*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン コノスル スパークリング ブリュット N.V

今日のお酒の感想は、
チリのスパークリングをご紹介します!

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「コノスル スパークリング ブリュット N.V」
です。

個人的にチリ産のワインの中で、
大好きなワイナリーが、
コノスルです。
エチケットに自転車が描かれているのが特徴的で、
最近はオーガニック栽培に切り替えた
ブドウを使ったワインも大人気となり、
一躍チリを代表するワイナリーとなっています。
そのコノスルが去年初めてリリースしたのが、
こちらのスパークリングワインです。
シャルドネ90%、リースリング7%、ピノ・ノワール3%という、
いかにもニューワールドらしい既成概念にとらわれない
セパージュを元に、
シャルマー方式(タンク内二次発酵)で造られたという
こちらのスパークリング、
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_0830.jpg
コノスル スパークリング ブリュット N.V

飲んだ日 2009年7月7日
買った店 ワインの店いとう
値段 1575円
ブドウ品種 シャルドネ90%、リースリング7%、ピノ・ノワール3%

グラスを近づけると、
レモンの酸味を感じるような
柑橘系のさわやかな香りを感じ、
口に含むと、香り同様に酸味がまず口に広がります。
余韻にほんのりとその酸もそれほど強くはないので、
すっきりとのどに入っていく感じです。
シャンパンと比較してしまうと
泡のきめ細かさもそれほど感じず、
割と鋭角なのど越しで、
熟成感を感じない辺りは、
致し方ないところでしょうか?
それでもこの価格でこの味わいは
すばらしいのではないでしょうか?
やっぱりコノスルは偉大なワイナリーの一つです。
こちらを飲んで、
またコノスルのスティルワインを
飲みたくなりました^^
スポンサーサイト

ワイン デル・ソル スーペリオール ソーヴィニヨン・ブラン 2009

今日はお酒の感想も書いちゃいます!
今日ご紹介するのはチリワインです!

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「デル・ソル スーペリオール ソーヴィニヨン・ブラン 2009」
です。

こちらのワイン。
お酒のディスカウントチェーンで偶然見つけたのですが、
ヴィンテージを見てびっくり。
なんと2009って今年じゃないですかー!
ある意味ヌーヴォー?
南半球にあるチリのワインなので、
もう2009ヴィンテージが販売されているんですね。
そのヴィンテージに惹かれたのもあるのですが、
価格も本当かどうかわかりませんが、
1000円引きでとってもリーズナブルだったので、
ソーヴィニヨン・ブラン好きの私。
気軽な気持ちで買ってみました。
いったいどんな味だったでしょうか?
IMG_6842_20090906074734.jpg
IMG_8175_20090906074734.jpg

デル・ソル スーペリオール ソーヴィニヨン・ブラン 2009

飲んだ日 2009年9月2日
買った店 ビックリッキー清田店
値段 580円
品種 ソーヴィニヨン・ブラン

こちらのワイン、
正直あまり期待していませんでしたが、
どうしてどうしてしっかりソーヴィニヨン・ブランです。
香りはソーヴィニヨン・ブラン特有の青草のような感じで、
そして味わいも香りの印象そのままに、
若い幹事が全体から出ており、
南のソーヴィニヨン・ブランにしては、
酸もしっかり残っていて、
苦味も感じます。
この苦味が好き嫌い分かれるかもしれませんが、
私は料理と合わせるには良いなぁと思いました。
余韻が短いのは仕方ありませんが、
この価格でソーヴィニヨン・ブランらしさを味わえるなら、
十分価値があると思います^^
いろんなビックリッキーに行ってみましたが、
なぜか清田店でしか売っていませんでした。
清田店近くにお住まいの方は、
足を運んでみてはいかがでしょうか?
同じ価格でカルメネール、メルロー、シャルドネも
ありましたよー!

ワイン チロエ メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン 2008

今日もお酒の感想書きますよー!
今日は昨日ご紹介した白ワインと同じ銘柄の
赤ワインですー!

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「チロエ メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン 2008」
です。

昨日ご紹介した白ワインは、
シャルドネとソーヴィニヨン・ブランといった
珍しい組み合わせでしたが、
こちらの赤ワインは、メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンの
ブレンドということで、
よくあるボルドータイプのブレンドとなっています。
チリカベというと、濃くてボリュームがあるが、
奥深い味わいに欠けるという印象ですが、
こちらのワインは、
いったいどんな味だったでしょうか?

Image061_20090817223940.jpg
Image063_20090817223942.jpg

チロエ メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン 2008

飲んだ日 2009年7月13日
買った店 セイコーマート
値段 500円
品種 メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン 

まず香りからしてびっくりです。
フルーティな果実味と酸を感じる
香りを感じます。
ボルドーらしい濃いタンニンの香りは、
あまりしません^^;
早速飲んでみると、さらにびっくり。
2008ヴィンテージだというのに、
堅さがあまり無く、
すでにこなれた感じがしています。
味わいは苦味や渋みはほどほどに、
甘い果実味と酸が
口の中に広がります。
タンニンはあまり感じられません。
そして余韻もすっきりとしており、
後味にも少し甘さを感じてしまいました。
ボルドータイプのワインだと思って飲むと、
びっくりしちゃいます。
赤の甘味を感じるワインは、
個人的に飲み疲れしてしまうので、
ゆっくりと時間をかけていただきました。

ワイン チロエ シャルドネ ソーヴィニヨンブラン 2008

今日は久しぶりに、
お酒の感想書いちゃいます!
今日ご紹介するのは、
初めてのチリワインです^^

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「チロエ シャルドネ ソーヴィニヨンブラン 2008」
です。

北海道のローカルコンビニといえば、
みんなが知ってるセイコーマートです。
そんなセイコーマートは、他のコンビニより、
圧倒的にワインの種類が多いんです^^
系列会社が酒の卸しをしていることもあり、
直接買い付けしたワインを店頭に並べています。
そして値段もフルボトルで
400円~という格安な値段となっており、
気軽にワインを楽しむことができるようになっています。
今日ご紹介するワインは、
私のマイミクさんのTさんお勧めということで、
ずっと買おう買おうと思っていて、
今日ようやく買って飲むことができたので、
ご紹介させていただきます^^
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_7933.jpg
IMG_7934.jpg
チロエ シャルドネ ソーヴィニヨンブラン 2008

飲んだ日 2009年8月16日
買った店 セイコーマート
値段 500円
品種 シャルドネ ソーヴィニヨンブラン 

結構冷やした状態で最初いただいたのですが、
香りはソーヴィニヨンブランらしい、
さわやかな青草のような香りがします。
飲んでみると、柑橘系のピリリとした酸が心地よく、
その後に苦さがやってきます。
余韻はあまり長くありません。
そして温度が上がってくるにしたがって、
酸がおとなしくなり、
ほんのり甘さが出てきますが、
先ほど感じた苦さも残っています。
この苦さはどこから来るものなのでしょうか?
苦さが結構目立っていたので、
好き嫌いがはっきりしそうな気がしました。
500円という値段を考えれば、
十分な味わいだと思います。
実は先日同じ造り手の赤も飲んだので、
そちらも明日ご紹介しますね^^
お楽しみにー♪
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。