*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 大好きなビストロの営業最終日にお伺いしました パロンブ

おはようございます、
ちょっぴりブログの更新が滞っちゃいました。
ようやく仕事も落ち着いてきたので、
今日からまたブログを書きたいと思います^^

今日は惜しまれつつ先日閉店したお店に、
お伺いした様子をご紹介します。
自分のワイン会を開催させていただいたり、
尊敬する方との会食をお願いしたり、
とても思い出が沢山ある素敵なビストロでした。
そのお店の名前は、
「パロンブ」さんといいます。

IMG_6865_20150314063219ad7.jpg

名前 PALOMBE
※ 残念ながら閉店しました

お店の入口には、
IMG_6866_2015031406322191d.jpg
閉店の案内が貼られていました。
実はパロンブさんの小鹿シェフが晴れて独立するため、
閉店が決まったそうです。
大好きな小鹿シェフが自分のお店を持つ、
閉店は残念ですが、
期待せずにはいられません。
その辺の話しも聞きたくお伺いしました♪

閉店の案内にも書いてますが、
最後の1週間は、
軽いつまみとグラスワインを楽しむ、
特別営業となってました。

それではまずは頂いた料理を
ご紹介します。
IMG_6871_201503140632437be.jpg
シャルキュトリー盛り合わせ

IMG_6958_201503140633140a1.jpg
季節野菜のサラダ

IMG_6959_2015031406331610a.jpg
チーズとシャルキュトリー盛り合わせ

パロンブさんのシャルキュトリーを
最後に頂くことができて良かったです。
小鹿シェフの造るシャルキュトリーは、
フランスで修業しただけあり、
本格的。
ワインのあてにピッタリな味わいで、
ワインがどんどん進んじゃいました^^

そんな料理とともに頂いたワインがこちらです♪
IMG_6954_20150314063248d7f.jpg
ドメーヌ・ジャッキーノ ジャッキ・ブル・ペティアン・ナチュレルN.V

IMG_6875_201503140632469a2.jpg
ナナ・ヴァン・エ・カンパニー ユーアーソーバブリーN.V

IMG_6867_2015031406322374f.jpg
ピエール・フリック ピノ・ブラン2013

IMG_6955_20150314063313468.jpg
ドメーヌ・レスカルポレット  レスカルポレット・ブラン2013

IMG_6869_20150314063226c20.jpg
ドメーヌ・オヤマダ BOW!(白)2014

IMG_6868_20150314063224d57.jpg
レミ・プジョル ル・トン・フェ・トゥー・ルージュ2012

IMG_6874_201503140632469be.jpg
ドメーヌ・ド・スローズ コトー・デクサン・プロヴァンス・レザミ2012

IMG_6960_2015031406331845c.jpg
ローラン・ルブレ サ・セ・ボン2011

IMG_6872_20150314063243538.jpg
ドメーヌ・オヤマダ BOW!(赤)2014

IMG_6961_20150314063319b3b.jpg
ドメーヌ・オヤマダ 洗馬2013

閉店間近にもかかわらず、
素晴らしいラインナップでした。
身体に染み入るようなヴァンナチュールばかりで、
とても美味しかったです、
特にリリースしたばかりの、
ルミエールを独立した小山田さんが設立した、
ドメーヌオヤマダの3本が素晴らしく、
どれも旨味があり余韻も長く、
世界のヴァンナチュールよりも美味しいと思えるほどでした。

こんな素敵なお店がなくなってしまうのは残念ですが、
実は次の展開が決まっており、
独立した小鹿シェフの新しいお店「ゴーシェ」は、
4月にオープン予定で、
パロンブさんがあったところには、
スペイン料理のお店、「コチニージョ」ができるそうです。
思い出のあるお身が閉店するのは寂しいですが、
新しいお店がどんな感じになるのか、
今からとっても楽しみです!
期待して待ちたいと思います^^
スポンサーサイト

滝川 見ても食べても素晴らしい料理を出してくださるヨーロッパ料理のお店 プティラパン

こんばんは、
今日は急遽仕事で滝川まで
ひとっ走り行ってきました。
そのおかげで美味しいランチができて、
幸せでしたー^^

ということで、
今日はさっそく今日のお昼にお伺いした、
素晴らしいヨーロッパ料理のお店を
ご紹介します!
滝川に行くたびに営業しているときは必ず立ち寄るぐらい、
大好きなお店です。
お店の名前は、
「プティラパン」さんといいます。

IMG_6056.jpg

名前 プティラパン
住所 北海道滝川市本町2丁目2-52-2
電話 0125-23-1477
時間 ランチ 11:30〜14:00L.O13:30 (水曜~土曜日)
   ディナー18:00〜22:00 L.O21:00
休み 日曜日、第1・第2月曜日
HP http://lapin0125.exblog.jp/

駅からほど近い場所にあるプティラパンさん、
お店に入るとテーブル席とカウンター席があり、
今回は初めてカウンター席に座りました。

カウンター席からは、
IMG_6045_20150121222829c54.jpg
老田シェフの動きが、
すべて見えるようになっていて、
ついつい見入っちゃいました^^

そしてカウンターの上には、
IMG_6044_201501212228275cc.jpg
シルバーだけでなく、
箸も置いてくださっているのが、
嬉しい配慮ですよね。

それではさっそく頂いた料理を
ご紹介します!
IMG_6047_20150121222829d50.jpg
かぼちゃのスープ

IMG_6049_2015012122283014c.jpg
自家製パン

IMG_6050_201501212228322f4.jpg
サラダ

IMG_6051_20150121222847a0b.jpg
本日の鮮魚の盛り合せ(きんめとかすべのほっぺ肉)

IMG_6055_2015012122284835c.jpg
食後のコーヒー

いつもながらこの内容で、
1200円+コーヒー100円で良いの?
と思っちゃうほど素晴らしい味わいです。
かぼちゃのスープはざらざらした感じが一切なく、
さらりとしていながら味がしっかりしており、
パンがどんどん進みます。
サラダに載せてあるポテトサラダも、
滑らかで美味しかったです。
そしてメインのきんめとかすべのほっぺ肉が、
もう素晴らしかったです!
素材も良いのですが、
火の入れ加減、ソースの濃度、味わい、
どれをとっても最高の美味しさでした。

この文章を書いて写真を見ているだけで、
また行きたくなっちゃうぐらい素晴らしいお店です。
道産ワインも豊富に揃っているので、
ぜひ滝川に行く際には、
足を運んでみてくださいねー^^

札幌 冬のお楽しみ、ジビエの美味しいビストロ パロンブ

こんにちは、
今日は家でのんびりなので、
今までたまっていた分、
沢山ブログを書いちゃいます!

今日ご紹介するのは、
札幌でジビエといえば、
個人的にここが一番と思っている、
素敵なビストロです!
冬の季節限定で、
いろんなジビエを楽しむことができます。
お店の名前は、
「パロンブ」さんといいます。

IMG_5187_20150111155518b45.jpg

名前 PALOMBE
住所 北海道札幌市中央区南3条西5丁目 三条美松ビル 2F
電話 011-231-3940
時間 17:00~24:00
休み 火曜日 
HP http://palombe.jp/

お店はカウンター席と、
テーブル席があり、
カウンター席の上には、
IMG_5196_20150111155617229.jpg
様々なジビエが羽根が付いた鎮座しています。
これを見ながら何を食べるか選ぶのも、
一興だと思います♪

予約して行くと、
テーブルの上には、
IMG_5191_201501111555214b4.jpg
シンプルなお皿とシルバーが
セッティングされていました。

それではこの日頂いた料理とワインを
ご紹介します!
IMG_5189_20150111155518230.jpg
マルク・テンペ(フレデリック・ゲシクト) クレマン・ダルザス・ブリュット・ナチュール・プレミエール N.V

IMG_5193_201501111555211da.jpg
自家製パン

IMG_5194_2015011115552463a.jpg
シャリュキュトリー盛り合わせ

IMG_5199_2015011115562233a.jpg
クロ・ファンティーヌ2011

IMG_5198_2015011115561830a.jpg
季節野菜のサラダ(スモールサイズ)

IMG_5202_201501111556228df.jpg
牡蠣とキノコのブルギニヨン

IMG_5204_201501111556423f1.jpg
イロチュキ・ポドゥルミ グラシェヴィーナ・セレクテッド2013

そしてジビエの前に、
IMG_5206_20150111155645389.jpg
シルバーをラギオールに交換。

ということで、
今回選んだジビエはこちら!
IMG_5195_20150111155614285.jpg
ピジョンラミエ(ヨーロッパ産山バト)

そして調理されてきたものがこちら、
IMG_5208_20150111155647376.jpg
ピジョンラミエ(ヨーロッパ産山バト)のロースト

IMG_5210_20150111155648cdd.jpg
ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ(エルヴェ・スオー) VdP・アルデッシュ・ガメイ・ラ・ストゥローヌ2007

いつもながら、小鹿シェフの料理は、
素晴らしいです!
シャリュキュトリーの盛り合わせは
ダイナミックで肉の美味しさが、
そのまま伝わってきます!
そしてピジョンラミエもジビエらしい
野性味あふれた味わいで、
ワインとの相性がばっちりでした!

そのワインも自然な作りがされたものばかりで、
変に口に残るようなものはなく、
身体に自然に染み入るような味わいで、
どれも素晴らしいものでした。
今シーズンのうちに、
もう一度違うジビエを食べに行きたいです!

札幌 29(肉)の日はやっぱりここでお肉をいただきます! パロンブ

こんばんは!
今日はもう水曜日なんですね。
月曜日が休みだと、
何だか一週間が早く感じます。
あと二日頑張れば休みなので、
頑張りたいと思いますー!

今日は前回のブログでご紹介した、
八剣山ワイナリーさんのお披露目会の後、
お伺いしたお店をご紹介します♪

八剣山ワイナリーさんのお披露目会があったのは、
2月9日。
2月9日と言えば河豚の日として有名ですが、
個人的には2(に)9(く)ということで、
肉の日だと思っています♪
肉の日ならばやはりおいしい肉を食べなければ、
ということで、
素晴らしいお肉料理を提供してくださる、
あのお店に行ってきました^^
そうです!素敵なフレンチビストロである、
「パロンブ」さんです。

IMG_8883_20130211085300.jpg

名前 PALOMBE
住所 北海道札幌市中央区南3条西5丁目 三条美松ビル 2F
電話 0133-72- 5051
時間 17:00~25:00
休み 火曜日 
HP http://bistro-campagne.jimdo.com/

パロンブさんには、
今年の正月にお伺いした以来となりました。
お店の小鹿シェフは、
フランスで料理を学んだほか、
肉加工のお店でも修業したという、
お肉を取り扱わせたら、
個人的にはナンバー1だと思っています♪

そんなパロンブさんでは、
冬の間限定でジビエを提供しており、
カウンターには、
IMG_8886_20130211085301.jpg
このようにいろんな鳥が、
捕獲された状態のまま展示されています♪
こうして並べられていると、
どのジビエをいただくか、
選ぶ楽しみがあるのですが、
鶏が好きな人にはちょっと酷な光景かもしれませんね。
ただ、私たちはこうした動物の命をいただいて
生きているんだということを実感することができ、
これがまさに
「いただきます」
という事だと思います。

それではさっそくこの日頂いた、
料理とワインをご紹介します。
まずは最初に白ワインを、
IMG_8888_20130211085302.jpg
レ・ビネール アルザス・サヴール 2011

アルザスにある自然派として有名ドネーヌ、
クリスチャン・ビネールが、
2011年から始めたネゴシアンのワインです。
ネゴシアンと言っても、
契約しているブドウ農家は1件だけなんです!
というよりこの1件のために、
ネゴシアンを始めたといっても過言ではありません^^
そのブドウ農家というのが、
ビネールの友人である、
ステファン・ヴァンワルトです。
元々ビネールに指導を受けながら自分でワインを作っていたのですが、
ブドウ栽培に集中したいということで、
ビネールに醸造を依頼し誕生したのが、レ・ビネールなんです。
こちらのサヴールには、
シルヴァネール、ピノ・ブラン、ミュスカ、リースリング、ピノ・グリ
の5種類が使われています。

肝心の味わいは、
飲み口が少し特徴的で、
トロットした感じがします。
きりっとした酸とともに、
果実味、そして旨味がギュッと詰まった感じで、
口に広がっていきます。
その味わいが余韻に長く感じられる、
素晴らしい味わいです♪
ネゴシアンでもビネールらしさを
しっかりと感じるワインでした^^
大好きな作り手は
つい説明が長くなっちゃいますね^^;

続いて前菜をいただきます♪
IMG_8892.jpg
定番!パテ・ド・カンパーニュ(ハーフ)

前回と同じパテを頼んじゃいました^^;
お肉の食感を感じられる程度の
粗挽きな感じで、
お肉の旨味をしっかりと感じます!
今回は一人だったので、
ハーフがあるのがありがたいですね♪

そんなパテと一緒にいただいたのが、
IMG_8890_20130211095013.jpg
自家製パン

パロンブさんのパン美味しいですよねー!
パテを上に載せて食べたら、
それだけでワインが5杯はいけますw
そして添えてあるバターもとっても美味しく、
さらにワイン5杯は飲めちゃいます。
次の料理のソースもつけて食べたかったので、
お替りしちゃいましたw

ワインは赤ワインに突入、
IMG_8897_20130211085322.jpg
シャトー・ド・カンテランヌ キュヴェ・シュザンヌ 1995

95がグラスワインで飲めるなんて、
素敵ですね。
こちらのワイナリーは、
コート・ド・ルーションにあり、
名前にある
「キュヴェ・シュザンヌ」
というのは、
ワイナリーの以前の所有者である、
叔母の名前から付けられたそうです。
ワインのセパージュは、
グルナッシュ85%、カリニャン15%
となっており、
造り手のこだわりとして、
飲み頃になってから瓶詰めをしているそうです。

味わいはグルナッシュの濃い果実味が、
熟成によってまろやかになっており、
タンニンも柔らかく、
熟成したニュアンスも感じられ、
飲みやすく美味しい味わいとなっています♪
若いグルナッシュは苦手ですが、
このぐらい熟成すると美味しいですねー!

そんな赤ワインと合わせた、
今回のメイン、ジビエはこちらです!
IMG_8899_20130211085324.jpg
ペルドロー グリ(灰色山うずら)のロースト

前回が鹿だったので、
今回は鳥にしようと思いカウンターを見ると、
なかなか食べることのできない、
灰色山うずらがあったので、
こちらをお願いしました♪

ちなみにカウンターの中にいた
灰色山うずらは
IMG_8895_20130211085305.jpg
こんな感じです。
こうして並べられていると、
羽が灰色なのがわかりますよね。
こうした頂く者の原型側kるというのは、
個人的にはとっても勉強になって嬉しいですね♪

さっそくいただいてみると、
ジビエのイメージにありがちな、
お肉が固いという感じはなく、
しっとりとした食感です。
味わいは鶏肉とは全く違い、
やや野性味を感じますが、
クセが強すぎることもなく、
とっても美味しいです。
ソースもその味わいを壊すことなく、
味わいを引き立てるような感じで、
素晴らしいものでした。
そして付け合わせの野菜も、
色々な種類が入っており、
箸休めに食べるのにぴったりでした♪

そして最後にもう一杯赤ワインを、
IMG_8900_20130211085325.jpg
ドメーヌ・ド・ラ・グラヴィレット コート・デュ・ローヌ 2010
 
もともと地元の協同組合にブドウを卸してましたが、
ぼーぬの醸造学校を卒業した、
ジュリアン・マスが実家に戻った後、
自家醸造することを決断し、
畑も有機栽培に切り替えたそうです。
こちらのワインは、
グルナッシュ100%となっています。

上にも書いたとおり、
若いグルナッシュのワインは、
果実味が強くて個人的に苦手なのですが、
こちらはガツンと来るほどの果実味は無く、
程よい感じで、
私でも美味しく飲めます。
料理のソースとの相性も良く、
美味しくいただきました。

やっぱりパロンブさんのジビエ、
最高です!
残念ながら今期のジビエはもう少しで終了ですが、
ジビエが終わった後は、
お肉の加工料理、
シャリュキュトリーが数多く登場します。
すでに小鹿シェフによって、
仕込が行われているということなので、
とっても楽しみですね。
こちらが登場したら、
また食べに行きたいと思いますー!

札幌 今も元気に営業しています ブラッスリー・セルクル

こんばんは。
今日は小樽は結構雪降っていたのですが、
札幌は全く雪が積もっておらずびっくり!
やっぱり小樽と札幌では、
天気が全然違うということを
改めて思い知りました。
明日は出張なので晴れると良いなぁ。

今日は以前もご紹介した、
大好きなフレンチのお店を
ご紹介します。

ブラッスリー・セルクルさん、
一昨年の12月にオープンし、
オーナーのきむらさんがサービスする素敵なワインと、
シェフのハヤシさんが作るリーズナブルな料理が
大好きで、何度もお伺いしていました。

特にハヤシシェフとはワイン会などで
ご一緒する機会もあり、
その裏表の無い、素敵な人柄が大好きでした。
そんなハヤシシェフが急逝されたと聞いたのは、
去年の11月。
突然の訃報に言葉もありませんでした。
そうしたことから、
今後セルクルさんがどうなるのか、
心配していましたが、
きむらさんから再開するとお聞きし、
お伺いさせていただきました。

改めてお伺いしたお店の名前は、
「ブラッスリー・セルクル」さんです。

IMG_0975_20130202075655.jpg

名前 ブラッスリー セルクル
住所 北海道札幌市中央区南5条西5丁目10 ジャパンランドビル3F
電話 011-561-5230
時間 月~金18:00~25:00 土18:00~23:00(ラストオーダーはクローズ1時間前)
休み 日曜日・祝日 
HP なし

お伺いしたのは12月。
まだ再開して1週間もたたない時でした。
お店の中はなじみの客でほぼ満席。
皆様ハヤシシェフとの思い出を、
思い出しながら食べて飲んでいるようでした。

それではさっそく私もいただいたものを
順にご紹介します。
IMG_7960.jpg
ローラン・ペリエ・ブリュット・L-P N.V

こちらはお店の1周年をお祝いということで、
サービスしていただいたシャンパン。
さわやかな酸ときめ細かい泡が、
素晴らしいです。
熟成を味わいというよりは、
フレッシュさを重視しているような、
味わいでした。

IMG_7961_20130202075658.jpg
ドクターローゼン リースリング・トロッケン 2010

セルクルさんと言えば、
なんとなくリースリングのイメージなんですよね、
ということでこちらをお願いしました。
リースリングと言えば甘いイメージがありますが、
こちらはきりっとした酸が特徴の辛口です。
ふくよかさもあり余韻も長く、
美味しいリースリングでした。

ハヤシシェフが無くなる前に仕込んだものがあるということで、
IMG_7963_20130202075659.jpg
ちょっと贅沢なパテ・ド・カンパーニュ

こちらのパテをいただきました。
いつも大好きなパテなのですが、
この日はいろいろな思いが口の中から広がり、
何とも表現言えない美味しさでした。
こんな素晴らしい料理を作っていたシェフと
もうお会いできないなんて、
本当に信じられない気分です。。。

そんなパテに合わそうと思い選んだワインが、
IMG_7964.jpg
レゼルヴァ・ドス・アミーゴス・トゥーリガ・ナショナル 2007

珍しいポルトガルのワイン、
トゥーリガ・ナショナルという
土着品種が使われています。
こちらのワインを選んだところ、
ハヤシシェフの大好きなワインだったと聞いて、
なんだかすごい嬉しくなっちゃいました♪
タンニンは柔らかく、
どこかスパイシーなところもあり、
パテとも合う、
美味しいワインでした。

きむらさんお一人になっても、
セルクルさんは元気に営業しています。
さらに料理も、ハヤシシェフが残したものが
無くなってからも、
きむらさんがハヤシシェフの料理を参考にして、
自ら腕を振るっています。
お一人でやっているので、
混んでいるときは待つこともあるかもしれませんが、
そんなときは美味しいワインを飲んで、
楽しみたいですね。
ブログ書いてたら、
また行きたくなってきちゃいました^^;

札幌 ジビエと自然派ワインが美味しい素敵なビストロ バロンプ

こんばんは!
3日ぶりの仕事。
やっぱりなんとなくだらけてますね^^;
明日からはしっかりと
頑張りたいと思います!w

今日は正月に行ってきた、
フレンチのお店をご紹介します。

東京から以前からお会いしたいと思っていた方が、
帰省して飲む予定と友人から聞き、
私のその中に混ぜていただきました。
お会いしてみると想像通り、
とっても素敵な方で、
ちょっと体調悪かったのですが、
気が付けば4時間以上飲んじゃいました^^;
そんな楽しい時間を過ごさせていただいたのが、
正月2日から営業していた素敵なフレンチのお店、
「バロンプ」さんです。

IMG_3691.jpg

名前 PALOMBE
住所 北海道札幌市中央区南3条西5丁目 三条美松ビル 2F
電話 0133-72- 5051
時間 17:00~25:00
休み 火曜日 
HP http://bistro-campagne.jimdo.com/

ちょっとご無沙汰していたバロンプさん、
メゾネット型の店内の2階に案内していただくと、
以前よりも席数が減って、
オフィススペースができていました^^
以前ここでワイン会をさせていただきましたが、
これからは1階のスペースじゃないと、
無理そうですね^^;

席に着くと、
IMG_3692.jpg
ビストロらしい
シンプルなテーブルセッティングが、
されていました^^

それではさっそくお店で注文した、
素敵な料理とワインを順にご紹介します^^

まずは料理から、
IMG_3693.jpg
定番!パテ・ド・カンパーニュ

IMG_3694.jpg
自家製パン

IMG_3697.jpg
フォアグラ・生ハム・砂肝コンフィ入りランド風サラダ

IMG_3701.jpg
エゾシカのロースト

パロンブさんといえば、
シェフの小鹿シェフが本場フランスで、
シャルキュティエという肉加工の修業をされた方ということで、
お願いするものも自然と肉肉しい感じになりましたw
まずは定番のパテ・ド・カンパーニュが、
美味しいです!
肉の食感を味わえるような荒い感じが、
自分の好みにドンピシャ!
ボリュームも良く素晴らしかったです♪
続いて頼んだサラダも、
フォアグラや生ハム、砂肝などが入って、
ボリューム満点!
フォアグラのトロリとした味わいが、
野菜と合わせて食べると最高です!
そして最後の鹿肉のローストは、
鹿肉の味わいはもちろん、
程よく酸味のきいたソースが鹿肉に
ばっちりでとっても美味しかったです!!
さすが小鹿シェフ、
どれも本当に素晴らしい料理でした^^

続いてワイン、
IMG_3696.jpg
タケダワイナリー サン・スフル白2012

IMG_3700.jpg
ブルーノ・アリオン スラン2010

IMG_3703.jpg
ドメーヌ・クリスチャン・ビネール ピノ・ノワール2010

パロンブさんのワインは、
自然派なものがほとんど♪
個人的にうれしいワインリストです。

まずそのワインリストを見せていただき、
最初にタケダさんのサンスフルが載っていてびっくり!
日本ワイン好きの3人だったので、
迷わずこちらをお願いしちゃいました♪
例年よりもガス圧が高いというサンスフル、
パロンブさんのステキなグラスに注ぐと、
良い感じに濁ってます♪
さっそく飲んでみると、
乳酸が中に入っているのでは!?
というぐらい乳乳した感じが口に広がり、
とっても美味しいです!
いつまでも飲んでいたい、
そんな素敵な一本でした♪

続いて城はロワールのソーヴィニヨン・ブラン。
こちらも良い感じで攻めた味わいで、
酸とミネラルがしっかりありながら
とげとげしさがなく、
優しい味わいはほっこりする味わいです。
旨味が口に広がり、
タケダさんのサンスフルと、
どこか共通項があるような、
素敵な味わいでした^^

そして最後の赤は私が選んだ、
アルザスの赤。
やはり自然なつくりをしている
クリスチャン・ビネールのピノです。
ブルゴーニュのような豊満さはありませんが、
はっきりした酸と優しい果実味を感じます♪
そして、こちらもやはり飲んだ後に旨味が口に広がり、
ほっとするような味わいです。
ちょっとドメーヌ・タカヒコさんのワインに通じるものが、
あると思いました^^
アルザスピノは、北海道における、
ピノのワイン作りの一つの方向性だと思っているので、
こうした旨味を感じるような美味しいピノを、
作ってほしいなぁと思っています。

ということで3人で、
IMG_3706.jpg
3本開けちゃいました^^

こんな三本がお店ですべて頼めるなんて、
自然派好きな方には最高のお店ですね!
もちろん私も大満足です♪
1品1品の料理がボリューム良いので、
なかなか一人ではこれませんが、
ぜひまたみんなで行きたい、
そんな素敵なお店でした^^

蘭越 今年オープンしたばかりの素敵なフレンチ シェ・ドゥドゥ

こんばんは!
またまた前回のブログから、
ずいぶん時間が経ってしまいました^^;
これからも書けるときに
頑張って更新していきたいと
思いますので、
よろしくお願いしますー!

前回のブログでご紹介した、
松原農園さんを後にし、
同じ蘭越町内に、
今年オープンしたフレンチに
ランチを食べに行こうということになり、
お伺いして来ました。
そのお店の名前は、
「シェ・ドゥドゥ」さんといいます。

IMG_2927.jpg

名前 シェ・ドゥドゥ
住所 北海道磯谷郡蘭越町湯里353-3
電話 0136-55-8332
時間 [月~木]ランチ 11:30~15:00 カフェ 15:00~17:00
[金~日]ランチ 11:30~15:00 ディナー 18:00~21:00(L.O.)
休み 火曜日、第二水曜日
HP なし

蘭越にある昆布温泉から、
ニセコに抜ける道の途中に
今年オープンした、
シェ・ドゥドゥさん。

お店は、木と石を使った
とっても素敵な外観をしており、
道を走らせると、
ちょっと目に止まります。

早速お店の駐車場に車を止めると、
どこからとも無く、
IMG_2932.jpg
かわいいワンちゃんがやってきました^^

このワンちゃんの名前がその名も、
ドゥドゥ君。
そう、お店のシェ・ドゥドゥは、
ワンちゃんの名前からつけられたんです♪

ということでお店の看板にも、
IMG_2941.jpg
しっかりとドゥドゥ君が、
描かれていました^^

IMG_2946.jpg
店内はレンガの床と、
木の腰壁、
その上が白い壁になっていて、
清潔感のある感じとなっています。

IMG_2934.jpg
テーブルにはナプキンと、
シルバーが置かれていました。

ランチは前菜とパンとメインがセットで
前菜とメインは、
数種類から選ぶことができ、
そのほかに追加で
スープをつけることができます。

それでは早速頂いたものを
ご紹介しますね♪
IMG_2948_20120902161151.jpg
帆立のポワレ 新玉ねぎのエチュベとパセリのソース

帆立の表面だけをポワレして、
焼いた帆立と生の味わいを
楽しめる素敵な前菜。
新たまねぎのエチュベも甘く、
とっても美味しかったです!!

IMG_2950.jpg
バゲット

あったかい状態で出てきた、
こちらのバケット
この後に出てくるスープや
ソースにつけて食べると、
とーっても美味しかったです!

IMG_2951_20120902161217.jpg
越冬にんじんのポタージュ

追加で頼んだスープ、
この日はにんじんを使った
ポタージュでした♪
このポタージュがとっても濃厚で、
甘くて美味しい♪
先ほどご紹介したパンをつけると、
最高でした♪

ちなみにこのスープの器が
とってもかわいらしく、
IMG_2952_20120902161217.jpg
取っ手が豚になっているんです♪
まさに私にぴったりな、
感じでしたw

IMG_2953_20120902161217.jpg
岩内産の柳の舞のポワレ スープドポワゾンのソース

皮がカリッと焼かれた柳の舞、
そのまま食べてもとっても美味しいのですが、
魚の粗などから出汁をとった、
スープドポワゾンとの相性が素晴らしく、
めちゃめちゃ美味しかったです!
このソースとパンだけで、
ワイン1本空けられそうなぐらいの
美味しさでした^^

とっても大満足して
お店の外に出ると、
IMG_2954_20120902161216.jpg
山ぶどうの樹が育っていました。
自生しているものなのか、
植えられたものかわかりませんでしたが、

IMG_2955_20120902161216.jpg
しっかりと花芽が付いていて、
葡萄がなりそうな感じでした。

蘭越にこんな素敵なフレンチができて、
これからがますます楽しみです。
松原さんのワインも
ワインリストに加わると
素晴らしいなぁと思います。
また、松原さんのところに行ったときには、
立ち寄ってみたいと思います^^


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 札幌にまたひとつ素敵なフレンチが誕生しました ブラッスリー・セルクル

こんばんは^^
今日はようやく、
天気が落ち着きましたね。
それでも年末だからか、
あまり車が多かったですね。
明日から今年最後のワイン会が
2連荘であるので、
体調を整えたいと思いますー!

最近、札幌では、
ワインや日本酒が楽しめるお店が、
次々とオープンしています。
今回、そんな中から2つのお店に
行ってきましたので、
今回と次回のブログで
ご紹介したいと思います。

まず今日ご紹介するのは、
今月12日にオープンしたばかりの
カジュアルなフランス料理と、
ワインが楽しめるお店です♪
2人で営んでいるお店なのですが、
私は不思議とその2人と縁があり、
今回、オープンの案内を
いただいていたのです
そのお店の名前は、
「ブラッスリー・セルクル」さんといいます。

IMG_0975.jpg

名前 ブラッスリー セルクル
住所 北海道札幌市中央区南5条西5丁目10 ジャパンランドビル3F
電話 011-561-5230
時間 18:00~26:00
休み  
HP 

まず、お店の入り口が、
とっても素敵なんです♪
上の写真を見ていただければ
わかるかと思いますが、
壁からドアに掛けて、
お店の名前の文字看板が
つけられていて、
ちょうどセルクルのCが、
ドアの取っ手になっているんです
素敵なアイデアですよねー。
それだけでセンスの良さを感じちゃいます^^

オープンしてまもなく
お伺いしたので、
入り口の前には、
IMG_0976_20111225140026.jpg
沢山のお祝いのお花が、
置かれていました♪

お店の中は、
カウンター席とテーブル席があり、
カウンター席からはシェフの調理が
見ることが出来る、
オープンキッチンになってました♪
今回は一人だったので、
シェフの調理が良く見える、
カウンター席に陣取りました♪

席に座ると、
IMG_0967.jpg
シルバーを用意してくれたのですが、

なんとシルバーステイは、
IMG_0968.jpg
こうもりの形をしていました!
オーナーさんに聞いたところ、
こちらは元々、
クッキーなどの型をとるものだったそうです♪
こんなところにも、
センスの良さを感じますよねー^^

やっぱりこうしたお店に来たら
気になるのが、
グラスワインで何が飲めるか?
早速確認したところ、
この日は、
IMG_0963.jpg
赤はボルドーやローヌ、
珍しいところではツヴァイゲルトが
開いてました。
白は冷やされていたので、
何があったのか確認できませんでした^^;

次に気になるのが、
どんな料理を出してくださるのか!?
です。

この日はワイン会の後だったので、
軽くつまむ程度ということで、
こちらをお願いしました♪
IMG_0969.jpg
とっても美味しそうな、
見た目ですよねー!
いったいどんな料理と
ワインでしょうかー?

まず料理は、
IMG_0970.jpg
アナゴのスモーク

なんとアナゴを自家製で
スモークさせたものです♪
フェイスブックで紹介されていたのを見て、
これは食べたいと思ってました!
ほんのり燻製の香りがついたアナゴは、
食感が面白かったです♪

そしてワインは
IMG_0971.jpg
グリューナー・フェルトリーナー

オーストリアの土着品種、
グリューナー・フェルトリーナーを
使ったワインです。
さわやかな香りと酸があり、
どこか北海道のワインを
感じさせる味わいです♪
ワイン会で飲んだ後でも、
すーっと飲めた一杯でした^^

と、次に何を頼もうか
悩んでいたところ、
シェフから、
「今出来たけど食べますかー?」
という素敵な申し出!
もちろんいただいちゃいました♪
そして料理に合うワインも一緒にw
こちらです!
IMG_0974.jpg
うわぁ!
なんとも贅沢^^
色合いがとってもきれいな、
素敵な組み合わせです♪

まずシェフが出来たばかりのものを切って、
出してくれたのが、
IMG_0972.jpg
鴨肉のソテー

めちゃめちゃきれいな色ですよねー!
これだけで美味しいというのが、
わかります!!
実際食べてみても、
絶妙な焼き加減で、
鴨肉の風味と食感を
見事に感じさせる、
素晴らしい料理でした!

そんな素晴らしい料理に
合わせてもらったワインは、
IMG_0973.jpg
シャトー・ダケリア タヴェル・ロゼ 2009

なんとロゼワインを合わせてくれました^^
ローヌにあるタヴェル地方で育てられた、
グルナッシュ種50% クレレット種20%
サンソー種15% ムールヴェドル種10%
ブールブーラン種5%が入った一本。
少し青い香りがしますが、
飲んでみると果実を感じられ、
鴨肉の鉄っぽさによく合います♪
美味しいロゼワインでした^^

こちらのお店、
料理もグラスワインも、
私好みの味わいで、
大満足だったのですが、
それ以上にはまったのが、
オーナーとシェフの人柄です♪
オーナーはほんわかした感じで、
とっても癒されるし、
シェフは素晴らしい料理を作るのに、
とっても謙虚なんです♪
この雰囲気が、
なんとも居心地が良い感じでした^^
ぜひ、読んでくださった方も、
行ってみて下さい♪
きっと満足できますよー!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

小樽 期待のフレンチがいよいよオープンしました! ボワ・ド・ニュイ・ハコ

こんにちは^^
いよいよ私のGWが始まりました♪
今日はこれから私の大好きなイタリアンで、
お世話になっている酒屋さん主催の
ワイン会です^^
あんな国産ワインやこんな国産ワインが
沢山飲めるので、
今からとっても楽しみです^^
それでは行ってきますー!

昨日に引き続き、
今日も先月オープンした
お店をご紹介します♪
小樽にある私の大好きなお店、
なまらやさんから
近くにお店オープンすると聞いたのは、
3月下旬。
その後いつオープンするのか
楽しみにしていましたが、
4月26日に無事オープンしました^^
オープンしたお店は、
「フレンチベースの夜カフェ」という
美味しいフレンチとお酒を楽しめる、
素敵なオトナのカフェでした♪
そのお店の名前は、
「ボワ・ド・ニュイ・ハコ」さんといいます。

IMG_2984_20110501172320.jpg

名前 boite de nuit haco (ボワ・ド・ニュイ・ハコ)
住所 北海道小樽市花園3-16-1
電話 
時間 16:00~24:00(ラストオーダー23:00)
休み 日曜日・月曜日
HP なし

花園グリーンロードの端の角に
ひっそりとオープンしたこちらのお店。
上の写真のとおり、
外観だけだと何屋さんかわからない、
秘密基地のようなたたずまいをしています。

お店の中に入ると、
IMG_2985.jpg
カウンターがあり、
奥には3つほどテーブル席がありました。

オープンしたてということもあり、
写真のとおり、
お店は開店祝いの花が、
沢山並べられており、
その中には札幌の有名なフレンチや、
小樽にある自然派が得意なワインショップの花などが
並べられていました^^

お店の店員は私がお伺いしたときは、
オーナーシェフとサービスの方が
いらっしゃいました^^
お二人とも女性で、
慣れない部分もあるようでしたが、
一生懸命やってらっしゃるのが伝わってきて、
とても好感が持てる感じでした♪

今回は一人ということもあり、
カウンター席に座らせていただきました。
カウンターの端には、
IMG_2997.jpg
このような白い粉が入った入れ物が、
ガラスケースに入っていました。
サービスの方に聞いたところ、
すべて塩とのことでした。
すべて味が違い、
その味の違いがオーナーシェフの
こだわりとの事でした^^
塩にこだわるシェフ。
それを聞いただけでテンションが
高くなっちゃいますね♪

メニューはアラカルトと、
コース料理になっており、
今回は初めての訪問ということもあり、
3000円のコース料理をお願いしました。

こちらのお店では
料理をいただく際に、
IMG_2986_20110501172320.jpg
ナイフ、フォークではなく、
こちらの箸でいただくシステムとなっています^^
お願いすればナイフやフォークも出てくるのだと思いますが、
箸だと年配の方でも安心して食べられるので、
良いと思います♪
うちの母も安心して食べられそうです^^

それでは早速いただいた料理とワインを
ご紹介させていただきます!
IMG_2992_20110501172318.jpg
オードブル(熊石産本マスのマリネ、砂肝のスモーク、富山産ホタルイカのジェノベーゼソース、ラタトゥイユ)

オードブルから素晴らしい一皿です♪
まず盛り付けがきれいですよね。
もちろん食べてみてもどれも美味しくて、
思わず笑みがこぼれます^^
本マスのマリネは生臭いところがまるでなく、
マスの旨みを自然に感じます^^
そしてホタルイカのジェノベーゼソースも、
ホタルイカの甘みと中のイカ墨の苦さ、
そしてジェノベーゼソースが絡まり、
素晴らしい味わいです♪
そして圧巻が砂肝のスモーク、
コリコリした食感と、
濃厚な味わいは素晴らしいです!
あっという間に完食しちゃいました^^
味とは直接関係ありませんが、
魚介は産地が書かれているのも、
とても好感が持てました^^

そんな料理をいただいたからには、
ワインも飲まなくてはいけませんw
グラスワインが、
1種類ずつ用意されていたので、
まずは白ワインをお願いしてみました。
IMG_2987_20110501172320.jpg
カンティーナ・クリテルニア オスコ・ビアンコ 2008

イタリアモリーゼ州にあるワイナリーで、
セパージュは、
トレッビアーノ50%、マルヴァジーア50%となっています^^
酸味はあるのですが、
どこか太陽を感じる味わいは、
イタリアを感じさせます^^
オードブル、魚料理ともに相性の良い、
素敵なグラスワインでした♪

IMG_2989_20110501172319.jpg
バケット

提供前にしっかり焼かれているので、
熱々で食べることができる、
素敵なバケット。
そのまま食べても、
ソースにつけて食べても
美味しかったです。
無くなるとお変わりを持ってきてくれましたー^^

IMG_2994.jpg
羅臼産サメガレイのムニエル

その日の仕入れによって変わる魚料理、
この日は羅臼産のサメガレイでした♪
そのサメガレイをムニエルにしてくれたのですが、
オードブル同様とても盛り付けが綺麗です♪
盛り付けが綺麗なだけで美味しく感じちゃいます!
早速いただいてみると、
サメガレイが身厚で脂も乗っていて、
とっても美味しいです!
塩コショウなどで味付けもしてあるのですが、
素材の味を残すように
それほど濃い味付けになっていないのが、
とても素晴らしいと思いました。
付け合せの野菜も、
野菜の甘みを感じられ、
本当に素材の味を大事にしているのが伝わりました^^

白ワインがなくなったので、
グラスの赤をお願いしました♪
IMG_2995.jpg
ドメーヌ・ペッシュ・ロリエ  ヴァン・ド・ペイ・ド・レロー グルナッシュ 2008

ラングドック地方にあるこちらのドメーヌ、
女性オーナーであるマリー・ニエル・デュルスさんは
元看護師をしていたという移植の経歴の持ち主です^^
その経験から畑は減農薬を行い、
その後畑の半分はビオロジックで栽培されているそうです。
グルナッシュ100%のこちらのワイン。
グルナッシュらしい果実味がありますが、
暑苦しいほどの濃さはありません。
タンニンも柔らかく、
酸味も若干感じられる心地よい味わいでした^^
グルナッシュが苦手な私も美味しくいただくことができ、
2杯も飲んじゃいました♪

IMG_2999.jpg
若鶏もも肉の香草焼き

こちらもアスパラの緑が映えた、
素敵な盛り付けです♪
香草をまとった若鶏は、
表面がカリッとしていて、
中はとっても柔らかく
噛むと肉汁がじゅわっと
口の中で広がります^^
こちらも素材の味を殺さない程度に
味付けがされており、
生クリームとコショウの風味が、
アクセントを与えています^^
美味しかったです~!

こちらのお店、
見た目も味も素晴らしかったのに、
3000円だなんてコスパ良いですよねー^^
アラカルトのメニューも
前菜は数百円のメニューがほとんどで、
メインである魚料理、肉料理も
千円ちょっとのメニューばかりでした。
ワインに関しても
私の大好きなワインショップから仕入れていて、
一生懸命勉強しているようなので、
これからがとっても楽しみです!
あまりに感激したので、
また行きますとその場で伝えちゃいました^^
ぜひ樽っ子はもちろん、
札幌の方も足を運んでみてください、
きっと満足できると思います!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 素敵なシェフが作る至福なフレンチ センティール・ラ・セゾン中島公園

こんばんはー!
小樽では昨日から雪あかりの路という
お祭りが始まり、
私も昨日早速見に行ってきました♪
揺らめく明かりが雪のキャンドルを照らし、
とっても素敵なんですよー!
来週いっぱいやってますので、
ぜひ皆様遊びに来てくださいね♪

今日は去年の私の誕生日に、
連れて行ってくれた素敵なフレンチを
ご紹介します^^
どうしても行ってみたいお店だったので、
とても嬉しかったのですが、
個人的事情があり、UPしようかどうか、
迷っていたいました。
が、お店の方に許可をいただき、
写真を撮らせていただいたので、
やはり乗せなくてはと思い、
かなり時期はずれてしまいましたが、
UPすることにしました^^
その素敵なフレンチの名前は、
「センティール・ラ・セゾン中島公園」さんです。

IMG_5690.jpg

名前 センティール・ラ・セゾン
住所 北海道札幌市中央区南九条西4 EMOTION 1・2F
電話 0120-531-606
時間 (月~金)
    18:00 OPEN
    21:00 LAST ORDER
    23:00 CLOSE
休み 水曜日・結婚式のある日
HP http://www.gstyle.jp/wedding/sentir/


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ


中島公園から程近い場所にある、
こちらのフレンチ。
土日を中心に結婚式場として
使われているのですが、
式の予約が入っていないときには、
フレンチのレストランとしても、
利用することができるんです!

そんなお店にどうして来たかったかというと、
札幌を代表するあのシェフが、
こちらで腕を振るっているんです!
そのシェフというのがこちらの、
IMG_5736.jpg
因藤シェフです!
札幌の某ビストロで腕を振るっていたのですが、
そちらをやめられてから、
しばらくどこにいらっしゃるのか
わからなかったのですが、
センティール・ラ・セゾンさんで
総料理長をなさっていると聞き、
ぜひ料理を食べてみたいと思ったんです!
そんな私の思いを組んでくれた方が、
今回誕生日のディナーとして、
こちらを選んでくれたんです♪
 
店内に入ると、
サービスの方が丁寧な接客で、
テーブル席に案内してくださりました^^
IMG_5694.jpg
テーブルの上には、
磨かれたシルバーが置かれ、
ムード満点なろうそくが輝いてました^^

それでは早速ですが、
いただいた料理とワインを
ご紹介します。
今回は諸事情で写真のみの紹介となります。
ごめんなさい。。。
IMG_5707.jpg
モエ・エ・シャンドン ブリュット・インペリアル N.V

IMG_5695.jpg
アミューズ

IMG_5700_20110110162444.jpg
冷前菜

IMG_5705.jpg
パン

IMG_5709_20110110162543.jpg
バター

IMG_5711_20110110162542.jpg
グラスワイン(白)

IMG_5712_20110110162542.jpg
温前菜

IMG_5717.jpg
グラスワイン(赤)

IMG_5723_20110110162542.jpg
魚料理

IMG_5726_20110110162611.jpg
肉料理

IMG_5727.jpg
シャトー・トゥール・オー・コサン 2001

IMG_5730_20110110162610.jpg
バースデーケーキ

IMG_5732.jpg
バースデーケーキ(カット後)

IMG_5735.jpg
デザート

IMG_5737.jpg
コーヒー

どの料理もめちゃめちゃ美味しかったです!
特に温前菜のフォアグラと、
魚、肉の両料理は忘れられないぐらい、
素晴らしい料理でした。
一つ一つの感想を書きたいのですが、
今はまだちょっと辛いので、
ごめんなさい。。。
いつか加筆したいと思います。

最後にこのような素敵なディナーに、
招待してくださった方、
本当にありがとうございました。
一生の思い出です。
そして、今回の料理を作ってくださった、
センティール・ラ・セゾンの因藤シェフをはじめ、
スタッフの皆様ありがとうございました。


タケダワイナリーを守る会の署名、
引き続き募集します!
詳しくは、
こちらをご覧ください。
なお、1月末までの署名に申し込んだ方は、
再度の提出はできません。
ご了承下さい。
皆様のご協力お待ちしています。
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。