*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 みんなで造ったビールがようやく完成しました! 小樽ビール銭函工場

こんばんは。
今日は仕事で大きな山場がありました。
結果は敗北。。。
逃がした魚は大きかったけど、
いつまでもくよくよしても仕方ないので、
明日からまた頑張りたいと思います!

今日は以前みんなで醸造したビールが完成し、
その完成パーティが開催されたので、
参加してきた様子をご紹介します。

2月にビールの醸造体験に
なまらやチームとして参加してから2か月、
とうとうその時のビールが完成し、
今回、そのお祝いと完成した各チームの
ビールのコンテストが開催されました。
会場となったのは前回と同じ、
「小樽ビール銭函工場」です。

IMG_0637_20130506090714.jpg

名前 小樽ビール
住所 北海道小樽市銭函3丁目263-19
電話 0134-61-2280
受付時間 平日9:00-17:00
見学日時 毎日10:00-18:00
HP http://otarubeer.com/jp/

この日は4月には珍しい大嵐、
小樽からの電車も運休するほどで、
駅に行ってからそれを知ったので、
あわててバスに乗り換え、
バス停からタクシーで会場まで乗り付けました。
そんな嵐の日にもかかわらず、
会場に入ってみると、
IMG_0640_20130506090716.jpg
沢山の方が集まっていました。
後で聞いた話しによると、
50チーム、300人以上の参加者が集まっての
大パーティとなったとのことでした^^

会場に到着して、
まず最初に向かったのがこちら、
IMG_0647.jpg
各チームが作ったビールが、
ずらりと並んでいます。
各サーバーにはそれぞれ名前がついていて、
それぞれ好きに飲めるようになっていました。

ということでさっそく、
IMG_0649_20130506090742.jpg
我らがなまらや酒造のサーバーから、
ビールを注いでいきます^^

ではいよいよなまらや酒造のドンケルの発表です!
IMG_0651_20130506090744.jpg
なまらや酒造 ドンケル

ドンケルというより黒ビールというぐらい、
濃い色をしています^^
前回、ビール醸造をしたときに、
ロースト麦芽をめい一杯入れたからですかね^^;
早速飲んでみると、
泡はしっかりできているのですが、
市販ビールに比べると、
旨味が無く味わいがスカッとしています。
何が悪かったのかなぁ。。。
なかなか難しいですね。

ちなみにこれらの各チームのビールは、
IMG_0663_20130506090833.jpg
小樽ビールの醸造責任者であるブラウンさんたちによって、
審査が行われ、会の後半に入賞チームが発表されました^^
我らがなまらや酒造ビールは、、、
残念ながら入賞できませんでしたT_T 

ブラウンさんは審査が終わると、
会場にもいらしていて、
醸造方法の秘訣など色々な質問に対しても、
とても丁寧に答えてくださいました。
ブラウンさん、ありがとうございました!

今回の会では、
みんなが作ったビール以外にも、
小樽ビールの生ビールが一人20杯まで
飲めるようになっていました。
20杯までとなっていますが、
20杯なんて、そうそう飲めないですよねw

今回提供されていたのはこちらです。
IMG_0642_20130506090720.jpg
小樽ビール ドンケル

IMG_0654_20130506090746.jpg
小樽ビール へレス

IMG_0659_20130506090828.jpg
小樽ビール ピルスナー

IMG_0660.jpg
小樽ビール ヴァイス

こちらの4種類が楽しめました^^
どれも大手ビール会社のビールとは違い、
味が濃く、旨味があったりして、
とっても美味しかったです!
特にヴァイスはほんのり濁りがあり、
酵母の風味を感じるような、
地ビールならではの味わいで、
とても美味しかったです!
そして今回私たちが作ったの同じドンケル、
まず色からして全然違いますよねw
それなのに中間にスカッと抜けるところがなく、
旨味とコクがしっかりあり、
やっぱり全然違いましたw
悔しいけどおいしかったなぁ^^:

ビールに飲み疲れたときは、
IMG_0666.jpg
りんごジュース

こちらのりんごジュース含めて、
ソフトドリンクもあるので、
休み休みビールを楽しめました^^

続いて今回ビールとともにいただいた、
素敵な料理を順にご紹介します^^
IMG_0641_20130506090718.jpg

IMG_0644_20130506090723.jpg

IMG_0646_20130506090738.jpg

IMG_0667_20130506090850.jpg
会費3000円でビール20杯飲めて、
さらにこんなに料理が食べ放題だなんて、
本当にうれしいですねー!
色々な料理がありましたが、
やっぱりビールには
ドイツの名物、ソーセージやプレッツェル、
ザワークラウトが良く合います!
これらの料理のおかげで、
いつもよりもたくさんビールが飲めた気がしました^^

そんな食べて飲んでのイベント中には、
IMG_0662.jpg
コンサートがあって盛り上がったりと、
楽しい時間を過ごしました^^

楽しい時間はあっという間に過ぎ去るもの、
中締めの時間となりました。
最後は小樽ビールから空き瓶をいただき、
IMG_0674_20130506090852.jpg
今回作ったビールの瓶詰をしました。

瓶詰めしたものがこちらです!
IMG_0681_20130506090854.jpg
我らがなまらや酒造は13番目のチームだったので、
13の紙が貼ってあります。

こちらの瓶に詰めたビールですが、
その後家で飲みましたが、
やっぱりサーバーから注いだものだと、
泡が弱くなってしまい、
あまりおいしくありませんでした^^;
やっぱり生ビールはジョッキに注いで、
その場で飲むのが一番ですね♪

今回は残念な結果でしたが、
来年もチャレンジ出来るようであれば、
ぜひチャレンジしたいです!!
目指せトップ賞!
目指せ美味しいビール!



スポンサーサイト

小樽 ビールの醸造体験に行ってきました! 小樽ビール

こんにちは。
今日はこれから映画を見に行ってきます!
久しぶりの映画館なので、
ちょっとドキドキわくわくです^^
では行ってきますー!

今日は先週の日曜日に参加した、
ビールの醸造体験の様子を
ご紹介します♪

全国各地に地ビールを作っているところがあり、
私の地元である小樽にも、
小樽ビールという地ビールを作っているところがあります。
そこで年に1度自分たちで醸造して、
出来上がったビールをみんなで飲むというイベントが、
開催されます。
今回みんなで参加してきました!

改めてお伺いした地ビール工場の名前は、
「小樽ビール銭函工場」さんです。

IMG_9207_20130216065319.jpg

名前 小樽ビール
住所 北海道小樽市銭函3丁目263-19
電話 0134-61-2280
受付時間 平日9:00-17:00
見学日時 毎日10:00-18:00
HP http://otarubeer.com/jp/

先日大好きなお店であるなまらやさんに
ご飯を食べに行ったとき、
なまらやさんご夫婦から、
560009_438197942920722_1632303936_n.jpg
こんな案内をいただきました^^

美味しいビールを飲みながら、
ビールの醸造体験ができるなんて、
なかなか無い機会ですよね。
数年前からビールのホップ栽培のお手伝いを
していることもあり、
ビール醸造に興味があった私には、
最高のイベントです^^
なまらやさんご夫婦とお店の常連さんと
4人で参加することにしました^^

みんなで銭函駅に集合し、
銭函駅からタクシーに乗って5分ほどで、
小樽ビールさんに到着。
早速中に入ると、
私たちと同じように、
醸造体験に参加する方が、
沢山集まっていました^^
聞くと、この日は40人もの人が、
参加していたそうです。

時間となり、まずは小樽ビールの担当の方の案内で、
工場見学をします。
最初に見たのはこちら、
IMG_8921.jpg
こちらは煮沸釜です^^
こちらで麦芽から麦汁が作られます♪

IMG_8940_20130216064902.jpg
中を覗くと麦芽が良く混ざるように、
回転するプロペラがセットされていました。

とここで、
IMG_8949.jpg
できたての麦汁を試飲させていただきました^^
この麦汁が香ばしくて甘くておいしい~!
たくさん飲みたいと思っちゃうほどでした^^

美味しい麦汁を飲んだところで、
IMG_8923.jpg
ビールの原料についての勉強です。
ドイツにあるビール純粋令では、
ビールの原料は4種類しか認められていないそうです。
それが上の写真に並んでいる、
麦芽、ホップ、酵母、水です。
ドイツのブルワリーでは、
この4種類以外の材料を使うことは、
禁止されているそうです。

そんな原料の中から、
IMG_8935_20130216064901.jpg
麦芽を試食させていただきました。
麦汁のような甘さはありませんでしたが、
香ばしい風味で、
ビールのつまみになりそうな味わいでした^^

続いてみたのが、
IMG_8952_20130216064922.jpg
昔、保存に使っていたという、
樽の数々。
昔はこちらの入れ物で保存されて、
飲まれていたそうです。
ワイン樽よりは小さいですね。

そのあと次の部屋に移動、
IMG_8954_20130216064924.jpg
発酵タンクの見学です。

小樽ビールさんでは
大小10基以上のステンレスタンクがあり、
こちらでビールの発酵が行われているそうです。

と、ここで素敵なプレゼントが、
IMG_8960.jpg
案内してくださった方が、
タンクについているコックをひねり、
発酵途中のビールを、
出してくれました。

そのまま出すのはもったいないので、
IMG_8962.jpg
もちろんみんなでいただきます!
発酵途中のビールは若ビールと言われ、
従業員と見学者だけが味わえるという、
貴重なビールです。

この日は発酵2日目のピルスナーをいただきました♪
発泡はまだ弱く、まだ甘さも少し残っており、
酵母のニュアンスもあり、
これがまた美味しい!
従業員の方は、
このビールが飲めるなんて、
羨ましいですね♪

最後に、
IMG_8969_20130216064928.jpg
瓶詰めラインを見せていただき、
見学終了です♪

見学終了後は部屋を移動し、
IMG_8979.jpg
いよいよ醸造体験のスタートです♪

最初にも書いたとおり、
今回の醸造体験は飲みながら行うとの事で、
早速ビールをいただいちゃいます♪
IMG_8983.jpg
バンベルガー(スモークビール)

まずみんなで飲んだのが
2月1日蔵出しされたばかりの
バンベルガーです♪
スモークされた麦芽が使われており、
香りにまず燻された香りを感じます。
味わいはやや甘みがあり、
ほんのりした苦味が口に広がります♪

そんなビールとともに、
IMG_8981_20130216064954.jpg
おつまみをいただきながら
醸造体験をしていきます。

まずは、
IMG_8987.jpg
大きな鍋に水を張り、
温めていきます。

続いて今回使う麦芽を用意します。
IMG_8988_20130216065017.jpg
ドンケルブレンド麦芽

今回はドンケルを作るので、
ドンケル用のブレンドされた麦芽を
使用します。

IMG_8992_20130216065019.jpg
用意した麦芽を、
温めたお湯の中に投入します♪

IMG_8993.jpg
ファーブ麦芽(ロースト麦芽)

続いてロースト麦芽を準備します。
こちらのロースト麦芽はいれる量によって
色や苦さ味わいが変わるそうです。
なまらやチームはマックスの80gで挑戦です!

IMG_8996_20130216065022.jpg
ロースト麦芽もかき混ぜながら、
鍋の中に投入します。

IMG_8998_20130216065023.jpg
かき混ぜていくうちに、
水がどんどん濃い色に変わっていきます。

IMG_9010.jpg
ここで麦芽液の中の糖化酵素を残すために、
麦芽液の一部を別の鍋に移して、
常温で放置します。

IMG_9015.jpg
鍋に残った麦芽液をさらに加熱し、
苦さとカラメル風味を加えていきます。

IMG_9019.jpg
その後、別に取り分けた麦芽液を
元の鍋に戻ししばし放置。
糖化酵素の力で、
麦芽液を透過させます。

IMG_9011.jpg
そうして糖化した麦芽液を試飲します^^
あまーい!
ローストの香ばしさと甘さが加わり、
美味しかったです。

ここでさらに糖化を完全に終わらせるために、
ランチタイムに突入です。
IMG_9022_20130216065056.jpg
ランチセット

プレッツェルやチキンソテーなど
美味しい料理が盛りだくさん!
おなか一杯になりました^^

もちろん美味しい料理とともに、
IMG_9037_20130216065128.jpg
ドンケル

ビールもいただきます!
こちらは今回作っている
ドンケルタイプのビールです^^
カラメルのような苦さと、
複雑な香りがあります。
こちらも美味しかったー!

IMG_9024_20130216065125.jpg
ご飯の間に糖化が進み、
ビアーマイスターの方にチェックを受けます♪
なまらやチームの麦芽液は、
無事に炭水化物が無くなり、
糖化完了したことが証明されました。

IMG_9034.jpg
マイスターのOKが出たので、
麦芽液をろ過釜に入れて、
ろ過をします。

このろ過をして最初にできた麦汁が、
IMG_9049_20130216065152.jpg
一番搾り

良く聞く一番搾りです。
先ほどの麦芽液に比べると、
甘さがさらに強まり、
見学の時に飲んだ麦汁に負けていない
美味しさでした♪

ろ過を終えたところで、
IMG_9040_20130216065130.jpg
水を加えて、
残りの糖分をろ過します。

IMG_9048_20130216065132.jpg
ろ過した後の麦汁です。
さすがロースト麦芽を最大入れただけあり、
すごい濃い色をしています^^;

IMG_9064.jpg
そうしてできた麦汁に、
いよいよホップを加えていきます。
小樽ビールさんではこのようなペレットホップを
使用しています。
この日はハラタウホップと
てっとなんがーホップという2種類のホップを使用します♪

IMG_9056_20130216065155.jpg
ハラタウホップ

まずはこちらのハラタウホップを
麦汁に加えます。
こちらのホップは香りとうまみを
加える効果があるそうです。

IMG_9061_20130216065156.jpg
ホップを投入したのち、
かき混ぜつつ煮沸を行います。
煮沸することで、
カラメルと黄金色を引き出します。

IMG_9065_20130216065215.jpg
テッドナンガーホップ

続いて、ホップのアロマを引き出す、
テッドナンガーホップを投入します。

IMG_9069.jpg
ホップを投入したのち、
再び煮沸を行い、
その後火を止め、麦汁を休ませます♪

休ませている間に3時のおやつタイム♪
IMG_9066_20130216065216.jpg
ソーセージ2種類とザワークラウト

ビールの本場ドイツのおつまみと言えばこれ、
ソーセージは2種類で食感が全然違い、
それぞれ美味しく、
ザワークラウトはさっぱりしていて、
口の中をすっきりさせてくれます!

もちろんつまみと一緒に、
IMG_9052_20130216065154.jpg
ピルスナー

ビールをいただいちゃいます!
片手で持つのも大変な大きなジョッキで、
みんな回し飲みでいただいちゃいました♪
こちらのピルスナーは、
華やかな香りと優しい味わいで
すいすい飲めちゃいます♪

IMG_9077.jpg
おつまみをいただいている間に、
十分休ませた麦汁の上澄みだけを、
別の鍋に移します。
この時移した量が、
出来上がるビールの量になるので、
時間をかけて少しでも多くの上澄みを
みんなで移し替えました♪

IMG_9079.jpg
そうして移し替えた上澄みです♪
濃い色をしている麦汁が、
蛍光灯の明かりを反射していて、
とっても美味しそうですねー!

IMG_9082.jpg
続いて酵母が働ける温度まで、
保冷剤を入れて冷やしていきます。

IMG_9087.jpg
冷やしている間に、
いよいよ私たちの発酵タンクが
用意されました!

IMG_9088.jpg
既定の温度まで冷やした麦汁を、
漏斗を使って、
タンクの中に移し替えます♪

タンクに半分移し替えたところで、
IMG_9093.jpg
ビール酵母を加え、
その後残りの麦汁を加えます。
半分ずつに分けることによって、
酵母がタンクの中で良く混ざるそうです。

IMG_9097.jpg
麦汁を全部入れ終え、
最後にスタッフの方に無菌空気を入れて、
衛生的な状態で、
発酵されるようにします。

無菌空気を入れ終えて、
IMG_9098.jpg
すべての作業終了です!!
後はこのまま涼しい場所に置くことで、
タンクの中の酵母の働きで、
アルコールと二酸化炭素が生まれ、
ビールができる予定です!

ちなみに出来上がったビールは、
4月にみんなで飲む予定です♪
その時に小樽ビールの醸造責任者である、
ヨハネ・ブラウンさんも試飲して、
美味しかったビールは、
表彰されるそうです。
うちのビールが選ばれるかどうかはわかりませんが、
今からとっても楽しみです!

実際に今回醸造体験してみて、
思っていたよりも、
作業内容が多く、
温度や時間も細かく設定されていて、
結構大変でした^^;
工場で作るときは、
それほどでもないのかも知れませんが、
これからビールを飲むときは、
こうした大変さを感謝しながら、
飲みたいと思います。

札幌 あのワイナリーと札幌の地ビールがコラボレーション 札幌開拓使麦酒

こんばんはー!
今日は午後から急に寒くなってきましたね^^;
いよいよ明日は初雪になるかもしれないと
テレビでもやってました。
というわけで、ちょっと早いのですが、
社有車を早速冬タイヤに交換しました^^
我が家は山の上にあるので、
下界が雨でも、家のまわりでは雪のことが
よくあるので^^;
今週末には自分の車も
交換しちゃおうかなー?

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

ここのところ、お酒にまつわる記事が
続いていますが、今日もお酒にかかわる場所を
ご紹介します^^
日本酒ワイン焼酎ときたら、
次はやっぱりビールですよね!
というわけで、酒蔵まつりの後に行った、
地ビール工場と、
そこで作られた生の地ビールが飲めるお店を
ご紹介します♪
地ビールの名前は、
「札幌開拓使麦酒」さんです。

IMG_5101.jpg

名前 札幌開拓使麦酒
住所 札幌市中央区北2条東4丁目
電話 011-207-5000(代表)
時間 11:00~20:00
休み 無休
HP  http://www.sapporofactory.jp/beer_museum/

サッポロファクトリーはもともと、
サッポロビールの工場があった場所でした。
現在はショッピングモールとして、
札幌市民だけでなく道民にも愛されていますが、
麦酒好きとしては、
ちょっぴり残念な方もいるのではないでしょうか?
ですが、そんなサッポロファクトリーでは、
今でもビールが造られているんです。
それが、今日ご紹介する札幌開拓使麦酒なんです。

札幌開拓使麦酒はサッポロビールの系列で、
サッポロビール設立当時の技法を現代に生かして、
ビールを造っています。
そんな札幌開拓使麦酒の工場は、
IMG_5103.jpg
見学できるようになっていて、

上の写真の建物に入ると、
IMG_5106.jpg
大きな煮沸釜など実際に使われている
設備を見ることができます。

行った日も、
IMG_5107.jpg
何か作業を行っているみたいでした♪

そのほかに、奥の部分が、
IMG_5125.jpg
ビールやサッポロビールに関する
展示コーナーになっており、

IMG_5111.jpg
ビールの主原料、副原料の展示や、

IMG_5120.jpg
北海道におけるビールの歴史を
写真や珍しい資料を基に、
見学することができます。

残念ながら試飲などはありませんが、
IMG_8793.jpg
こちらのショップで、
出来立ての生地ビールを
格安で飲むことができますー!

お店の中は、
IMG_8786.jpg
ジョッキが壁に並んでおり、
おつまみのせんべいなどが売られています。

こちらのお店では、
IMG_8788_20091025191834.jpg
サッポロファクトリー内でしか飲めない、
生の札幌開拓使麦酒レッドスターやブロンドスターのほか、
季節限定ビールもあり、
その他にサッポロビールの生ビールも、
サッポロ生ビールを始め、
クラシックやエビス・エビスザブラック、
エーデルピルスを飲むことができます。

そんな中でいただいたのが
季節限定商品のこちら、
IMG_8790.jpg
札幌開拓使麦酒 ノースヴィンヤード スパークリング・ホワイト

見た目ちょっと色の薄いビールですが、
実はこちら、ふらのワインの原料となるブドウ果汁が
中に入っているんです!
香りはまさにブドウです!
その裏側にホップの香りを感じます。
そして一口飲んでみると、
ファーストタッチはまさにスパークリングワインのような感じ。
甘い香りと味わいが、
とっても心地よい味わいです。
そこからだんだんビールの苦味が口に広がっていき、
ビールだというのがわかります。
とっても面白い味わいで、
ビールが苦手な方でも
美味しく飲めるのではないでしょうか?
ちなみにビールの原料としては認められていないので、
ジャンル的には発泡酒となっています。

そして、ファクトリー内にあるお土産屋さんでは、
こちらのビールの瓶ビールを買うことができます♪
もちろん私も買っちゃいました!
こちらです^^
IMG_8910.jpg
IMG_8913.jpg
札幌開拓使麦酒 ノースヴィンヤード スパークリング・ロゼ

残念ながら、ホワイトは完売でしたが、
こちらのロゼがまだありました^^
こちらも先日家で飲んでみましたので、
久しぶりのお酒の感想で、
ご紹介しますねー!

ちょっとした縁があり、
よく飲んでいた札幌開拓使麦酒さん、
そして、何度も見学にお伺いさせていただいた
ふらのワインさん。
素晴らしいコラボレーションで、
ワインもビールも大好きな私は、
その味わいに感動しちゃいました。
ですが、季節限定商品なので、
両者のタッグが楽しめるのも、
後わずかのようです。
気になった方はぜひ、
足を運んでみてくださいねー!
よろしくお願いします^^

千歳 大人の社会見学に行ってきました キリンビアパーク千歳 後編

こんばんはー!
今日は夜にお出かけがあるので、
こちらのブログは、
予約投稿で書いてます^^;
ですので、コメントの返信遅れますが、
お許しくださいー!

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は昨日からご紹介している、
キリンビールの千歳工場を見学した様子の
後編を書きたいと思います^^
前編を読んでいない方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-129.html
こちらを先にご覧ください^^

素敵なトロピカルドームを出た私たち、
あちこち散策して
少しおなかもすいてきたということで、
今日の個人的メインイベント。
美味しいジンギスカンとビールを飲みに
行きましたー!
ジンギスカンが大好きな私。
とてもこのときを待っていました♪
今回食べに行ったのは、
こちらのビール工場の敷地内にある
「キリンビアレストランハウベ」さんです^^

IMG_7088_20090805063849.jpg

名前 キリンビアパーク千歳(キリンレストランハウベ)
住所 北海道北海道千歳市上長都949-1
電話 0123-23-0101
時間 10時30分~21時(オーダーストップは20時30分)
休み 第4月曜日、12月30日~1月3日
HP http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/titose/rest/index.html

今回は主催してくださったMさんが、
レストランに掛け合ってくれて、
頼んでくれたスペシャルメニュー。
とっても楽しみでした^^

お店の中に入ると、
予約席にはすでに、
IMG_7090_20090805063850.jpg
ジンギスカンの準備がしてあります^^
こうした様子を見るだけでも、
ジンギスカン好きとしては、
血沸き肉踊る感じですね!

それでは早速食べたもの、
飲んだものをご紹介します^^

IMG_7092.jpg
生ラム

まずは当然ジンギスカンといえばラム肉です!
今回は生ラムを出していただきました^^
とってもジューシーで、
後でご紹介するタレにつけて食べると、
とっても美味しかったです!

IMG_7093.jpg
味付けラム

味付けしてあるラムも別皿に登場!
こちらは蒸すように焼くと、
やわらかいのと、味がついているのが
とても美味しく、その味が野菜に移ると
さらに美味しくなりました^^

IMG_7091_20090805063850.jpg
野菜の盛り合わせ

そして、ジンギスカンのもうひとつの主役、
野菜です!
てんこ盛りになって出てきたこちらの野菜。
タレにつけても、味付けラムの汁を吸っても
どちらも美味!
最高でしたー^^

そんなお肉や野菜を、
IMG_7096.jpg
豪快に焼いちゃいます!
焼き奉行さんがいらっしゃって、
今回は安心して食べることができました^^

そうして焼いた生ラムや野菜を
IMG_7097.jpg
ジンギスカンのタレ

こちらのタレにつけていただきますー!
このタレが、ちょっと辛くて、
食欲そそるんですー!
上にも書きましたが、
生ラムにつけても、
野菜につけて食べても
とっても美味しかったですー!
やっぱりジンギスカンは、
タレが大事ですよね^^

もちろんビールも飲んじゃいました^^
IMG_7094.jpg
キリンビール ハートランド生ビール

ハートランドって実は今まで
ほとんど飲んだことがありませんでした^^;
外国のビールかと思ったら、
キリンビールのブランドだったんですね^^;
ご一緒したHさんのお勧めで飲んでみましたが、
苦味がありながら、のど越しすっきりで、
とっても美味しかったです!
今度瓶ビールもデザイン素敵なんで、
買ってみたいと思いますー^^

今回のスペシャルメニュー、
ジンギスカン以外にもいろいろ出てきました^^
IMG_7100.jpg
大根サラダ

さっぱりしたドレッシングが
脂ぎった口の中を
すっきりさせてくれます^^
おいしかったですー!

IMG_7102.jpg
Hokkaidoカントリーポテト

ジャーマンポテトみたいな感じで、
ホクホクジャガイモが、
ピリッとペッパーが利いていて、
ビールが進む逸品です!

そんなおかずと合わせて飲んだビールは、
IMG_7105_20090805064020.jpg
キリンビール キリン一番絞りスタウト

キリンの黒ビールです。
黒ビールは独特の苦味と甘味があり、
好みが分かれるところですが、
私はたまに飲みたくなるんです^^
こちらもジンギスカンやおかずと合わせて食べると、
とっても美味しかったですよー!

IMG_7103.jpg
真イカとカリッとごぼうの唐揚げアジアンソース

こちらもビールが飲みたくなる一品ですー^^
カリッとあげてある真イカと、
ごぼうにピリ辛のソースが絡まり、
グビグビビールが進みます!

ビールだけだとおなかが膨れるので、
次に頼んだのは、
IMG_7104.jpg
赤ワイン

すっきりした味わいの赤ワインで、
冷やしてあったので、
スーッと飲めちゃいました^^
残念ながら銘柄はわかりませんでした^^;

次から次と出るメニューに、
すっかりおなかはいっぱいです!
でも、デザートは別腹という感じで、
Nさんが売店で買った、
IMG_7106.jpg
ビールラングドシャ&ホワイトチョコレート
をみんなに振舞ってくれました^^

封を開けると、
IMG_7107.jpg
こんな感じで、
白い恋人?って感じでした。
甘さを欲していたので、
こちらのお菓子。
とっても美味しく食べれました^^
Nさんありがとうございましたー!

今回の会、始めましてさんも
いらっしゃったのですが、
みんなとっても楽しくて、
お肉もとっても美味しくて
IMG_7098.jpg
こんな感じで、
みんなでたくさん食べて飲んで、
大盛り上がりでした♪

お昼から始まった工場見学、
終わったときには8時を過ぎてました^^
工場見学だけでなく、素敵な花を見たり、
ジンギスカンまで食べることができて、
本当に充実した一日となりました♪
企画してくださったMさん。
ご一緒していただいた皆様。
本当にありがとうございましたー!

今日のお酒の感想は、
結構前に飲んだのですが、
キリンのビールをご紹介します^^

明日は、札幌の酒屋さんをご紹介します!
お楽しみにー^^

千歳 大人の社会見学に行ってきました キリンビアパーク千歳 前編

こんばんはー!
今日は家族でイタリアンを食べてきました^^
以前から行きたいお店だったのですが、
噂にたがわぬ美味しさでした^^
後日ご紹介しますね♪

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は先日マイミクさんが主催したイベントの
様子をご紹介します。
そのイベントというのは、
いつもお世話になっているMさんが主催した、
「新鮮ビールを味わう会」
です^^
千歳にあるキリンビールの工場に行き、
工場見学をしてその後美味しいビールを試飲し、
あちこち見学して、
美味しいビールとジンギスカンを食べようという
素敵な企画です!
サッポロビールの工場は見学したことありましたが、
キリンビールの工場は初めてだったので、
思わず参加しちゃいました!
今回の記事、長くなりそうなので、
今日明日の2回に分けてご紹介しますー!
改めて訪問したところは、
「キリンビアパーク千歳」さんです。

IMG_7034.jpg

名前 キリンビアパーク千歳(工場見学)
住所 北海道北海道千歳市上長都949-1
電話 0123-24-5606
時間 9時30分~11時30分 / 13時~15時30分
    毎時10分、30分スタート
休み 月曜日
HP  http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/titose/index.html

最近、日中の郊外への移動は、
車ばかりなのですが、
この日はさすがにビールの試飲や
ジンギスカンとともにアルコールを飲む予定だったので、
みんなで電車で移動です。
電車だと、
IMG_7031.jpg
長都駅から徒歩で10分ぐらいで、
見学受付に着きます^

工場見学の時間が決まっているため、
受付後時間になるまで、
IMG_7049_20090804212342.jpg
千歳工場のあらましをテレビで見たり、
IMG_7040_20090804212342.jpg
昔のビール販売などのミニチュアを
見たりして時間をつぶします^^

そうしてようやく時間となり、
IMG_7050_20090804212342.jpg
こちらのバスに乗って、
工場まで移動します^^

工場に着くと、
IMG_7053.jpg
ブルワリーツアーガイドの方が、
一つ一つ丁寧に、時には笑いも交えて、
説明してくれます^^

最初のエリアでは、
IMG_7055_20090804212422.jpg
ビールの主原料になる麦芽やホップや、
副原料と呼ばれるコーンスターチなどの実物を
直接触ったり、匂いをかいだりすることができます。

そして、ガイドの方の勧めで、
IMG_7054_20090804212421.jpg
麦芽を食べてみることにしました。
食べてみると、香ばしい味わいがして、
昔のポン菓子のような甘さもあり、
とっても美味しかったです。
初めての経験をすることができて、
楽しかったです^^

このエリアでは、
IMG_7056_20090804212422.jpg
原料を糖化させる糖化釜や、
麦汁を煮沸させる麦汁煮沸釜などを
見ることができ、写真撮影も許されました。
サッポロビールは最初から最後まで撮影不可だったので、
ここだけとはいえ、写真を撮ることができるのが、
とても好感が持てました^^

上にも書きましたが、
残念ながら写真撮影ができるのは、ここまで。
この後、発酵タンクや熟成タンクを見学し、
瓶詰めのラインを見て、
見学終了です。
言葉で書くと短いですが、
こちらでもガイドの方がしっかりと説明してくださり、
とても勉強になりました。

見学が終了し、
バスで最初の場所に戻ってくると、
待ちに待った試飲です。

試飲会場に着くと、
IMG_7064.jpg
きちんと8名さまの予約席となっており、
席にあふれるようなことはありませんでした^^

試飲は、見学を申し込んだときに、
IMG_7059_20090804212423.jpg
こちらの試飲券をもらい、
こちらを会場で出すと2杯とおつまみが
もらえます。

この日飲める銘柄は、
キリン一番絞りと、
キリンラガービールの
2種類でした。

それでは早速、
IMG_7063_20090804212423.jpg
ついでもらっちゃいます!

やっぱり最初に飲むのは、
IMG_7065.jpg
キリンラガービール

キリンビールの基本ともいえる、
ラガービールです!
苦味とうまみがしっかりした美味しさが
好評です^^

そして、ビールのお供として、
IMG_7066.jpg
こちらのおつまみもついてきます。

袋を開けると、
IMG_7069.jpg
あられが入っていました^^

何の変哲も無いあられなのですが、
出来立てのビールと合わせると、
美味しく感じちゃうのが、
なんとも不思議ですね^^

ラガービールを飲み干しちゃったので、
ビールをもう一杯頼みます!
IMG_7070.jpg
キリン一番絞り

最近、麦芽100%にリニューアルした
一番絞りです。
でも、今回なぜだかラガーのほうが
美味しく感じちゃいました。
こっちの方が、中庸的な味わいだったんです^^;

そしてもう一つおつまみとして、
IMG_7071.jpg
小岩井ひとくちスモークチーズ(プレーン)
が振舞われました。

30分ほどの限られた時間で、
2杯飲むというのは、
なかなか忙しかったです。
ぐびぐび飲んだせいからか、
ちょっとほろ酔い気分になっちゃいました^^;

時間となり、試飲会場から外へ出ると、
IMG_7072_20090804224906.jpg
売店になっていて、
工場限定商品など、数多く売ってました。
もちろんビールも売られていましたが、
ワイン好きとしては子会社のメルシャンのワインが
無かったのがちょっと残念でした^^;
せっかく来たので、お買い物ということで、
今回、買ったのがこちら。
IMG_7342.jpg
袋です!
キリンビールの専用袋に入っているのは、
IMG_7344.jpg
小岩井ひとくちスモークチーズ(プレーン)

試飲会場で食べたあのチーズです!
スモークの感じが香ばしく、
ビールのつまみにぴったりと思い
3袋1セットの販売だったので、
3人で共同で買いました^^

買い物も無事に終了し、
ほろ酔い気分で外に出て、
次に向かったのは、
IMG_7073.jpg

名前 キリンビアパーク千歳(トロピカルドーム)
住所 北海道北海道千歳市上長都949-1
電話 0123-26-2862
時間 5月~10月=10時~18時30分 / 11月~4月=10時~17時30分
休み 月曜日
HP http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/titose/dome/index.html

施設内になるトロピカルドームです。
この日はあいにくの雨模様でしたが、
このドームの中だけは常夏気分。
とっても暖かかったです。

そんな常夏ドームの中では、
IMG_7074_20090804212519.jpg

IMG_7077_20090804212519.jpg

IMG_7086_20090804212520.jpg

さまざまなお花が咲いていて、
とっても目の保養&酔い覚ましとなりました^^
普段見ないような花や、果実もなっていて、
みんなでわいわい言いながら、
見学することができました^^

と、今日はここまで^^
明日は後編。
美味しいジンギスカンとビールを楽しんだ様子を
ご紹介します!
お楽しみにー^^

今日のお酒の感想は、
今日の記事に関連して、
キリンビールをご紹介します!
お楽しみにー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。