMG_7681.jpg
IMG_7683.jpg
IMG_7684.jpg
中央葡萄酒 ピノ・ノワール 2005

実は2006を以前購入していて、
今、室で眠ってます。
そして今回2007を購入したので、
青木さんの軌跡を残しておくために、
こちらの2005も購入しました。
いつか、3ヴィンテージ飲み比べしたいと思います^^

そして帰りがけ千歳のビックリッキーでも
一本購入したんです。
それがこちら、
IMG_7686.jpg
専用箱です!

肝心の中身は、
IMG_7688.jpg
IMG_7691.jpg
中央葡萄酒 レシラ N.V(2008)

中央葡萄酒の新酒です^^

収穫されたピノ・ノワールを
発酵初期の段階でセニエと言って、
抜き取ったものです。
ですので、きれいなピンク色をしていて、
アルコール度数は低目となっています。
こちらもいつか先ほどのワインと一緒に、
飲んでみたいですね^^

最初にも書きましたが、
とても残念ですが、
青木さんが北海道を離れてしまいます。
しかし今回の異動は、
本当に素晴らしいことだと思います^^
日本のワインの本場山梨に
中央葡萄酒さんの肝いりで作られた
ミサワワイナリーさんに行くんですから^^
ですので、私は今回の異動を
悲しむのではなく、心から喜びたいと思います!
そして、いつの日か再び北海道に戻ってきてくれる日を
楽しみにしたいと思います!
そして、新しく千歳にいらっしゃる方も
頑張っていただきたいです^^
もちろん私も応援したいと思います!
青木さん本当に今まで、
お疲れ様でした^^

今日のワインは、
そんな千歳ワイナリーさんの造った
中央葡萄酒ラベルの白ワインです。
お楽しみにー!

ワイン ファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・チェラスオーロ 2008

今日のお酒の感想は、
イタリアワイン勉強中ということで、
3日連続のイタリアワインです^^

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「ファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・チェラスオーロ 2008」
です。

昨日のキャンティと同じぐらい、
日本人に慣れ親しんだイタリアのワインに、
モンテプルチアーノ・ダブルッツォがあります^^
アブルッツォ州で栽培された
モンテプルチアーノを使って造られる赤ワインで、
多くの種類が輸入されていることもあり、
手ごろな赤ワインとして知られています。
今回紹介するファルネーゼも
モンテプルチアーノ・ダブルッツォで知られたワイナリーで、
そのワインが、神の雫にも紹介されるほどです。
今日ご紹介するワインは、
そのモンテプルチアーノ・ダブルッツォではなく、
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・チェラスオーロです。
チェラスオーロというのはフランスで言うロゼのことで、
モンテプルチアーノをつかったロゼということになります。
チェラスオーロというのはイタリア語でチェリー色という意味で、
見た目の色からきているようです。
たまたま訪れたチェーンの酒屋さんで見つけたので、
買ってみました。
一体どんな味だったでしょうか?

IMG_6922.jpg

ファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・チェラスオーロ 2008

飲んだ日 2009年5月2日
買った店 ビックリッキー恵み野店
値段 1100円
ブドウ品種 モンテプルチアーノ

こちらのロゼ、
ロゼの中でも結構濃い色をしています。
低温にて短い時間スキンコンタクトを行った後、
ぶどうの皮を抜くことで、色の濃いモンテプルチアーノ種で
ロゼを造ることができるそうです。
私は最近結構ロゼが気になっていたのですが、
こちらのワインも私の期待にたがわぬ
美味しいワインでした。
まず香りは、なんとも甘酸っぱい苺のような
香りです。
口に含むと、ほのかにプチプチした発泡を感じ、
香り同様の苺やベリー系のような、
果実味溢れた味わいとなっていました^^
これは、夏の暑いときにきりっと冷やして飲むのに、
ぴったりだなぁと思いました^^
イタリアのロゼで、この味お勧めと思っていたのですが、
実は先日あるお店でそれ以上のロゼに出会ってしまいました^^
残念ながら写真を撮るのを忘れていたので、
ご紹介できませんが、
イタリアのロゼ、あなどりがたし!
といった感じです。、
また違うタイプのワイン飲んでみたいともいますー^^

明日は、残念ながら醸造責任者が
移動になってしまうあのワイナリーをご紹介します。
お楽しみにー!

札幌 ご夫婦で営む路地裏にある素敵な和食のお店 小料理 ほたる

こんばんはー!
今日はめちゃめちゃ良い天気でしたね♪
きっと、農作物を育てていらっしゃる方も
一安心ですね^^
よしヴィンヤードも
すくすくと成長して欲しいですね♪

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は昨日ご紹介したサボさんの後に行った、
素敵な和食のお店をご紹介します。
ご一緒したとてもグルメなマイミクさんの
お勧めということで、
どきどきわくわくしながら、
お店にむかいました!
お店の名前は、
「小料理 ほたる」さんです^^

IMG_7803.jpg

名前 小料理 ほたる
住所 北海道札幌市中央区大通西24丁目2-3 プルミエール大通 1F
電話 011-643-5631
時間 18:00~23:00
休み 月曜日・第3火曜日
HP http://www.ktw.co.jp/hotaru/

こちらのお店、
大きな通りから、
一本路地に入ったところの
マンションの1階にあり、
お店のことをご存知で無いと、
お店があることにも気がつかなそうです。
今回はマイミクさんに
お勧めしていただいたおかげで、
訪問することができました^^

お店は椅子席と
畳の席があり、
今回は畳の席に座りました^^
テーブルの上には、
IMG_7806.jpg
こんな素敵な花の絵をあしらった
紙が置かれていて、
お店の方のセンスを感じます^^

お店はご夫婦で営んでおり、
和食料理を提供しているそうです^^
メニューをみると、
かなりの品数が書かれていました。

それでは早速食べたものをご紹介します!
結構良い感じで酔っていたので、
料理の名前、感想あてにしないでくださいね^^;

まず、和食といえばお酒はもちろん、
IMG_7804.jpg
大信州(冷)

こちらのお店は、
全国のおいしいと思う
蔵元さんから日本酒を仕入れて
いらっしゃるそうで、
長野の銘酒大信州も置かれていました^^
すっきりしながらも濃い味わい、
冷で飲んでもその濃い味わいが嫌味にならず、
さすが大信州といった味わいでした。

食べた料理は、
IMG_7807.jpg
中納言盛り

こちらのお店の
お刺身の盛り合わせ、
量と内容によって、3種類の名前がついており、
上から、
大名盛り
中納言盛り
小町盛り
となっています^^
なんとも面白いネーミングですよね。
今回は真ん中の中納言盛りを頼みましたが、
真ん中でこのレベル!?
というぐらい豪華で5種類もの刺身が
盛られていました。
しかも北海道の和食のお店にありがちな
北海道の魚を集めました的な感じではなく、
あくまで美味しいと思った魚を
仕入れていらっしゃるそうで、
この日も道外のしめ鯖などがあり、
とってもおいしかったです!

続いてきたのがこちら、
IMG_7808.jpg
前菜の盛り合わせ

こちらも酒の肴にぴったりな
前菜の盛り合わせです。
左側のがあん肝だったかなー?
真ん中の奥にあるのが何かの魚のたまご?
そして右側が。。。覚えてませんーT_T
だめだめな感じでごめんなさいです!
ただ、どれも美味しかったことは覚えています。
特に何かの魚のたまごは、
塩味がしっかりついており、
お酒と一緒に食べるとも、
もうたまりません!
といった感じでした^^

IMG_7809.jpg
燗酒(銘柄忘れちゃいました)

ここで、燗酒に交代です。
燗酒も美味しくないお酒だと
鼻に抜ける香りがとてつもなく嫌な感じなのですが、
こちらのお酒にはそういったところが、
まるでありません^^
心地よい香りが、鼻を抜けていきました^^
味もべたつき感がなく、
すっきりといただくことができました^^

IMG_7810.jpg
全然名前思い出せませんT_T
ただ、みょうがと酢味噌の塩梅が
ちょうどよく、
美味しかったのを覚えています^^

IMG_7811.jpg
たけのこのお刺身?
食べに行ったのは5月ということもあり、
美味しいたけのこがありました^^
歯ざわりもしゃきしゃきしていて、
梅ダレとの相性がばっちりでした^^

本当にどれもが美味しく、
またお酒も素晴らしかったので、
後半ほとんど名前等覚えてませんでした^^;
読んでくださった皆様、
中途半端な情報でごめんなさいorz
今度はきちんとメモを取って
食べたいと思いますー!

そして秋ごろには、
こちらのお店である会を開けたらなーっと
思っています。
もう少し具体的になったら、
またお知らせしますね^^

今日のお酒の感想も
3日連続のイタリアワインです^^
お楽しみにー!

ワイン アレティーノ キャンティ 2005

今日のお酒の感想は、
昨日に引き続き、
イタリアワインです^^

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「アレティーノ キャンティ 2005」
です。

イタリアワインの代表選手とも言える、
キャンティ。
どこの酒屋さんのイタリアワインコーナーにも、
必ずキャンティのワインが数本あるというぐらい、
日本ではポピュラーなワインだと思います。
私個人としては、サンジョベーゼを使用した軽い味わいという印象を、
今までずっと持ってきました。
こちらのワインも、
地元の生協に売っており、
なんとなくイタリアワインが飲みたくなったので、
買ってみた一本です。

トスカーナ州にある協同組合である、
アレティーノが手がけているこちらのキャンティは、
メルシャンが輸入元になっているということもあり、
わりといろんなお店においています。
一体どんな味だったでしょうか?

IMG_3880.jpg
IMG_3883.jpg

アレティーノ キャンティ 2005

飲んだ日 2009年5月10日
買った店 生協緑店
値段 980円
ブドウ品種 サンジョベーゼ

こちらのワイン。
今回美味しいすき焼きと
合わせてみました。
結論から言うと、
うーん、やっぱり薄い?
という感じです^^;
フランスの赤などに比べると、
すごい軽やかというか薄い感じなのです。
口に含んだ瞬間、ふわっと甘味が来るのですが、
その後に期待したタンニンがあまり感じません。
ほんのり甘くて、かすかにタンニンを感じた後、
スーッとその味もなくなってしまいます^^;
キャンティクラシコなどになれば、
きっと余韻も楽しめそうなのですが、
このクラスでは仕方ない感じですね^^;
もっと淡白なお肉料理とあわせれば
良かったと思います^^;l

明日は、サボさんの後に行った、
素敵な和食のお店をご紹介します!
お楽しみにー♪

札幌 円山地区で予約必須の素晴らしいイタリアン サボ

こんばんはー!
今日は一日平穏な一日でした。
通っているジムも休みだったので、
冷たい白ワインをグビリ。
雨もやんだので、
ブドウの世話も出来ましたー^^

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するお店は、
以前から行きたかったイタリアンのお店です♪
いつも満席で、予約が必須なお店なんですが、
マイミクさんが今回のために、
予約をしてくださいました^^
いつもお世話になっているマイミクさんとともに、
素晴らしいイタリアンを
満喫しちゃいました♪
お店の名前は、
「サボ」さんといいます。
IMG_7802.jpg

名前 サボ
住所 北海道札幌市中央区南一条西25-2-1
電話 011-613-2425
時間 月・水~土曜日 18:00~1:00
    日・祝日 18:00~24:00
休み 火曜日
HP なし

待ち合わせの時間となり、
お店の中に入ると、
噂どおりの満席状態。
各々わいわい盛り上がっていました。

私たちも
IMG_7791.jpg
予約席につき、
早速最初の飲み物の注文です。

もちろん頼んだのはこちら、
IMG_7792.jpg
ソレッレ ブロンカ プロセッコ ディ ヴァルドッビアーデネ N.V

イタリアのスプマンテですー!
こちらのスプマンテ、
酸もきりっと辛口な味わいが、
最初の一杯にぴったりで、
美味しかったです!
発泡方法がわかりませんが、
結構泡の感じも細かくて、
すっきりした味わいでした。

スプマンテとともに頼んだメニューは、
IMG_7794.jpg
ウニ入りの冷製スープ
です。
 
こちらのスープが冷製にもかかわらず、
まったくだまになっておらず、
濃厚な味わいをそのまま残す感じで、
ウニの生臭さもまったく感じずに、
めちゃめちゃ美味しかったです!
酸のしっかりしたスプマンテとも
相性ぴったりな感じで、
大満足でしたー!

続いてこちら、
IMG_7795.jpg
季節の野菜のフリット

美味しい季節の野菜のフリットです。
記憶が確かなら、たらの芽やわらびなどを
フリットしていたような気がします。
こちらは素材の味わいを楽しむために、
あえて味付けしていません。
確かにそのまま食べても最高な味わいで
スプマンテによって油っぽいのを
中和してくれる感じでした^^

もう一品がこちら、
IMG_7797.jpg
ハムときのことチーズのピザ

この日はお店に来る前にも
数杯ワインを飲んでいたので、
料理の名前は間違っているかもしれません^^;
でも、味はしっかり覚えています!
こちらのピザ、周りがカリッとした
クリスピータイプのピザで、
チーズとトマトソース、
そしてハムときのこの
組み合わせが最高な一皿でした。
どれもが主張していないのですが、
どれ一つかけてはこの味にはならないのでは?
と思うぐらいの美味しさでした^^

ここでワインがなくなったので、
お願いしちゃいました。
頼んだのはこちら、
IMG_7799.jpg
グラッソ・フラテッリ バルバレスコ・ソリ・ヴァルグランデ 1999

ネッビオーロを使った
バルバレスコです^^
実は私バローロは数回飲んだことがありましたが、
バルバレスコは1回ぐらいしかありませんでした^^;
1999年ということでこなれた感じを楽しめるのでは?
と思い頼んでみました。
そしてその想像どおり、
タンニンが強いのですが、
それが嫌にならないまろやかな感じなんです。
それにもかかわらず、
香りは濃い花の香りのようでした。
そんなに高くないワインでしたので、
コスパは良いと思いましたー!

そんな赤ワインとあわせたのは、
IMG_7800.jpg
ラム肉のソテー

私の大好物のラム肉です!
ほんのり赤身がかったラム肉は、
とてもジューシーでいて、
口の中一杯に味わいが
広がっていきます!
噛めば噛むほど奥底から味わいが
口の中に広がる印象があり、
最高の一皿でした^^

そして〆に頼んだのがこちら、
IMG_7801.jpg
トリッパ

こちらのトリッパは、
めずらしく柑橘系のソースが
かけられています。
いつも結構濃厚なものに添えられるトリッパですが、
私はこういう柑橘系のソースも
素晴らしいと思います!1
こちらは赤ワインよりも、先ほどの泡や、
白ワインとあわせると面白いなぁなどと、
勝手に想像を膨らませていました^^

これだけ美味しいものを食べ、
美味しいワインを飲んだら、
大満足です!
これで会計もビックリするぐらいの
お安さなんで、
近くに住んでいたら、
ぜったい通い詰めちゃいそうでした^^;

今回、美味しいものとワインが大好きな
三人が集まれば、
楽しいこと間違いなし!
というわけで、
めちゃめちゃ楽しい美味しい時間を
過ごすことができました^^
ご一緒していただいたお二人、
誠にありがとうございましたー!

今日のお酒の感想は、
イタリアワインです。
お楽しみにー!

ワイン サン・アントニオ ソアヴェ 2007 & ピエロパン ソアヴェクラシコ 2007

今日のお酒の感想は、
ワインのハーフを飲み比べしたときのことを
書きたいと思いますー!

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「サン・アントニオ ソアヴェ 2007」
「ピエロパン ソアヴェクラシコ 2007」

ここ最近、家で外国のワインを飲むことが多い私。
一昨日ご紹介のドイツ、昨日ご紹介のフランスときたら、
次はやっぱりイタリアですよねー!
ということで、以前からやろうと思っていた飲み方を
試してみました^^
それがソアヴェ飲み比べです!

実は同じワインの飲み比べを
他のワインを含めて、某イタリアンで、
去年行ったのですが、
その時にイタリアワインの素晴らしさに感激して、
もう一度、自分の家でやろうと思い、
先日ようやく実現させました^^
ヴェネト州の白ワインとして有名なソアヴェ、
値段もお手ごろな感じなので、
イタリアワイン好きではなくても、
ご存知な方もいるのではないでしょうか?
今回は、両ワイナリーの一番お求めやすいものを
用意して、飲み比べてみました。
一体どんな味だったでしょうか?

IMG_6703.jpg

IMG_1245.jpg
サン・アントニオ ソアヴェ 2007

飲んだ日 2009年4月16日
買った店 酒のたなか
値段 880円(ハーフ)
ブドウ品種  ガルガネーガ、トレッピアーノ・ディ・ソアーヴェ、シャルドネ

IMG_6639_20090622224845.jpg
ピエロパン ソアヴェクラシコ 2007

飲んだ日 2009年4月16日
買った店 はやしや商店
値段 1150円(ハーフ)
ブドウ品種 ガルガネーガ、トレッピアーノ・ディ・ソアーヴェ

色はどちらも同じような色をしています。
最初、結構冷えた状態でグラスに注いだのですが、
香りは、サン・アントニオの方がすっきりした
グレープフルーツのような柑橘系の香りがして、
好印象でした^^
味も同様にサン・アントニオの方が
酸をほどほど感じた後に、
ほのかな蜜のような甘さを感じ、
すっきり飲める感じでした。
ピエロパンは、
香りも重く少しクセのある感じで、
口に含むと少し酸が強い印象でした。
サン・アントニオに比べると、
なかなか飲み進めませんでした。
が、時間が経ち、
ワインの温度が上がるにつれて、
印象は一変。
ピエロパンのさんが穏やかになるにつれ、
酸に隠れていた苦味や甘味が
口の中に広がり初めました^^
香りも最初の時よりも華やかに感じられ、
柑橘系のさっぱりした香りがとてもよく出ていました^^
それに対して、サン・アントニオは
最初飲みやすかった分、
時間が経ち、同様にさんの感じ方が弱くなるにつれ、
苦味が強さを増してきました。
冷たいときの印象に比べると、
少し飲みにくい感じでした。

去年飲み比べたときは、
サン・アントニオの方が好印象だったんです。
ですが、今回こうしてハーフを一人で飲んでみると、
ピエロパンのほうが味わい深いような気がします。
ワインの温度って本当に大切ですね^^;
とはいってもサン・アントニオも同様に
素晴らしいワインだと思うので、
今回はとても贅沢な飲み比べだったと思います。
ぜひ、この2つのワイナリー以外のソアヴェも
飲んでみたいですね♪

札幌 おそばもつゆもとっても美味しいおそば屋さん なみ喜

こんばんはー!!
今日はなんだか変な天気でしたねー^^;
そんなに空暗くないのに、
一日中霧雨のような
細かい雨が降っていました。
最近雨ばかりで、
なかなかブドウの世話が出来ません。
早くからっと晴れて欲しいですねー。

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

さて、今日ご紹介するのは、
札幌にあるおそば屋さんです。
元々おそばが好きな私。
美味しいそば屋さんないかなー?
と思っていたところに、
先日参加したワイン会で、
おそば屋さんをなさっているというご夫妻と
ご一緒させていただきました。
話を聞くとかなりこだわりを持っていて、
美味しいおそば屋さんとのこと。
他の参加者もお勧めしていたので、
これは行ってみないとということで、
先週行ってきました。
お店の名前は、
「なみ喜」さんです。

IMG_8426.jpg

名前 なみ喜
住所 北海道札幌市北区北二十四条西13-2-1
電話 011-746-0156
時間 11:00~21:00
休み 木曜日
HP なし

こちらのお店は、
ちょうど北大の北側にあり、
昼間の込む時間帯は、
駐車場が満車になるほどと聞いていたので、
この日は開店直後にお伺いしました^^
そのおかげで、無事に車も止めることができ、
並ばずに座ることができました^^

まず、入り口を入ると、
IMG_8447.jpg
「北海道田舎蕎麦研究会」の文字。
こういった会がある事自体、
まったく知りませんでした^^;
これはますます期待が高まります!

お店の壁には、
IMG_8430.jpg
店主のこだわりが書かれており、
そのこだわりたるや、
素晴らしいものがあります。
こうなると早く食べたくなってしまいます^^;
早速席に座ることにしました!

店内は、
IMG_8431.jpg
テーブル席と、
一人用の
IMG_8437.jpg
カウンター席が用意されており、
この日は一人での訪問だったので、
カウンター席に座りました^^

メニューは一般的な蕎麦の他、
天ぷらや一品料理などもあり、
そして、お店の中には、
IMG_8432.jpg
こうした焼酎などのお酒が、
ずらりと並んでいました。
ただ蕎麦を食べにくるのではなく、
江戸の粋を感じるような、
蕎麦屋の一品メニューとお酒という組み合わせも
楽しめそうでした♪

いろいろある中から、
お店の方にお会いしたときに聞いたお勧めを
注文しましたー!
それがこちらです!
IMG_8438.jpg
板そば

板そばです。
IMG_8439.jpg
通常のもりそばよりも量が多いのが特徴で、

薬味には、
IMG_8440.jpg
わさびとネギが使われていました。

そしてお蕎麦のつゆは、
IMG_8442.jpg
北海道によくあるつゆに比べると、
個人的味覚で言うと、
少し甘辛い感じでした。
北海道によくある甘いつゆも好きですが、
こういう甘辛いものもとても美味しかったです。

肝心かなめのそばは、
IMG_8443.jpg
やや平打ちな感じのおそばで、
食感的にはツルツルというよりは、
モチモチ口でよくかむ感じのタイプでした。

つゆにつけて一口食べてみると、
まず、つゆの甘辛さを感じます。
お蕎麦の味わい弱いのかなー?
と思っていたのですが、
一口二口かむ間に、
どんどんどんどん蕎麦の香りと味わいが、
口の中に広がり始めるんです!
ファーストインパクトがそばの出番だとしたら、
セカンドインパクトはまさに蕎麦の味わいといった感じで、
1度で2度3度美味しい素敵なお蕎麦でした。

もちろん蕎麦を食べ終わったときには、
IMG_8445.jpg
蕎麦湯を頂いて、つゆも飲んじゃいます。
この蕎麦湯がまたとろっとしていて、
まさにきちんと蕎麦を茹でた蕎麦湯なんだろうなぁと言うのが、
飲んでいて伝わります。
濃厚な蕎麦の味わいが口に広がり、
とても美味しい蕎麦湯をいただくことができました^^

札幌で美味しいおそば屋さんを探すのが、
なかなか大変でしたが、
素晴らしいお店を教えていただきました。
次回は名物らしい鳥天を食べてみたいと思います!
本当にお勧めなので、
是非食べに行ってみてくださいねー^^

ワイン トゥルクハイム協同組合 ゲヴュルツトラミネール 2006

今日のお酒の感想は、
アルザスのワイン会に引っ掛けて、
アルザスワインです。

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「トゥルクハイム協同組合 ゲヴュルツトラミネール 2006」
です。

アルザス地方のトゥルクハイムにある
協同組合が造っているワインで、
先日たまたまチェーンの酒屋さんに
行ったときに見つけて、
つい買った一本です。
ゲヴュルツトラミネールは、
北海道ワインさんの鶴沼シリーズや、
松原農園さんのものを飲んで、
その香りと味わいに惹かれて、
大好きになった品種。
通常はアルザスのワインの中でも、
結構高いワインなのですが、
こちらのワインはなんと2000円以下、
とってもお買い得でした。
お買い得な一本、
一体どんな味だったでしょうか?

IMG_3604.jpg
IMG_7853.jpg

トゥルクハイム協同組合 ゲヴュルツトラミネール 2006

飲んだ日 2009年5月31日
買った店 ビックリッキー清田店
値段 1880円
ブドウ品種 ゲヴュルツトラミネール

安いワインということで、
心配な部分もあったのですが、
香りはまさにゲヴュルツ!
ライチのような香りを
濃厚に感じます。
これは案外いけるのでは?
と思い、口に含むと、
うーん。なんとも中庸的な味わい。
酸味や苦味はあるのですが、
どれもがそれほど主張をしていないのです^^;
アルザスのワインは、
香りが主張している分、
味わいも強くなければ、
バランスが取れないのですが、
私個人の好みからいくと、
こちらは残念ながら味わいのほうが、
香りに負けてしまっているようでした。
ただ、味わいが濃くない分、
すいすい飲めちゃったのは事実です^^;
軽い味わいが好きな方には、
値段のことを考えると、
お勧めできると思いますー^^

明日は、
先日食べに行った美味しいおそば屋さんを
ご紹介します!
お楽しみにー♪
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。